FC2ブログ
FC2カウンター

プロフィール

なかむら@みゆきの

Author:なかむら@みゆきの
高社山麓みゆきの杜ユースホステル
を営んでいます。
当サイトでは、地元民ならではのお勧めツーリングルート、温泉、B級グルメなどを宿主自らが実走調査を敢行!信州ドライブ&ツーリングにお役立てください。


【旅の記録】
北海道ツーリング2008
北海道ツーリング2009
北海道ツーリング2010
北海道ツーリング2011
北海道ツーリング2012
沖縄八重山紀行2008
沖縄八重山紀行2009
沖縄バイクツーリング2010
沖縄家族旅行2011
栂海新道縦走記2012
沖縄買出し旅2012
沖縄買出し旅2013夏
大阪帰省の鉄道旅2013
沖縄買出し旅2013冬
アメリカ横断2014春
北海道ツーリング2014
沖縄買出し旅2014
アメリカ横断2015
北海道乗り潰し2015冬
家族で沖縄2015冬
タスマニア周遊2016
Overland Track2016
北海道2016夏ドライブ
スペイン巡礼2016冬
タスマニア2017春
北海道2017夏
スペイン巡礼2017冬
瀬戸内旅2018春
日本南北縦断2018冬
瀬戸内旅2019春

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

 ↑  ↑  ↑
ブログランキング参加中!
1日1回クリック下さいネ!

最近の記事

月別アーカイブ

リンク

★たびたび君を応援しよう

このブログをリンクに追加する

.
ANA880便羽田行き
市内観光を終えて18:30頃空港に戻る。

それでもまだ二時間以上あり、商店街をうろつき、残った豪ドルを使い果たす。
TIMTAMにオレンジジュース。残ったのは5セントだけになった。

帰りも787.

座席は行きと同じく非常口席を確保できた。

機内食はカツカレーをチョイス。


残念ながらあまりおいしくはなく、シーフードのクリームパスタにしておけばよかったと少し後悔する。

機内ビデオを見る。

SKY EYE
長野編



では善光寺、松本城、諏訪大社をはじめ、飯山の地酒「水尾」が登場。



定刻より10分ほど遅れて羽田に到着。



上手くいけば546発のモノレールに乗り、はくたかの1番列車に間に合う。去年はそのスジで飯山には819に到着したが、今年はそれは叶わず、東京発752発の二番列車に乗ることになった。

朝食は駅弁。北の海の幸弁当?なる純和食をチョイスした。

気絶するほど美味しかったことは云うまでもない。


山の恰好をしたワタクシはそれなりに目立っていたたようだ。

何処の山に行くのですか?
東京駅で声を掛けられた。

いいえ。帰ってきたのです。
オーストラリアのタスマニアに行ってきました。

仕事で長野に向かうという50半ばの山好きのサラリーマン氏だった。
3人がけのシートの両端に並んで座り、意気投合。

おかけで、最後まで覚醒状態のままだった。
嬉しいことに10月下旬の宿泊予約をいただく。

飯山は春爛漫の桜に包まれていた。
やはり日本、信州はいいところだった。



スポンサーサイト



シドニー散歩
シドニーには16時前に到着。
乗り継ぎのANA便は21時前である。

約5時間の猶予があるので、出来れば市街地に繰り出したいところである。
しかし面々はすでにお疲れモードで、しかも市街地に出るだけで交通費が往復3000円程度かかるということもあり、誰もそれに賛同する人はなかった。

せっかくなので、私は単身シドニー観光に向かうことにした。

手荷物預かり所で15ドルで二個口を預け、エアポートリンク地下鉄駅へ向かう。
シドニーと言えばオペラハウスなので、迷わずそこまでのきっぷを買う。

わずか20分の乗車で17ドル。
恐るべき運賃である。

日本の東京メトロなら200円ちょっと。
東京モノレールなら500円程度。
ニューヨーク地下鉄でさえ5ドル程度
スペインのマドリード~トレドの新幹線に70km30分間乗っても13ユーロ1500円である。

それぞれ国によって事情は違えど、高いといわれる日本の鉄道運賃でさえ、長野~飯山間を新幹線に乗っても1400円ほどなので、その高額ぶりは際立っている。

とはいっても、値段には代えられない風景が待っているはずなので、いざ乗り込む。




20分乗ってCircular Quay へ。


シドニーには1992年の12月末に当時勤めていた海運会社の乗船実習でやってきたことがある。
日本を出て、空荷の状態でビクトリア州ポートランド、ブリスベン、シドニー、メルボルン、そしてタスマニアにわたってホバートの北にあるウッドチップ積み出し港トライアバナから石巻まで。

その旅の途上シドニーに立ち寄ってはいるが、その時は市街中心部のキングスクロス周辺をうろついただけでこの場所は未訪問であった。



巨大客船が係留され、対岸の入り組んだ場所へのフェリーが頻発する。
まるで石垣客船ターミナルのごとしである。




わずか20分の滞在ののち、元来た道を地下鉄に乗って戻った。

荷物預け代と合わせて5000円の豪華ショートトリップであった。
ホバートからシドニーへ
マークさんと別れたのち、しばしハーバーエリアを散歩する。
長い旅の最後をかみしめつつ、カフェで珈琲を飲んだ。

ユースホステルには10:00に集合したが、迎えのバスは11:30である。
私が荷物の看守をし、その間皆は町へ繰り出した。

初日と同じくレザーウッドタスマニア社のルークさんが迎えに来てくれた。


ホバート空港には12:00前に到着、各自チェックインカウンタへ進む。
ここで明石市のUさんとはお別れとなる。メルボルンに立ち寄ったのち帰国するのだという。

昨年、アルコールストーブに残ったわずかな液体燃料が手荷物検査にひっかかり、構内放送で呼び出され別室へ通された。
不覚にも器具は没収されてしまい、去年の二の舞がないよう、参加者には念を押して液体の残量には注意するよう促していた。

しかし

手荷物預け後、しばらくして不幸にも日本人名のアナウンスが流れてしまった。しかも2名。

広い待合ロビーでそのお二人を探し出し、その旨係員に告げると、昨年と同じ場所へ通された。検査官の女性も昨年と同じだった。
X線写真を見せられ、これを見せてほしい。との要求。
やはりアルコールストーブである。

本人曰く液体は完全に乾燥させていて問題なないというが、カメラの向きによって、疑いがかけられてしまうようである。
指示に従いザックを開け、当該物品を係官に見せた。もちろん何の問題もない。

ごめんね。手間取らせて。

と笑って返された。安全のためである。仕方がない。

慌ててカフェでサンドイッチをほお張り、ランチとする。



シドニー行きジェットスター720便。定刻から30分遅れて離陸した。


マークさん夫妻と朝食
ステーキ三昧の一夜が明けて、最後の朝を迎えた。

この日はタスマニアのお馴染みゲスト、マークさんと朝食をご一緒することになっていた。

お勧めのランドリーマシンカフェで8時に待ち合わせる。


不思議なな名前と思ったが、なんのことはない、コインランドリー併設のカフェなのであった。




ちなみに3人分の朝食プレート、珈琲でなんと60ドル。


恐ろしい世界である(^^)



コスパ抜群のステーキハウス
スーパーで大量のTIM TAMを買い込み、18時半にYH前に集合。

7名でステーキを食べに行くことになっていた。

サラマンカプレイスの人気グリルで、タスマニアビーフのステーキがお手頃価格で楽しめるとのことである。


メインは炭火焼ステーキ。

部位とグラム数によって値段が異なるが、一番お手頃なのはランプ(もも)である。

180Gなら20ドル、500gのビッグサイズでも36ドルである。
それにサラダバーが付くというのだから驚きの超ハイコストパフォーマンスといえる。

ワタシは500gランプを注文。


いかにもオーストラリア的な歯ごたえ抜群のテイストであった。





バッテリポイントからマウントウェリントン
明けて19日は終日観光の日である。
午前中はひとりぶらぶら。

午前10時に集合して、サラマンカプレイスへ。

その後バッテリーポイントまで散歩して各自昼食をとることにした。




Y氏、U氏とともに人気のベーカリーでランチ。




サンドイッチと珈琲、そして食後にオペラケーキを頼む。


しかし日本の繊細なオペラとは似て非なるもので、かなり大味な印象の一品である。
やはり繊細な洋菓子製造のためには、日本の職人技が必要なのだ。

ランチの後、7人とともにマウントウェリントンの2時間バスツアーに参加することにした。

観光案内所横から13:30にバスが出る。

なかなかの人気らしく、平日だというのに満員である。

つづら折りの道をひたすら登り、タスマニア市街地を見下ろす独立峰に立つ。

ハーバービューが素晴らしく、日本でいうなら六甲山ドライブウェイである。


小樽天狗山山頂からの景色にも似たものがあると感じるのは私だけではないはず。

バスツアーから戻ったのち、スーパーマーケット「ウールウォース」で土産菓子を大量に買い込み、夕食へと繰り出すことにした。


シンクレア湖からホバートへ
シンクレア湖ロッジでランチを食べたらいざバスに乗って170km先のホバートに向かう。
この日はハイエースではなくてRED LINEの中型観光バス。


途中トイレ休憩をはさみ、約3時間でユースホステル前へたどり着いた。

そそくさとシャワーを浴び、6日間の汚れを洗い流す。

有志4人を集めてサラマンカプレイスに繰り出した。








M氏、H氏、U氏とバルでビールを楽しむ。ペールエールがやっぱり旨いのだ(^^)



いったん宿に戻り、18時に再度集合。
打ち上げを兼ねてこの日はシーフードレストランに集う。


しかし思ったものと違うものが出てきたりして、若干不満を漏らす参加者の皆さん。


しかし、何が出てくるかわからないワクワク感も海外レストランのひとつの楽しみでもある。
英語の通じないスペインに行ったなら、本当に何が出てくるかわからない。
しかし、所詮人間の食べるものであり、若干の好き嫌いはあれどとてつもなく酷いものなどにはまず出くわさない。

すべてをプラスに受け入れる寛容さもまた海外旅行には必要なのである。


湖上遊覧船からシンクレアロッジへ
船は930に出る。
あらかじめの予約が必要で、前日にも小屋に備わる無線機でリコンファームを行う。

900に小屋を出発。


船は20分遅れで到着。



湖上を南下し


約25分でシンクレア湖南端に到着する。


ゴールの証しは、スタート時とおなじ看板で。


ビジターセンタに立ち寄り、日本人スタッフのナツコさんにお会いする。
昨年も大変お世話になり、今回もまた移動手段の件で色々知恵を拝借した。
住まいは200キロ離れたホバートとのことで、7日勤務して7日休みという、まるで船乗りのような暮らしである。(^^;


一週間フリーズドライフード生活が続き、歩いている間は、ゴールに着いたら何を食べるか、そればかりを思い描いていたに違いない(?)面々。

歩行完遂の記帳を済ませたら、一目散にロッジのカフェへ。

ワタシは「オーバーランドグルメバーガー」20ドルを注文。



これで1750円は決して安くはないが、爆発的ボリュームと手の込んだ内容は、なかなかどうして。

付加価値を削り、業者を叩き、人件費を削り、何でも無料が当たり前。値下げに躍起になるばかりの日本の産業界にはなかなか、未来は見えてこない。

280円の海苔弁当。ヤッパリやり過ぎである。(^^;







ナルシサス小屋の夜は
オーバーランドトラックはまだ先へ続くが、此処から先は湖上遊覧船でゴールを目指す人が圧倒的多数を占める。
だから此処には泊まらずその日の内に船に乗るバターンが主流のようである。

しかし、この小屋のロケーションはこれ迄泊まった中では群を抜いて優れている。

湖岸に近く、湖を囲む山群を間近に望むことが出来る上に、空が大きく開けているので、星空観望にはうってつけなのである。

この日は快晴で天の川がクッキリ。

南十字星も見えていたはずなのだが、回りのオーストラリア人キャンパーに尋ねても、正確に教えてくれるヒトはいなかった。

翌朝、日の出を拝みに出てみる。

日本人は御来光に並々ならぬ執念を燃やすが、現地人にはそのような志向をもつ者は居なかったようだ。


Mt OLYMPUS を背景にolympus OB のY 氏をolympus TG 4で撮影したところ(^_^)v




DAY 6 最終セクション
いよいよ歩行最終日を迎えた。

広い小屋なるも、昨夜は雨降りで、テント泊のハイカーも多数宿泊していた。




距離で9キロ、ほぼ平坦な道程だが、疲労を鑑みて四時間ほどかかるはずだ。

昨年は、思いがけないトラブルにより、3時過ぎてから、フランス人ハイカーと慌てて2時間15分で歩いたことがつい先日のことのように思い出される。

ユーカリの森をひたすら歩く。


三時間経過して漸く平原地帯にさしかかる。


吊り橋を渡り、川沿いのみちを進むとやがてナルシサス小屋に到着。







12日に始まった「秘境探検」も漸く完結。

今日はゆっくり休んで、明朝の湖上連絡船で、文明の世界へ戻ることにしよう。





カテゴリー