fc2ブログ
FC2カウンター

プロフィール

なかむら@みゆきの

Author:なかむら@みゆきの
高社山麓みゆきの杜ユースホステル
を営んでいます。
当サイトでは、地元民ならではのお勧めツーリングルート、温泉、B級グルメなどを宿主自らが実走調査を敢行!信州ドライブ&ツーリングにお役立てください。


【旅の記録】
北海道ツーリング2008
北海道ツーリング2009
北海道ツーリング2010
北海道ツーリング2011
北海道ツーリング2012
沖縄八重山紀行2008
沖縄八重山紀行2009
沖縄バイクツーリング2010
沖縄家族旅行2011
栂海新道縦走記2012
沖縄買出し旅2012
沖縄買出し旅2013夏
大阪帰省の鉄道旅2013
沖縄買出し旅2013冬
アメリカ横断2014春
北海道ツーリング2014
沖縄買出し旅2014
アメリカ横断2015
北海道乗り潰し2015冬
家族で沖縄2015冬
タスマニア周遊2016
Overland Track2016
北海道2016夏ドライブ
スペイン巡礼2016冬
タスマニア2017春
北海道2017夏
スペイン巡礼2017冬
瀬戸内旅2018春
日本南北縦断2018冬
瀬戸内旅2019春

リンク

★たびたび君を応援しよう

このブログをリンクに追加する

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

 ↑  ↑  ↑
ブログランキング参加中!
1日1回クリック下さいネ!

最近の記事

月別アーカイブ

.
フロミスタの街にて
期せずして飛び込んたホテルは、Hostal El Apostolと云う。
建築後間もない新しいホテル兼バルだ。

急な来客にも満面の笑顔で対応してくれ、特におかみさんの親切ぶりにはいたく感動した。
家族経営の店で、日曜日のこの日は、小学生3~4年生と思しき女の子が母親を追いかけるように寄り添い、その度にたしなめられているようであった。

その姿は、まるでカフェタイムにケーキを食べたいと談話室に現れおねだりするはるかとかぶるものがある。

個人商店で繰り広げられる家族模様は世界共通なのだ。

夕食は七時半から。
例により、巡礼者定食をいくつかのリストの中から選択する。

親切なおかみさんはグーグル翻訳の扱い慣れており、難解なスペイン語メニューの理解にもさほど困難はない。

朝食もまた、2.5ユーロで甘いものだけではなく、塩気のあるハムサンドやオムレツなどから選ぶことが可能であった。

予想外の滞在が、何とも心に残る極上の時間となった。

スペイン語で「また来るよ」とさよならを言うと、おかみさんのいつもの笑顔がはじけた。

いつの日かまた泊まりに来ようと思う。

フロミスタから汽車旅
休養日とはいえ、この日は列車での大移動が待ち受ける。
午前中は自由時間で、各自フリー。
暫く荷物はホテルで預かってもらった。

ロバを連れた巡礼者


食料品店に立ち寄ったり、町並みのそぞろ歩きを楽しんだり。






スペインの田舎は何処へ行っても日本人にとって別世界の観光地そのものである。



が、そんな中、参加メンバーのひとりが転んで負傷した。
診療所がすぐ近くにあったのが幸いして、直ぐに駆け込む。

スマホのグーグル翻訳を介して、投薬にあたってのアレルギー、持病、手術歴などの問診に答える。

土地柄、巡礼者の急患には慣れており、急患用の治療費説明書を見せられ、診察、処方箋、投薬、合わせて80ユーロの支出で済んだ。

勿論、スペイン語解読ツールはグーグル翻訳だった。

アメリカなら20万円は下らないのだが。。。。

それにしてもグーグル恐るべし、である。

一件落着し、1209発の列車に乗るため、駅に移動。


一日二本しかない列車。パレンシアまで約30分の乗車。


パレンシアでは約50分待ちなので、駅近くのバスターミナル内のバルでランチとする。





この2つと珈琲で4ユーロ。


パレンシアからはコレ。

電気機関車牽引のインターシティ

252型機関車がわずか3両の客車を従える。
しかもそのうち一両は軽食堂車であり、日本にはない、古き良き時代の長距離列車に相応しい体裁を保つ。


日本で例えるなら、EF510が14系客車を3両だけ引いて走る特急列車なのである。

乗り心地はすこぶる良く、重幹線を走る24系客車同様である。
機関車からサービス電源を受けるため、床下発電機も存在しないので、静粛性も抜群。

スペインに限らず、欧州の長距離旅客列車は日本よりも乗り心地に優れるものが多いのである。



スペインの大地を時速160キロで走る。


終端式のレオンで機回しをして方向転換。

発券システムから、座席移動させられる。


せっかくなので、ボカディージョのセットを注文。


さらに、U氏がフロミスタで仕入れてきたというケーキを頂く。


スペインの中央本線のような山岳地帯を縫うように走り、3時間乗ってモンフォルテで乗り換え。




ルーゴ行Alviaに約30分乗ればそこは巡礼路最後の115キロの出発地、サリアに辿り着く。





巡礼4日目 サリアからポルトマリン
いよいよサンチアゴデコンポステラへ向けての114キロが始まった。

いつもの通り、8時宿を出て巡礼路を目指す。


サリアは巡礼の街であり、実際の40000人と云う人口よりも賑わいを感じる場所だ。

夜明け前の巡礼街を行く




高台からは街を見下ろす。


そんな市街地も長くは続かず、やがて長閑な農村部へと差し掛かる。




8キロ地点でカフェに入り小休止。


ガリシア地方特有の伝統民家集落を伝いながら巡礼路は続く。




14キロ地点のバルでランチ。


先行組はすでに食事を済ませ、最後尾を行く四人組が到着するや行ってしまった。

一昨日までのメセタの高地とは全く違い、絵になるヨーロッパの田舎風景が次々に現れるので、写真好きにはたまらない。










ランチタイム後、サンチアゴデコンポステラまで残り100キロ地点を示す道標を通過した。




出発から21キロを過ぎ、ようやくこの日の目的地、ポルトマリンが視界に入る


国道に合流し、橋を渡る。
ダムに沈んだポルトマリン旧市街の遺構がいまだ残っている。


階段をあがり、街の中心部。


教会を過ぎると、目指すガリシア州立アルベルゲにたどり着いた。


歩行距離は25キロを少し越えたところだった。



巡礼5日目~ポルトマリンからパラスデレイ
ブルゴスに始まった巡礼の旅も5日目を迎えた。
累積歩行距離はこの日100キロを越える予定である。



暗がりの山道を暫く歩くと、やがて車道にでる。


昨日よりは雲が多いが、午前中は青空が覗いた。






朝の斜光線が眩しい。





午前中はひたすら緩い登りが続く。
2時間歩いてたどり着いた最初の集落、ゴンザール




そこからさらに15分歩くと、昨年利用したバルにたどり着いた。


この日は徹底的にスタンプを稼ぐ。


次第に勾配がきつくなる。


さらに高度を上げるとやがて広大な芝生エリアに差し掛かる。



北に連なる山脈は雪をかぶり、手前の丘陵地帯が幾重にも重なり広がる。




ヨーロッパの田舎風景に心和む。

12時頃バルでランチ。
先行組はすでに食事中だった。


標高差は400mとラスト114キロの中では最も難所である。

最後尾を行く我々一行も小休止の頻度が増した。




リゴンデの村


16時頃、21キロ付近で最後のバルに立ち寄る。

先頭集団以下、全員が我々の到着を待ってくれていたのだった。
先頭が到着したのは14時30分頃だったらしい。

残りは3キロ。
休憩後、初めは集団で歩く。


しかし、やはりというか。

先頭集団はあっという間に視界から消え去ってしまった。


でもコレでいいのだ。

パラスデレイの街


アルベルゲでの受け付け風景


歩行距離は25キロを少し越えたところだった。









巡礼6日目 ~パラスデレイからアルスーア
この日は生憎の曇り。

いつものように八時に出発した。


距離は25キロ以上あるが、風景は単調である。

ナラ林を縫うように歩く最初の2時間。






8キロ地点に初めてのバルが開いており、珈琲とトルティーヤを注文する。


レボレイジョの村






暫くは車道に沿って退屈な道が続くが、メリデ市街の手前のフレロスの村の家並みは午前中のみどころ。







そして今日のお楽しみランチは、「ガルナチャ」の蛸料理。


ガリシアの名物だが、メリデがなんと言っても本場である。

感覚的には、松葉ガニを城崎か浜坂、香住で味わうのと同じ位の意味をもつのではないかと思われる。

味も応対も抜群である。




ランチのあとは、スーパーに行って買い出しである。


今夜のアルベルゲには近くにバルがないので、夕食と翌朝食を調達した。


が、怪しい雲行きの結果、ついに雨が本降りとなってきた。



教会でスタンプを押す。




が、時間は刻々と過ぎる。

最後尾を歩く役を担うワタシだが、すぐ前をゆくSさんの歩きが明らかに不調である。

調子のイイ時は時速4キロ以上だが、この日のランチ後は時速2キロ台に低下、アルベルゲにたどり着いたのは18時、歩行距離は25キロを少し過ぎたところだった。






巡礼7日目 リバイジョからペドロウゾ
巡礼7日目の朝を迎える。

昨日大幅なペースダウンを強いられたSさんは膝痛のため、最高齢のKさんは雨を嫌い、ココでリタイヤすることになった。

宿は前日にブッキングコムで私が予約しておいた。

すぐ近くのアルスーアの町にはタクシー営業所があり、同宿の仲良くなったスペイン人の若者に頼んでクルマを一台呼んでもらった。

行き先はサンチアゴデコンポステラ。距離は42キロと出た。

ネットで検索すると、スペインのタクシーは一キロあたり概ね1.18ユーロ程度らしいのでおよそ50ユーロ程になる。

安いものである。

雨の中8:30にスタート。


1時間後にアルスーアの街でモーニング珈琲タイムとした。

アルスーアの町並み




牧草地を淡々と歩き、11:30ころ、カルサーダの村でランチとした。






雨が止むことはなく、霧雨の如く降り注ぐ。




2時頃、ブレアの村でカフェタイム。




このバルは料理が充実しており、ランチ後であるにもかかわらず食事するツワモノ多数。


カウンター上には各国の貨幣が貼り付けてあり、昨年は私も1000円札を寄贈し、一年経ったこの日もきちんと貼られていたのが嬉しかった。


バルをでると、一匹の犬がついてきた。雑種の中型犬である。
日本では放し飼いの犬を見かけることはなかなかないが、スペインでは日常茶飯だ。

面白いことに、巡礼路通りに我々を先導し、時間にして40分ほどついてきた。


吠えもせず、餌をねだることも無く、何とも愛らしい犬。
毎日のように巡礼者を導く、カミーノ案内犬なのだろうと思う。

アルアの村




国道に出ると、もうそこはペドロウゾの街。巡礼路最後の投宿地だ。


↑ ↑ ↑ ↑ ↑
ブログランキング参加中です。
お気に召しましたらクリックをお願いしますネ★


毎日更新!北信州の宿・高社山麓みゆきの杜ユースホステルOFFICIAL SITE

別館ログハウスご予約受付中
SSC_0061sedr2a2.jpg
AIR B&B
楽天トラベル








巡礼8日目 ~ペドロウゾからサンチアゴデコンポステラ
いよいよ巡礼最終日。

八時半に出発した。


市街地を横切り、暗い泥濘んだ森を抜けると、そこら蕪畑。

信州人約二名が、激しく反応した。

野沢菜みたい!

親切な巡礼者が「写真撮るよ!」と声をかけてくれる。






空港の脇を通り、サンパイオの村。


昼時だったので、昨年入ったレストランに向かうが、ランチはやっていないという。


ならばと向かいのバルへ。


巨大なボカディージョと、猛烈に塩っぱいサラダのドレッシングにたまげた。




ここでオーストリア ウィーン在住の巡礼者と親しくなる。
食後も暫く一緒に歩き、モンテドゴゾの歓喜の丘へ向かう。

サンチアゴデコンポステラの大聖堂に向かい歓喜している銅像が名所なのだが、巡礼路から外れているので、つい見落としがちである。

そしてたどり着いた。




サンチアゴデコンポステラの大聖堂まではあと五キロあるが、気分は終わったも同然。

一同喜びを分かち合う。


そしてラストスパート。

市街地に入り、旧市街へ。





トンネルをくぐるとそこは大聖堂。


2日前にタクシー先行した二人が出迎えてくれ、互いの苦労を労う。




何とも言えない充足に満ちた時間であった。


歩き通したご褒美は、スペイン最高ランクのパラドールのシングルユース。


昨年下見をした時から心に決めていた。


15世紀に建てられたスペイン王立病院の建物をホテルとしてリノベーションしたという。







博物館に泊まっている感じで、只々圧倒されるばかりであった。







ボタフメイロ(大香炉)の儀式に遭遇
歩き終えた翌日、巡礼者を対象としたミサが執り行われる。

もちろん、誰でも参加できるので迷うことなく行ってみた。


昨年は勝手を知らずにキリスト教信者用席に着席してしまい、少々困惑した。

牧師の説教やパイプオルガンの演奏を聞きながら、183キロの道のりを振り返る。
とはいえ、昨年と同じ流れに約40分を経過し、寒さと若干の退屈を覚えはじめたその時である。

昨年は目にしなかったエンジ色の装束を着た一団が入ってきた。

手には紅く染まる炭の籠。

一団はしきりに天井に眼をやる仕草を見せる。

どうやらボタフメイロの儀式が始まるようだ。

しかし、これは非常にラッキーなことなのである。

太古の昔から、ミサの終わりに、天井の滑車に吊るされた大香炉を男性グループがロープで引っ張りながら振り回すという非常に興味深いボタフメイロの儀式。

 映画「星の旅人たち」のクライマックスシーンにも登場する、聖なる儀式である。

振り香炉自体はどこにでもあるらしいが、サンティアゴ・デ・コンポステーラ大聖堂のボタフメイロのすごいところは、その大きさにある。

大聖堂の情報によると、ボタフメイロの重さは53キロ、長さは1.5m。複数の男性の力で引っ張るボタフメイロがいかに大きいかということが分かる。

サンティアゴ・デ・コンポステーラ大聖堂のボタフメイロは世界で一番大きな香炉で、20mの高さに吊るされたそれは、ロープを引っ張られるごとにスピードを加速し、最高時速は68キロに達するらしい。
 

ボタフメイロは長い巡礼の旅の末に到着した巡礼者の体臭を消すために生まれたという説があるが、確かに香炉が加速するにつれて、炎が勢いを増して、あたりには独特の燃焼臭が立ち込める。

私が着席した場所の真上、しかもかなり近い所を猛スピードで何度も通過する。
映画でみた映像以上の迫力を感じる。


昔は、毎週日曜日の正午のミサで行われていたらしいが、現在はサンティアゴ・デ・コンポステーラ大聖堂が定めた1年で最も重要な祭典のみとされている。

ただし、この日のように、不定期でこの儀式が行われることもある。

それは誰かが寄付金を払った時。

ひょっとしたらこの日は何処かのツアー団体がそれを負担したのかも知れない。

確かに、カミーノツアーを実施しているツアー会社の催行案内をみると、カテドラルでの大香炉見学が明記されているものが多い。つまり、こうしたツアー会社はあらかじめ希望の日時に大香炉儀式挙行を予約しているのである。

兎にも角にも、幸運としか言いようのない、深く心に刻まれた至福の時間であった。




↑ ↑ ↑ ↑ ↑
ブログランキング参加中です。
お気に召しましたらクリックをお願いしますネ★


毎日更新!北信州の宿・高社山麓みゆきの杜ユースホステルOFFICIAL SITE

別館ログハウスご予約受付中
SSC_0061sedr2a2.jpg
AIR B&B
楽天トラベル




サンチアゴデコンポステラ フリー滞在日
前日のミサのあとは自由行動とした。
しかし雨が強まるばかりで、外を出歩こうという気にはならない。


ホテルのラウンジで休んでいると、前日、モンテドゴゾの丘まで同行したウィーンのナイスガイに再会。

なんと彼が我々全員分のお茶をご馳走してくれるというので甘えることにした。

サリアから歩き、一部区間を複数回歩いたという。

「ウィーンといえば、私のホステルを手伝ってくれたことなある親しい知人の旦那が仕事で赴任して何年か住んでいた人がいますよ」と話すと、急に彼との距離が縮まった。

一時間ほどラウンジで過ごしたあと、ホテルを移動。パラドールはわずか一泊のみの夢心地だった。

結局、雨がやむことはなく、中日は観光することなく、一日が過ぎて行った。
 
ユーラシア大陸の突端「ムシア」へ
我々の巡礼はひとまずサンチアゴデコンポステラで終わりだが、そこから先、約100kmの場所に本当の巡礼路終点が存在する。

その場所を「ムシア」という。

映画「星の旅人たち」のラストシーンにも登場する、大西洋の荒波が打ち付ける岩場の海岸端。

教会が佇む、ユーラシア大陸の西北突端の、そこはまるで地の果てを思わせる場所なのである。

ゴール手前45キロ地点で膝痛のためリタイヤしたSさんは、痛みがひどく、長い距離を歩くことができない。

本人もまた、迷惑がかかると、ムシア行を固辞される。

しかしせっかくココまで来たのだからと、皆で協力して何が何でもSさんに大西洋を見せてあげようということになった。

ムシアの街から岬まではわずか1キロしかない。巡礼路は尾根伝いの階段と石畳だが、車道が海岸に沿い伸びている。

車椅子なら十分に苦労なくたどり着くことが可能なのだ。

朝7:30にホテルを出て、バスターミナルへ歩く。
Sさんはひと足先にタクシーでバスターミナルへ向かってもらった。

バスはわずか一日二本。
宮脇俊三の「ローカルバスの終点へ」のスペイン版と呼ぶに相応しい。


とはいえ、車両はハイデッカーの長距離用バスであり乗り心地は抜群である。

ムシアに向かう途中、いくつもの村々に立ち寄りながら、ユーラシア大陸の果てを目指した。

サンチアゴデコンポステラから約2時間後、バスは終点に到着。しかしあまりの強風と雨にまずはバルで珈琲タイムにすることにした。





カテゴリー