fc2ブログ
FC2カウンター

プロフィール

なかむら@みゆきの

Author:なかむら@みゆきの
高社山麓みゆきの杜ユースホステル
を営んでいます。
当サイトでは、地元民ならではのお勧めツーリングルート、温泉、B級グルメなどを宿主自らが実走調査を敢行!信州ドライブ&ツーリングにお役立てください。


【旅の記録】
北海道ツーリング2008
北海道ツーリング2009
北海道ツーリング2010
北海道ツーリング2011
北海道ツーリング2012
沖縄八重山紀行2008
沖縄八重山紀行2009
沖縄バイクツーリング2010
沖縄家族旅行2011
栂海新道縦走記2012
沖縄買出し旅2012
沖縄買出し旅2013夏
大阪帰省の鉄道旅2013
沖縄買出し旅2013冬
アメリカ横断2014春
北海道ツーリング2014
沖縄買出し旅2014
アメリカ横断2015
北海道乗り潰し2015冬
家族で沖縄2015冬
タスマニア周遊2016
Overland Track2016
北海道2016夏ドライブ
スペイン巡礼2016冬
タスマニア2017春
北海道2017夏
スペイン巡礼2017冬
瀬戸内旅2018春
日本南北縦断2018冬
瀬戸内旅2019春

リンク

★たびたび君を応援しよう

このブログをリンクに追加する

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

 ↑  ↑  ↑
ブログランキング参加中!
1日1回クリック下さいネ!

最近の記事

月別アーカイブ

.
巡礼2日目 カストロへリスまで
アットホームな空気に満ちた宿の一夜が過ぎた。
一昨年、凍える寒さで辛い思いをした場所だが、今回は気温が高く、心配は杞憂に終わった。

出発直前に寝袋がないのに気づいたのだが、改めて買う勇気もなく、ダウンジャケット3枚+ダウンパンツ+象の足で寝袋の代用。結果、それで十分事足りた。

この先はもう極寒の心配は無用である。

朝7時に起床、シリアルと牛乳の朝食をかきこみ、薄暗い中8時過ぎに出発した。

20191203232540a35.jpg


20191203232638a4f.jpg


サンボル村にて
20191203232711e96.jpg


ひたすらメセタの大地を行く。
前にも後ろにも人影はなく、肌を突き刺す寒風が孤独感を増す。


20191203232955ea9.jpg


丁度朝の斜光線がさしこみ、シャッターチャンスが訪れる。
16mmの超広角+HDRの性能がいかんなく発揮される。
来年の年賀状写真に如何とメンバーに勧めてみる。(笑)


201912041409580ff.jpg
201912041409490aa.jpg

20191204140941669.jpg
20191204140930171.jpg






約10キロ歩くとオンタナス村。

20191204141441223.jpg




休憩とランチを兼ねてバルに入ることにした。
2019120323351055a.jpg


201912032335263d4.jpg



約30分の休憩ののち、残り10キロの道のりをスタート。
20191203233554c5a.jpg


メセタの大地には暫く別れを告げ、里山エリアを進む。
電柱もまた外国っぽくて良い。
201912032339070d6.jpg


20191203233938b45.jpg


15キロを過ぎると舗装路。
20191203234238a12.jpg



修道院跡を過ぎて。。。
20191203234410a19.jpg


20191203234432d8f.jpg


遥か彼方にカストロへリスの村が姿を現す。
2019120323453363b.jpg


2019120323460031a.jpg


教会前にて
20191203234815147.jpg


さらに集落を進むと中世の家並みが現れる。
2019120323482799b.jpg


2019120323484014e.jpg



家並みを過ぎた先の広場脇に今宵やど、アルベルゲサンエステバンに到着。
歩行距離は丁度20キロに達したところだった。
20191204111212ea7.jpg


20191204111223cb9.jpg





カストロへリスの夜
2日目を終え、足の痛みを訴えるメンバーも出てきたが、鎮痛剤などで何とか乗り切ってもらうしかない。
この日は14時前にアルベルゲ到着したので、休息と患部ケアには十分な時間がある。

かくある私は、出発前に、山形鶴岡のシューズプロショップ「エーリーズ」さんから頂いた複数のインソールパッドを切り貼りしたり、いつもマメのできる左の拇指球付近をくり抜き加工したりの対策のおかげで、過去に例を見ない程に好調を維持していた。

筋肉痛や足の張りは殆どなく、昨年来続けてきたハーフマラソン、やんばるトレランなどのランニング効果が表れているように思われた。

アルベルゲは、ワンルームドミトリーミックスで、西陽の差し込む明るい部屋だった。


20191204113648568.jpg


管理人さんに、夕食の摂れるレストランを尋ねると、2軒が開いているという。

5時になって「シエスタ」が明けて翌朝朝食をスーパーへ買い出しに出かけた。

ココのアルベルゲでは募金制で、パンや牛乳などの朝食を食べられるのだが、そろそろタンパク質わヨーグルトが恋しいので、自由食のほうが好ましい。

結局全員で出かけることになった。
20191204114541fd3.jpg


雲はとれ、完全な快晴。
早くも放射冷却が始まっており、外気は0.5度まで下がっていた。

20191204114806a1e.jpg


スーパーマーケットとはいえ、完全な個人商店であり、雰囲気は木島平のeストア滝沢商店そのものである。
しかも洗剤なども一緒に扱うので、妙な香料臭が店内を支配している様は、スペインにはよくあるパターンである。
201912041149037ee.jpg


買い出しの帰りに、管理人が勧めてくれたレストランに下見へ出かけるが、生憎ディナー営業はないという。
もう一つは店そのものが閉まっていた。

さあどうする?

いったん宿にもどり、自力でレストラン探しに出かけてみた。
快晴の空を染める夕焼けが尋常ではない。

20191204115825cab.jpg


20191204115854d88.jpg


通りを徘徊してみたが、結局レストランを見つけるには至らず、諦め気分で買ってきたバナナとウインナーを頬張る。
Y氏とN氏はレストランを諦め、近くのバルに出かけて行った。

管理人がやがて姿を現した。
翻訳アプリで、「教えて貰ったレストランは閉まっていたよ」と告げると「そんなことはない。開いているよ。ついてきなさい。」という。

スペイン語はさっぱり理解不能だが、そう言っているのは間違いなかった。

言われるままにあとをつける。
確かに先ほど訪ねた店だった。

いや。ここはさっき「駄目だ」と謂われましたよ。

と英語で応戦する。

管理人は、頑として「入れ。大丈夫だ」と譲らす帰ってしまう。
しかしヤハリ店のマスターは冷たく「駄目だ」と冷酷に我々をあしらう。

慌てて店外にでて、とおざかる管理人をスペイン語の語彙の豊富なTさんが、大声で叫んだ。
すると、管理人が振り返り戻ってききた。

訊けば「来て〜!」と言ったらしい。
Tさんはこれまでも随所でスペインを発していた。いつの間にか、メンバーたちはTさんを「スペイン語堪能なデキル人」と一目置くようになっていた。


管理人観念したらしく、ようやく店主に掛け合い、ディナー不可を確認。
替わりのレストランを探してくれる。
近くにいた友人らしき人が電話をかける。

何を言っているのか理解できなかったが、「six」だけはなんとなく聞き取れた。

コレから6人いけるか!

と問うているのは間違いなかった。

電話の男性が親指を立てた。


日本人的感覚ならば、直接紹介者が店に入り、「こちらの巡礼者さん、夕食できる?」などと掛け合うのが普通だと思う。いや、日本人でなくとも、大抵そんな対応をすると思うのだが。

かといって、管理人が受付け以降、特に我々に対して冷たい対応だった訳でもない。


なかなか理解に苦しむが、ココは日本から12000帰路離れたラテンの国。
これもまた貴重な異文化体験であり、国外の旅の楽しみを構成する、「プチ危機体験」でもある。

生命が危険にさらされたり、パスポートの文言である「通路支障」がないかぎりは、旅の道中遭遇するあらゆるハプニングに、常に前向きでいなくてはならないと思う。


今度こそ、管理人は6人を受け入れてくれたレストランの前まで我々を引率してくれた。
電話で確認済みなので、間違いない。

夜道を先頭する彼の姿に、我が宿を訪れる外国人ゲストに世話を焼く私の姿がかぶる。
月並みだが、何事も「親切」が有難いものだ。


果たしてメンバーは、初めての巡礼定食[Menu del Pellegrino]にありついたのだった。


20191204124934706.jpg


201912041249459d4.jpg


20191204124954223.jpg


20191204125004cdb.jpg


凍てつく帰り道だったが、見もココロは満たされた。
昨日に続く忘れられない一夜が、またゆっくりと更けていった。
20191204125021070.jpg






↑ ↑ ↑ ↑ ↑
ブログランキング参加中です。
お気に召しましたらクリックをお願いしますネ★


【おしらせ】
11月30日~12月20日まで休館いたします。
日中不在にすることがありますので、空き状況のお問合せ、ご予約は、下記の時間帯にお電話にてお願いいたします。
07:00~08:30
17:00~22:00

毎日更新!北信州の宿・高社山麓みゆきの杜ユースホステルOFFICIAL SITE
巡礼3日目 カストロへリスからイテロデラベガ
前半セクション3日目66キロの最終日を迎えた。
この日はカストロへリスからフロミスタ。
 
フランス人の道屈指の絶景エリアとしても知られ、今回歩く180knの最大の見せ場と捉えていた。

歩行距離は25キロと長く、多少忍耐をも要求される。
だが、ゴールのフロミスタからは18時22分発のスペイン国鉄列車に乗る段取りなので、さほど急ぐ必要もない。
とは云え、アルベルゲは8時に追い出しにかかるので、宿でユックリ過ごすことは許されない。
いつもの如く7時朝食、8時に出発した。

20191205130905b09.jpg


20191205131304500.jpg


氷点下に冷え込んだこの日は、街路樹の落ち葉はビッシリと霜で覆われていた。

20191205130928ec6.jpg


カストロへリスの村を後にして、やがて後方から朝日が昇る。
20191205131330bba.jpg


村のシンボルであるカストロへリス城山が赤く染まり始めた。
20191205131347c74.jpg


30分も歩くと、モステラレス峠への上り勾配。
皆、自分のペースで頂上を目指す。
20191205131415bc3.jpg


2019120513144943f.jpg


20191205131434f97.jpg


20191205131459c8e.jpg


201912051315187ce.jpg


峠には息を呑む絶景が待っていた。
2019120513155479e.jpg


20191205131608fe8.jpg


バラケていた一行がひとつになって感動を分かち合った。

頂上の先は数百メートルの完全フラットな台地を形成しており、下からは想像しにくい穏やかな道となっている。
20191205131626aa6.jpg


そしてその先にはまた絶景。
アメリカの乾燥台地を彷彿とさせるその光景は、日本人が抱く一般的スペインの風景とはかけ離れていると云ってよい。
2019120513393985a.jpg



北西にはピコスデエウロパ国立公園の山並みだろうか。朝日に染まる雪山が美しい。

此処を堺に巡礼路は下りに転じる。


20191205133741678.jpg


広大な台地に巡礼者が豆粒のようだ。
20191205131658c5b.jpg


2019120513171814e.jpg


1キロ程下ると、赤茶けた道に変化する。
ぬかるんだ道が凍結し、却って歩きやすい。
2019120513175180d.jpg


荒涼とした大地を抜けると、やがてブルゴス県からパレンシア県へ、県境を越える。
20191205132211aa2.jpg


20191205132223b74.jpg


カストロへリスから歩くこと10キロ、ようやく「隣村」イテロデラベガにたどり着く。

20191205132231510.jpg


カストロへリスに比べると、統一感に欠ける体裁の辺境の村の印象ではある。

昼前だか、ここを逃すと次の村まで9キロある。
ランチ休憩とした。
20191205132238026.jpg

巡礼3日目 イテロデラベガからフロミスタ
40分ほどの休憩ののち、さらに西を目指す。
フロミスタまでまだ14キロは残している。
20191205143015eed.jpg


ひたすら大地を行く。
単調だが、それだけにイロイロな考えや思いが頭の中をめぐる。
20191205143150984.jpg


20191205143207aab.jpg


20191205143239134.jpg


201912051447026f7.jpg



20191205143254489.jpg


道のりは遠いが、確実に目的地に近づいている。
それが歩く旅でもある。

イテロデラベガの村から一つ低い峠を越える。


20191205144523fad.jpg


しかし大地は無限の如くつづき、はるか彼方にはピコスデエウロパの雪山がハッキリと映る。
201912051438320f5.jpg


20191205143900601.jpg


イテロデラベガから8キロ半歩くと、ようやくボアディージャデルカミーノ。
20191205144029995.jpg


2019120514404925c.jpg


このままあるき続けても、列車の発車時間まで暇をもてあます。
迷わず、バルで休息とした。歩行距離は19キロを少し越えていた。



20191205144306d26.jpg


ボアディージャデルカミーノを出ればあとは平坦道を5キロ進めばフロミスタに着く。

201912051451248a7.jpg


そこはカスティーリャ運河(用水)の流れ。
夕方の斜光線に水面が美しい。
201912051451301ad.jpg


20191205145138747.jpg


フロミスタの街手前で運河を渡り、市街地中心に出る。
20191205145145bac.jpg


歩行距離は24.8キロ。
さすがのこの距離だと少し足も張るが、何とか無事前半セクションを乗り切ることができた。


フロミスタからレオンへ
時間は16時50分。列車の発車時間は18時22分。
まだ時間に余裕があるので、スーパーの開店を待つ。
スペインは「シエスタ」の制度があり、概ね14時から17時までは店が閉まる。
20191205150250412.jpg


それでもまだ時間が余る。
日が沈み、気温も下がってきたので、バルに行くことにする。
が、Y氏はスーパーの前で待っていると言う。

寒いから一緒に行きましょうと誘うが、疲れもあるのか固辞される。

ならば「駅に行くとき此処を通りますから、必ずこの場所に居てくださいネ」と念を押し、7人でバルに入った。

コーヒーは1.2ユーロ、グラスビールは1.3ユーロだった。

約30分ゆっくりしたのち、くだんのスーパー前を通り、駅へと向かう。

が、Y氏の姿がない。
一同が焦る。私はもっと焦る。

先に駅に向かったのかもしれないと、足早に歩を進める。

が、駅には姿がなかった。発車まであと30分。
ザックを下ろし、猛然とダッシュしてスーパーの方向に戻る。
ひょっとしたら店の中かも知れない。

25キロを歩いた足とは思えない軽やかさだった。

間違いなく「火事場の馬鹿力」だった。

が、店内には姿がない。さらに焦る。

しかし果たしてスーパーの通りの先にゆっくり此方に向かって歩くY氏の姿を確認した。

全身の緊張が一気に解けていった。

ご本人は全く悪びれる振りもないが、団体行動ゆえに、指示がない限りわずかな個人も許されない。

毎回必ずこうした事が起こる。特に乗り物での移動時には細心の注意が必要である。
なんせ相手は待ってくれないのだから。

20191205150305daa.jpg


列車はほぼ定刻通りにやってきた。
20191205150322e0a.jpg


パレンシアで乗り換え
201912051503494b9.jpg


いったん待合室に入り
201912051504021c6.jpg


そしてポンフェラダ行の特急列車に乗り換える。
優等列車での手荷物検査がかなり広範に行われている。


20191205150415643.jpg


飛行機ほどは厳しいわけではないが、不安な世の中になったものである。

20191205150434015.jpg


約40分ほどの乗車時間でレオンに到着。
スペイン国鉄はJRの特急よりもかなり揺れが少なく乗り心地が良かった。


201912051504451fe.jpg




20191205153356542.jpg


駅から歩くこと15分で今宵のホステルに到着。

そこはレオン大聖堂そばの1等地であった。

20191205153428927.jpg


セキュリティも、ベッドのクオリティーもハイレベル。シャワーの水圧も抜群。なんとも★★★ホステルに、疲れが吹き飛ぶおもいがした。
20191205153444f52.jpg





↑ ↑ ↑ ↑ ↑
ブログランキング参加中です。
お気に召しましたらクリックをお願いしますネ★


【おしらせ】
11月30日~12月20日まで休館いたします。
日中不在にすることがありますので、空き状況のお問合せ、ご予約は、下記の時間帯にお電話にてお願いいたします。
07:00~08:30
17:00~22:00

毎日更新!北信州の宿・高社山麓みゆきの杜ユースホステルOFFICIAL SITE
レオン徘徊
イベリア半島がイスラム教徒に統治されていた10世紀に、キリスト教徒が治めたレオン王国の都だったレオン。

ゴシック建築の傑作とされる大聖堂を中心に中世の姿を残す町並みを、今も聖地サンティアゴへの巡礼者が往来している。

旧市街はバルやカフェが軒を連ね、夕方以降はおしゃべりを楽しむ人たちで通りはいっぱいになる。

この日の遅めの夕食はレストランで。
スペイン語しかできないウェイトレスと格闘を強いられる。

メニューは何とか英語表記のものを見せてくれたので、それを頼りにオーダー。

私はダックブレストを注文。


20191206025744e27.jpg


201912060258023a0.jpg


翌朝は10時にホステルフロント集合とし、朝食は自由食とした。
2019120603004154a.jpg


20191206030119a39.jpg


近くのバルへ出かけて巨大なチョコレートクロワッサンとコーヒーの朝食を食べる。

しかしスペインの朝食は甘いものばかりである。

10時に集合したが、その後は自由時間とする。


旧市街をそぞろ歩きするが、初めは感動していた古い様式の建物や街並みにもやがて慣れ、疲れが勝る。

201912060303486b3.jpg


20191206030413ccf.jpg


20191206030447f6e.jpg


20191206030510b88.jpg


201912060306242e7.jpg

八百屋でりんごを二つ買い求める。

201912060306595d3.jpg


201912060307197ed.jpg


20191206030741eb0.jpg


スペインの中で最もスペインらしい街並みを残すなどと、地球の歩き方オンラインには記載があるが、ここまで徹底的に旧市街を見せられると、感覚はやがて麻痺してくる。

13時50分に再度集合し.14時43分発のインターシティの乗車に合わせて駅へと向かった。




汽車旅
レオンを散策したら次は巡礼の後半セクションのサリアへと移動する。

この区間は山越えをしなくてはならず公共交通機関は鉄道のみである。

期せずして列車の旅を楽しむ機会が訪れる。

20191206152010a5c.jpg


女性四人衆

20191206152122bd4.jpg


まず乗車するのはインターシティ。日本でいうなら在来線特急。
モンフォルテデレモスまでの3時間だ。
20191206152648728.jpg


20191206152927ec4.jpg


架線電圧は交流25000V、1時間定格出力5600kw の出力を持つ252型電気機関車が、たった3両の客車を牽引する。
20191206153121434.jpg

日本で言うならば EF500型電気機関車に3両の14系客車を引っ張らせるようなもので、不経済極まりない旅客列車である。

日本にもかつてそんな不経済列車たくさん走っていたが、今やそんなものは見る影もない。

遠い昔に失われた鉄道の旅が味わえるのもまだスペインの魅力である。

たった3両の客車のうち、一両はカフェテリアコーナーが設けられている。
日本でいうなら「オハシxx系」だ。

20191206153617ce0.jpg


乗車時間の大半をそこで過ごした。

2019120615372330b.jpg


2019120615373494d.jpg



客車列車でありながら直線区間では時速160キロに達する一方で、山岳エリアではR600ほどの急カーブも存在する。

山越え区間の路線で、木曽谷を走る特急しなのを彷彿とさせる。
20191206154108632.jpg


モンフォルテデレモスに到着。
20191206154157d55.jpg


一行は此処で乗り換え、インターシティを見送る。
進行方向が変わるため、機関車の付替えが行われる。
それを皆で眺める。

床下電源を持たない客車ゆえに、サービス電源は機関車から供給を受ける。電源ケーブルを解放する際は感電防止のため?パンタグラフが降下、
「バッファ式連結器」についても、必要最小限の解説をさせて頂いた。

扉が締まりきらないうちに走り出す列車に一堂驚く。

20191206154213554.jpg


20191206154221691.jpg


約一時間の待ちのあと、ルーゴ行のALVIAに乗り換える。
こちらも特急列車ではあるが、先ほどのインターシティとは違い、両端に130型専用機関車が連結される。

20191206155131a80.jpg


短い車両がたくさん連結される小田急の連接車と同様の方式である。

しかし車両を支える台車は2軸ボギー式ではなく、単軸式。しかも標準軌と広軌を変更することができるフリーゲージ。
日本が長崎新幹線で採用を諦めてしまった方式がスペインにはごくごく当たり前に存在する。

日本の鉄道技術が世界一だとよく云われるが、それは新幹線の保守点検や運転密度、ダイヤの正確性においてであって、その他の部分に目を向ければいくらでも負けている部分はある。

知らないというのは恐ろしいことである。

20191206155139cc4.jpg


201912061555564f6.jpg


せっかくだからと、カフェテリア川に行ってカフェアメリカーノを注文する。
201912061556425d0.jpg


わずか30分で最終目的地サリアに到着。
さすが巡礼の街であり、下車した人の中には大きなバックパックを背負う若者も多い。

20191206155733b83.jpg


明日1日の休息日を経て、明後日いよいよ最終の115 K が始まる。




↑ ↑ ↑ ↑ ↑
ブログランキング参加中です。
お気に召しましたらクリックをお願いしますネ★


【おしらせ】
11月30日~12月20日まで休館いたします。
日中不在にすることがありますので、空き状況のお問合せ、ご予約は、下記の時間帯にお電話にてお願いいたします。
07:00~08:30
17:00~22:00

毎日更新!北信州の宿・高社山麓みゆきの杜ユースホステルOFFICIAL SITE
サリアの夜
巡礼ご飯のスタート地点はサリアここは過去に2回同じように出発地点として一泊だけ滞在した町である。

今回はよりゆっくりとこのまちを楽しむべく2泊するプランに変更。

さらに宿泊はアパートメントタイプの貸切宿泊施設を選択した。

結果的にこれが非常に好評だった。

大きな集合住宅の12階大巡礼者用の宿泊施設として開放。


キッチンや洗面談話室あらゆるものが揃うまさに住むように旅をする拠点としては申し分のない施設であった。

到着したのは夜8時前。
Booking . com の地図を頼りに現場にたどり着くとこちらを見てニコリと微笑む女性が立っていた。 


I am 中村 I have Reservation…


すぐにオーナーだとわかった。

各所ともに非常に体裁よく整えられログハウス経営者として非常に見るべきものがある。


2019120714504759c.jpg
2019120714510520b.jpg
20191207145114b80.jpg



荷物をおいた後近くの大型スーパーに出かける。

さすが酪農大国スペイン。乳製品、肉類の種類は圧倒的に多くしかも安い。

2019120714524397c.jpg


さらにビールも豊富で330ミリリットルの缶ビールが最も安いもので0.29 EURO という驚きの値段。



コカコーラの方が高いのには驚くが、結局ビールなんぞ税金の塊なのだということに改めて気づかされる。

2019120714533523e.jpg



アパートに戻り、各々が自由に加熱、調理してサリアの第一日目を満喫した。



20191207145425d37.jpg






↑ ↑ ↑ ↑ ↑
ブログランキング参加中です。
お気に召しましたらクリックをお願いしますネ★


【おしらせ】
11月30日~12月20日まで休館いたします。
日中不在にすることがありますので、空き状況のお問合せ、ご予約は、下記の時間帯にお電話にてお願いいたします。
07:00~08:30
17:00~22:00

毎日更新!北信州の宿・高社山麓みゆきの杜ユースホステルOFFICIAL SITE
One Day Trip ルーゴ
中日の1日は特に予定を決めていたわけではない。

かといってサリアの町を一日中巡るのに時間を持て余してしまう。

出発前、Kさんより電車で30分ほどの場所に位置するルーゴをに行ってはどうかとご提案を受けていたので、検討の結果この日はルーゴの街を散策することにした。

スペイン北部に領土を拡大するためにアウグストゥスの軍団長によって作られた軍の駐屯地が、経済や行政活動の集中した都市として発展。
古代都市ルーゴを形成し、3世紀後半からは豊かな都市を他民族の侵攻から守るための、強固なローマ城壁が建設されていきた。

ルーゴのローマ城壁は、10メートルもの高さと、2キロメートルを超える長さを誇る硬固なもの。

85か所もの見張りの塔が隙間なく建てられ、150年に渡ってローマ帝国地方都市を守り続けた城壁は、悠久の時を刻んだ現在でも町を守り続けている。

Google マップ検索によるとサリアを9時ちょうどに発車する列車がある。

路線バスも運行されているようだが、ルーゴのバスターミナルが中心市街地よりも少し離れた場所にあるらしいどのことで、行きは電車、帰りはバスを利用することとした。

駅に行くとすでに列車を待つ乗客が何人かプラットフォームに集まってきていた。

20191207145639143.jpg



9時過ぎますバルセロナからの長距離寝台列車が入ってくる。

20191207145900909.jpg



201912071518290a7.jpg

座席車も連結されておりこの列車に乗っても構わないのだが、寝台列車は高いというイメージが頭から抜けきれず、ついつい乗車を躊躇。


その20分後にやってくるディーゼルカーを待つことにした。
 
駅切符売り場はなく、プラットホームに隣接するバルの店主によると、切符は車内で買ってくださいとのことだった。

約20分後、3両編成のディーゼルカーがやって来た。


201912071459553c6.jpg


寝台列車も走る非電化路線は、感覚的にはかつての根室本線といったところだが、日本と違うのは、普通列車だからと云って客車装備や走行速度が遅い訳でもない。

最高速は160キロ出るし、シートは決して直角のボックスタイプではない。

日本が鉄道先進国を語れるのはやはり新幹線に限ったハナシなのである。


ルーゴの駅前は集合住宅が立ち並び、歴史の風情を感じられない。


20191207150343a4f.jpg


が、坂を登った先に、忽然と「城壁」が現れた。

2019120715052776d.jpg



城壁の内側には見事な旧市街が連なり、訪れる外国人は息を飲む。
城壁の上は遊歩道。

20191207150721169.jpg



この日は「建国記念日」で、10時を過ぎても街は静まり返ったままであった。

20191207150817257.jpg



教会に入ってみる。

賛美歌の流れる構内は荘厳で厳粛。
宗教心に関係なく、ココロに響く空気があたりを包みこむ。

20191207151448baa.jpg





城壁都市の見学を終えたら、バルに入ってランチタイムとした。


201912071514129ad.jpg





↑ ↑ ↑ ↑ ↑
ブログランキング参加中です。
お気に召しましたらクリックをお願いしますネ★


【おしらせ】
11月30日~12月20日まで休館いたします。
日中不在にすることがありますので、空き状況のお問合せ、ご予約は、下記の時間帯にお電話にてお願いいたします。
07:00~08:30
17:00~22:00

毎日更新!北信州の宿・高社山麓みゆきの杜ユースホステルOFFICIAL SITE
バス停はドコだ?
バルに入ったのは11時30分頃。
サリア行のバスはウェブサイトによると、ルーゴ発が13時35分らしい。
 
ローカルバス会社であるmonbus社のサイトで確認した。
場所の確認のため、「monbus lugo」と入力すると、バルから2.3キロ地点にその場所を確認した。

意外に離れているな。

が、事前にルーゴの情報を確認していたKさんによると、バス停は市街地よりも少し離れた場所にあるという。

私は何の疑いもなく2.3k地点を目指すことにした。

確かにその入口には「monbus」の案内板が掲げられていた。
しかし周囲は野原然とした雰囲気で、自動車修理工場があるだけ。

とてもバスの発着場があるようには思えない。
とは云え、長電バスの柳原営業所もまた同じようなロケーション故に、グーグルマップの言うとおりにさらに進んだ。

果たしてmonbusの社屋の前にたどり着いた。
が、バス乗り場の体をなしていない。
社屋は鍵が掛かっており、ひとけもない。

今日は日曜日だった。

バス停と信じてやって来た場所は、バス乗り場の機能を持たない、単なるバス会社の支社に過ぎなかったのである。

しかし、バスの発車時間13時35分は目前に迫っていた。
絶体絶命のビンチである。

と、そこにひとりの男性が社屋から出てきた。
monbusの社員に違いない。

慌てて歩み寄り、カクカク然々尋ねてみる。

男性は困った表情をうかべ、スペイン語まくし立てる。

理解できたのは

●ココはバス停ではない
●サリア行のバスは市街地の外れに有る
●一番近くのバス停から1330に市街地行きバスが発車するので、場所を教えるからとりあえずアナタ、俺のクルマに乗れ。

ワタシは言われるままに彼のクルマの助手席に収まった。 

まさかの展開に若干の動揺は隠せないが、これも旅である。
件のバス停はわずか1分で到着した。
彼いわく  

13時30分にバスがやって来る。
待っていなさい。

場所を確認したら則メンバーの元へ戻り、バス停に急ぐよう促す。 
万が一遅れてはイケナイと、ワタシは先回りし走って現場に向かった。


201912080202492da.jpg


しかし待てど暮せどバスは来ない。 20分がたち、30分がたつ。
いくらスペインとはいえ、路線バスが30分も遅れるはずがない。
しかもこんなローカルエリアで。

ワタシは決断した。バスは来ない。きっとあやまった情報だったのだ。
もと来た道を引き返した。
20191208020712f15.jpg



しかし歩きはじめて15分後、黄色いmonbusのバスが我々を追い抜いて行った。

まさかあのバスが?

30分も遅れてやって来たのか?

まったく皆目見当がつかぬが、もう遅い。
バスは諦め、列車に乗ってサリアに帰ることにした。

20191208020732617.jpg


20191208020754296.jpg




20191208021303586.jpg






↑ ↑ ↑ ↑ ↑
ブログランキング参加中です。
お気に召しましたらクリックをお願いしますネ★


【おしらせ】
11月30日~12月20日まで休館いたします。
日中不在にすることがありますので、空き状況のお問合せ、ご予約は、下記の時間帯にお電話にてお願いいたします。
07:00~08:30
17:00~22:00

毎日更新!北信州の宿・高社山麓みゆきの杜ユースホステルOFFICIAL SITE

カテゴリー