fc2ブログ
FC2カウンター

プロフィール

なかむら@みゆきの

Author:なかむら@みゆきの
高社山麓みゆきの杜ユースホステル
を営んでいます。
当サイトでは、地元民ならではのお勧めツーリングルート、温泉、B級グルメなどを宿主自らが実走調査を敢行!信州ドライブ&ツーリングにお役立てください。


【旅の記録】
北海道ツーリング2008
北海道ツーリング2009
北海道ツーリング2010
北海道ツーリング2011
北海道ツーリング2012
沖縄八重山紀行2008
沖縄八重山紀行2009
沖縄バイクツーリング2010
沖縄家族旅行2011
栂海新道縦走記2012
沖縄買出し旅2012
沖縄買出し旅2013夏
大阪帰省の鉄道旅2013
沖縄買出し旅2013冬
アメリカ横断2014春
北海道ツーリング2014
沖縄買出し旅2014
アメリカ横断2015
北海道乗り潰し2015冬
家族で沖縄2015冬
タスマニア周遊2016
Overland Track2016
北海道2016夏ドライブ
スペイン巡礼2016冬
タスマニア2017春
北海道2017夏
スペイン巡礼2017冬
瀬戸内旅2018春
日本南北縦断2018冬
瀬戸内旅2019春

リンク

★たびたび君を応援しよう

このブログをリンクに追加する

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

 ↑  ↑  ↑
ブログランキング参加中!
1日1回クリック下さいネ!

最近の記事

月別アーカイブ

.
大阪から松本、木島平へ
大阪の実家に一泊し、朝7:30過ぎに出発しました。
それにしても大阪をエリミネータで走るとはまるで夢のようでありました。
前日は南港から枚方まで20数キロを走ったわけですが、大阪の都心を原付で走るというエキサイティングな経験は実に貴重なものでした。
あべのハルカス前

交野市から一般道で長野方面を目指すには多くの手段がありますが、四輪車であれば名阪国道を選択するのがベスト。
しかし原付ですのでそれは無理であります。
ならば、国道307号線で枚方から宇治田原、信楽、東近江を経て、国道21号線から関ヶ原、岐阜、各務原。

土岐から国道19号線に入り木曽路へ

この日の最終目的地は松本市波田の「ゲストハウスしましま」。

360kmを9時間40分で走りました。
こちらのゲストハウスは昨年5月にオープンしました。
地元に住む23歳のフリータ若者が銀行融資のみで開業にこぎつけたそうです。
ゲストハウス開業は銀行にとってよほどの優良案件なのでしょう。世の中のゲストハウスバブルがなるほど理解できようというものです。
夜は松本市営の竜島温泉の送迎バスにのって温泉へ。入浴料は割引でわずか300円でした。
一泊後、市内での会議に参加しまして、夕方16時過ぎに木島平へ向けて出発。
道の駅大岡に立ち寄り

木島平には19時過ぎに到着。
4月9日に出発してから1835km走りました。
昨年はほとんど乗らなかったエリミネータですが、やはり私にとってはなくてはならない相棒なのでした。
スポンサーサイト



旅の終わりは巨大船で
瀬戸内バイクツーリング&船旅もいよいよ最終盤。
伊勢湾フェリーを第1航海とすれば、この東予から南港までの最終航海は第16 航海目。
最小の船が5トンにも満たない音戸渡船に対し、この四国開発フェリーの大型船は8,000トン越え。
旅の終わりにふさわしい巨大船であります。
愛媛県の有力貸船会社、今風で言うならば「シップホールディングス」である瀬野汽船を親会社とする、完全民間会社。
北海道に行く時にいつも使う新日本海フェリーを彷彿とさせるクルーズフェリーに、これまでにないワクワク感を感じます(笑)
出港は22時30分ですが、乗客の利便性を考慮してくれていましてなんと20時から乗船が可能です。
しかも朝は6時過ぎに到着するにもかかわらず8時まで船内休憩することが可能です。
20時15分にフェリーターミナルに到着。

乗船手続きを済ませ

1番下の車両甲板最後部に収まるエリミネーター。

まるでSpotlightを浴びているようでした。
乗船後まず風呂に入り、食堂で夕食。
最後の晩餐とでもいいましょうか。

過ぎ去りし島たびに想いを馳せる時間でした。
90年代初頭に建造された船ゆえに設計はなかなかゴージャス。



目が覚めればすでに大阪湾内。

明石海峡の通過は見届けることは出来ず。
着岸時はまだ雨降りでしたので、会社の厚意に甘えまして、7時過ぎまで朝風呂、ネット検索で時間を過ごしました。
長い瀬戸内島旅はココ大阪南港で終了。

実家に立ち寄り、翌日信濃の國へ帰ります。もちろん、エリミネーターで。
チョット大変ですが、頑張ります。
アスパラ、まもなく登場ですよ~

fc2blog_20130510201031ade_20180329085024d6d.jpg

↑ ↑ ↑ ↑ ↑
ブログランキング参加中です。



お気に召しましたらクリックをお願いしますネ★
毎日更新!北信州の宿・高社山麓みゆきの杜ユースホステルOFFICIAL SITE
別館ログハウスご予約受付中




SSC_0061sedr2a2.jpg
AIR B&B




楽天トラベル





瀬戸内を南下し松山道後温泉まで
何度も何度もフェリーに乗りまくっている訳ですが、私は乗り鉄であるのと同時に「乗り船」。
コレで良いのです。
昨日は陸上から見た造船所や製鉄所の景色は海から眺めながら。

音戸ノ瀬戸を通過しました。

上から見るとこんな感じ。

さすがに幅が90メートルととても狭いため入り口で一気に減速し、海峡を通過すると、即左に110度旋回。
正面には岸壁が迫っているので乗っている方もなかなかスリリングです。
この船を運行するのは石崎汽船。乗組員は全員ネクタイを着用し、応対はこれまで乗ったローカル船会社の比ではありません。
さすがは観光路線であります。
1,990年代に建造された船だけあって最前部には眺望の良いカーペットルームが備わり居心地は抜群。

売店の女性は愛らしくなかなかよろし(笑)

2時間と云う程良い航海時間もまたよろし。
かなりオススメです。
Edit
松山には1635に到着。

松山に立ち寄ったからには、道後温泉は外せません。

短い時間でしたが入浴を楽しみました。
しかし源泉の湧出量が極めて少なく、相当量加水していると思われます。ph値は9.0以上ですが、そこまでのヌルヌル感はありませんでした。
とは言え、温泉とは心癒されるものでありますので、歴史ある建物の中でふと気持ちを落ち着けて入浴する時間は何にも代えがたいものがあります。
温泉の後は道後温泉駅に立ち寄りスターバックスで一休み。

もともと駅舎だった建物のリニューアルによって昨年オープンしたそうです。
これまで入ったスターバックスの中で最もおしゃれな空間でありました。

さあ此れから東予まで走り、22時発のオレンジフェリーに乗ります。
では。

カテゴリー