fc2ブログ
FC2カウンター

プロフィール

なかむら@みゆきの

Author:なかむら@みゆきの
高社山麓みゆきの杜ユースホステル
を営んでいます。
当サイトでは、地元民ならではのお勧めツーリングルート、温泉、B級グルメなどを宿主自らが実走調査を敢行!信州ドライブ&ツーリングにお役立てください。


【旅の記録】
北海道ツーリング2008
北海道ツーリング2009
北海道ツーリング2010
北海道ツーリング2011
北海道ツーリング2012
沖縄八重山紀行2008
沖縄八重山紀行2009
沖縄バイクツーリング2010
沖縄家族旅行2011
栂海新道縦走記2012
沖縄買出し旅2012
沖縄買出し旅2013夏
大阪帰省の鉄道旅2013
沖縄買出し旅2013冬
アメリカ横断2014春
北海道ツーリング2014
沖縄買出し旅2014
アメリカ横断2015
北海道乗り潰し2015冬
家族で沖縄2015冬
タスマニア周遊2016
Overland Track2016
北海道2016夏ドライブ
スペイン巡礼2016冬
タスマニア2017春
北海道2017夏
スペイン巡礼2017冬
瀬戸内旅2018春
日本南北縦断2018冬
瀬戸内旅2019春

リンク

★たびたび君を応援しよう

このブログをリンクに追加する

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

 ↑  ↑  ↑
ブログランキング参加中!
1日1回クリック下さいネ!

最近の記事

月別アーカイブ

.
帰国、そして次なる旅へ
オーロラ鑑賞の興奮も覚めやらぬまま、飛行機はサハリン上空を通過し、津軽海峡、仙台上を経由して東側から成田へアプローチ。

日高から襟裳


久しぶりに見る日本家屋にホッとする。

房総の田園地帯には意外にも「元茅葺き民家」が多いのに気づかされた。


マドリードで、現地居残り組と別れ、一度「解団式」をしたので、成田では流れ解散となった。

ルーターを返却し、何に乗るか10秒ほど思案した結果、成田エクスプレスに乗ることにした。




品川まで乗り、山手線で浜松町へ移動。



帰国後初めての日本食は「ラーメン」と決めていた。

しかし、日本は何処へ行ってもやかましい。
駅や車内のアナウンス、コンビニの販促せりふに、ラーメン屋の威勢の良すぎる掛け声。


まあお国柄と言ってしまえばそれまでだが、日本の文化をより理解するには、やはりたまには異国に足を運ぶのも悪くはない。

世間ではやたらと外国人が日本のxxxを称賛するさまを引き合いに出したがるのだが、たかだか1分電車が遅れた位で過剰に謝るのもどうかと思うし、大体不可抗力での遅れなど、会社のチカラではどうにもならない。

そもそも謝っている本人が本当に申し訳ないと感じているかどうかは別の話なのである。

以前、イタリアの観光地で修学旅行生が落書きをして騒ぎになり、本人と校長が後日わざわざ謝りにイタリアへ飛んだという話があった。

現地の観光局長?は、なにもそこまでしなくても。と言ったそうだ。

だが、日本のネット世論は簡単に許してくれない。

申し訳ないという気持ちよりも、事を荒げたくない、炎上を終息させたい、学校として保身したい。

そうした心理の方がずっと大きいのが日本の社会構造でもある。

外に出るにつけ、自由国家とはいえ、何かと窮屈な閉塞感を感じてしまうのはきっと私だけではないと思うのだが。

それにしても、日本の食事は安いものだ。

肉のたっぷり乗ったラーメンとお替り自由のライス。そしてお茶の飲み放題でたったの換算8ユーロ。牛丼なんぞは換算3ユーロである。

スペインの巡礼定食は飲み物、前菜、メイン、パン、デザートで換算1350円。
10ユーロと聞けば安く感じるが、日本には10ユーロ程度で楽しめるランチバイキングはいくらでもある。

日本がなかなか経済成長できないのも、合点がいくというものである。

腹いっぱいになったら、さあ次なる旅へ。モノレールに乗って羽田空港へ向かうことにしよう。


========

次回企画予定案

1.タスマニア Three Capes Track
http://www.threecapestrack.com.au/

2.フランス 
ルピュイの道





スポンサーサイト



イベリア航空雑感
オーロラに興奮するばかりのフライトは終始飽きることが無かったが、日本語版機内エンターテイメントの少なさはいかんともしがたい。

日本人CAが男女一人ずつ、さらには日本人ネイティブの如く日本語を操るスペイン人男性CAが乗務しているほか、マドリードにも日本人グラウンドスタッフが2名控える。

日本の大手キャリアのような過剰な作り笑顔はないが、むしろ自然な人間味があって悪くはない。

スペイン国内線のイベリアエクスプレスが、パリコレのモデル然とした風体が多数を占めているのとは異なり、体力勝負の長距離国際線は、どちらかというと、バルの肝っ玉母さん的ベテラン女性が圧倒的に多い印象である。

髪の束ね方も大雑把な印象で、特に一度目の給仕が済むと、髪型はもちろん、メイクまでラフになったのには驚いた。

予定していた土産を十分買えず、ユーロが少し余っていたので、オーロラ鑑賞後、通りがかった日本人女性CAサンに免税品菓子を注文した。

だが、目の前の「普通のメイク」ぶりに意表を突かれ、その数時間後に訪れた降機時の彼女の変身ぶりに再度驚かされることになった。

食事については多くを望むつもりはないが、超長距離便ならば、二回目の供食も「軽食」ではなく、「食事」だと有り難いと思う。








鮮烈オーロラに遭遇。 北緯70度の世界
最後の夜は希望者をつのり、海鮮バルレストランに出かける。
10日間にわたる長い旅を振り返り、話が尽きることはなかった。

翌朝は7:30にホテルを出発。タクシーに分乗して空港に向かう。

イベリアエクスプレスマドリード行。



マドリードでは約2時間の接続なるも、ターミナルが離れていること、また、パスポートコントロールが大混雑していたこともあり、搭乗ゲートに辿り着いたのは、定刻12:20のわずか20分前だった。


過ぎ去りし旅に思いをはせる間もなく、一団はイベリア航空6801便の機上のひととなった。


当便は日本発のフライトとしては最長の14時間10分の超長距離便である。
北半球の比較的高緯度同士を結ぶ長い航路ゆえに、2点を結ぶ所謂「大圏航路」は北緯70度をこえる北極圏を通過する。

行きのフライトの航跡をSNSに載せたとろ、とあるエアラインの機長でお馴染みさんX氏から、

+++++

ハバロフスクからB152、G355コースです。最高緯度は北緯70度02分です。 帰りにその緯度なら左側窓際でオーロラ鑑賞コースです。

+++++

とチャートを添えてお知らせ頂いた。

ならばと、あえてチェックイン時に通路側A席を指定して臨むことにした。

しかし、マドリード空港の日本人グラウンドスタッフによると、

「イベリアはケチなんで、本当は座席指定料金が要るんですよ。でも今日はガラ空きなので、特別にOKにします」(聞き取ったまま)

との由。

行きの成田国際空港グラウンドスタッフ同様、日本風ではない言葉の選び方や接客が何とも興味深い。(笑)

離陸後すぐに雪山をかすめる。



離陸後1時間程でランチ。


2時間半後には日没。


緯度を上げる上に、太陽から遠ざかる向きに飛ぶゆえに、あっという間に暗くなった。

離陸から4時間を過ぎる頃、機体は北欧からロシアに差し掛かりいよいよ北極圏へ。

窓の外が気になり何度もブラインドを上げ下げし、機体がロシア領空に入って間もなく、ついにその姿を捉えることに成功した。

45323363_n.jpg





基本色は緑で、明度が増すと、時にオレンジ色が混ざる。

テレビのドキュメンタリー等では所謂「カーテン」状の映像が流れることが多いが、そこまで明確な模様ではない。

しかし、暗闇に広がる緑色のベールは時に光柱のごとく鮮やかに輝き、言葉には表し尽くせない至福の天体ショーは、最高緯度を通過する前後3時間ほど続く。

最北到達点はここ。ヤマル半島

北緯70を僅かに越えた地点。

さらに世界最北の都市「ノリリスク」上空では市街地の明かりとオーロラの両方を捉えた。(北緯69度35分)








撮影条件はいずれも
オリンパス TG4
f2.8 ISO800 4秒



後で知った事だが、オーロラは何時でも見られるわけではないらしい。

しかも長時間露光撮影によって初めてオーロラと認識出来る程度の「レベル1」から、カーテンの如く明るく光る「オーロラ爆発」と呼ばれる「レベル5」まで、明るさと規模はその時々によりまるで違うという。

上記の撮影条件を鑑みるならば、確実にレベル4をクリアしていたものと考えられる。

奇しくもオーロラ予報サイトによれば、12月上旬以降、搭乗日の12日前後は「レベル9 マキシマム」の最高の条件だった模様。


兎にも角にもラッキーだった。

そう表現するのが適当だろう。


↑ ↑ ↑ ↑ ↑
ブログランキング参加中です。
お気に召しましたらクリックをお願いしますネ★


毎日更新!北信州の宿・高社山麓みゆきの杜ユースホステルOFFICIAL SITE

別館ログハウスご予約受付中
SSC_0061sedr2a2.jpg
AIR B&B
楽天トラベル




カテゴリー