FC2ブログ
FC2カウンター

プロフィール

なかむら@みゆきの

Author:なかむら@みゆきの
高社山麓みゆきの杜ユースホステル
を営んでいます。
当サイトでは、地元民ならではのお勧めツーリングルート、温泉、B級グルメなどを宿主自らが実走調査を敢行!信州ドライブ&ツーリングにお役立てください。


【旅の記録】
北海道ツーリング2008
北海道ツーリング2009
北海道ツーリング2010
北海道ツーリング2011
北海道ツーリング2012
沖縄八重山紀行2008
沖縄八重山紀行2009
沖縄バイクツーリング2010
沖縄家族旅行2011
栂海新道縦走記2012
沖縄買出し旅2012
沖縄買出し旅2013夏
大阪帰省の鉄道旅2013
沖縄買出し旅2013冬
アメリカ横断2014春
北海道ツーリング2014
沖縄買出し旅2014
アメリカ横断2015
北海道乗り潰し2015冬
家族で沖縄2015冬
タスマニア周遊2016
Overland Track2016
北海道2016夏ドライブ
スペイン巡礼2016冬
タスマニア2017春
北海道2017夏
スペイン巡礼2017冬
瀬戸内旅2018春
日本南北縦断2018冬
瀬戸内旅2019春

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

 ↑  ↑  ↑
ブログランキング参加中!
1日1回クリック下さいネ!

最近の記事

月別アーカイブ

リンク

★たびたび君を応援しよう

このブログをリンクに追加する

.
大阪から松本、木島平へ
大阪の実家に一泊し、朝7:30過ぎに出発しました。
それにしても大阪をエリミネータで走るとはまるで夢のようでありました。
前日は南港から枚方まで20数キロを走ったわけですが、大阪の都心を原付で走るというエキサイティングな経験は実に貴重なものでした。
あべのハルカス前

交野市から一般道で長野方面を目指すには多くの手段がありますが、四輪車であれば名阪国道を選択するのがベスト。
しかし原付ですのでそれは無理であります。
ならば、国道307号線で枚方から宇治田原、信楽、東近江を経て、国道21号線から関ヶ原、岐阜、各務原。

土岐から国道19号線に入り木曽路へ

この日の最終目的地は松本市波田の「ゲストハウスしましま」。

360kmを9時間40分で走りました。
こちらのゲストハウスは昨年5月にオープンしました。
地元に住む23歳のフリータ若者が銀行融資のみで開業にこぎつけたそうです。
ゲストハウス開業は銀行にとってよほどの優良案件なのでしょう。世の中のゲストハウスバブルがなるほど理解できようというものです。
夜は松本市営の竜島温泉の送迎バスにのって温泉へ。入浴料は割引でわずか300円でした。
一泊後、市内での会議に参加しまして、夕方16時過ぎに木島平へ向けて出発。
道の駅大岡に立ち寄り

木島平には19時過ぎに到着。
4月9日に出発してから1835km走りました。
昨年はほとんど乗らなかったエリミネータですが、やはり私にとってはなくてはならない相棒なのでした。
スポンサーサイト



旅の終わりは巨大船で
瀬戸内バイクツーリング&船旅もいよいよ最終盤。
伊勢湾フェリーを第1航海とすれば、この東予から南港までの最終航海は第16 航海目。
最小の船が5トンにも満たない音戸渡船に対し、この四国開発フェリーの大型船は8,000トン越え。
旅の終わりにふさわしい巨大船であります。
愛媛県の有力貸船会社、今風で言うならば「シップホールディングス」である瀬野汽船を親会社とする、完全民間会社。
北海道に行く時にいつも使う新日本海フェリーを彷彿とさせるクルーズフェリーに、これまでにないワクワク感を感じます(笑)
出港は22時30分ですが、乗客の利便性を考慮してくれていましてなんと20時から乗船が可能です。
しかも朝は6時過ぎに到着するにもかかわらず8時まで船内休憩することが可能です。
20時15分にフェリーターミナルに到着。

乗船手続きを済ませ

1番下の車両甲板最後部に収まるエリミネーター。

まるでSpotlightを浴びているようでした。
乗船後まず風呂に入り、食堂で夕食。
最後の晩餐とでもいいましょうか。

過ぎ去りし島たびに想いを馳せる時間でした。
90年代初頭に建造された船ゆえに設計はなかなかゴージャス。



目が覚めればすでに大阪湾内。

明石海峡の通過は見届けることは出来ず。
着岸時はまだ雨降りでしたので、会社の厚意に甘えまして、7時過ぎまで朝風呂、ネット検索で時間を過ごしました。
長い瀬戸内島旅はココ大阪南港で終了。

実家に立ち寄り、翌日信濃の國へ帰ります。もちろん、エリミネーターで。
チョット大変ですが、頑張ります。
アスパラ、まもなく登場ですよ~

fc2blog_20130510201031ade_20180329085024d6d.jpg

↑ ↑ ↑ ↑ ↑
ブログランキング参加中です。



お気に召しましたらクリックをお願いしますネ★
毎日更新!北信州の宿・高社山麓みゆきの杜ユースホステルOFFICIAL SITE
別館ログハウスご予約受付中




SSC_0061sedr2a2.jpg
AIR B&B




楽天トラベル





瀬戸内を南下し松山道後温泉まで
何度も何度もフェリーに乗りまくっている訳ですが、私は乗り鉄であるのと同時に「乗り船」。
コレで良いのです。
昨日は陸上から見た造船所や製鉄所の景色は海から眺めながら。

音戸ノ瀬戸を通過しました。

上から見るとこんな感じ。

さすがに幅が90メートルととても狭いため入り口で一気に減速し、海峡を通過すると、即左に110度旋回。
正面には岸壁が迫っているので乗っている方もなかなかスリリングです。
この船を運行するのは石崎汽船。乗組員は全員ネクタイを着用し、応対はこれまで乗ったローカル船会社の比ではありません。
さすがは観光路線であります。
1,990年代に建造された船だけあって最前部には眺望の良いカーペットルームが備わり居心地は抜群。

売店の女性は愛らしくなかなかよろし(笑)

2時間と云う程良い航海時間もまたよろし。
かなりオススメです。
Edit
松山には1635に到着。

松山に立ち寄ったからには、道後温泉は外せません。

短い時間でしたが入浴を楽しみました。
しかし源泉の湧出量が極めて少なく、相当量加水していると思われます。ph値は9.0以上ですが、そこまでのヌルヌル感はありませんでした。
とは言え、温泉とは心癒されるものでありますので、歴史ある建物の中でふと気持ちを落ち着けて入浴する時間は何にも代えがたいものがあります。
温泉の後は道後温泉駅に立ち寄りスターバックスで一休み。

もともと駅舎だった建物のリニューアルによって昨年オープンしたそうです。
これまで入ったスターバックスの中で最もおしゃれな空間でありました。

さあ此れから東予まで走り、22時発のオレンジフェリーに乗ります。
では。
江田島から宇品そして呉港
朝食は6時から提供という恐るべき早さ。さすがは職人の宿です。
内容は極めてシンプル。

なかなかお目にかかれない代物です。

音戸から江田島の最北端の港である切串まで約50分。
途中でガソリンを入れて旅の後半に備えます。木島平からの走行距離は1,184キロ、平均燃費はトータルで38.34キロとなりました。


ヘビー級の125 CCとしてはまぁこんなものでしょうか。
少々出発に手間取り切串港に着いたのは9時前でした。


そこから約25分で宇品港。


しかし下船する時、とんでもない失態を犯してしまったことに気づきました。
なんと江田島の港にリュックサックを忘れてきてしまったのです。
慌てて船員さんに事情を話したら、次の便で送ってくれるとの事。
40分のロスとなりました。
しかも外は雨。

当初の予定ではここから約100キロ走って周防大島の三津浜港まで走りそこから松山行きのフェリーに乗る予定でした。
しかし時間をロスした上に、天候が雨となれば100キロも走りたくないというのが正直なところです。
周防大島は諦め、広島市内を少し見物することにしました。
広島と言えばやはり原爆ドーム。


そしてお好み焼き。


スマホが使えず、道行く人に尋ねながらようやく辿りついた御三家の一角と言われる「みっちゃん総本店」でランチとしました。


そこから呉に向かって約40分の走行。
途中の呉線の妙にレトロな駅舎に目を奪われ、小休止。



隣のスーパーマーケットで、ずっと欲しいと思っていたカープソースを購入。

呉港には1時30分ごろに到着。

次の船は14時40分発なので少し時間があります。
たまったブログ書きに精を出すことにしました。
黄昏時の音戸ノ瀬戸へ
今宵の宿はとらや旅館。

音戸にはほとんど宿泊施設がなく、かろうじて楽天トラベルで発見したこちらのお宿予約しました。
2食付6,200円
宿泊者はこの日30人以上ですが、なんとそのすべてが工事関係者。
夕食は6時から9時まで好きな時間に食べられます。

よってさらに盛られたおかずはすべて冷め切っていてお客さんが各自レンジで温めて食べるシステムになっています。
しかし部屋はこんな感じ。

色々な意味で絶句^_^
夕食を食べた後ランニングシューズに履き替え音戸ノ瀬戸に再び出かけてみました。
音戸ノ瀬戸は夕暮れ時が似合います。

夕方になると乗り場には人が常駐していて、客が来ると電話で対岸の船を呼び出すシステム。

約3分で船が到着。


まるで中之島か隅田川の納涼船のような雰囲気ですが、此処は運河などではなく、紛れもなく海なのでした。

対岸の警固屋地区に到着したら、石段を登って音戸の瀬戸公園を経由して約2キロのランニング。

誰かここにゲストハウスを作ってくれないかな。
そんなことを強く思うのでした。
興味深い狭水道
鹿島から戻り、再び音戸の瀬戸の見学に向かう。

何せこのような狭い海峡は日本海では見られない、信州人にとっては珍しすぎる光景なのである。
音戸大橋は、海面からの高さを確保するためにアプローチ道路はらせん形状なっているのだが、このような形状の橋はまずほかでは見られない。
P4161103.jpg

幅100mほどの水道の南側出口は90度左へ大きく湾曲し、船の挙動を眺めているだけでもまた楽しい。
P4171115.jpg
第二音戸大橋(新バイパス)から眺めた音戸大橋

海峡の東側にある公園にバイクを止め、上から行きかう船を眺めてみた。
P4161104.jpg

普段自撮りなどしない私だが、テンションが上がると時々こんなこともする。
P4161109.jpg
いつまでも佇んでいたい、そんな長閑な海峡風景に心底癒された。
音戸ノ瀬戸と鹿島
大和ミュージアムを後にして向かったのは音戸ノ瀬戸。
10年ほど前、家族で呉の親戚の家を訪ねて行ったときに前を通過したことがあり、その特異な光景に目を奪われて、いつか自分で訪ねてみたいと思っていた場所でした。
もともと陸地だったところ12世紀に平の清盛が開削したと伝えられる、最小幅がわずか80メートルの極めて狭い水道です。
その狭水道に日本で最も短距離を結ぶと渡船があると知り、ぜひその船に愛車を載せてみたいと思っていたのでした。
本土側の警固屋桟橋。
涙モノのレトロ感。

外は昭和のまま完全に時の止まった古き良き渡船の風景。


乗り場に近づいていき、昼間からビールを開けて宴会を楽しむ初老の男性に声をかけてみると。。。。
ハーレーはいかんね
いやいやハーレーでは無いですよ。ピンクナンバーの原付です。
船頭さんにも一応尋ねてみてはくれましたが虚しくも大きく「バッテン」のジェスチャー。
諦めて単身乗船することにしました。



通過する船があるとそのうねりに揉まれながらおおきく揺れます。
やはりいくら原付とは言えエリミネーターはちょっと無理っぽいと感じました。
対岸の音戸の乗り場


この時時間は昼の2時。
対岸の音戸集落は昔ながらの街並みてした。

音頭後にして向かったのは倉橋島の南端に寄り添うように佇む鹿島。

途中江田島に立ち寄り10年前連れて行ってもらった海鮮食堂を訪ねてみましたが既にランチタイムは終了。

そこからさらに30キロ先の鹿島を目指します。


足で本田と陸続きになっているとはいえ、本土から30キロ以上も離れた鹿島は昔ながらの瀬戸内の離島の空気に満ちていました。

鹿島での1番の見所はやはり段々畑。
急峻な場所に見事に石積みされたあまり類を見ない美しい畑です。


時間は4時を回りました。今夜の宿のある、音戸へ向かうことにいたします。
安芸灘とびしま海道
大崎下島を出発し安芸灘とびしま海道を西へ進みました。
瀬戸内しまなみ海道の西側、安芸灘(あきなだ)の島々を7つの橋で結ぶ海の道で、愛媛県の岡村島から大崎下島、豊島、上蒲刈島、下蒲刈島を抜けて広島県呉市・川尻までに至る約30km(最短距離・片道)の道のりであります。
豊島への橋

上蒲刈島への橋

上蒲刈島大浦の集落

とびしま海道ルートは島の南側ですが、大浦地区を見学するべく、あえて北側を通過。本土側を右手に見ながら、のんびりクルージング。
下蒲刈島への橋

本土に向かう1番大きな橋。ここだけが有料で50円。

しまなみ海道とセットでぜひこちらもまたいつか訪れてみたいルートです。
呉線に沿って国道を西へ走り、呉市のショッピングモールゆめタウンでお好み焼きを食べ、大和ミュージアムに立ち寄りました。



時間はやがて14時。次に向かったのは今回特に楽しみにしていた、音戸ノ瀬戸であります。
今宵の宿はゲストハウス旅籠屋醫(KUSUSHI)
大崎下島の宿はゲストハウス旅籠屋醫(KUSUSHI)。
重要伝統的建造物群保存地区の中にあった医院を改造したゲストハウスです。
昨年できたばかりでまだまだ知られていないようですが、今後間違いなく猛烈な人気宿になることを確信した次第。



とても古い建物ではありますが、現代人の感覚に合わせてセンスよくまとめられた空間はきっと誰が滞在しても気持ち良いと感じるはず。
尾道のゲストハウスも同じようなコンセプトですが間違いなくこちらが1枚上と言えそうです。
呉市出身の若者が合同会社を設立し御手洗地区で様々なプロジェクトを展開する中の1つの形態それがゲストハウスです。
宿にチェックインする前に立ち寄ったカフェも、同じ経営者によるものでした。
空間作りはもちろんですが、スタッフがとても親切で感心することしきりです。
この日のゲストは4人。いつもは近くの食堂にスタッフが自ら案内して夕食を食べさせると言うスタイルなのですが、日曜日に限っては別の近所の仕出し屋さんの台所の一角を使わせてもらってお弁当スタイルの食事を頂くのが常とのこと。
食事会場への道中もスタッフは親切に観光案内をしてくれます。
しかも全く事務的なところがなく自分の言葉で心を込めて話をしています。
「私と不特定多数のお客さん」と言う形式ばった関係ではなく、すでに「私とあなた」と言う関係がしっかりと形作られていました。
しかし彼の場合、マニュアルに沿ってやっていると言う感じではありません。
あくまで一個人の人柄によるものです。
数日前に泊まったゲストハウスの応対があまりに事務的で少々がっかりしただけにこの接遇には大変感動しました。

今回もまた前回までと同じく自分の職業を明かした上で、色々と尋ねてみることにしました。
そこで明らかになったのは概ね以下の2点。
ユーザ目線として、
ユースホステルはすでに時代遅れ、過去のものと言う印象がぬぐえない。
やっているのか、やっていないのかよくわからない気がする。
よって最初から宿の選択肢の中にユースホステルが上がってくることがなかなかない。
確かに、普段ゲストと接していますと、平日は宿泊の申し込みを断られたりすることも少なくないようです。
また、昨今の休館中のユースホステルの増加がそうした信頼性を失うきっかけになっているのかもしれません。
「ユースホステルはあまり知られていない」と、しばしば会議の場で発言がなされますが、そうした認識も改める必要があるように感じました。
スタッフの矢野さん曰く、問い合わせの電話で「ゲストハウスってなんぞや?」との質問を受けることが時々あるそうです。
そんなときにはユースホステルのようなものですと説明をすると理解されることがとても多いとか。




設備だけでなく心も満たされる素晴らしいお宿さんでありました。
少々遠いですが、掛け値なくオススメできるゲストハウスさんです。
旅籠屋醫(KUSUSHI)
 
大崎上島から岡村島そして大崎下島へ
大崎上島から次に向かったのは岡村島。そして最終的には大崎下島を目指します。

前の日今治から乗ってきたフェリーみしまが岡村島を経由します。


旧愛媛県関前村のひとつですが、現在は今治市に統合されています。
ご多分にもれず瀬戸内らしい古い集落が健在です。


集落の中に小中学校がありますが、なんと今年度は小学生1名中学生1名計2名だそうです。
島の南側の海沿いをぐるりと半周し、大崎下島への橋へと近づいて行きます。



島と島の間には必ず「××瀬戸」の名がつきます。
そしてやってきたのは大崎下島の御手洗地区。重要伝統的建造物群保存地区に指定されています。
海上交通が盛んだった江戸時代に、潮待ちの港として栄えた港町が御手洗(みたらい)です。
かつて海の天候に左右されていた航海で、潮や風をみて出航するのに良いタイミングを港に滞在しながら待つことを「潮待ち」といいました。
瀬戸内海には、そんな潮待ち、風待ちの港がいくつもあります。
やがて海上交通が衰退して、鉄道や大きな道路が主要になり、そこから遠い港は賑わいを失くしていきます。
しかし御手洗は、最近まで船を使わないと行けなかったために、当時の繁栄を偲ばせるものが多く残っているのです。
そうした理由もあって、御手洗には古くは江戸時代から、そして大正、昭和の建物が並びます。
そこに広がる街並みは予想以上に規模が大きく非常に状態よく保存されていました。

これまであちこち重伝建地区を見て回ってきましたが、見応えと言う点ではかなり上位にランクインさせたくなるような街並みです。


宿のチェックインにはまだ少し時間がありましたので、江戸時代の船宿を改修したたおしゃれなカフェで一休み。

すっかり気に入ってしまいました。この街が。

カテゴリー