FC2ブログ
FC2カウンター

プロフィール

なかむら@みゆきの

Author:なかむら@みゆきの
高社山麓みゆきの杜ユースホステル
を営んでいます。
当サイトでは、地元民ならではのお勧めツーリングルート、温泉、B級グルメなどを宿主自らが実走調査を敢行!信州ドライブ&ツーリングにお役立てください。


【旅の記録】
北海道ツーリング2008
北海道ツーリング2009
北海道ツーリング2010
北海道ツーリング2011
北海道ツーリング2012
沖縄八重山紀行2008
沖縄八重山紀行2009
沖縄バイクツーリング2010
沖縄家族旅行2011
栂海新道縦走記2012
沖縄買出し旅2012
沖縄買出し旅2013夏
大阪帰省の鉄道旅2013
沖縄買出し旅2013冬
アメリカ横断2014春
北海道ツーリング2014
沖縄買出し旅2014
アメリカ横断2015
北海道乗り潰し2015冬
家族で沖縄2015冬
タスマニア周遊2016
Overland Track2016
北海道2016夏ドライブ
スペイン巡礼2016冬
タスマニア2017春
北海道2017夏
スペイン巡礼2017冬
瀬戸内旅2018春
日本南北縦断2018冬
瀬戸内旅2019春

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

 ↑  ↑  ↑
ブログランキング参加中!
1日1回クリック下さいネ!

最近の記事

月別アーカイブ

リンク

★たびたび君を応援しよう

このブログをリンクに追加する

.
イスタンブールから帰国
イスタンブールまでは約4時間。時計を二時間進めて、午前0時過ぎに到着。

きらびやかな町のイルミネーションの何処かにテロリストが潜んでいようとは。。。


イスタンブールは数日前にも爆弾テロが発生したばかりである。

次のフライトは225。
夜中とも、早朝ともつかない中途半端な時間だが、深夜にもかかわらずこの人だかり。



五分おきにターキッシュエアラインの飛行機は世界中に向けて飛び立って行く。


座席は最後部窓際。
4時前に食事が配られる。朝食ということにしておく。


搭乗率は3割程度で隣席も占有。
快適この上無く、ゆったり昼寝を満喫する。


中国の乾燥大地の上空

やがて陽が暮れゆく。


2度目の食事が配られる。地球の自転と同じ方向に向かって進んでいるので、昼が一瞬で通りすぎ「夕食」となる。


長野県北部を通過しているはずで、窓の外を凝視していたが、夜景だけでは場所の特定ができない。

そうこうしているうちに、前方に関東平野の巨大イルミネーション。


20時前に成田空港に着陸。
手荷物を受け取り、スカイライナーに乗れたのは21時過ぎのことであった。


さあ。雪国に帰ろう。


スポンサーサイト



トレドからマドリード空港
急ぎ足のトレドを後にして、徒歩で駅に向かう。


駅前にも土産物店や宿が軒を連ねる。


新幹線列車に乗る場合、必ず手荷物検査があり、まるで空港のようである。


駅はトレドの町に合わせて、ロマネスク調。



ハイシーズンには観光客でごった返すであろうプラットホームも今は閑散と。


マドリードまでは往きと同じく35分でアトーチャ駅へ。
そこから空港へは市営空港バス。5EUROと格安である。


すぐにチェックインカウンターにて荷物を預ける。巡礼の杖はどうすれば良いかと問うと、大型の透明袋に収納するという。
安心した。

余ったEUROを消費すべく、最後にカフェで「アメリカーノ」をオーダ。



まずはトルコイスタンブールへ。
夜景を眺めるために敢えて窓側を選択したが、見事に満員。


機内食が美味しいので我慢しよう。




トレド弾丸ツアー
アバントは1020にマドリードを出発。
トレドには1052に着く。
帰りは1325にトレドを発つキップを持っている。

現地で与えられた時間はわずか二時間半である。



観光ガイドによると、ローマ時代の雰囲気をそのまま残す古い町並みは街を歩くのはもちろん、町の外の展望所から眺めるのがイイらしい。

ならばと、駅に降り立ちタクシーを捕まえた。


距離にして二キロ半。そしてたどり着いたのがここ。





かつてのローマ帝国の城下町はこんな感じだったに違いない。
まるで古代都市の要塞の如く屹立しついる。
ガリシアの町とは色合いが全く違う。明るい黄土色と表現するのが相応しい。

歩いて高台をおり、要塞都市の中に潜入してみる。




驚くほど観光客で溢れている。
中国人の修学旅行生もちらほらみかける。
目抜通りは人の渋滞も発生している。


しかし中心部を避ければ、迷路のような小路。





しかしドの建物も比較的新しく、外観だけを見るならば築百年を超すレベルのものはそこまで多くはない。
観光都市として保全に努めた結果なのだろうと察せられる。

竹富島と同時といえる。

同じ世界遺産のサンチアゴデコンポステーラが陰影の街とするなら、トレドは陽のあたる街。
どちらも素晴らしいが、何処か寂しげな陰影に溢れたサンチアゴデコンポステーラの方が、好みかもしれない。

この旅で色々な街を見てきたが、最も心に残っているのはやはり、オルニージョス。そしてサンチアゴデコンポステーラ、トレドは三番目としておく。

長い距離を歩いてたどり着いた町と新幹線でやってきたまち。
受ける印象は違って当たり前なので、これ以上の論評はやめておこう。

旅の最後はイカスミパエリヤ。
旅の最後に相応しいランチであった。









↑ ↑ ↑ ↑ ↑
ブログランキング参加中です。
お気に召しましたらクリックをお願いしますネ★


【おしらせ】
11月30日~12月16日まで休館いたします。
日中不在にすることがありますので、空き状況のお問合せ、ご予約は、下記の時間帯にお電話にてお願いいたします。
07:00~08:30
17:00~22:00

毎日更新!北信州の宿・高社山麓みゆきの杜ユースホステルOFFICIAL SITE


マドリードからトレドへ
列車は定刻より6分早くマドリードチャマルティン駅に到着した。
日本では有り得ない。


出発時は短い編成だったが、マドリードでは長さが2倍に増えていた。
コルーニャで増結されたのだろう。

日本へのフライトは1745。
充分時間があるので、トレドに向かうことにする。

トレドへは、マドリードから全車指定の新幹線アバントを使って35分で行くことが出来る。
ただし、乗り継ぎが少し面倒である。

日本で例えるなら、北斗星で上野駅に到着したした外国人が東海道新幹線に乗るために東京駅に山手線で移動する感覚とおなじだ。


チャマルティン駅での乗り換えはいわゆる在来線同士ゆえ直ぐにわかる。
しかしアトーチャ駅では一度改札を出て、新幹線乗り場に行かなくてはならない。

しかも、「山手線」に相当する部分のキップを持たずに乗り換えたため、改札の外に出られない。



日本のように「乗車券+特急券」という料金制度ではないゆえにこうしたことも起こる。

インフォメーションで其の旨説明し、巡回中の係員に運賃を払い、ようやく新幹線乗り場へ到達した。
寝台車を降りてからここまで45分を要した。

キップは早朝に列車がほぼ定刻通り到着することを確かめた上で、スマホで購入した。
往復2400円は、日本の感覚からすれば格安だろう。


アバントトレド行き。
ほとんどトレド観光専用列車の如しである。





旅の終わりは個室寝台車
日本に戻るフライトは14日夕刻である。
巡礼を終えたガリシア州からマドリードまでは長野市から秋田市程の距離がある。この移動には夜行列車を利用しようと決めていた。

この小さな町からも夜行列車が毎日出発する。

Trenhotel752
日本風にいうなら寝台752列車。



フェロルに到着した時にはすでに構内で整備中だったが、おおよそ長距離列車には見えない短編成に驚いた。

連接式の客車が6両。
1号車は座席車、2号車Bコンパートメント6室、3号車カフェカー、4号車特等個室5室、5号車一等個室6室、6号車電源車。

一等個室


座席車


特等個室


わが城


20m級客車に換算すれば、実質3.5両編成である。



カフェカーは乗務員のたまり場でもある。
アメリカのアムトラックと同じだが、それと大きく異なるのは、みな揃って乗客の面前で飲食、しかもビールやワインをも平気で飲んでいることである。

見えるのはみな乗務員。


日本では考えてられない現象に、異国情緒を感じる。

まさか先頭を行く機関士も信号換呼しながらサンドイッチを頬張っているとは思いたくないが。。。
いや、頬張っているに違いない。(^^;

とはいえ、日本にはもう存在しない客車寝台車の旅は、スペイン旅行の最後に相応しい。
マドリードまでは13時間。

旅の終わりは個室寝台車。

悪くない演出だ。



↑ ↑ ↑ ↑ ↑
ブログランキング参加中です。
お気に召しましたらクリックをお願いしますネ★


【おしらせ】
11月30日~12月16日まで休館いたします。
日中不在にすることがありますので、空き状況のお問合せ、ご予約は、下記の時間帯にお電話にてお願いいたします。
07:00~08:30
17:00~22:00

毎日更新!北信州の宿・高社山麓みゆきの杜ユースホステルOFFICIAL SITE



イギリス人の道
フェロルは人口7万人あまりの造船の町らしい。
ここを訪れた一番の理由は、巡礼路。
サンチアゴデコンポステーラに続く「イギリス人の道」がここを起点としている。

つまり将来に向けての下見の一環と言うことになる。

列車は風光明媚なフェロルの湾を回り込むように走る。巡礼路もすぐ近くを通っているはずである。





フェロルに到着。
大きな終端駅を想像していたが、かなり違った。


駅舎はそこそこだが、実際の規模、人通りは、かつての国鉄片町駅、ないし実家の最寄り駅の京阪私市駅瓜二つである。


市街地は駅から少し離れた場所に位置している。
まずは観光案内所でイギリス人の道のことを尋ねてみる。

16時までシエスタの従業員が丁度休憩から戻ったところであった。


市内地図、そしてイギリス人の道を網羅した詳しい地図の二枚を見せて丁寧に説明してくれる。

まずは巡礼路の起点まで行ってみることにする。


これまでの旧市街とは明らかに異なる建物デザインである。

やがて海沿いに出る。
まるで長崎のような港街。


港を見下ろすところにはパラドールが建っている。


30分進むと、ハーバーエリアに到達。
カミーノ起点の道標を見つけた。




温暖な気候ゆえの街路樹。


そこから暫く巡礼路に添い歩いてみる。
やはり建物デザインの違いは顕著で、間違いなくイギリスの影響が大とみえる。
建物2階はことごとくせりだし出窓となり、窓枠もまたバロック風。
思わずアートもーどで撮りたくなる。






陽も暮れてきた。
早めに食事をしようと試みるが、どこも「7時までは厨房おやすみ」と言う。
フェロルの田舎町は、よりスペインらしかった。

遊具の並ぶ一角に出店していたホットドッグの屋台で取り敢えずは腹を満たすことはできた。


さあ。駅に向かおう。






雑踏をゆく
めざすマクドには20分で到着。


エッグマフィンを2個ほお張る。


さらに近くのショッピングモールへ。
カミーノの詳細地図を求めて書店に行くためである。


しかし捜せど探せど見つからない。
なんと書店は改装中で休業中だった。
諦めて、市街地に戻る。

途中、フリーマーケット会場に出くわし、小物を買い漁った。

しかしこのまちの見所となる旧市街はさらに30分離れた場所にある。

あえて向かうことなく、次の目的地、フェロルに移動すべく駅に移動した。



終端式の情緒あるプラットホーム。






フェロル行きは各駅停車MD 。


一時間半程のノンビリ旅である。

ムシアから沿岸をさらに北上
ムシアからは、サンチアゴデコンポステーラに戻ることも考えたが、折角なので、ローカルバスに乗ってこんなルートをたどって見ることにした。


実際には沿岸地帯をもう少し忠実に辿る路線バスである。
しかも朝6時出る一日一本の便である。
この路線バスの情報は、事前のネット検索とパラドールスタッフにより得ていた。

適当にスペイン語で

「muxia coruna autobus」

の単語を並べ検索すると、比較的簡単に導き出される。


異国の地において、やはりスマホは百人力なのである。

5時に起床、バス停までの暗がりを行く。


満月が大西洋を照らしていた。


本当にやって来るのかと一抹の不安のなか、果たしてバスはやってきた。


発車後一時間は誰も乗って来なかったが、途中の町でみるみるうちに増えて、八割がた座席が埋まった。
コルーニャへ向かう通勤バスであった。


日本と違い、客室内は一切明かりが灯されない。夜行高速バスのごとしである。

8時の定刻にバスはコルーニャターミナルに到着した。




昨日3時以降、食べ物を口にしていない。
甘いパンではなく、ハンバーガを求めてマクドを目指した。


現代の羅針盤、Googleマップ。
最強である。

さらにもう一軒
街を巡り思った。次回来るときはあえて泊まる必要はないと。
妙に新しい建物に、若干違和感を覚える。
サンチアゴデコンポステーラから移動してきた身からすると尚更である。

ユーラシア大陸最西端に足跡を残すことは、大いに意義のあることだと思うが、朝一のバスにのり、岬で佇み、ランチを食べ、カフェでコーヒーを飲めば多分みな満足するに違いない。

ならば、もう少しお得感のあるランチスポットをリサーチしておきたい。
満腹だが、あえてもう一軒入ることにした。




スペイン語では

menu del dia

と書かれていて、いわゆる日替わり定食屋である。

まず飲み物はビール。


ワインを半分開けた直後ではなかなか困難である。

スープ。

ポルトマリンで食べたヌードルスープである。
何を言っているのか理解できないスペイン語なので、その時にならなければ何が出てくるかは分からない。
しかし、まるで空くじナシのくじ引きのようで結構楽しいものである。

メインディッシュ

スズキのソテー

そしてデザートはヨーグルト。

シメテ9EURO。

断然此方である。

さて

単身ユーラシア大陸の突端まで行くとは、数年前までは考えの及ぶところではなかった。

自分の身に危害が及ぶとか
損害を被るとか

そんなことが起こらない限り、言葉が解らずとも特別不自由はないのである。

もちろん、隙を見せてはいけないし、国内旅行とは次元の違う緊張感が必要なのは云うまでもない。

しかし

超ハイテク「羅針盤」であるスマホさえあれば、不自由感をほとんど感じることはないのである(^_^)v

人類が生み出したテクノロジーは、世界の距離を物理的にも、心理的にも確実に縮めることに成功したと言ってイイ。

食べ終わる頃、サンチアゴデコンポステーラに向かうバスが目の前を通り過ぎた。

やはりムシアは日帰りがイイ。



ムシアそぞろ歩きと高級?レストラン
岬で一時間ほど過ごした後、市街地へ戻る。
色鮮やかな建物が非常に目立つ。




カフェで少し休む。
もう何度カフェに入ったか、数え切れない。
しかし、私がテーブル席に座るや店員が「注文は何にされますか?」と歩み寄り尋ねてきたのははじめてのことであった。




スペインではコーヒーを注文すると、焼き菓子が添えられることが多い。

コーヒー二杯で2EURO。今回の最安値である。

カフェの後は本日のお宿へ.1泊1400円の
民営アルベルゲ。


同宿は私以外には一人のみ。
ドイツ人青年であった。

カフェでコーヒーとお茶菓子はつまんだが、ランチはまだだった。
旅の道中、胃袋がかなり小さくなってしまい、三食フルに食べなくともあまり気にならなくなってしまった。

毎日遅い昼を食べる習慣が旅の前半で身に付いてしまったのが原因だろう。

しかし、せっかくの海辺のまちを訪れておきながらシーフードを食べない訳にはいかない。

宿で教えてもらったレストランに出掛けた。
時間は3時前だが、ランチ営業の最中あである。

注文しようと、メニューを覗く。
セットメニューが見当たらない。

店員にランチメニューはないかと尋ねてみる。

ない

と言う。

ランチなのに、全て単品で選ばなくてはならないらしい。


前菜
スープ 
サラダ

色々並ぶが、そんなものイチイチ頼んではいられない。

良くわからないまま、魚料理リストのなかから、一番安い11EUROのものを選ぶ。

暫くすると店員が「こちらになりますが宜しいでしょうか?」などと言いながら、料理前の鮮魚を恭しく差し出す。
大きな金目鯛だった。

ワインもオーダした。
店員がグラスに少し注ぐ。
飲め、と言う。
おいしい。と答える。
見た目は普通のカフェテリアだか、見かけに似合わず所作が仰々しい。

こんなレストランは初めてである。


魚料理が運ばれてきた。


三枚に下ろしたものをオリーブオイルで揚げて、塩とハーブで味付けしてある。
値段だけのことはあって旨い。

其を取り分け皿に盛る。


デザートにチョコレートケーキを頼む。


前菜も、サラダもないが、食事の時には必ず出てくるパン、付け合わせのジャガイモをつまんでいると、お腹一杯になった。
自動的に出てくるパンだが、こちらは無料ではない。シッカリ1~1.5EURO計上されている。
はしば食堂のつきだし惣菜と同じである。

気になる会計はシメテ35EURO。
チョッと高すぎた。勉強のためと諦めるしかない。



カテゴリー