FC2ブログ
FC2カウンター

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

 ↑  ↑  ↑
ブログランキング参加中!
1日1回クリック下さいネ!

最近の記事

月別アーカイブ

リンク

★たびたび君を応援しよう

このブログをリンクに追加する

北信州木島平より2020冬★ 
宿主の徒然なる日記
大阪帰省の旅
28日に木島平での最後のコブ講習会を終え、15時に出発。







長野道、中央道、名神道、第二京阪道を経て21時20分に実家に到着。

翌日は春花の十三参りに嵐山法輪寺へ。






お坊さんによると、十三参りはその昔、今の成人式に相当する儀式だったそうです。
京都地方古来のしきたりが、今では全国に波及し、遠方からの参詣者が絶えないそうです。

ちなみに春花と一緒に詣でたお子さんは東京練馬から。



お参りのあとは、モンキーパークで猿と戯れて嵐山を後にしました。

スポンサーサイト



淡路島へ
十三参りの翌日は、私はクルマで北上し、ヨドバシカメラ京都で買い物、その他のメンバーはくずはモールでブラブラ。


当初湖北の重伝建を訪れる予定でしたが、渋滞に心が折れて山科でUターン。

寝屋川まで走り一作ラーメンでランチ。




さらにハワイアンカフェレストラン「コナズコーヒー」へ。


アメリカンサイズの品々はインパクト絶大。


コーヒーはマンデリンブレンドを選ぶも、かなり大味かつ薄味。


あまり遠出をすることなく一日が過ぎました。

最終日は八時半に出発し、淡路島へ。




観覧車に乗り



ハイウェイオアシスあわじで買い物。

長野の道の駅に比べると、品数は圧倒的。

道の駅あわじにて




このあと垂水のウメさん宅にお邪魔し、16時頃木島平に向け出発しました。

木島平から万座温泉、軽井沢、富士見町
日曜日のコブ講習会を終えて、いざ万座温泉へ出発。
すでにタイヤを交換済みでしたが、2日前の積雪で万座ハイウェーにまだ積雪路面が残るとの情報を得て、急きょスタッドレスタイヤに交換。

須坂、菅平、鳥居峠を越えて万座温泉には17:30頃に到着。


この日で営業を終えた万座スキー場。

12畳の和室でごろ寝しましたよ(^^)


翌朝は8:30に出発。


鬼押し出し園へ


はじめて入園しましたが、なかなかスバラシイところでありました。


浅間山がモクモク蒸気をあげていました。


次なる目的地は軽井沢。旧軽井沢の目抜き通りも閑散期とあってさほどの混雑ではありません。




お昼にはお蕎麦屋さんに入ってランチ。母ちゃんはカレー南蛮うどん、春花はカレー、英時はざるそば、ワタクシはアナゴ天丼をいただきました。


アウトレットモールに立ち寄り、白樺湖を経て諏訪のステーションモール、夕食には国道20号線沿いにある有名洋食店「かぶと」でナポリタンを賞味。


実に美味しい逸品でありました。

お泊りは富士見のおばあちゃん宅。


甲斐駒ケ岳が絶景でした。

ミナト横浜へ
富士見を8:00に出発し、中央高速道路を一路東へ。八王子JCTから圏央道を経てたどり着いたのはミナト横浜。
信州人にとっては海は特別な存在です。

山下公園の駐車場に車を止めて氷川丸。


これまた人生初の乗船であります。

海運会社に勤めていた人間としてこれまで未訪問だったことが不思議なくらいであります。ライバル会社だったからというわけではないのですが。(^^;




入館料は300円と格安です。

多くの部分が原形のまま残され、太平洋航路華やかなりしころの栄華がしのばれます。


ちょうど日本郵船の客船飛鳥Ⅱが神戸に向けて出港するところでありました。


氷川丸の後は中華街。

肉まん、ゴマ団子、小籠包などの超定番の点心をつまみながらそぞろ歩き。



ベビースターランド



EXILEと東京タワー、そしてお台場海浜公園
12時40分頃横浜を後にし、第三京浜、首都高速道路経由でまずは中目黒へ。

ここから二手に分かれて行動です。

かあちゃん、春花はEXILE TRIBE STATION


桜見物のひとだかりですが、歩行者天国が設定されないのが不思議であります。
そこを果敢に長野ナンバーのハイエースで突進(^^)


残る三人は東京タワーへ。

水先案内人はグーグルマップ。高級住宅街を縫うように港区へ。

タワー駐車場に余裕で入れました。






母ちゃんたちとの合流時間は16:00.まだ時間に余裕があったので、見学終了後お台場へ。


海浜公園で浜辺遊びを楽しみました。


東京には本当に何でもありますね(^^)。



湘南の風に誘われて
信州の対極にある場所と言えば東京。でも東京に泊まるのも芸がないと思いまして、この日目指した場所は湘南。
しかも片瀬江の島。

子どもたちは当初何でそんなところへ行くのかと若干当惑気味でしたが、実は私にとっても未知の世界でありました。
サザンオールスターズや、杉山清貴&オメガトライブが歌った国道134号線沿いはひたすら海。しかも夏の喧騒というマイナスイメージが強すぎ、東京で働いていたころは完全に偏見の目で見ていたきらいがあって、一切食指が動かなかったというの野が正直なところでありました。

しかしこの年になってようやく偏った志向が解消された模様で、あらゆることに興味を持つようになったところであります。

海外旅行然り、湘南の海しかり。。。。

を目指すルートを案内され、茅ケ崎市、そして有名な国道134号線へ。


投宿地は片瀬海岸近くのKKRニュー向洋。
住宅地の中にある、少し古めの公共の宿であります。


美味しい魚介類がふんだんに供され、みな大喜び。
バイキング料理でなくても、十分に満足できました。










和室の部屋ではごろ寝。

ゆずかとプロレスごっこに興じました。






安全なボディースラム、安全なブレインバスター。
ワタシ、結構好きなんですよ。プロレス(^^)


湘南海岸散策
翌朝は早起きして江の島へ。

朝のニュースでは頻繁にテレビで目にする島でありますが、実際に足を運んだのははじめてでした。
日中は観光客でにぎわう目抜き通りも、住民以外の姿はありません。


神社の参道を上がって、海を一望。




人懐っこいネコに癒されます。


朝食にはしらす。






チェックアウト後は片瀬漁港の鮮魚直売所へ。
毎朝9:00から販売開始となりまして、30分前には行列ができるとの情報。

15分前に出向きましたところ、すでに10人ほどが列を作っていました。



好きな魚をざるに取って量り売り。


アオアジ、コノシロを800円分買い求めました。予想外に安く感動です。
さらに無料で三枚おろしにしてくれます。


鮮魚の買い物の後は海岸遊び。
子どもはやっぱり海が好きですね~。


魅惑の江ノ島でありました。

かまくらで御朱印集め
江の島を後にして、まず向かったのは長谷寺。
人生初の訪問です。


桜が咲き始めた境内はそこまでの人だかりではなく、落ち着いて散策が出来ました。


ここで買い求めたのが御朱印帳。
先日お邪魔した神戸のウメさんのコレクションを拝見し、是非始めてみようと思いったったのでした。




長谷寺の後は銭洗弁天。市街地からはかなり離れていてひたすら車で移動。
素掘りのトンネルをくぐり、銭洗いの洞窟へ。


ざるに貨幣を投じ、そこに湧き出る水で洗います。


清められたお金は自然乾燥させ、お守りにするもよし、買い物に使うもよし。
私は1万円札と100円硬貨を清めました。(^^)



その後は鶴岡八幡宮、そこから別行動しまして、私は単独江ノ電。それ以外のメンツは小町通へ。
あとで聞いたのですが、ヒデトキは買い物には興味がなく、私に同行したかったとのこと。
もっと早く言えよ(^^;)

鎌倉駅から江ノ電。これまた人生初の乗車。
想像を絶する急カーブ、左右に迫る住宅。感覚的には関西の嵐電に似ています。


全線乗ることも考えましたが、途中の鎌倉高校前で下車。
沿線で最も海に近い駅であります。






木島平の対極をいく湘南。
やっぱり良いところでありました。



三浦半島から木更津
13:30に駐車場で待ち合せとの約束でしたが、鎌倉駅から小町通を北上する途中で子どもたちと合流しました。

あまりの人の多さに落ち着いて買い物者出来ず、ゆずかも愚図り、結局初志貫徹したのは鳩サブレのみだったようです。

こうなることはほぼ予想できましたが、やっぱりお土産物屋街をブラつくことは絶対に外すことのできない母ちゃんなのであります。

クルマに戻り、三浦半島を一路南下。目指したのは久里浜。
せっかくだからとフェリーに乗って房総半島にわたり、アクアラインを経由して旅を終えようとの算段であります。

頑張って走り、14:20発金谷行きにギリギリセーフ。


やっぱり船はテンション上がりますネ。子どもたちにも喜んでいました。




このルートを選んで正解でした。

大型貨物船と交差するように南下。


船ウオッチングできるのもまたこの航路の楽しいところでもあります。




金谷からは自動車専用道で北上。
木更津でいったんおりて、当宿のお馴染みさんKさまの吉祥院を訪問しました。


もちろん御朱印もいただきました。

お目にかかれて光栄でありました。

事前にお知らせしていたわけではありませんでしたが、格別のおもてなしを頂き、本当にありがとうございました。



吉祥院さんHP


旅の終わりは「超」個性的ラーメンで
吉祥院の本堂で格別なおもてなしを頂きました。
その中で、竹岡IC近くのラーメンのことをご紹介いただきました。

あまりに熱く語られますので、これは行くしかないと、金谷に逆戻りする形で、少し早めの夕食をそこでいただくことにしました。

うめのや

竹岡IC近くの県道沿いに佇む小さなラーメン店。


ご当地ラーメンとして最近では有名らしく、入店した5:00過ぎでも順番を待つ人がちらほら。

吉祥院のKさまによると

麺は乾麺
チャーシューがスゴイ
スープはチャーシューを煮込んだ生醤油をそのまま出汁として使っている
とにかく個性的

との由。

私はチャーシュー麵大盛り+玉ねぎトッピングをチョイス。

そして出てきたのがこれ。


想像を絶する色と、縮れた乾麺の一部ほどけていないさま。
そして肉そばと称するにふさわしいてんこ盛りの肉。
盛られたみじん切りの玉ねぎ。

スゴイ。すごすぎます。

実に濃い味付けのチャーシューはやみつき系。
麺の多さにノックアウト寸前です。
ゆでられた乾麺は、見方を変えれば即席油揚げ麺のようでもあります。いや、かなり瓜二つであります。


会計時に厨房を一瞥したところ、麺を茹でる鍋はかまではなく、大きなボールを直接鍋に乗せています。

麺は大量の湯でゆでる

との一般常識はこの店では当たらないようです。

ギューギュー詰めになって、ボール中で踊る縮れ乾麺の姿に大変な衝撃を覚えました。

いやいや。世の中にはまだまだ知らないことがたくさんあります。

その後立ち寄った海ほたるのおしゃれな雰囲気が一切かすんでしまうほどのインパクトでありました。

海ほたるにて。


ご紹介いただきましたKさま。ありがとうございました。

何か月か経過したらたぶんまた食べたくなるに違いありません(^^)


旅の終わりはラーメンで。

おあとがよろしいようで(^^)







プロフィール

なかむら@みゆきの

Author:なかむら@みゆきの
高社山麓みゆきの杜ユースホステル
を営んでいます。
当サイトでは、地元民ならではのお勧めツーリングルート、温泉、B級グルメなどを宿主自らが実走調査を敢行!信州ドライブ&ツーリングにお役立てください。




【旅の記録】
北海道ツーリング2008
北海道ツーリング2009
北海道ツーリング2010
北海道ツーリング2011
北海道ツーリング2012
沖縄八重山紀行2008
沖縄八重山紀行2009
沖縄バイクツーリング2010
沖縄家族旅行2011
栂海新道縦走記2012
沖縄買出し旅2012
沖縄買出し旅2013夏
大阪帰省の鉄道旅2013
沖縄買出し旅2013冬
アメリカ横断2014春
北海道ツーリング2014
沖縄買出し旅2014
アメリカ横断2015
北海道乗り潰し2015冬
家族で沖縄2015冬
タスマニア周遊2016
Overland Track2016
北海道2016夏ドライブ
スペイン巡礼2016冬
タスマニア2017春
北海道2017夏
スペイン巡礼2017冬
瀬戸内旅2018春
日本南北縦断2018冬
瀬戸内旅2019春

カテゴリー