FC2ブログ
FC2カウンター

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

 ↑  ↑  ↑
ブログランキング参加中!
1日1回クリック下さいネ!

最近の記事

月別アーカイブ

リンク

★たびたび君を応援しよう

このブログをリンクに追加する

北信州2019年秋★ 
信州・木島平村で旅宿を展開中。食欲の秋到来ですよ!
恒例j★晩夏の日本海北帰行
夏と言えば乗り鉄です。

今年も行ってきました。

まずは柏崎まで車で走り、越後線。
来年には全廃が予定されている115系の旅であります。
CIMG9849_20190821135046fe6.jpg


決して絶景路線ではないものの、何気ない空気感。古き良き田舎の生活感が漂うこの路線は、私にとって信越地区ナンバーワンの路線。

磐越西線や大糸線、米坂線など、常に18キッパーで溢れかえる路線とは一線を画す、素のままの表情が味わえる沿線風景は何とも言えない旅心をくすぐります。
CIMG9860_201908211350539be.jpg


CIMG9854_20190821135053357.jpg


新潟から羽越線村上行きに乗り換え。
CIMG9862_20190821135054927.jpg

高架工事が80%方終了し、かつての広い伸びやかな構内をもつ新潟駅ではなくなってしまったのが寂しい限りです。

村上で酒田行きの普通列車。
こちらもまた115系同様、来年には新型ハイブリッド車に置き換わってしまうキハ40系が最後の活躍を続けています。
CIMG9865_2019082113505794d.jpg


羽越線はひたすら海岸線を縫うように走る、風光明媚な路線。
笹川流れなどの景勝地を眺めながら、鶴岡までの1時間半の、ザ・汽車旅であります。
CIMG9875_20190821135058e3b.jpg

窓を開けて風を浴びることも可能です。
CIMG9866_201908211350585ce.jpg

CIMG9877_20190821135059b30.jpg
7月の地震でいまなおブルーシートのかかる温海温泉付近の海岸集落が痛々しい限りです。

25mの定尺レールが刻むジョイント音、在来気動車独特のブレーキエア音、レジンを擦る音。
鉄道音風景は視覚と同様、旅の要素として非常に重要なものです。

景色は不変なるも、そんな在来型車両が奏でる音風景とともにこの景色を見るのは今年が最後。
寂しさは拭えませんネ。




スポンサーサイト



鶴岡の珈琲屋
鶴岡には12時過ぎに到着。
CIMG9880_201908212237161e8.jpg

昼時だったので、駅舎の一角に店を構える「庄や」で700円日替わりランチを食べました。
CIMG9887_20190821223725432.jpg

駅のリニューアルに伴い、この6月に場所が駅の北側から南側に移転。
より広くなりました。
CIMG9882_20190821223725c5c.jpg

全国チェーン店ではあるのですが、庄内地方に似つかわしいネーミングと新鮮ネタ。
満足な一品でありました。

食後はいつもの珈琲屋「コフィア」で。
CIMG9886_20190821223725095.jpg

お盆明け直後とあって、焙煎豆は販売用は品切れ。
でも、メニュー提供用の豆は多少余裕があるらしく、この日はタンザニアを注文しました。
CIMG9884_20190821223725010.jpg

いわゆる「キリマン」と呼ばれる銘柄ですが、マスターの焙煎技術により酸味はほとんど目立たず、ただひたすら芳醇さが際立つ唯一無二のテイスト。
CIMG9885_20190821223724500.jpg

こんな味わいが我が家でも再現出来たらなと思い、用意ができ次第600gを送ってもらうことにしました。

それにしても、食べログの効果なのか、以前と比べると客の流れが変わってしまって、ピーク時の忙しさは尋常ではないとか。


忙しいのは良いことではないですか(^^)


なだめると、


いやいや、そんなことはありませんよ(汗)


と謙遜。

何事も程々がいいと言いますが、コフィアのマスターにとってみれば、口コミサイトによって集まってくるお客はあまり嬉しくはないのかもしれません。

次の目的地、羽黒山行きのバスの時間が迫っていたので、20分ほど滞在したのち、店を後にしました。


羽黒山
珈琲屋をあとにして、駅前バス乗り場に向かいます。
CIMG9978_201908230837216bd.jpg

きらきら日本海パスでフリー乗車可能な羽黒山を目指すことにしました。
盆明け直後とあって、まだ観光客の姿も多数。

大鳥居を抜けて、標高400mの羽黒山。
CIMG0023_201908230838116b1.jpg

CIMG0022_2019082308381230a.jpg

木島平よりも標高は低いのですが、平野部からの標高差400mとなると、そこはまさに別天地の感があります。

昨年は、下から3000段の石段を30分かけて速歩しましたが、数日前の肉離れのため、上から下に向かって歩くコースを選択しました。

大迫力の本殿。
CIMG0021_20190823083812cb2.jpg

神秘的な杉並木が続く石段をひたすら下り
CIMG0020_201908230838123ab.jpg

途中のお茶屋で一服し、平野を一望。
いいなぁ庄内は。
CIMG0018_201908230838129a3.jpg

CIMG0019_20190823083811d4d.jpg


15分後、五重塔を経て山門入り口にあたる随神門に到着。
CIMG0017_201908230838121ef.jpg

バスの発車時間まであと20分ほどでしたので、ここから先に続く手向集落を、3つ先のバス停目指してさらに歩行。

一帯は宿坊街になっていて、風情たっぷりの町並みが広がります。
CIMG0015_2019082308381178a.jpg

結局1.5kmほど先のこのバス停でバスに追い付かれて市内行きへ乗車。
CIMG0014_20190823083811b61.jpg

鶴岡に戻ると、列車までに時間があったので、再びコフィアで今度は「ブラジル」を注文。
CIMG0013_20190823083811c27.jpg


酒田行きのディーゼルカーに乗り込みました。
CIMG0009_20190823083757dca.jpg


プロフィール

なかむら@みゆきの

Author:なかむら@みゆきの
高社山麓みゆきの杜ユースホステル
を営んでいます。
当サイトでは、地元民ならではのお勧めツーリングルート、温泉、B級グルメなどを宿主自らが実走調査を敢行!信州ドライブ&ツーリングにお役立てください。




【旅の記録】
北海道ツーリング2008
北海道ツーリング2009
北海道ツーリング2010
北海道ツーリング2011
北海道ツーリング2012
沖縄八重山紀行2008
沖縄八重山紀行2009
沖縄バイクツーリング2010
沖縄家族旅行2011
栂海新道縦走記2012
沖縄買出し旅2012
沖縄買出し旅2013夏
大阪帰省の鉄道旅2013
沖縄買出し旅2013冬
アメリカ横断2014春
北海道ツーリング2014
沖縄買出し旅2014
アメリカ横断2015
北海道乗り潰し2015冬
家族で沖縄2015冬
タスマニア周遊2016
Overland Track2016
北海道2016夏ドライブ
スペイン巡礼2016冬
タスマニア2017春
北海道2017夏
スペイン巡礼2017冬
瀬戸内旅2018春
日本南北縦断2018冬
瀬戸内旅2019春

カテゴリー