FC2ブログ
FC2カウンター

プロフィール

なかむら@みゆきの

Author:なかむら@みゆきの
高社山麓みゆきの杜ユースホステル
を営んでいます。
当サイトでは、地元民ならではのお勧めツーリングルート、温泉、B級グルメなどを宿主自らが実走調査を敢行!信州ドライブ&ツーリングにお役立てください。


【旅の記録】
北海道ツーリング2008
北海道ツーリング2009
北海道ツーリング2010
北海道ツーリング2011
北海道ツーリング2012
沖縄八重山紀行2008
沖縄八重山紀行2009
沖縄バイクツーリング2010
沖縄家族旅行2011
栂海新道縦走記2012
沖縄買出し旅2012
沖縄買出し旅2013夏
大阪帰省の鉄道旅2013
沖縄買出し旅2013冬
アメリカ横断2014春
北海道ツーリング2014
沖縄買出し旅2014
アメリカ横断2015
北海道乗り潰し2015冬
家族で沖縄2015冬
タスマニア周遊2016
Overland Track2016
北海道2016夏ドライブ
スペイン巡礼2016冬
タスマニア2017春
北海道2017夏
スペイン巡礼2017冬
瀬戸内旅2018春
日本南北縦断2018冬
瀬戸内旅2019春

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

 ↑  ↑  ↑
ブログランキング参加中!
1日1回クリック下さいネ!

最近の記事

月別アーカイブ

リンク

★たびたび君を応援しよう

このブログをリンクに追加する

.
出発2日前
タスマニアオーバランドトラックの旅がまもなく始まろうとしています。


昨日白馬の帰りにモンベル長野店に行って必要資材を調達しました。
コンパクト化と軽量化を目指して、

1.調理器具はアルコールストーブ
2.空気注入式マット

を新たに購入。



VISA申請は完了、国際運転免許証も取得。トレッキング中の宿は無人小屋乃至テント。ですが、テント携帯は万人に義務付けられています。
トレッキング前後のお宿は一部予約完了しましたが、宿泊のほとんどは、ホバート市のお馴染みさん・マークさんの別宅に厄介になります。

緊張してきたナ~(^^;)

スポンサーサイト



ロンセストンからクレイドルマウンテン
前夜、ホステル近くのスーパーで買い物し、相部屋の二段ベッド上段を寝床としました。 
翌朝は5時半に起きて7時過ぎに宿を出発バスターミナルへと移動。



観光地に向かうバスですから大型観光バスと思いきや、 実はマイクロバス。

ハイカーの荷物は後ろに連結した 牽引コンテナの中へ。


まずは高速道路をひた走り デボンポート


メルボルンからの海峡連絡線の 玄関口 デボンポートに到着 ここで15分の休憩


マクドでコーヒーを買い求め


バスは山奥へ






11時45分に クレイドルマウンテン ビジターセンターに到着しました。

今日はここで一泊の予定です。 歩き始めは 明日ですが 入山手続きをしなくてはなりません。

オーバーランドトラックの受付開始は前日の昼2時からと決められています。

なので まずは クレイドルマウンテンのひとつの見所である ダブ湖へシャトルバスで行くことにしました。




ダブ湖

霧のため クレイドルマウンテンの主峰は拝めず。。。

約1時間のショートハイキングを楽しみました



珍獣ウォンバット


日本で言うなら 草紅葉が見頃を迎えつつあるといった感じでしょうか


木道が整備されている箇所が多くありますが 表面に スチールのネットがかぶせられており スリップを心配することなく安心して歩くことができます。






約1時間で明日のオーバーランドトラックの出発地点である ロニークリークに戻ってきました。



ランクル70のマイクロバス仕様。
カッコ良すぎです。(ToT




シャトルバスに乗ってビジターセンターへ戻ったのち、入山手続き。
 


めっぽう 親切なスタッフが 親切に色んな事を教えてくれます。

何か分からない事はありますか?

すかさず

明日出発する人は全部で何人ですか?

35人ですよ

初日の ウォーターバレーhutは、定員が24人だと思うのですが、 私は できればテント張りたくないんです。
確実に寝床を確保するにはどれくらい早く出発すればいいですか?

今の予定では 始発の8時15分の 始発のバスに乗ろうと思っているんですけど。
多くの人がそのバスに乗るんでしょうかね?


いやいや そんなことありませんよ みんな持ってゆっくりしています。


 
朝イチのシャトルバスが8時15分に 設定されている という時点で、 日本式のせっかちな行動パターンとは 大きく異なるということを物語っています。



ちなみに cover land トラック踏破にかかる費用は以下の通りです。

トラック入場料  200ドル
国立公園 使用料  30ドル
アプローチ バス代 61ドル
下山後バス代 53ドル
合計343ドル





クレイドルマウンテンホテル
オーバーランドトラック入山手続きがすむと、歩いてホテルへ。
hobartに住むピーターさんのお勧めのホテルをあらかじめ予約していました。




あすから6日間のトレッキングに向けて荷物を全部バラし、パッキングし直しました


それにしても 思っていたよりも高級なホテルでちょっと驚きました。

夕食は 何時からのフリーズドライ食品攻撃に備え、ブッフェを奮発。


38ドルと、なかなか良心的値段だとは思いますが、それにしてもしょっぱすぎです。 オーストラリアの食事はどうしてこんなにも塩気が多いのでしょうか?

日本の食事は 何を食べてもやっぱり美味しいな という気がします。

そしてなんでも安すぎます。

ピーターさんの話によると、オーストラリアにおける 最低賃金は時給20ドル程度。

飯山だったら時給10ドルで働いてる人はたくさんいますよ

と話したら、たいそう驚いていました。









オーバーランドトラック 1-1
非常に塩分の濃いディナーがいつまでも腹に残り、若干胃腸不良のまま夜明けを迎えました。

ホテルを7時過ぎにチェックアウトし、徒歩でビジターセンターへ。

始発バスは815。

しかしビジターセンターは830から。
待ち合い所の椅子に座り、昨日買ったパンで朝食。




バスの乗客は17人。うち、オーバーランドトラックを目指す人は3人ほど。


途中、ロニークリークで下車し、いよいよオーバーランドトラックハイキング開始です。


記帳場で届けを出し、さあ出発。

時間は835でした。

霧雨の中、木道を進みます。


樹林帯に分けいると、滝。




さらに高度を上げ、視界が開けクレーター湖。920着。


黄葉はブナです。しかし葉っぱはとても小さいです。


さらに高度を上げると、展望所。
クレーター湖が一望できます。1000着。



初日が最も大変だと、マークさんのアドバイス通り、さらに高度を上げると、1025にダブ湖を見下ろす絶景展望所にたどり着きました。


1045迄休憩し、その後はフラット。
クレイドルマウンテンを左手に見ながら




緩やかなピークを越えればやがてキッチンハットの避難小屋に1125着。お昼にしました。



 




オーバーランドトラック1-2
1150 に出発。


石がゴロゴロする道を緩やかにアップダウンを繰り返し、やがて右前方彼方にバーンブラフが姿を現しました。


アメリカのモニュメントバレーの「ビュート」に似た、奇岩の山。

右手にはクレイドルマウンテンの岩壁。


ブナの低木帯をいくつかやりすごしながら


ひたすら南下。歩きにくい岩場が続きます。


右前方にはバーンブラフ。


岩場が終わると、道はフラット。
ワンゲル部っぽい若者に追い越されます。 


後方にはベンソンピークとその背後にクレイドルマウンテンの主峰。


バーンブラフトレイル分岐を通過すると、前方に広大な平原が出現し、思わず言葉を失いました。間違いなくこの日のハイライトです。

平原の先には幾重もの岩山。



左手には穏やかな山容のエメット山。

氷河の侵食によってできた地形であることが容易に想像出来ます。

平原を見下ろしつつ、高度を下げると


やがてウォーターフォールバレーハット着。


バーンブラフを見上げる谷あいに第一日目の山小屋がありました。


オーバーランドトラック。予想以上の絶景に言葉が見つかりません。。



野沢温泉!?
ハイシーズンのオーバーランドトラックでは、南行きの一方通行です。一日の行程も大体同じなので、全てのハイカーが、最初から最後まで、ほぼ同じ小屋に泊まり、寝食を共にします。

必然的に会話が生まれ、友達になります。


お国はどちら?

オーストラリア本土から?

そんな会話は日常茶飯事です。

初日夕食の食卓を共にした、ニューサウスウェールズの一家に尋ねられました。

どちらから?

日本です。

ワオ!私たち、1月に野沢温泉に行ってきました。知ってる?

あらま。わたし、野沢温泉の隣の木島平に住んでいます。クルマでたった20分の所です。
小さなホステルを営んでいます。
次回は是非ウチに\(^_^)/


ちゃっかり営業しておきました。。


オーバーランドトラック 2-1
この日の歩行距離は7.2キロ。6日間で最も短い日です。
八時前にスタート、見慣れた谷地坊主のようなイネ科の植物の群生を歩きます。


切り立った崖の上を横切り


振り向けば、バーンブラフ。


ブナの黄葉が美しく映えます。
日本のブナのように葉は大きくはありませんが、葉のかたちは、ブナの特徴そのものです。


この時期、山を彩るのはこのブナなのだそうです。

途中、メイントレイルを外れて「サイドトリップ」ルートがいくつも整備されています。
歩き始めから一時間ほどで、ウィル湖への分岐。 913通過
重い荷物は分岐点に置いたままにするのが、一般的スタイル。


向かった前には、この絶景。

 
1025に再びメイントレイルに戻ります。
背後には、バーンブラフと、彼方にクレイドルマウンテン。


約30分南下すると、湖沼地帯を見下ろす岩場に到着しました。約20分景色を味わいつつ写真撮影に没頭。1115発




ここから、緩やかに高度を下げると、やがてウィンドメア湖。

が、ここで信じられない光景に出くわしました。

ビキニ姿で湖水浴する軍団に遭遇したのです。


その軍団は、前日「1月に野沢温泉に行った」というファミリー。お父さんが誇らしげに「野沢温泉」のタオルを見せてくれたので、記念に1枚。



しかし、トレイル途上で泳ぐなど、日本人の感覚ではちょっと考えられません。例えるなら、朝日連峰を縦走して来た登山者が、大鳥池で泳ぐのと同じです。

が、小屋に到着して、泳ぐ人がいることが全く不思議ではないことを思い知らされました。

Welcome to our Windmarehut.
Please enjoy swimming at lake Windmarehut or relaxing on deck outside.

是非水泳を楽しんで下さい


なのだそうです。所変われば、って奴あですね。
 
小屋着は1215。4時間27分の行程でした。。




ウィンドメア小屋
その一方で、二日目のウィンドメア小屋のベッド数は僅かに16。到着が遅いと、スペースを確保できない可能性があります。  
そのため、ここのテントスペースはかなり広く充実しています。


この日はウィル湖へ寄り道しましたので、二番手出発なるも、小屋着は10番いかに。危うくテント就寝の憂き目にあうところでした。

自炊室とはドアを隔てていますので、寝室の保温性は抜群。ダウンジャケットを着込むと、寝袋フルカバーでは汗ばむほどでした。。



オーバーランドトラック 3-1
この日は最長の16キロ。
早立ちを試みるハイカーは、五時すぎに起きはじめました。 
朝食は、鮭茶漬け。出発は737でした。


生憎の曇り空。見えるはずの遠くの山は望むことが出来ません。
850、フォースバレー展望所


遥か彼方にペリオン平原。小屋が見えます。 


間も無く道は樹林帯へ。


ペリオンストリーム1026着。




ここから三キロが、なかなかの試練。
とにかくぬかるみの連続と、暗い道。
昨日までの開けた眺望が嘘のようです。
1時間15分の格闘と申しておきましょう。


1140に少し開けた所でランチ。パンとピーナッツで済ませました。


ぬかるみ道は漸く終わり、木道が頻繁に現れます。


その先にフォースリバー。


標高720メートルで、オーバーランドトラックの最低所。

そこから苔むした樹林帯を経て高度を上げると、ペリオン平原が姿を現しました。1320


ペリオン小屋はベッド数36の大きな小屋。

汗まみれの着衣を一気に解いて、コーヒーブレークを楽しみました。


本日の所要時間は5時間53分。
行程の70%が樹林帯で、まるで信越トレイルのセクション3の如しでありました。。



ペリオン小屋
トレイル途上最大の小屋で、常駐レンジャーはこの日3人ほど。


中日にあたり、歩行者名簿を片手に、陽気なレンジャーが、

「質問は有りませんか?楽しんでますか!?」

と尋ねて回っていました。  

230ドルの使用料(公園入場券含む)がかかるオーバーランドトラックですが、6日間の小屋使用料が含まれることを鑑みるなら、安いと云うものです。

一日35人という、徹底した人数管理によって、快適な歩行が約束されているのですから。。


カテゴリー