fc2ブログ
FC2カウンター

プロフィール

なかむら@みゆきの

Author:なかむら@みゆきの
高社山麓みゆきの杜ユースホステル
を営んでいます。
当サイトでは、地元民ならではのお勧めツーリングルート、温泉、B級グルメなどを宿主自らが実走調査を敢行!信州ドライブ&ツーリングにお役立てください。


【旅の記録】
北海道ツーリング2008
北海道ツーリング2009
北海道ツーリング2010
北海道ツーリング2011
北海道ツーリング2012
沖縄八重山紀行2008
沖縄八重山紀行2009
沖縄バイクツーリング2010
沖縄家族旅行2011
栂海新道縦走記2012
沖縄買出し旅2012
沖縄買出し旅2013夏
大阪帰省の鉄道旅2013
沖縄買出し旅2013冬
アメリカ横断2014春
北海道ツーリング2014
沖縄買出し旅2014
アメリカ横断2015
北海道乗り潰し2015冬
家族で沖縄2015冬
タスマニア周遊2016
Overland Track2016
北海道2016夏ドライブ
スペイン巡礼2016冬
タスマニア2017春
北海道2017夏
スペイン巡礼2017冬
瀬戸内旅2018春
日本南北縦断2018冬
瀬戸内旅2019春

リンク

★たびたび君を応援しよう

このブログをリンクに追加する

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

 ↑  ↑  ↑
ブログランキング参加中!
1日1回クリック下さいネ!

最近の記事

月別アーカイブ

.
高松~神戸、そして信州へ
うどんでお腹いっぱいになったら、14時発のジャンボフェリーフェリーに乗るだけ。

しかし、この航路はトラック輸送も広く引き受けているので、高松駅前ではなく、4キロ離れたコンテナヤードが発着場になっています。

高松駅前から送迎バスも出ていますが、琴電+徒歩で向かうことに。

高松築港駅




車内の意匠は京阪2200系プロトタイプに酷似しています。
妙に懐かしさがこみ上げてきます。


昭和46年川崎重工製

2200系と同じでした。

川崎瓦町で乗り換え


松島二丁目駅下車して2キロ歩きました。









いかにもフェリーターミナルな雰囲気にテンションアップ。


最前列を確保し、神戸までの5時間弱を楽しみました。
しかしこの間の運賃はわずか1900円。破格の値段であります。




小豆島に寄港


風呂も完備


到着1時間前からは展望デッキに上がり、明石海峡大橋観察。










神戸新港第3突堤に1840に到着。


垂水の知人(元トワイライトエクスプレス車掌さん)にお会いしまして、激旨な中華料理をご馳走になり、2040 発の夜行高速バスに乗りこみました。



USJ、湊町、なんば、大阪駅、京都駅を経て、
長野駅、権堂、須坂駅、小布施、信州中野駅、飯山駅を経て野沢温泉まで。



旅の終わりは熊の手洗湯で。



ひとっ風呂浴びてから木島平に無事帰還しました。


スポンサーサイト



「香川県人の体は半分うどんで出来ている」の都市伝説?を体感しに行く
香川県人の体は半分うどんで出来ている

そんな冗談が語られるほどにうどん屋で溢れる讃岐。
最近は、丸亀製麺にも好んで行くことも増えまして、本場の手打ちうどんはヤハリ旨いと思うようになりました。

この日は14時発の神戸行フェリーに乗るので、男木島をゆっくり出発しても、うどん屋をハシゴするだけの時間は十分にあります。
最低2軒は回ろうと、心に決めていました。

時間までまずは男木港で釣り。


大崎上島で買ったオキアミの出番ですが、11時の満潮にむけての上げ潮なるも、魚影は皆無です。

あたりもありません。

日本海がいかに魚が豊富か、こんな所にも感じられます。

大体、釣具屋と釣り人をほとんど見かけないのですから。

11時のフェリーで高松。





うどん屋巡りの始まり~。


高松築港駅近くの「おかじま」


ぶっかけ肉うどん冷
アナゴ天、かしわ天


昨日の「めりけん屋」よりも薄味か?



高松駅に近い「味庄」


従業員は年配者のみ。昔ながらのうどん屋といったたたずまい。

ぶっかけ冷プラスちくわ天 400円




コレまでの中で最も麺が細く、柔らかめ。


昼時とあって、近隣のビジネスマンと思しき人たちが続々やってきます。


流石に2軒のハシゴはきついものがありますが、つるりと食べられますので、意外とすんなりと入ってゆきます。

どの店もいつも賑わい、大手外食チェーンの姿が目立たないのは明らかです。

さらにはジャンボフェリーのパンフレットにも。






香川県人の体は半分うどんで出来ている


の伝説の心を垣間見た気がしました。





民宿まりも荘
男木島のお宿は、港のすぐそばの「まりも荘」。
到着したのは15時過ぎでしたが、愛想のよいおかみさんが快く中に迎え入れてくれました。

中庭がイイ感じ。
CIMG2028.jpg

CIMG2027.jpg


本当に港のすぐそばで、船の入出港の様子がよくわかります。
CIMG2052.jpg


部屋は二階の6畳ひとま。
CIMG2024.jpg

夕食は7時。
太刀魚の煮付が瀬戸内らしくて良かったです。(^^)
一泊二食5500円。 なんとも良心的な。
CIMG2055.jpg

食事時も女将さんとほかのお客さんで、付かず離れずお喋り。
イイ感じです。
CIMG2056.jpg

直島はもはやアート一色で賑わいすぎな印象がなくもありません。隣の女木島に比べると少し静かで、迷路のような昔懐かしい島風景がある種のノスタルジーを感じさせます。
瀬戸内芸術祭の時はさすがに大混雑のようですが、それを外せば風光明媚な瀬戸内原風景を堪能できるのが男木島。

高松市街地からもアクセスが良く、そんな島には有名な女優さんもお忍びでやってくるそうです。
朝の連ドラヒロインを務めたこともある、あの売れっ子女優Yさんもこのお宿のお馴染みさんとか。

芸術祭が脚光を浴び、若干斜に構えていましたが、この島を訪れてよかったと心から思いました。




カテゴリー