fc2ブログ
FC2カウンター

プロフィール

なかむら@みゆきの

Author:なかむら@みゆきの
高社山麓みゆきの杜ユースホステル
を営んでいます。
当サイトでは、地元民ならではのお勧めツーリングルート、温泉、B級グルメなどを宿主自らが実走調査を敢行!信州ドライブ&ツーリングにお役立てください。


【旅の記録】
北海道ツーリング2008
北海道ツーリング2009
北海道ツーリング2010
北海道ツーリング2011
北海道ツーリング2012
沖縄八重山紀行2008
沖縄八重山紀行2009
沖縄バイクツーリング2010
沖縄家族旅行2011
栂海新道縦走記2012
沖縄買出し旅2012
沖縄買出し旅2013夏
大阪帰省の鉄道旅2013
沖縄買出し旅2013冬
アメリカ横断2014春
北海道ツーリング2014
沖縄買出し旅2014
アメリカ横断2015
北海道乗り潰し2015冬
家族で沖縄2015冬
タスマニア周遊2016
Overland Track2016
北海道2016夏ドライブ
スペイン巡礼2016冬
タスマニア2017春
北海道2017夏
スペイン巡礼2017冬
瀬戸内旅2018春
日本南北縦断2018冬
瀬戸内旅2019春

リンク

★たびたび君を応援しよう

このブログをリンクに追加する

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

 ↑  ↑  ↑
ブログランキング参加中!
1日1回クリック下さいネ!

最近の記事

月別アーカイブ

.
帰国への道、完全に開ける
時間はまだ12時少し前。
チェックイン受付開始まで、まだ4時間ある。

ルクセンブルクの駅構内の公衆電話で、日本航空ヨーロッパ予約センターを介して

22日発 JL46便振替完了

となったわけだが、英語の口頭で交わした約束なだけに、本当に予約が完了しているのだろうかと、実は最後まで不安を抱えたまま悶々とこの三日間を過ごしていた。

昼飯はカフェでキッシュとサラダで済ませる。
20191223023154746.jpg


しばらく休んでいると、突然警察官がやってきて、全員出ろという。
周囲の店も全てシャッターを閉め、通行人はその区画から全員退去させられる。
テロのアラートでもあったのかもしれない。


何せフランスは何が起こるかわからない国なのである。

刻一刻とチェックイン開始時刻が迫る。
まだ出発の4時間前だというのに、指定されたチェックインカウンター2番には長蛇の列ができている。


不安を抱えたままでいるので、できるだけ早くチェックインを完了させたい。
普段なら、ギリギリまで行列に加わることはしないのだが、今回ばかりは違っていて、一刻も早く安心を得たいという気持ちが勝る。

私も群衆に引き寄せられるように列に加わった。

2019122302341136e.jpg


順番がやってきた。
手にはボロボロの E チケットも一応用意してある。
もしもに備えて、


12月19日の昼頃この電話番号にかけて確かに予約変更完了したはずだ!


と強く主張する用意も怠ることはなかった。

通常の手順に従い、パスポートのみを差し出す。
もし空いていれば、窓側がいいのですがとも付け加える。
窓口氏の表情は終始穏やか。荷物に貼り付けるタグだろうか。印字機から出てきたものをテキパキとマイパックに取り付ける。

優しそうなフランス人が、カミーノを歩いてきたのかと聞く。そうだ。と返事する。
隣の係員の女性も、にっこり微笑み、それはお疲れ様だったねみたいなことを言う。

彼は帆立貝と瓢箪を丁寧に整え、ザックを袋詰めにしてくれた。

20191223023448d60.jpg



全てが終わった。
そして
重く肩にのしかかったプレッシャーが解ける。


やっと帰れる。


そう思うと不思議と涙が出てきた。

手にはカクタスのショッピングバッグ、首には旅の道中ドラえもんのポケットの如く重要な役割を果たしてきた私の七つ道具入れ。

201912230238022d2.jpg


私は日本への道はこれで完全に開かれた。
搭乗開始まであと10分。

日本に着くまでの間、しばし旅を振り返るとともに、仕事復帰に向けてのイメージトレーニングを重ねようと思う。

20191223023836fd2.jpg



2019年12月22日18時35分
パリシャルルドゴール空港
ターミナル2
37番ゲート待合所にて
スポンサーサイト



下見も怠らず
フライト時間は19時発の日本航空46便。
ターミナル2からの出発となる。

まだまだ時間があるので、次回実施予定のルクセンブルクウォーキングツアーに向けて、到着から空港連絡鉄道へ乗るまでのアクセスを確認しておきたい。

実施するとなるとおそらく ANA を利用するので、ターミナルは1。
無人トラムでターミナル1へ移動してみる。

20191222223658214.jpg


到着出迎えゲートまで足を運び、そこから空港連絡鉄道までのアクセスを忠実に辿る。
ターミナル1には連絡鉄道は来ておらずまず無人トラムに乗る必要がある。

そしてターミナル3で下車し
20191222223824c04.jpg

エスカレーターで一つ上の階に上がる。

するとそこには鉄道乗り場があり、切符売り場が並んでいる。

無人トラムを降りてからほんの30 M ほど先の場所に改札口があるので分かりやすい。
201912222239228f6.jpg


そこからはパリ北駅に向かって電車が頻発している。

20191222224847bab.jpg




TGV の列車もそこから出発しているが、残念ながらルクセンブルク行の便はない。

まずはRER-B線でパリ北駅まで行って、そこから歩いて5分の東駅へ移動となる。

ANA 羽田発パリ行きがドゴール空港に着くのが4時半頃とすると、RERに乗れるのは5時過ぎ、北駅に到着するのは6時前となる。


そこからルクセンブルク行きの TGV に乗るとなると、18時40分東駅発ルクセンブルクシティ行きが適当かと思われる。

到着は20時50分。

1日目のスケジュールはおおよそこんな感じで良いかと思う。

最後の最後まで下見は怠ってはいけない。



パリ脱出作戦
さあいよいよパリ市内をいかにして脱出するか、真面目に検討しなくてはならない。

通常なら徒歩10分の場所から、バスに乗り、空港連絡鉄道(RER)に乗り換えれば良いのだが、バス空港連絡鉄道ともに多くの区間で運休となっている。

ホテルのスタッフに空港に行くにはどのようにするのが良いかと尋ねると、間髪入れずタクシーがお勧めという。

当然のことながらタクシーはコストがかさむ。
市街地南部から空港までは55ユーロ。
できれば使いたくない。

グーグルマップで調べると、実際に運転している路線の中から最適ルートを教えてくれる。

はじき出したルートは

38系統バスで「パリ北駅」まで行ってそこからRER b線に乗ってシャルルドゴール空港へ乗り継ぐというパターン。

100%は信用できないが、とりあえずそれに従うことにした。

7時過ぎに朝食を食べる。
こんな朝食もこれが最後かと思うと少し寂しくなる。

20191222214829ab1.jpg


朝食の席にはちょっと着飾った関西弁を話す若い学生さんと思しき団体がたくさん座っている。
引率者らしき人に尋ねてみたところ大阪の専門学校なのだという。

何やら今日は自由行動らしく、各自ストライキ情報チェックした上で、バスや電車を乗り継ぎ観光地へ向かうのだと言う。
これも一種の訓練かとおもった。


霧雨が待っていたので雨支度を整え出発する。
20191222214857fd8.jpg


まずは Google Maps の言うとおり38番系統のバス停に向かう。
20191222215216b93.jpg

予想通りの人だかりである。
しかしなかなか38がやってこない。

時々やってくる違う系統のバスはこの通り。
あまりに人が多すぎて扉が開かない。

201912222154483ba.jpg


10分待てど20分待てど、38番はやってこない。

時間は9時15分。
いい加減痺れを切らし、バスを諦めることにした。

パリ北駅までは6.8キロ。
今の私にとっては全く取るに足らない距離である。
一時間半ほどで到着出来るはずだ。

ひたすら北上するが、やはり38番バスが私を追い越すことはない。

交通局の事前のストライキ情報とは異なる事実。
パリとはこういう場所なのだろう。

地下鉄の地下道入り口もこの通りシャッターが閉じられている。

20191222215728d6a.jpg


10時35分無事パリ北駅に到着。
20191222215820bfc.jpg


案内に従い、空港連絡鉄道RER乗り場へ向かう。
20191222215914202.jpg


券売機でチケットを買う11ユーロ也。
2019122221594690b.jpg


そして11時、晴れて空港鉄道乗り場プラットフォームたどり着く。
20191222220038f17.jpg


列車は11時7分に出発
20191222220229e89.jpg


空港連絡鉄道とはいえ、日本とは違って同じ線路の上を違う会社が走る。 
TGV や貨物鉄道がひしめく複雑な線路の上を行く。
目に映る風景は、新潟駅を出発した後通過する、上沼垂電車区に少し似ていた。
20191222220511e09.jpg




カテゴリー