FC2ブログ
FC2カウンター

プロフィール

なかむら@みゆきの

Author:なかむら@みゆきの
高社山麓みゆきの杜ユースホステル
を営んでいます。
当サイトでは、地元民ならではのお勧めツーリングルート、温泉、B級グルメなどを宿主自らが実走調査を敢行!信州ドライブ&ツーリングにお役立てください。


【旅の記録】
北海道ツーリング2008
北海道ツーリング2009
北海道ツーリング2010
北海道ツーリング2011
北海道ツーリング2012
沖縄八重山紀行2008
沖縄八重山紀行2009
沖縄バイクツーリング2010
沖縄家族旅行2011
栂海新道縦走記2012
沖縄買出し旅2012
沖縄買出し旅2013夏
大阪帰省の鉄道旅2013
沖縄買出し旅2013冬
アメリカ横断2014春
北海道ツーリング2014
沖縄買出し旅2014
アメリカ横断2015
北海道乗り潰し2015冬
家族で沖縄2015冬
タスマニア周遊2016
Overland Track2016
北海道2016夏ドライブ
スペイン巡礼2016冬
タスマニア2017春
北海道2017夏
スペイン巡礼2017冬
瀬戸内旅2018春
日本南北縦断2018冬
瀬戸内旅2019春

リンク

★たびたび君を応援しよう

このブログをリンクに追加する

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

 ↑  ↑  ↑
ブログランキング参加中!
1日1回クリック下さいネ!

最近の記事

月別アーカイブ

.
昔に還る旅
もし、あと1週間で死ぬとしたら何をしたい?と尋ねられたとしたら。

ワタシの場合は、やはり「旅に出たい」と言うでしょう。

しかし、別に豪勢な旅がしたいという風でもありません。
かといって、通いなれた?北海道や沖縄はおそらく選択肢には上がらないと思います。

スペイン巡礼も悪くありませんが、人生最後の旅としてはあまり相応しくありません。
もし本当にそんな状況になったとしたら、ヤハリ真っ先に思い浮かぶのは昔に還る旅。

おそらく「長距離客車列車の旅」が真っ先に思いうかぶはずです。


中学生から高校生の頃頻繁に乗った、山陰本線や鹿児島本線、北陸本線の旧型客車列車の旅では、昭和初期につくられた客車は手動式ドア。油のしみ込んだ板張りの床、郷愁を誘うホイッスルの音、そしてホイルベースの長い旧式の台車の奏でるジョイント音がいまなお脳裏に焼き付いています。

もちろんそんな旅はすでに過去のものであり、ドラえもんのタイムマシンでもない限り実現できるものではありません。


ですが、SL運転で有名な静岡の大井川鉄道がこんな企画を毎年やっています。

かつて国鉄に実在した列車を模して、車内放送などの演出を徹底的に再現するものです。

2_2021040315314012a.jpg
(C)大井川鐡道

金谷と千頭の間を12時間かけて三往復するという、一般人には狂気の沙汰?としか思えない、しかしながら、中高年の鉄道ファンアにとっては夢のような企画なのです。

1_2021040315313850b.jpg
(C)大井川鐡道

一昨年は常磐線原ノ町発青森行き列車の再現でした。
終着青森到着前には、青函連絡船の乗船名簿が配られるという凝りようでして、ファンを大喜びさせました。

今年の再現列車は、昭和57年の北陸本線523列車。奇しくも、私が中一の時はじめて友人たちと乗り合わせて出かけた人生初の雪国旅で実際に利用した列車、しかも初の録音旅でもありました。
いまなお保存している、当時の時刻表。1982年1月号(弘済出版社)
1_20210406061616b32.jpg


523列車
2_202104060616173be.jpg


一昨年はPTA役員を仰せつかったことで当選した者のやむなくお馴染みK氏に参加権利をお譲りしました。
昨年もまた当選しましたが、コロナで企画そのものが中止。
そして今年も満を持して応募した所なんと


当選!!


あと1週間の命ではありませんが、これを見逃す手はありませんので、出かけてくることにします。

もちろんPCMレコーダを携え、フルに収音してきます。

これでいつ死んでも悔いはありません(笑)


万が一当日列車内で私の姿を見かけても、決して声はかけないでください。(笑)
昔に還る旅を録音しておりますので。。。。(^^)

スポンサーサイト



人の心を揺さぶるということ 
4月9日の信濃毎日新聞の読者投稿欄「建設標」に拙文が掲載されました。
何か心に留まることがあって、それを広く知らしめたいと思ったときに、いつもペンをとります。

最近では飯山高校の甲子園出場時、昨年春の卒業式時、あと県外ですが新潟日報に佐渡島についての投稿が採用されました。

かといって、手当たり次第に投稿しているわけではなく、「これは採用されるだろう」と確信を得た時のみにです。

10年以上前から何度も投稿していますが、採用率は8割です。
1_20210412061113156.jpg


結局は、こうした発表の場に登場するためには、人の心を揺さぶる必要があります。


就職活動の面接はその最たるものでしょう。
どんなに体裁を取り繕ったとしても、下手な演技はすぐに見透かされます。要するに「君と一緒に働きたい」と思わることが第一です。
あと最近話題の聖火ランナーもそうです。

表向きは「抽選」ですが、決して宝くじに当選者を決めるための無作為の抽選によってきめられているわけではなく、その人々の感動ストーリーが必要です。

毎日テレビで放送される聖火ランナーダイジェストに出てくる人たち。
病気と闘ったとか、家族がなくなったとか、悲しい身の上を克服した人たちにスポットが充てられているものが多く、若干「涙頂戴」的な演出に偏る傾向があるように思えますが、要するに、人の心を動かすためには、一定のストーリーが必要なのです。

うちの近所のとある高校生が当選し、聖火ランナーとして実際に走りました。応募のための作文はお母さんが一生懸命考えたそうです。(^^)

文芸作家や音楽家、もちろん宿屋もそうです。
どうすれば人の心をつかめるのか、揺さぶることができるのjかを考えながら日々「創作活動」をしているのだと思います。


軽トラ初仕事は
軽トラの初仕事は、切り倒したこぶしの木を表側に運ぶ作業。子供たちも動員しました。
敷地内での移動ですから、まあいいか。
8_20210405224807e08.jpg


敷地内の移動運搬ですが、軽トラの威力を実感した次第。
9_20210405224809933.jpg

10_20210405224810fc6.jpg

これで薪集めも、角材などの長尺物の買い物も躊躇なく出かけられます。


パワステ付きがなんだかんだ言って素晴らしいのです。


母ちゃんもマニュアルトランスミッション車運転の練習が出来るので、軽トラでの移動の多い竹内農園の作業手伝いにも役に立ちそうです。


軽トラサイコーです!

11_20210405224812c33.jpg


カテゴリー