FC2ブログ
FC2カウンター

プロフィール

なかむら@みゆきの

Author:なかむら@みゆきの
高社山麓みゆきの杜ユースホステル
を営んでいます。
当サイトでは、地元民ならではのお勧めツーリングルート、温泉、B級グルメなどを宿主自らが実走調査を敢行!信州ドライブ&ツーリングにお役立てください。


【旅の記録】
北海道ツーリング2008
北海道ツーリング2009
北海道ツーリング2010
北海道ツーリング2011
北海道ツーリング2012
沖縄八重山紀行2008
沖縄八重山紀行2009
沖縄バイクツーリング2010
沖縄家族旅行2011
栂海新道縦走記2012
沖縄買出し旅2012
沖縄買出し旅2013夏
大阪帰省の鉄道旅2013
沖縄買出し旅2013冬
アメリカ横断2014春
北海道ツーリング2014
沖縄買出し旅2014
アメリカ横断2015
北海道乗り潰し2015冬
家族で沖縄2015冬
タスマニア周遊2016
Overland Track2016
北海道2016夏ドライブ
スペイン巡礼2016冬
タスマニア2017春
北海道2017夏
スペイン巡礼2017冬
瀬戸内旅2018春
日本南北縦断2018冬
瀬戸内旅2019春

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

 ↑  ↑  ↑
ブログランキング参加中!
1日1回クリック下さいネ!

最近の記事

月別アーカイブ

リンク

★たびたび君を応援しよう

このブログをリンクに追加する

.
佐渡島へ
佐渡島まで136km。
諏訪の富士見までを車で走るとほぼ同じ距離となります。

さほど遠くないのに、なかなか行く機会のない場所でもあります。

行きたいけれど、車を積むと船代が北海道行フェリーとあまり変わらないという心理的な障壁も立ちはだかります。
新潟〜小樽 23500円
直江津〜小木 21300円

旅の価値が移動距離に比例しないとは分かっていても、この割高感が消費行動を削いでしまっていることは間違いありません。

しかし、新型コロナ感染により、様々な需要喚起策が取られていまして、佐渡市がこんなキャンペーンを開始。


202008241849451f5.jpg



16800円で佐渡往復航送。そこに佐渡島内で使える15000円分クーポンがプラスされます。人員の乗船料金は別途必要ですが、実質1800円でクルマでフェリーに乗ることが可能になります。

この機会を逃してはなるまいと、夏休みらしい夏休みのない子供達を連れて、佐渡島の旅に出かけてきました。

朝10時にハイエースで出発、上越から米山まで高速に乗り、柏崎から出雲崎、寺泊を経て、第一目的地は弥彦山。

標高634mの山頂は、猛暑とは無縁の別天地。
20200824180637662.jpg



20200824180719614.jpg



下山後、弥彦神社に参拝しました。

202008241808331e8.jpg


202008241808580f6.jpg


弥彦村の洋菓子店でカフェタイム。
2020082418095173e.jpg


甘さ控えめな極上スイーツに感激。

20200824181053e49.jpg



一時間かけて新潟市中心部へ移動、沼垂テラス商店街に向かったものの、時間が遅くすでに多くが閉店していました。
20200824181155245.jpg


晩ごはんはピア万代の佐渡島に本店のある回転寿司屋。
が、母ちゃん、軽い熱中症でひと口も食べられず。
20200824181329505.jpg


残念無念。


スポンサーサイト



佐渡に渡る
この日の宿は、市街地中心でありながら一泊わずか9200円のビシホ。
明日600発の両津行フェリー乗船に備え、早めに休みました。
20200824185219ed3.jpg



4時過ぎに起床、ホテルを5時に出発、フェリーターミナルまでは10分掛からず到着。
本船はおけさ丸。大型船はやはり気分の高揚感が違います。

コロナ禍とはいえ、夏休みゆえにソコソコの乗船客があります。他県ナンバー車も見えます。しかし、バイクはわずか3台と寂しい限り。佐渡島はバイクで回るに丁度良い広さなのですが。。。
20200824185332ba5.jpg


20200824185403f07.jpg


出港は遊歩甲板で見届けます。

船は180度回頭し港外に向かいますが、対岸に衝突防止のためでしょうか?後ろの綱を岸壁に繋いだまま、離岸回頭操船が行われます。
20200824185526242.jpg


20200824185601be6.jpg


2020082418570349a.jpg



佐渡汽船フェリーの名物?
乗客が投げる食べ物を目当てに数多くのカモメが船と共に移動してゆきます。

朝早い出発でしたので船内の軽食コーナーで朝ラーを堪能。

充実の2時間は、遠すぎず近くもない、実に楽しい船旅なのであります。
202008241859542ef.jpg


20200824190016780.jpg




両津フェリーターミナル

まずはクルマを駐車場に移動させ、ターミナルの売店を物色します。

フェリーのターミナルとしては、ココ両津港は別格の規模です。小樽や苫小牧、その他全国のどこの長距離フェリー乗り場も及ばない面積に、土産物の物販が充実しています。

佐渡を初めて訪れた人は、きっと目を丸くするに違いありません。


20200824201243cb6.jpg


かつて佐渡島が国鉄の「特定周遊指定地」で観光客で賑わった時代の名残のようにも感じます。

実際、佐渡島は特定周遊指定の名に恥じない大変魅力的な場所であることには間違いないのですが、ココ暫くはあまり話題になることもなく、一般的には少し地味な観光地に甘んじています。

平成3年最大130万人だった年間観光客は平成29年には約50万人まで減少。
この原因については色々な人が様々な意見を述べていますが、佐渡汽船の運賃の高さがネックになっていることは間違いありません。

LCC が幅を利かせるようになって以降、閑散期においては成田〜那覇がわずか3000円台の設定がある程です。

前述の通り、観光地の値打は決して距離に比例するとは限りません。

しかし、来年はついに直江津小木航路がジェットフォイル一本に合理化される予定で、その場合の片道運賃は何と6000円から7000円になると噂されています。

これではどんなに佐渡の魅力を訴えたところで、なすすべはありません。

ホント、いいところなんですけどね。




トキに遭遇
土産物物色の後は、道の駅。
しかし商業施設としての役割はなく、どちらかと言えば、ビジターセンター的位置づけのよう。

202008242034175e6.jpg



早々に退散し、次なる目的地は「トキテラス」
トキの森公園とは別の、この春オープンした、野生のトキの観察基地であります。

まだ知名度もないのか、訪れるひともまばら。

しかし

かなりの高確率で野生のトキに遭遇することが可能なのです。

実際わずか30分の滞在で、ツガイの2羽が飛翔する様子を至近距離で見ることができました。
20200824203804c18.jpg



トキテラスの後は、トキの森公園。1307
コチラは従来からある有料の展示施設で、「確実に」トキの姿を目の当たりにできます。

ちなみに現在自然下に生息する個体は460羽、一時期本州に渡っていたものも今は全て佐渡に戻っているそうです
202008242040142c0.jpg


20200824204215b7f.jpg

長谷寺(ちょうこくじ)
次はウサギの放し飼いで有名な長谷寺(ちょうこくじ)へ。
長閑な広がりが印象的な国中平野をノンビリクルマを走らせます。
202008242049291bd.jpg


駐車場に車を止めると、早速ウサギの姿を発見。
そこかしこの日陰に座っており、特に人間を怖れる風でもありません。

きっとココには天敵の野生動物がいないに違いない。そんなことを思いつつ、寺務所で御朱印を所望。

気さくな住職さんにイロイロ尋ねると、実は界隈にはノラネコやテンが少なくはなく、それら外敵に対し、襲われないためね訓練を施しているとの由。

ココではあえて説明しませんが、興味のある方は是非足を運んでみるべし。

話好きな住職さんが詳細を語ってくれることでしょう。


こうさぎと触れ合うことも可能です。

20200824204907ac4.jpg



昼近くなったので、ランチ場所を探します。
国中平野の国道沿いには全国チェーンもいくつか店を構えますが、やはりローカルな店を選びたいものです。

ふと見つけたココに飛び込みました。


島の食堂


しかし、扉には


郷土料理、海鮮モノはありません


の表示。

むしろ興味をそそられます。


所謂定食屋さんでして、若干値は張るものの、ボリューム、クオリティーともにお値段以上でありました。

202008242051177d0.jpg


20200824205140b71.jpg



佐渡金山
佐渡といえば金鉱山。
金山なくしては佐渡は語れないほど、佐渡=金山のイメージが強いとも云えます。


官民一体となり世界遺産登録を目指す動きは盛んで、観光活性化の起死回生の一手としたい、世界遺産認定は地域の悲願でもあります。


8年前、英時とバイクで訪れましたが、今回のメンバーはみな未訪問。

江戸期までの「宗太夫坑」
明治期以後の「道遊坑」

の2つに別れていて、特に宗太夫坑のリアルな再現採掘風景は見ものです。


20200824205630e92.jpg



20200824205603e58.jpg




20200824205653aba.jpg



北沢浮遊選鉱場

どんなポーズの要求にも快く答えてくれるはるかであります。
20200825090101dd1.jpg



金山観光のあとは、尖閣湾へ。

20200824210055c35.jpg



ワタシは4度目の佐渡ですが、湾内周遊船に乗るのははじめて。



受付兼土産物コーナーで乗船申し込みを済ませ、園内に入り海岸まで階段を下ります。

20200824210029aa6.jpg



桟橋周りには大量のチヌ、しかも成魚がウジャウジャ泳いでいます。

こんなのが連れたらさぞかし面白いだろうなと、係員さんに尋ねてみると、実は餌付けしているとの由。

20200824205945500.jpg



グラスボートでは約15分のクルージング


それにしても尖閣湾のながめは素晴らしいものがありました。


2020082421025630f.jpg

佐渡の秘境にて
今宵の宿は外海府ユースホステル。
かつて佐渡には5軒もあったのですが、今は2軒のみ。

旧相川町の北端、路線バスの終点でもある岩屋口に宿はあります。

走ること尖閣湾から28キロ、40分。
そこは「佐渡の秘境」と呼ぶに相応しい集落でありました。
202008242107057ed.jpg


20200824210727a90.jpg


8年前にご主人が亡くなられ、奥様単身でユースホステルを切り盛りされています。

新型コロナで今は一日一組のみを受けておられまして、我が家以外には誰もいません。

宿は海のすぐそば。
木造の伝統的建築(築20年)の雰囲気と相まって、礼文島の桃岩荘と若干かぶるものがあります。

実は佐渡の外周に点在する漁村集落はことごとく板張りの伝統的様式に倣っています。
建築に興味のある人なら、佐渡島には驚くほどハウスメーカーの新建材住宅が少ないことに驚かされることでしょう。

日没近くなり、海岸へ。
そこには言葉を失う大海原。
20200824210843895.jpg


2020082421090459d.jpg


時間を追うごとに夕日は色濃く染まりました。
202008242109581f7.jpg


コレ以上望むものはない程の紅く染まる夕焼けに興奮冷めやらず。

20200824211124695.jpg


20200824211213f30.jpg



ココはまぎれもなく、佐渡の仙境、まほろばでありました。
海鮮づくし
夕日を堪能した後は1830から夕食。

メバルの煮付 
真鯛の刺身
イカの刺身
サザエのつぼ焼き

などなど。。。。

米はユースの裏手の自家農場産、海鮮は勿論オール佐渡産の贅沢尽くしであります。

20200824212045244.jpg


20200824213234deb.jpg


20200824213248aac.jpg


20200824213304635.jpg


部屋は10畳の和室

風呂はタイル張りの大きなものです。
202008242122035bd.jpg


20200824212239c05.jpg


20200824213407dbb.jpg


本土では連日の猛暑ですが、ココ佐渡島外海府は避暑地そのもの。

網戸から流れるそよ風と波音で、たちまち眠りについてしまったのでした。
東海岸を南下
翌朝はひとり6キロメートルの散歩。

朝食は730から頂きまして、830頃出発しました。

20200824213625bf2.jpg


また参ります!
20200824213750d21.jpg


出発後ほどなくして、通称Z坂。
岩谷口の絶景が展開します。
20200824213841eba.jpg


さらに北に針路を取り、やがて二つ亀。

海岸は島内有数の海水浴場ですが、さすがに泳ぐ人はほぼゼロでした。
202008242139213ab.jpg


20200824213949234.jpg


20200824214011894.jpg



佐渡島の最北に達した後は西海岸をひたすら南下。
両津地区を経てたどり着いたのは佐渡乳業直販所。
2020082421411047b.jpg



ソフトクリームを頂きまして、佐渡バター等の乳製品をいくつか買い求め、さらに近所のAコープで佐渡牛乳を土産用3本と200mlパックを4つ。

その場で飲んでみましたが、低温殺菌らしい実に甘くやさしい味わい。オブセ牛乳ともまた違う、あえて例えるなら、馬曲温泉のソフトクリームのような味なのです。

佐渡土産のマストアイテムかも知れません。
202008242143038e6.jpg


昼食は昨日に続き、ローカル食堂で。

20200824214522abb.jpg

知らない町を旅するのはやっぱり楽しいものです。
西三川砂金山
佐渡の金・銀山の歴史は平安時代に『西三川砂金山』の発見で始まったとされています。

その後、『西三川砂金山』は、戦国時代に上杉謙信の軍資金となり、豊臣の治世にも大量の砂金を産出しました。江戸時代に入ると、徳川家康が幕府直轄地(天領)として本格的に金・銀山開発を進め、採掘された金や銀は江戸幕府の財政を支えたと言われています。

ランチの後向かった『佐渡西三川ゴールドパーク』は、佐渡最古と伝えられる『西三川砂金山』の跡地に建ち、資料の展示から砂金採り体験までできる体験型資料館です。本館の中に、展示室や映像室があり、砂金山の歴史を学んだり、金についての知識を学ぶことができます。
そして、施設の目玉となるのが、砂金採取体験施設です。


必ず獲れます採らせます


をモットーにスタッフが懇切丁寧に手ほどきを教えてくれます。
20200824215635f90.jpg


採れた砂金は別料金でストラップやペンダントに加工してくれます。

量の多い少ないはあれど、全員見事にさ金の粒をゲット。
一番熱中していたのはゆずか。
実際、体積ベースで一番たくさん採ったのはゆずかでした。

気を良くして自分のお小遣いで、採った写真をペンダントに加工してもらっていました。

ヨカッタね。


カテゴリー