fc2ブログ
FC2カウンター

プロフィール

なかむら@みゆきの

Author:なかむら@みゆきの
高社山麓みゆきの杜ユースホステル
を営んでいます。
当サイトでは、地元民ならではのお勧めツーリングルート、温泉、B級グルメなどを宿主自らが実走調査を敢行!信州ドライブ&ツーリングにお役立てください。


【旅の記録】
北海道ツーリング2008
北海道ツーリング2009
北海道ツーリング2010
北海道ツーリング2011
北海道ツーリング2012
沖縄八重山紀行2008
沖縄八重山紀行2009
沖縄バイクツーリング2010
沖縄家族旅行2011
栂海新道縦走記2012
沖縄買出し旅2012
沖縄買出し旅2013夏
大阪帰省の鉄道旅2013
沖縄買出し旅2013冬
アメリカ横断2014春
北海道ツーリング2014
沖縄買出し旅2014
アメリカ横断2015
北海道乗り潰し2015冬
家族で沖縄2015冬
タスマニア周遊2016
Overland Track2016
北海道2016夏ドライブ
スペイン巡礼2016冬
タスマニア2017春
北海道2017夏
スペイン巡礼2017冬
瀬戸内旅2018春
日本南北縦断2018冬
瀬戸内旅2019春

リンク

★たびたび君を応援しよう

このブログをリンクに追加する

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

 ↑  ↑  ↑
ブログランキング参加中!
1日1回クリック下さいネ!

最近の記事

月別アーカイブ

.
6月19日 入院10日目
前日の痛みはほとんどなくなり、かなり自由度がアップした。

ギブスをつけた状態でも、車椅子で大抵のところは行けるようになった。

昼過ぎにアスパラを仕入れに行った帰りのかあちゃんがやってきた。

単調に時間は過ぎ、変わらないいちにちが過ぎていった。

6月20日 入院11日目
朝から清々しい晴れとなり、車いすで正面玄関の外に出てみる。

骨折治療には日光浴が良いと聞くのでしばらくコーヒーを飲みながら植え込みの花を愛でたり空を眺めたりして時間を過ごす。


この日から宮脇俊三の「時刻表2万キロ」を読んでみることにした。
今から34年前の初夏、中学1年生だった私が自分の小遣いで買った本である。


午後からはリハビリ室でリハビリ。
森さんと言う野沢温泉村で民宿をやっている理学療法士さんである。

若干凹んだタイヤに空気を入れてもらったら、ずいぶんと操縦安定性が良くなった。
リハビリ室の広々した空間と吹き抜ける風は実に心地が良い。

やはり転地効果は、精神衛生上必要なのである。

この日の夜は背中がかゆくてなかなかね寝付けず、3時ごろ看護師さんを呼んで背中を拭いてもらった。







6月21日入院12日目
この日は朝6時過ぎに正面玄関まで出てみる。
直射日光を存分に浴びる。
骨折治療に日光浴は効くくらしい。

自由度もかなりアップして、そろそろ相部屋への移動を申し出た。

10時過ぎにはるかと柚花がやってきた。


この日はリハビリもなく終日暇。

そして3時ごろついに部屋移動。
するとその部屋の病床の隣はなんとはるかの同級生の湯本いろはちゃんのお父さん。
腰を痛めて16日に手術をしたらしい。

入室した瞬間、どこかで見た顔と何となく感じたものの、どこの誰だか特定できずスルーしてしまった。

ほどなくして見舞い中の奥さんと旦那さんが私に声をかけてくれたのだった。

宮脇俊三の本も終盤にさしかかり、山口県宇部線の上に差し掛かった。

宇部線と言えば高校2年の時同級生の谷岡刺激の親戚の家に一緒に遊びに行った時に乗ったことが思い出される。

元気にしているだろうか。

すまほー使ってFacebookで検索をしてみたら、大阪吹田に住んでいるらしい。

早速メッセージを送ってみた。

すると9時ごろからメッセージのやりとりが1時間近く続いた。

当時一緒に撮りに行った特急日本海の写真を添付して送ったら


すぐさま同じ瞬間に撮影した彼の作品が添付されて返事が返ってきた


30数年の歳月が一瞬にしてゼロになった夜だった。

6月22日入院13日目
相部屋初日の夜は全く眠れなかった。

21時の消灯ゆえに、否が応でも早く横にならざるを得ない。
なんとも不快な朝を迎えた。

少しでも気分を晴らそうと、6時半前に正門前出てみる。

いつもラジオ体操の音が流れていた、あの音の元は、実は日赤病院の駐車場の中にあった。

興味津々近寄っていくと、ラジオ体操に参加する人たちが私に快く会釈をしてくれる。

幸い、左側は無事である。
座ったままラジオ体操試みる。


前傾したり体をひねったり。
この13日間やったことのない動きをやってみると、ことのほか体がほぐれるようで気持ちが良い。

聞けば月曜日、水曜日、金曜日、土曜日にやっているらしい。
これからは必ず参加することにしようと思う。

昼前にリハビリ、3時半ごろまたリハビリ。
その後母ちゃんがやってくる。
頼んでおいた時刻表と、バローの旅行センターで仕入れてきた大量のパンフレットが届けられた。

母ちゃんは忙しそうに帰っていった。

夕食後しばらく暗くなるまで正門前でたたずむ。
向かいの西村さんに出くわし、少々気まずい。

やがて金井さんが前を通りかかる。
しばらく話し込むとようやく日が暮れてきた。
ながいいちにちが終わろうとしていた。

6月23日 入院14日目
前日母ちゃんに頼んでおいた文庫本。
あろうことか私に渡す事なく持って帰ってしまった。

この日はいちにち出払ってしまうと言うので、朝6時に持ってきてくれることになった。

昨夜はベッドの角度微妙に変えながら、かつ膝上に枕を突っ込んだことによって腰痛に悩まされる事はなかった。


宮脇俊三のエッセイとその他戸田書店で購入してくれたと思われる鉄道関連本数冊。

しばらくは安泰である。

上はさらに消え失せ病床にいる時間が日に日に短くなる。

先生の回診時間に不在なこともあったかもしれない。
それくらい車椅子で院内をウロウロする毎日である。

いつものように11時ごろリハビリ。

昼飯を食べ


3時過ぎにまたリハビリ。

6時に夕食を食べ、変わらぬ平穏ないちにちが過ぎていた。

明後日やってくる信越トレイルのお客さんのために、事務局へのガイドの確認その他メールなどの仕事を済ませて10時ごろ床についた。


6月24日 入院15日目
朝5時に起きてすぐ外に出る。

しばらく朝風に吹かれ気を休める。
週4回行われる駐車場でのラジオ体操。
今日はメイン会場に直接車いすを乗り入れて参加した。

午前のリハビリは首の運動を中心に心地よいマッサージ。

昼過ぎに1週間ぶりの入浴。
足は頑丈なビニール袋で覆いガムテープで固定、看護師さんが背中を流してくれた。

2時頃に骨折箇所のレントゲン。
どうですか?と尋ねるとまだまだとの答え。まだ1週間しか経っていない。

この日はかあちゃんと柚花がやってきた。
今日は2人組の信越トレイルゲストがあるのでそそくさと帰っていった。

夕食後売店でコーヒーを買い夕涼み。
何度このコーヒーを飲んだことか。


100円コーヒーらしからぬバランスの良さそして濃度。

きっとこの味は一生忘れない。

すっかりお気に入りである。

今日もまた変わらぬ1日が過ぎていった。
6月25日 入院16日目
なんだかんだ言って入院16日目。

相変わらず病室は暑くうるさく、4時過ぎには目が覚める。

5時に玄関に出てて朝涼み。

いつもの通り7時45分に朝食、9時ごろ一旦外に出て日光浴。

9時から10時過ぎの間に回診と看護師さんによる血圧測定と体温計測、その他問診。11時半にリハビリ。

パターンを読めてきたので、必要な時は言わ病室の外にいることが多くなってきた。

リハビリから戻るとちょうど母ちゃんがやってきた。

申し訳ないと思いつつ1人昼食。
10そこに誰かがやってきた模様。母ちゃん驚く。
生主してご飯を食べていた私は一瞬誰だかわからず痛い首を後に向けるとなんと足立さん。

ツーリングついでにやってきたとおっしゃるのが、全く予期せぬ方からのお見舞いに感謝感激。

本当にうれしかった。

お土産はなんとケンタッキーフライドチキン。


午後からは仮想北海道旅行を時刻表で立案。なかなかいいのができた。

実行できたらほんとに楽しそうだ。

27連連続北海道を途切れさせないためにもなんとしても実行せねばならぬと思う。

3時40分からリハビリ。

6時夕食。

6時半過ぎに売店に行ったらコーヒーは既に終わっていた。

暑いいちにちだった。
6月26日入院17日目
いつものように4時に目が覚める。

ラジオ体操に参加し、しばらくベットで横になる。
いつも大体9時から10時の間に回診、検温、血圧測定があるので、それまでは出歩かないことにした。

筋力低下を実感する左足に少し負荷をかけるべく、足の曲げ伸ばしを積極的に行う。
理学療法士は、踵をついての多少の足の屈伸は構わないと言ったが、ドクターはダメだと言う。
やはりドクターに従うべきなのだろうが、なんとももどかしい。

昼前のリハビリから戻ると、母ちゃんが差し入れを持って立ち去った後だった。

4時過ぎに、下へ行こうとエレベーターを降りると、山形の佐藤さんが目の前に現れた。
今日初めて奥さんを連れて家にお泊まりである。
チェックイン後わざわざ見舞いに来てくれたのだ。

1時間ほど話し込み、5時半過ぎ上に戻る。イイと言うのに、佐藤さんはわざわざ私を病室まで車椅子ををしてくれた。

色を再び玄関前に出てくるも、風が強く雨が降り出し、寒さを感じて7時ごろに部屋に戻った。

6月27日入院18日目
1時半頃に目が覚めトイレに起きる。
2時ごろ再び眠りにつき少し遅めの5時半に目が覚める。

6時前に下へ行き、コーヒーを買ってラジオ体操。

朝食後は回診等備えて再びベットで横になることが最近多い。

11時半頃母ちゃんから電話があり、一緒に昼ご飯を食べようと誘われる。
11時40分ごろ英時を除くメンバー到着。

英時は今日卓球の試合だ。

院内の共同スペースで食事。


短すぎるゆずかの前髪が滑稽だ。


食事が終わり、部屋に戻ると、看護師さんに呼び止められ抜糸と言う

第一外科の先生がその場で糸を取る。。
痛みは全くなかった。

1時からリハビリ。土曜日なので違う担当の人。飯田さんと言う三水村の人だ。

2時から5時までずっと玄関前にたたずむ。
ブログを見た友人米津から電話があり明日見舞いに来てくれると言う。

7時に食事を食べ再び外に出ると米津から電話。しばらく話し込んだ。

入院18日目の今宵は、少し肌寒かった。

6月28日入院19日目
今朝は4時に目が覚め、まずはコーヒー。そして5時からは、なでしこジャパンのサッカー観戦。
最後の最後で岩渕が値千金のゴールを決め見事準決勝進出となった。

10時過ぎに入浴。
抜糸も済んだので、1週間に2回のインターバルに変更されたようだ。

介助してくれた看護師さんは飯山出身の1年目のヒラノさん。
3日前の看護師さんと比べるといささか慣れない手つきは仕方あるまい。

どうして看護師になったのかと尋ねると、高校3年生の時に進路に悩みいろいろ相談した結果この道を目指すことになったと言う。

この日は宇都宮に住む高校時代の友人Yが、訪ねて来てくれることになった。

2週間に1度程度しか見ないこのブログをなんとなく読み漁っているうちに、私がバイクで怪我したことを知り、前日電話があったのだ。

しかし出発準備に手間取り、飯山着は1553になると言う。

この日、母ちゃんは、はるかと柚花を連れて上越に買い物。
一旦帰宅して飯山駅にYを迎えに行ってその足で病院にやってきた。

差し入れは本。

病棟の同じフロア共同スペースで、一緒にパティスリー平野のケーキを食べる。

母ちゃんは5時20分頃その場を退き、友人は18時ちょうど発の新幹線に乗るため帰っていった。
わずか2時間の滞在。

ありがとう。



カテゴリー