FC2ブログ
FC2カウンター

プロフィール

なかむら@みゆきの

Author:なかむら@みゆきの
高社山麓みゆきの杜ユースホステル
を営んでいます。
当サイトでは、地元民ならではのお勧めツーリングルート、温泉、B級グルメなどを宿主自らが実走調査を敢行!信州ドライブ&ツーリングにお役立てください。


【旅の記録】
北海道ツーリング2008
北海道ツーリング2009
北海道ツーリング2010
北海道ツーリング2011
北海道ツーリング2012
沖縄八重山紀行2008
沖縄八重山紀行2009
沖縄バイクツーリング2010
沖縄家族旅行2011
栂海新道縦走記2012
沖縄買出し旅2012
沖縄買出し旅2013夏
大阪帰省の鉄道旅2013
沖縄買出し旅2013冬
アメリカ横断2014春
北海道ツーリング2014
沖縄買出し旅2014
アメリカ横断2015
北海道乗り潰し2015冬
家族で沖縄2015冬
タスマニア周遊2016
Overland Track2016
北海道2016夏ドライブ
スペイン巡礼2016冬
タスマニア2017春
北海道2017夏
スペイン巡礼2017冬
瀬戸内旅2018春
日本南北縦断2018冬
瀬戸内旅2019春

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

 ↑  ↑  ↑
ブログランキング参加中!
1日1回クリック下さいネ!

最近の記事

月別アーカイブ

リンク

★たびたび君を応援しよう

このブログをリンクに追加する

.
帰国への道、完全に開ける
時間はまだ12時少し前。
チェックイン受付開始まで、まだ4時間ある。

ルクセンブルクの駅構内の公衆電話で、日本航空ヨーロッパ予約センターを介して

22日発 JL46便振替完了

となったわけだが、英語の口頭で交わした約束なだけに、本当に予約が完了しているのだろうかと、実は最後まで不安を抱えたまま悶々とこの三日間を過ごしていた。

昼飯はカフェでキッシュとサラダで済ませる。
20191223023154746.jpg


しばらく休んでいると、突然警察官がやってきて、全員出ろという。
周囲の店も全てシャッターを閉め、通行人はその区画から全員退去させられる。
テロのアラートでもあったのかもしれない。


何せフランスは何が起こるかわからない国なのである。

刻一刻とチェックイン開始時刻が迫る。
まだ出発の4時間前だというのに、指定されたチェックインカウンター2番には長蛇の列ができている。


不安を抱えたままでいるので、できるだけ早くチェックインを完了させたい。
普段なら、ギリギリまで行列に加わることはしないのだが、今回ばかりは違っていて、一刻も早く安心を得たいという気持ちが勝る。

私も群衆に引き寄せられるように列に加わった。

2019122302341136e.jpg


順番がやってきた。
手にはボロボロの E チケットも一応用意してある。
もしもに備えて、


12月19日の昼頃この電話番号にかけて確かに予約変更完了したはずだ!


と強く主張する用意も怠ることはなかった。

通常の手順に従い、パスポートのみを差し出す。
もし空いていれば、窓側がいいのですがとも付け加える。
窓口氏の表情は終始穏やか。荷物に貼り付けるタグだろうか。印字機から出てきたものをテキパキとマイパックに取り付ける。

優しそうなフランス人が、カミーノを歩いてきたのかと聞く。そうだ。と返事する。
隣の係員の女性も、にっこり微笑み、それはお疲れ様だったねみたいなことを言う。

彼は帆立貝と瓢箪を丁寧に整え、ザックを袋詰めにしてくれた。

20191223023448d60.jpg



全てが終わった。
そして
重く肩にのしかかったプレッシャーが解ける。


やっと帰れる。


そう思うと不思議と涙が出てきた。

手にはカクタスのショッピングバッグ、首には旅の道中ドラえもんのポケットの如く重要な役割を果たしてきた私の七つ道具入れ。

201912230238022d2.jpg


私は日本への道はこれで完全に開かれた。
搭乗開始まであと10分。

日本に着くまでの間、しばし旅を振り返るとともに、仕事復帰に向けてのイメージトレーニングを重ねようと思う。

20191223023836fd2.jpg



2019年12月22日18時35分
パリシャルルドゴール空港
ターミナル2
37番ゲート待合所にて
スポンサーサイト



下見も怠らず
フライト時間は19時発の日本航空46便。
ターミナル2からの出発となる。

まだまだ時間があるので、次回実施予定のルクセンブルクウォーキングツアーに向けて、到着から空港連絡鉄道へ乗るまでのアクセスを確認しておきたい。

実施するとなるとおそらく ANA を利用するので、ターミナルは1。
無人トラムでターミナル1へ移動してみる。

20191222223658214.jpg


到着出迎えゲートまで足を運び、そこから空港連絡鉄道までのアクセスを忠実に辿る。
ターミナル1には連絡鉄道は来ておらずまず無人トラムに乗る必要がある。

そしてターミナル3で下車し
20191222223824c04.jpg

エスカレーターで一つ上の階に上がる。

するとそこには鉄道乗り場があり、切符売り場が並んでいる。

無人トラムを降りてからほんの30 M ほど先の場所に改札口があるので分かりやすい。
201912222239228f6.jpg


そこからはパリ北駅に向かって電車が頻発している。

20191222224847bab.jpg




TGV の列車もそこから出発しているが、残念ながらルクセンブルク行の便はない。

まずはRER-B線でパリ北駅まで行って、そこから歩いて5分の東駅へ移動となる。

ANA 羽田発パリ行きがドゴール空港に着くのが4時半頃とすると、RERに乗れるのは5時過ぎ、北駅に到着するのは6時前となる。


そこからルクセンブルク行きの TGV に乗るとなると、18時40分東駅発ルクセンブルクシティ行きが適当かと思われる。

到着は20時50分。

1日目のスケジュールはおおよそこんな感じで良いかと思う。

最後の最後まで下見は怠ってはいけない。



パリ脱出作戦
さあいよいよパリ市内をいかにして脱出するか、真面目に検討しなくてはならない。

通常なら徒歩10分の場所から、バスに乗り、空港連絡鉄道(RER)に乗り換えれば良いのだが、バス空港連絡鉄道ともに多くの区間で運休となっている。

ホテルのスタッフに空港に行くにはどのようにするのが良いかと尋ねると、間髪入れずタクシーがお勧めという。

当然のことながらタクシーはコストがかさむ。
市街地南部から空港までは55ユーロ。
できれば使いたくない。

グーグルマップで調べると、実際に運転している路線の中から最適ルートを教えてくれる。

はじき出したルートは

38系統バスで「パリ北駅」まで行ってそこからRER b線に乗ってシャルルドゴール空港へ乗り継ぐというパターン。

100%は信用できないが、とりあえずそれに従うことにした。

7時過ぎに朝食を食べる。
こんな朝食もこれが最後かと思うと少し寂しくなる。

20191222214829ab1.jpg


朝食の席にはちょっと着飾った関西弁を話す若い学生さんと思しき団体がたくさん座っている。
引率者らしき人に尋ねてみたところ大阪の専門学校なのだという。

何やら今日は自由行動らしく、各自ストライキ情報チェックした上で、バスや電車を乗り継ぎ観光地へ向かうのだと言う。
これも一種の訓練かとおもった。


霧雨が待っていたので雨支度を整え出発する。
20191222214857fd8.jpg


まずは Google Maps の言うとおり38番系統のバス停に向かう。
20191222215216b93.jpg

予想通りの人だかりである。
しかしなかなか38がやってこない。

時々やってくる違う系統のバスはこの通り。
あまりに人が多すぎて扉が開かない。

201912222154483ba.jpg


10分待てど20分待てど、38番はやってこない。

時間は9時15分。
いい加減痺れを切らし、バスを諦めることにした。

パリ北駅までは6.8キロ。
今の私にとっては全く取るに足らない距離である。
一時間半ほどで到着出来るはずだ。

ひたすら北上するが、やはり38番バスが私を追い越すことはない。

交通局の事前のストライキ情報とは異なる事実。
パリとはこういう場所なのだろう。

地下鉄の地下道入り口もこの通りシャッターが閉じられている。

20191222215728d6a.jpg


10時35分無事パリ北駅に到着。
20191222215820bfc.jpg


案内に従い、空港連絡鉄道RER乗り場へ向かう。
20191222215914202.jpg


券売機でチケットを買う11ユーロ也。
2019122221594690b.jpg


そして11時、晴れて空港鉄道乗り場プラットフォームたどり着く。
20191222220038f17.jpg


列車は11時7分に出発
20191222220229e89.jpg


空港連絡鉄道とはいえ、日本とは違って同じ線路の上を違う会社が走る。 
TGV や貨物鉄道がひしめく複雑な線路の上を行く。
目に映る風景は、新潟駅を出発した後通過する、上沼垂電車区に少し似ていた。
20191222220511e09.jpg



ターミナル1へ

皆を見送った後、とりあえず、やるかたなしにターミナル1へ移動してみる。

同じ空港なるも、連絡バスで15分弱の時間を要する。

位置関係がわかるよう、バスの走行軌跡を貼っておく。
上が北でターミナル4、下がターミナル1となる。

20191214013142d61.jpg

移動距離は8.9 km 所要時間は13分であった。


20191214013608e2b.jpg

ターミナル1は、ワンワールドグループ、イベリアグループ以外の比較的近距離路線用と思われ、天井の低さや雰囲気は、は旧伊丹空港を思わせる。


その一角に、コレから乗るライアンエアーのチェックインカウンターが並ぶ。

20191214013657ddd.jpg




20191214013917c5b.jpg


手荷物預けは何時から可能かと尋ねると、出発4時間前という。
時計は10時を過ぎた。出発便は14時である。
かなり早いが、背負っていても意味が無いので、荷物を預けることにした。

暗く、閉塞感満点のターミナル1の居心地が悪いので、ターミナル4に移動し、マックカフェで時間を潰すことにした。


自動注文&支払機が新鮮だった。


201912140138004f7.jpg




いよいよ帰国の途へ
食事を終えたらさっさと宿へ戻る。

この日は大聖堂すぐ近くのサンマルティンビナリオ。
前日同様歴史的建造物を活用した宿泊施設である。

しかし前日のパラドールと違うのは、内装の原型をとどめない完全リニューアルであり、一旦中に入ってしまうとその歴史を感じることはほとんどできない。

一拍38ユーロの比較的安価なシングルビジネスホテルタイプと言える。


20191213210850755.jpg


翌日のフライトは朝6時40分。

絶対に遅れてはならないゆえに以下の手順を定めての集合出発とした。

●4時にモーニングコールを依頼する
●同じく4時に各自の携帯でアラームを鳴らす
●さらにリーダー中村が各メンバーの部屋を回って起床を確認する
●タクシーを2台5時に来てもらうよう頼む。

この方法をとることにより無事全員が出発時間1時間に10分前にサンティアゴデコンポステーラ空港に到着した。

前回は大混雑の中時間をロスしてしまい、サンチアゴ、マドリードともにほとんど余裕のない移動に終始しその反省も踏まえて、今回は一本早い便を選択することにした。




20191213211402123.jpg


20191213211409992.jpg



20191213211535ac5.jpg


早朝便にも関わらずマドリード行きは90%の搭乗率で出発。
20191213211542746.jpg


機内サービスは完全に省略され約1時間10分後、定刻よりも10分早くマドリードに到着、ターミナル内で朝食をとる。

20191213211550cf8.jpg


9時半頃、成田行きに乗る6人を見送る。
ここから12時間30分の長旅。

家に帰り着くまでが旅と言う。
どうぞお気をつけて。

20191213211600576.jpg




↑ ↑ ↑ ↑ ↑
ブログランキング参加中です。
お気に召しましたらクリックをお願いしますネ★


【おしらせ】
11月30日~12月20日まで休館いたします。
日中不在にすることがありますので、空き状況のお問合せ、ご予約は、下記の時間帯にお電話にてお願いいたします。
07:00~08:30
17:00~22:00

毎日更新!北信州の宿・高社山麓みゆきの杜ユースホステルOFFICIAL SITE
ネットの情報はなかなか鵜呑みにはできず
通常なら大聖堂で巡礼者向けのミサが開かれるところだが、今年は堂内の大改修工事中につき、別の教会で開かれるという情報をウェブサイトで入手をしていた。

とはいえこれは公式なものではなく個人のブログの記述によるものだ。

6時40分の集合時間まで少し時間があったので、ミサが開かれるという教会まで歩いて下見に行ってみることにした。

とにかく荘厳できらびやかな旧市街に圧倒されながらGoogle マップを頼りに前に進む。


20191213201748bd7.jpg


201912132018012c2.jpg


700 M ほど歩くとそこに教会。
ドアが開いており中に入ってみる。

201912132019554e9.jpg


守衛さんがいたので尋ねてみる。

がその返事はネットの情報に反し

巡礼者向けのミサが開かれるのは土曜と日曜だけです。
大聖堂近くのサンフランシスコ教会では確かやってるはずですよと言う。

またまたグーグルマップを見せながらその場所をピン留めしてもらう。

しかしまたもやその情報は期待とは反するもので、結局この日の夜の巡礼者向けのミサは、どの場所においても開かれないということが明らかになってしまった。

最近様々な情報が簡単に手に入るようになったこと自体は大変ありがたいことなのだが、旅先でのただ一度きりの経験を一般化し、広く流布されてしまう傾向があるように思う。

くれぐれもネットの情報の丸呑みは禁物だということを思い知ったサンチアゴデコンポステーラの今宵。



↑ ↑ ↑ ↑ ↑
ブログランキング参加中です。
お気に召しましたらクリックをお願いしますネ★


【おしらせ】
11月30日~12月20日まで休館いたします。
日中不在にすることがありますので、空き状況のお問合せ、ご予約は、下記の時間帯にお電話にてお願いいたします。
07:00~08:30
17:00~22:00

毎日更新!北信州の宿・高社山麓みゆきの杜ユースホステルOFFICIAL SITE
wi-fi は現代の海外旅行必須アイテム
ムリアからのバスは定刻通り16時45分にマドリードバスターミナルに到着した。

ここから旧市街地までは歩いて約15分から20分。
当然のごとく Google マップを頼りに細い路地を行く。

今回集まったメンバーの中で wi-fi を携帯してきたのは3人。
だが、道迷い防止、そして緊急時のインターネット電話を常時使えるようにするためにはやはり wi-fi は必須アイテムと言える。

常に道を先導して歩く私だが、なんでもかんでも知っているわけではく、相当部分を Google マップを頼りにしている。

何しろ Google マップはどんな異国の地に足を踏み入れようが、常に日本語で道案内をしてくれるのだから。

外国人にとって、最も異文化な国である日本に安心して行って来られるのもやはりインターネットがあってこそなのである。



まず向かったのは修道院。
名物であるタルタデサンティアゴ修道女自らが販売してくれる。

薄暗い修道院入り口に鉄格子がぽつんと佇んでおりその横にある呼び鈴を押すと修道女が出てくる。

20191213191630450.jpg


今でこそサンティアゴ名物のアーモンドタルトだがここが本場らしい。

一般に売られているものとは少し食感が違い非常に密度があって硬い。

なのでリュックサックに詰め込んでも破損することなく日本に持って帰ってくることができる代物なのである。

この修道院の場所も当然のことながらグーグルマップを使って導かれたもの。

この町を訪れるのは3回目だが、迷路のように入り組んだ細い路地は Google Maps なしではとてもではないが歩くことはもはや不可能なのである。



↑ ↑ ↑ ↑ ↑
ブログランキング参加中です。
お気に召しましたらクリックをお願いしますネ★


【おしらせ】
11月30日~12月20日まで休館いたします。
日中不在にすることがありますので、空き状況のお問合せ、ご予約は、下記の時間帯にお電話にてお願いいたします。
07:00~08:30
17:00~22:00

毎日更新!北信州の宿・高社山麓みゆきの杜ユースホステルOFFICIAL SITE



旅の終わりはユーラシア大陸最果ての街ムヒア
サンティアゴデコンポステーラでの一夜を過ごし、翌日、目指したのはユーラシア大陸の果ての町ムヒア(muxia)



巡礼をテーマにした、マーティンシーン主演のアメリカ映画「星の旅人たち」のフィナーレでも登場した、荒波打ち付ける岬の突端に立つ教会がとても印象的な場所でもある。

ホテルで朝食をとった後、8時15分にタクシーでバスターミナルへ移動、そこから1日わずか2本の路線バス・ムヒア行に乗る。

201912130659296fe.jpg


運転距離90kmを超える長距離路線バスだが、高速道路は走らず、こまめに停車を繰り返すので、私の愛読する故・宮脇俊三的に言うならば、名作「ローカルバスの終点へ」の旅となる。

とはいえ使用車両は大型の観光バスタイプ。
ひなびた雰囲気はその車両から感じることはできないが、行き先や乗客が少ない様はローカルバスと言って良い。

彼がもし、生前、同様の企画を海外版として実行していたなら間違いなく対象路線として候補にあがっていたに違いない。

発車から1時間後、果たして乗客は私たち以外誰もいなくなった。

2019121307003744c.jpg


2時間後終点に到着時間は10時45分。
折り返しのサンティアゴデコンポステーラ行きは14時30分。
約4時間の観光猶予が与えられている。

目的は岬の突端に立つ教会を目指すことだが、風雨共に強く、しばらく様子を見るためバス停近くのバルに駆け込んだ。

最近できた新しいその店では、コーヒーを注文するともれなくチュロスがつく。
このスタイルはムヒアの多くのバルが取り入れている。

2019121307322565c.jpg


約30分ほど時間を潰した後、わずかに風が収まったのを見計らい、岬へ向かって歩き始める。


しかし岬へ向かう、細い石積みの巡礼路を登りきったところで猛烈な風に襲われる。

201912130733222f8.jpg


目指す教会は200M先だが、進む事を躊躇させるような猛烈な風につい歩みを止めてしまう。
何人かは勇敢にそのまま教会へ向かうが、私を含め3名は石積みの壁の陰に隠れしばし風が収まるのを待つ。

20191213073329e3e.jpg



10分後、岬の教会にたどり着いた。
20191213073337e71.jpg



20191213123344787.jpg


それにしてもいつ来ても荒波が激しい。
北海道の宗谷岬でさえこれほどの激しい高波はなかなか経験しないと思うのだが、このムヒアという土地の独特な地形の関係なのかもしれない。

さいはてとはいえ、例えば北海道稚内のような寂れた感じはあまりない。

家は比較的新しくそしてカラフルだ。

20191213073350624.jpg


それはどこか北欧の街のようでもある。

市街地に戻ると時間は12時過ぎ、どこかでランチを楽しみたい。
しかし風雨が強くあまり遠くへ行きたくはない。

近場の店は開いているものの、酒場と化しているだけで、食事の提供をやっている店がなかなか見つからない。


menu Del DIA ok?
日本語訳=日替わり定食やってますか?

と尋ねて回るものの、最初の3軒はことごとく断られた。
たが、集落から一番離れた最後の一軒でようやくランチを提供している店にたどり着く。
そこは前回前々回利用した少し離れた場所に位置するバル兼レストランだった。

前菜にガリシアスープ、メインディッシュにはグリーンフィッシュなるものを注文。
海辺の町らしく、メインディッシュに肉料理の選択肢はなかった

そして出てきた品は、これまで経験したメガ盛り系メニューとは似ても似つかぬ洒落た陶板プレートに盛られたアジの開きのムニエル。

20191213073403f71.jpg



港町ムヒアならではのひとしな。
そのテイストは伊豆半島のアジの開きにも勝るとも劣らない実にホクホクした食感を保つ極上の味わいだった。

まさかこの場所に干物の食文化が存在するとは思いもよらず、旅の終わりで巡り合ったそれはまさに珠玉の逸品。

ムヒアに来て良かった。
心からそう思った。



↑ ↑ ↑ ↑ ↑
ブログランキング参加中です。
お気に召しましたらクリックをお願いしますネ★


【おしらせ】
11月30日~12月20日まで休館いたします。
日中不在にすることがありますので、空き状況のお問合せ、ご予約は、下記の時間帯にお電話にてお願いいたします。
07:00~08:30
17:00~22:00

毎日更新!北信州の宿・高社山麓みゆきの杜ユースホステルOFFICIAL SITE
サンティアゴデコンポステーラの夜
3時半にチェックインし、そこから6時半までは自由時間とした。

できるだけゆっくりとパラドールライフを楽しんでもらうためには、むしろ短いくらいだが、夕食にも時間をかけたい。

あたりがようやく闇につつまれる頃全員で街に繰り出した。
街はひたすらきらびやかさに包まれている。

ブルゴスやレオンの街もすごいと思ったが、サンティアゴデコンポステーラの雰囲気はそれらをはるかに圧倒していた。

2019121300032823e.jpg


201912130004002c2.jpg



201912130004480c5.jpg


タパス屋に入り各自好きなものを指差しオーダー。
それを店員は見事に覚えていて、8人分の品々がテーブルに並んだ。

20191213000941c34.jpg


タトゥーがクールなイケメンは、まさにプロフェッショナルのウェイターである。

201912130011206a5.jpg


201912130011481db.jpg




↑ ↑ ↑ ↑ ↑
ブログランキング参加中です。
お気に召しましたらクリックをお願いしますネ★


【おしらせ】
11月30日~12月20日まで休館いたします。
日中不在にすることがありますので、空き状況のお問合せ、ご予約は、下記の時間帯にお電話にてお願いいたします。
07:00~08:30
17:00~22:00

毎日更新!北信州の宿・高社山麓みゆきの杜ユースホステルOFFICIAL SITE
巡礼完了のご褒美はパラドール
巡礼完了のご褒美は、パラドールサンチアゴデコンポステーラと決めていた。

パラドールはスペイン語で休息所の意味があり、通常スペイン、プエルトリコなどスペイン語圏にある比較的高級な、あるいは高級そうなホテルの名称に使われている

スペインでは古城などを改装したり、景勝地に新しく建てた半官半民の宿泊施設網で、1928年に始まり、国内に約90箇所ある。

中でもサンチアゴデコンポステラのそれは★★★★★。5つ星パラドールは、ここサンティアゴ・デ・コンポステーラとレオンのふたつのみらしい。

かつて王立病院だった建物を改装したこのパラドールは、全室136室と壮大。石造りのどっしりとした建物は、日本では味わえない趣きを備えている。

歩くとみしっとなる木製の廊下や、建物内にあるパティオやチャペルがその歴史を想わせ、モダンなホテルとは異なる面白みがある。

とんでもない高級ホテルと思われがちだが、決してそんなことはなく、日本国内都心のホテルでいうならば、新高輪プリンスホテル程度か、それ以下の料金で利用できる。


20191212234624f82.jpg


まるで美術館に泊まっているかのようなその感覚は、ただ綺麗なだけの日本のシティホテルとは一味も二味も違う。

高級ホテルではあっても巡礼者には手厚い。
なのでこんな格好でチェックしても何の問題もないのである。

20191212234450967.jpg


しかし館内に入ればそこにはおとぎの世界が待っている。


20191212234723444.jpg


廊下
20191212234755c35.jpg


パティオ
20191212234830afb.jpg


2019121223484850a.jpg


3階回廊
20191212234923e3f.jpg


20191212234952839.jpg


どこか忘れたが、とにかくいちいち歴史の重みが感じられておしゃれなのである。

2019121223505021c.jpg


吹き抜け
20191212235129efd.jpg


そして客室。
20191212235207099.jpg


一人で、しかもたった一泊で終えるには、あまりにも勿体ない。
でも仕方がない(笑)



↑ ↑ ↑ ↑ ↑
ブログランキング参加中です。
お気に召しましたらクリックをお願いしますネ★


【おしらせ】
11月30日~12月20日まで休館いたします。
日中不在にすることがありますので、空き状況のお問合せ、ご予約は、下記の時間帯にお電話にてお願いいたします。
07:00~08:30
17:00~22:00

毎日更新!北信州の宿・高社山麓みゆきの杜ユースホステルOFFICIAL SITE

カテゴリー