FC2ブログ
FC2カウンター

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

 ↑  ↑  ↑
ブログランキング参加中!
1日1回クリック下さいネ!

最近の記事

月別アーカイブ

リンク

★たびたび君を応援しよう

このブログをリンクに追加する

北信州木島平 夏も近づく2020 
旅と家族と日常を綴る宿主の徒然なる日記☆☆
ステーキ デンバー(木島平村)
【ステーキ デンバー】

木島平村の中心部、若者センターと呼ばれる公民館的な施設の一角に店を構える店です。
非常に地味な店構えですが、知る人ぞ知るステーキハウスです。
1_202007030826586b1.jpg

2_20200703082659b6f.jpg


主人の三井氏は実際に若いころ、アメリカのデンバーのステーキハウスで修業された経験をお持ちです。

居酒屋的役割も担っていて、雰囲気はステーキハウスと言うよりも田舎の居酒屋で、小上がりも備えます。

12_202007030830045a2.jpg

メニュー
3_20200703082700592.jpg

4_202007030827028be.jpg

5_202007030827031c4.jpg

6_20200703082705bde.jpg


名物はなんといってもステーキ。
柔らかな肉質の、とてもジューシーなアメリカンビーフが堪能できます。
あの有名なステーキハウスチェーンよりも上ではないかと思われます(^^)

ソースとグラム数が選べまして、普通は150g、レギュラーメニューの最大はスーパージャンボ350g。
おススメイチオシソースは「バターソース」です。私は迷うことなくスーパージャンボ&バターソースを選びます。
9_20200703082709e5f.jpg

ヒレ150g
10_20200703082711cbb.jpg


サイコロステーキ200g
8_202007030827081f2.jpg


ファミリーサラダ
7_20200703082706f7d.jpg


11_20200703083003ee9.jpg


たまには趣向を変えてこんな店で食事するのもイイかもしれません。






スポンサーサイト



ラーメン竹信
ラーメン竹信




イナリ食堂 ~飯山のソウルフード
イナリ食堂【飯山市】  2019年10月25日取材

秋が深まってきたので、鬼無里のいろは堂にでも出かけようかと思案していましたが、降りしきる大雨の中、さすがにそれはもったいない。

ならばと飯山での買い物ついでに、およそ2年ぶりにあの食堂へ向かうことにしました。


20191025135959618.jpg


今や飯山のソウルフードレストランといっても過言ではないイナリ食堂であります。


開店は11時45分からですが、11時半過ぎに店の前で雨宿りするかのごとく立ちすくんでいた私。
そこに優しい女将さんが声をかけてくれまして、快く店内へ案内してくれました。

場末な感じなくたびれ具合が風情を感じさせてくれます。


20191025140311752.jpg


201910251402523a2.jpg


何年か前からは食べログの影響もあってか昼時には大変な混雑を見せるようになり、特に週末のランチタイムには相当待たされます。

座席数が30以上あるにも関わらず料理人はご主人ひとりきり。

席について注文しても料理が出てくるまで軽く30分は待つことになります。

ですがこの日は一番乗りのオーダー。

20191025141558b6b.jpg


カツ丼と並んで人気筆頭格のチャーシュー麺を注文しました。

これがまた凄いんですわ(笑)

驚かないでくださいよ










2019102514173552d.jpg



横から


20191025141747962.jpg


この食べ物いったい何ですか?

と思わず尋ねたくなる出で立ちに、初めて食べる人はきっと困惑するはず。大きくて分厚い豚のもも肉(煮豚)が6枚。

推定重量200 G は下らないと思われる想像を絶するトッピング。
麺はもちろんスープも見えません。

しかし以前より明らかにチャーシューのボリュームが増えていると感じるのは、たぶん気のせいではないはず。

過去のブログ写真を見比べてみると。。。。。

2017年
2_20191025233906609.jpg


2016年
1_20191025233854e4d.jpg


やっぱり、ネ(^^)


もはやこれは「チャーシュー麺」ではなくて、「麺入煮豚「」とするのが適当かも知れません。

なのでまず最初に肉肉しさ満点のチャーシューを集中的に貪り食うところから始まります。

妙に甘くそして濃くて非常に柔らかい食感のチャーシューにまずは一発ストレートパンチを食らった気分になること請け合い。


ひたすらチャーシューを食べ進めると、ようやく麺が姿を現します。 
12_20191025143308c8e.jpg


ですが、あまりにチャーシューの量が多いために、時に麺とスープが少し微温くなっている時さえあります。

ですがこの日はバッチリ、暖かなスープと麺も堪能しました。
一番乗りを果たしただけのことはありました。


肉ばかりが目立ちますが実は、この店のラーメンはスープに唯一無二の特徴があります。
それは煮干し醤油スープ。

東京の有名店「せたが屋」にも通ずる、実に美味なる煮干しスープです。

有名ラーメン評論家の石神秀幸氏が、「イナリ食堂のラーメンは信州で2番目にうまいラーメン」と太鼓判を押す逸品なのであります。



最近は同様の大衆食堂がどんどん閉店に追い込まれる中、こちらのお店のご夫婦はまだ50代と若く、しばらくはこの味を堪能できそうです。

ごちそうさまでした。


イナリ食堂 別記事



ローカル食堂めぐり6 ~お好み焼きあると(木島平)
お好み焼きあると

ウチから歩いていくことのできる唯一の食堂「お好み焼きあると」を紹介いたしましょう。

昨日、「木島平クーポン」を使って行ってきました。

その距離わずか200m、スキー場側に少し進んだ先にあります。
9_202006201728040b5.jpg

営業時間は18時からで、ランチはやっていません。
夜のみ営業ゆえに、居酒屋的な役割も担っているのが特徴です。
8_20200620172804178.jpg

大阪出身の方が20年以上やっていらして、お好み焼きのテイストは折り紙付きであります。

店内はテーブルと座敷。この日はテーブルにて。
7_2020062017275309a.jpg

メニューはこんな感じです。
6_20200620172751a5c.jpg

5_20200620172750263.jpg


4人で行きましたので、4種をオーダー。選んだのは


あると焼き
ミックス玉
ネギ玉
モダン焼き

1_2020062017274493e.jpg

1_20200620173715462.jpg

2_202006201737161a5.jpg

トロトロ、フワフワな食感は、やはりウチでは出せません( ;∀;)
本当に美味しいんです。

居酒屋メニューも豊富です。
3_2020062017274751a.jpg

4_20200620172748f15.jpg

チーズ料理の「パリパリ」
2_202006201727453b9.jpg

ビールが進みますワ(^^)


営業は18時から。定休日は火曜日。
新型コロナ拡大防止の観点から、受け入れ人数を限っての営業だそうです。
お出かけの際は、前もってお電話を頂けると助かるとのこと。

おススメです!!

お好み焼きあると

12_202006201748424d6.jpg





【当宿の当面の新型コロナ対策について】

●受付での密集を防ぎ、また対人接触を避けるため、当面の間、ご予約は楽天トラベルの事前カード決済のみとさせていただきます。
お客様の都合で、どうしてもカード決済をご希望にならない場合は、ご予約時に金額をお伝えしますので、釣り銭のいらないようあらかじめ代金をご用意ください。
●相部屋での提供はありません。従いまして5室5名様でも「満員」となることがあります。
●すべてのお部屋でシングル利用が可能です。
●6月は週末のみの営業といたします。夕食の提供はありません。
●7月以降は2名様以上のお申込みで全日2食付きでのご用意が可能です。1名様でご利用の場合は平日、日曜日の夕食提供はありません。
楽天トラベル予約


↑ ↑ ↑ ↑
ブログランキング参加中です。
お気に召しましたらクリックをお願いしますネ★

毎日更新!北信州の宿・高社山麓みゆきの杜ユースホステルOFFICIAL SITE





ローカル食堂めぐり 5 ~いちだ家(木島平村)
ローカル食堂 5 いちだ家(木島平村)

わたなべ食堂、小池食堂同様、木島平村の中心部にあります。
2_20200617182344176.jpg

わたなべ食堂と隣り合っているという、普通では考えられない立地に旅人はきっと驚くに違いありません。(^^)
女将さんはとても気さくな明るい方でして、店内に入るや

PTA会長さん、ご苦労様でした!

とのお声がけをいただきました。

ここで食事するのは数年ぶりですが、きっと村のケーブルテレビに頻繁に(?)出没しているのをご覧になっているのだろうとお察しします。

ありがとうございます。

古式ゆかしい村の食堂のメニューはこんな感じ。
7_20200617182352238.jpg

ゴハンものが無性に食べたくて、ソースカツどんと卵カツどんをオーダー。
もちろん夫婦二人分ですよ(^^)
6_20200617182350162.jpg

5_20200617182349990.jpg

とても肉厚でクリスピーなカツ。

ソースカツどんは「明治屋」のものに比べると、あっさりめのソース味で、パクパクイケてしまいます。

お隣わたなべ食堂さんに負けず劣らず大盛です。

店内はこんな感じ。
8_20200617182353559.jpg

サイドメニューの「もつ煮」は北信の食堂の定番。
味もボリュームも大満足でありました。
4_20200617182347ac0.jpg

ちなみに新型コロナに伴う経済活性化事業としまして、木島平村はこんな商品券を村民1人あたり3000円を配布。
多くの飲食店で使えますので、早速利用させていただきました。
2_20200617182950300.jpg

なんてイイ村なんだ。木島平村は。。


ローカル食堂めぐり 3 ~ 飯山エキナカ酒場・えっぺ
エキナカ酒場 えっぺ

6月6日にできたばかりの飯山駅構内にあるこぢんまりした食堂。
店名の通り、夜の「バル」をメインに据えているコンセプトがうかがえますが、「食事」もランチから営業していまして、6月9日(火)に行ってきました。

飯山駅観光案内所のフロア、その一番奥に位置する、小さい店です。
11_202006091730518b6.jpg

それもそのはず、かつて営業していた立ち食いそば屋閉店後の新テナントとして、若い経営者によって新規開店されました。

なので、カウンター席のみ。立ち飲み席も3卓用意されていますが、こちらは完全夜用。
5_20200609172855e1b.jpg

食事メニューはうどんが主体です。
7_20200609172855159.jpg

鯖缶消費量日本一飯山 をうたい文句として、イチオシメニューは「鯖カレーうどん」となっています。
カレーの監修は戸狩の有名焼きカレー店「カフェペンティクトン」が担当されたそうです。


この日注文したのは、サバカレーうどんのまんぷくセット。(追い飯付き)そして、キーマカレーうどん。
まずはサバカレーうどん。深型カレー皿に盛られて、鯖缶は細かく砕かれたものがスープに溶け込むように。
2_2020060917283813e.jpg

麺を食べ終わると、「追い飯」をオーダー。チーズも一緒に盛られて出てきます。
9_202006091728552b4.jpg

それをカレースープに投入し、スープカレーの如くすすります。
美味しいです!!!!
8_20200609172858e40.jpg

そしてキーマカレーうどん。
4_20200609172841912.jpg

この時点ではカレーソースは出汁の下に隠れていますが、かき混ぜるとカレースープに変化。
山盛りのパクチーがポイントです。
3_20200609172839a20.jpg


そして唯一ランチでオーダーできる揚げ物は「信州福味鶏のから揚げ」。胸肉を使っていますが、おそらく塩麹に漬けてあって、食感はとても柔らか。
予想外の美味しさでありました。
10_20200609172855eeb.jpg


新幹線に乗る前の一献に間違いなく利用価値大です。
今度は夜の部にでかけて、串揚げを試したいと思います。
新幹線に乗ってどこかに行く用事、ありませんかね?・・・・・・(笑)


【当宿の当面の新型コロナ対策について】

●受付での密集を防ぎ、また対人接触を避けるため、当面の間、ご予約は楽天トラベルの事前カード決済のみとさせていただきます。
お客様の都合で、どうしてもカード決済をご希望にならない場合は、ご予約時に金額をお伝えしますので、釣り銭のいらないようあらかじめ代金をご用意ください。
●相部屋での提供はありません。従いまして5室5名様でも「満員」となることがあります。
●すべてのお部屋でシングル利用が可能です。
●6月は週末のみの営業といたします。夕食の提供はありません。
●7月以降は2名様以上のお申込みで全日2食付きでのご用意が可能です。1名様でご利用の場合は平日、日曜日の夕食提供はありません。
楽天トラベル予約


↑ ↑ ↑ ↑
ブログランキング参加中です。
お気に召しましたらクリックをお願いしますネ★

毎日更新!北信州の宿・高社山麓みゆきの杜ユースホステルOFFICIAL SITE






ローカル食堂巡り 2 ~わたなべ食堂(木島平村)
【わたなべ食堂】

木島平村役場の近くには少なくとも3軒の大衆食堂がひしめいています。

その中でもおそらく一番にぎわっているのがここ、わたなべ食堂です。
小中学校などの懇親会などの定番宴会場でもありますので、ほとんどの村民が行ったことがあるに違いありません。

ただ、ランチとなると、その比率は一気に下がります(^^)

ネットの情報を漁ってみますと、大盛で有名らしく、食べログでも投稿数は結構な数にのぼります。

1_2020060314440586d.jpg

先日10年ぶりくらいに、春花も連れて3人でランチに行ってきました。

テーブルと小上がりが備わるのは周辺の食堂と共通していますが、ここではカウンター席も。
3_202006031444062aa.jpg

2_202006031444068bb.jpg

メニュー
4_202006031444066ca.jpg

私は焼肉定食
かあちゃんはチャーハン定食
春花はとんかつ定食

まずは焼肉定食(850円)
9_20200603144904feb.jpg
おかず盛り、ごはん盛りともにビッグサイズ!

味は濃いめ、ショウガがガッツリ効いたスタミナ飯な印象であります。
11_20200603144907829.jpg

付け合わせはレタスたっぷりサラダ、小鉢はたくあん、花マメとごぼうサラダ。

続きましてチャーハン定食。おそらくボリュームNo.1です。
5_20200603144858826.jpg

ラーメンと半チャーハン、乃至チャーハンろ半ラーメンと思いきや、ラーメンとチャーハンが1人前ずつ乗っかったスゴイ奴。
いや、チャーハンは1人前以上の量があります。
7_20200603144901570.jpg

これを頼んだのはかあちゃん。ほとんど一人で平らげましたが、かなり苦しそうにしていました。(^^)

そして春花はこれ。
10_20200603144905400.jpg

付け合わせや小鉢は焼肉定食と共通ですので、16歳の女子がひとりで平らげるにはなかなか苦労が多かった模様ですが、それでもなんとか完食。この表情。
12_20200603144908330.jpg

村の食堂人気ナンバーワンと言うのもうなづけます。

是非お試しあれ。



ローカル食堂めぐり 1 ~小池食堂(木島平村)
【小池食堂】

木島平村の中心地、中村地区の村道沿いにあります。
多くの人の目に触れる場所ですが、外見が非常に地味で通り過ぎてしまいがち。
窓ガラスが何故かオール曇りガラスなのが、ひとを遠ざけしまう要因なのかもしれませんが、古式ゆかしい村の食堂として根強いファンの多い店であります。
1_20200603141125590.jpg


店内は意外に広く、小上がり、テーブルがあります。
10_20200603141137595.jpg

9_2020060314113514b.jpg


麺類が中心ですが、ご飯ものも少数ながらラインナップ
11_20200603141138d1b.jpg


この日はラーメン600円、もつ煮定食750円、そして謎の?「肉皿」600円を注文してみました。

ラーメンはちぢれ細麺、昔ながらの美味しいあっさり醤油味。麺の多さに驚かされました。(!)
7_202006031411329cb.jpg


もつ煮定食はぶたもつ、白こんにゃくを使った甘めのテイストです
5_20200603141129d7b.jpg
ご飯の量がなかなか凄いことになっています。

小鉢にワラビのおひたしにたくあん。
6_20200603141131b51.jpg

もつ煮の拡大
4_20200603141128bf7.jpg


そして肉皿。
3_20200603141126acf.jpg

豚肉をネギ、こんにゃく、エノキとからめて甘辛く炒めた一品。
味付けの基本はもつ煮と同じで、甘め。でも塩辛くはありません。ショウガは隠し味程度にしか使われておらず、甘さが際立つ感じです。

旅の楽しみはやはりローカルな古食堂。
他所から来た旅人にとっては、なかなか足を踏み入れにくいものですが、是非お試しのほどを。

イイもんですよ。





ローカル食堂めぐり ~ テンホ―(長野県中北信のチェーン店)

ところで皆さん、「テンホー」ってご存知ですか?
長野県内の中信地区を車やバイクで走ると、至る所で見かけるファストフード店のような食事処。

かくある私も店構えだけは認知していたものの、これまで一度も入ったことがない謎の食堂でありました。
先日、諏訪地区に「不要不急」でない所用のため出かけてきたその途上、ようやくその機会を得ることが出来ました。

中信地区を主体として長野県内に30店舗を展開する、いわば長野県民版(?)餃子の王将な感じであります。
その創業はなんと昭和31年。古くから長野県民の胃袋を支えてきている地元では超有名なローカルラーメンチェーン店です。

ちなみにテンホウの名前の由来は…
名前の由来は「天の宝」をカタカナで読むところから来ております。意味は「天から授かった宝物」「大変貴重なもの」など「地域社会になくてはならない店になる」という想いが込められているそうです。

店構えはどの店にも共通して言えるのですが、非常にコンパクト。
ローカルハンバーガチェーンのようないでたち。
9_20200510203029abc.jpg

入ってみて驚きなのは、とにかく安く、目が回るほどのメニューの豊富さ。
10_20200510203031ea0.jpg

11_20200510205503f9d.jpg

12_2020051020550499c.jpg

あまりのメニューの多さに、路頭に迷う母ちゃん。「無理!選びきれない!(X_X)

昔ながらのあっさり醤油ラーメン(細ちぢれ麵)を中心として、ご飯類、つまみ類が多数ラインナップされています。

タンタンチャーシュー麺
8_20200510203028e0e.jpg
トロトロに味付けされた煮豚ロース肉が秀逸。辛くないタンタンスープもよろし。

ゆずかはミニソースカツどん380円
決してミニではないので、低学年はこれで十分です。
6_20200510203025b21.jpg

おつまみ山賊焼きは国産鶏肉を使っているとのことで、これまた脂ぎっていない肉質、そしてサクサク衣が実にgoodでありました。
5_2020051020302373d.jpg
この大きさで560円とは泣けてきますネ。

行列店でもないけれど、30店以上が50年以上にわたって長野県民に愛され続ける、ソウルフード食堂ともいえるのではないでしょうか?

いつかまた行きたいと思いました。


↑ ↑ ↑ ↑
ブログランキング参加中です。
お気に召しましたらクリックをお願いしますネ★

毎日更新!北信州の宿・高社山麓みゆきの杜ユースホステルOFFICIAL SITE






プロフィール

なかむら@みゆきの

Author:なかむら@みゆきの
高社山麓みゆきの杜ユースホステル
を営んでいます。
当サイトでは、地元民ならではのお勧めツーリングルート、温泉、B級グルメなどを宿主自らが実走調査を敢行!信州ドライブ&ツーリングにお役立てください。




【旅の記録】
北海道ツーリング2008
北海道ツーリング2009
北海道ツーリング2010
北海道ツーリング2011
北海道ツーリング2012
沖縄八重山紀行2008
沖縄八重山紀行2009
沖縄バイクツーリング2010
沖縄家族旅行2011
栂海新道縦走記2012
沖縄買出し旅2012
沖縄買出し旅2013夏
大阪帰省の鉄道旅2013
沖縄買出し旅2013冬
アメリカ横断2014春
北海道ツーリング2014
沖縄買出し旅2014
アメリカ横断2015
北海道乗り潰し2015冬
家族で沖縄2015冬
タスマニア周遊2016
Overland Track2016
北海道2016夏ドライブ
スペイン巡礼2016冬
タスマニア2017春
北海道2017夏
スペイン巡礼2017冬
瀬戸内旅2018春
日本南北縦断2018冬
瀬戸内旅2019春

カテゴリー