FC2ブログ
FC2カウンター

プロフィール

なかむら@みゆきの

Author:なかむら@みゆきの
高社山麓みゆきの杜ユースホステル
を営んでいます。
当サイトでは、地元民ならではのお勧めツーリングルート、温泉、B級グルメなどを宿主自らが実走調査を敢行!信州ドライブ&ツーリングにお役立てください。


【旅の記録】
北海道ツーリング2008
北海道ツーリング2009
北海道ツーリング2010
北海道ツーリング2011
北海道ツーリング2012
沖縄八重山紀行2008
沖縄八重山紀行2009
沖縄バイクツーリング2010
沖縄家族旅行2011
栂海新道縦走記2012
沖縄買出し旅2012
沖縄買出し旅2013夏
大阪帰省の鉄道旅2013
沖縄買出し旅2013冬
アメリカ横断2014春
北海道ツーリング2014
沖縄買出し旅2014
アメリカ横断2015
北海道乗り潰し2015冬
家族で沖縄2015冬
タスマニア周遊2016
Overland Track2016
北海道2016夏ドライブ
スペイン巡礼2016冬
タスマニア2017春
北海道2017夏
スペイン巡礼2017冬
瀬戸内旅2018春
日本南北縦断2018冬
瀬戸内旅2019春

リンク

★たびたび君を応援しよう

このブログをリンクに追加する

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

 ↑  ↑  ↑
ブログランキング参加中!
1日1回クリック下さいネ!

最近の記事

月別アーカイブ

.
会津&庄内の旅 1 ~森宮野原~両毛線栃木
毎週月火、木金はコブの滑り方講習会が休む間もなく入っているのですが、とある会期で急遽直前キャンセルが出てしまいました。
ならばと、急遽旅に出ることに。

早朝4:45に木島平を出発し、目指したのは森宮野原。
飯山線の始発列車に乗り込みました。
1_2021030319572433c.jpg

2

越後川口で乗り換えます。
やはりこの一帯の積雪は飯山とは比べ物になりません。
これぞ、ザ・豪雪地帯であります。
3_20210303195727db6.jpg

朝早いので窓口業務はなく、ひっそりとした駅前。さすがにロータリーには雪はなく、春の訪れが遠くないことを感じさせます。
4_20210303195728e85.jpg

上越線に乗って水上へ向かいます。
塩沢駅はこの通りの雪。
飯山の3倍はありそうです。こんな風景を目の当たりにしますと、もはや我が家は豪雪地帯とは呼べませんね(^^)
5_2021030319572921d.jpg

清水トンネルを抜けて群馬県に入るとさすがに景色も一変。
7_202103031957321d8.jpg

水上駅で高崎行きに乗り換えました。
6_20210303195731b9e.jpg

新前橋で両毛線に接続。
この線に乗るのは、17年前、JR東日本にお勤めのお馴染みO氏が運転する電車に乗って以来。
あの時は115系でしたが、今は昔。この日は211系。
8_20210303195734e88.jpg

あの時は確か伊勢崎行きに乗って、折り返した記憶がありますが、その駅舎もまた今は昔。
現在は高架化され、無機的な駅前広場にはベイシアが鎮座しています。
9_20210303195735270.jpg

小山行きに乗って、関東平野をさらに東へ。
感覚的には越後線の吉田~柏崎間の景色に通ずるものがあります。
木造駅舎も所々で残り、意外に風光明媚な区間です。
実は伊勢崎から先は乗り鉄歴上初体験。
10_20210303195737f09.jpg

栃木で下車。
伊勢崎駅そっくりな高架ホーム。
11_20210303195738cce.jpg

駅前には目立った商店がなく、少し離れた場所にセブンイレブンが目に付く程度。
オーバースペックな駅舎といえるかもしれません。
12_20210303195740abb.jpg


スポンサーサイト



東武~野岩鉄道で奥会津縦断
栃木駅で東武鉄道に乗り換えます。
栃木~西若松の乗車券は4000円弱、接続の関係上、下今市まで特急スペーシアを選択しましたので特急料金が860円加算。
1_20210303204011d50.jpg

それでも、栃木から会津若松まで、奥会津を縦断しながら4000円ちょっとで行けるのは、非常にお値打ちな汽車旅といえるのではないでしょうか?
ちなみに、同じ区間をJすべてJRを使い、小山、郡山経由でたどってもほぼ同じ金額なのは偶然の一致か!?

それにしてもスペーシアの乗り心地は抜群です。
業界では知られた東武鉄道の卓越した保線技術もあって、特別料金を徴収するだけの価値を提供している列車としてはかなりハイレベル。
1990年登場の車両で、車内の化粧板は若干のくたびれ感は否めませんが、シートの形状、厚みも秀逸ですし、床下の遮音材が分厚いらしく、高周波がことごとくカットされた、実に重厚な静粛性抜群の車内環境が保たれています。
2

JR特急の「サンダーバード」や「いなほ」など、全く足元にも及ばないプレミアムな乗り心地です。
1980年代後半に設計製造さえれた車両はバブル時代ということもあってか、往々にして出来がイイものが多いようにも感じます。

たった30分間の乗車でしたが、東武鉄道の底力を思い知らされたひと時でもありました。
3_20210303204014e30.jpg


下今市で鬼怒川線に乗り換え。
4_20210303204015850.jpg

おととしSL運転を開始した同社ですが、ここ下今市がSLの起点となっています。
5_20210303204017bcc.jpg

駅名標や、プラットホームの洗面所、ありとあらゆるところに昭和レトロ感を醸しています。
6_20210303204018447.jpg


JR東日本が磐越西線で走らせているSL列車向けの似非?レトロ駅名標とは一味も二味も違う、リアルさに東武鉄道のこだわりを感じさせます。 

磐越西線に見られる駅名標
1_20210304204514939.jpg

結局はセンスの問題なのですがネ。


下今市からは鬼怒川線でいよいよ山間部へ分け入ります。
野岩鉄道&日光線の主役である6050系。
7_20210303204019d2d.jpg

スペーシア用車両よりも少し前に製造された車両ですが、実はこの車両、とても乗り心地がイイと評判です。
今から30年近く前、初めて飯豊山登山に出掛けた帰りに、一度だけ会津若松から会津鉄道&野岩鉄道で浅草まで乗りとおしたことがあります。

その時の印象はただただ「乗り心地が素晴らしい」のひとこと。
特に日光線から先の本線区間での揺れのなさ、静粛性には痛く感激したものです。

その秀逸極まりない乗り味がいまなお鮮明に記憶に残っており、いつかまた東武線~会津を縦断したいと思い描いていましたが、今回その体験を味わおうと、あえてこの路線を選んだという次第。


6050系は阪急の関連車両会社であるアルナ工機の設計製造であるというところも、また見逃せません。

いまでこそ、各社が投入する新製車両は、おしなべて質の均一化が図られているように思います。
が、昭和50年代、アルナが製造する阪急電鉄の車両は他社の車両を一歩も二歩もリードしていたと思います。

車内の質感はもちろん、静粛性、乗り心地など、さすがは阪急、さすがはアルナと、関西人の鉄道ファンはは感じていたはずです。

その6050系は、VVVFではない従来型の抵抗制御。 遮音のきいた躯体に、非ボルスタレス構造の厚みを感じる台車の乗り味。
115系やE129とはあきらかに異なる、分厚いクッションの座り心地と微妙な傾斜のついたシートバックを備えたBOXシートに、古き良き長距離急行列車の旅を感じます。
9_20210303204021490.jpg

鬼怒川温泉で10分停車。
1_202103032107038c3.jpg

車内は一気に閑散とします。
なんせここから先は、着工されたものの長らく放置されていた未成区間を第三セクターとして工事再開、開業にこぎつけたある意味特別な区間。 令和の今となっては、こんな山奥に何故鉄道が走っているのか、まことに信じがたいともいえる秘境路線でもあります。

駅名は「XXX温泉」のオンパレード。2両編成の列車の乗客はわずか3-4人。
2


県境を越えるとそこは会津地方。残雪の深い森を淡々と走ります。
4_20210303210704c1e.jpg

会津高原尾瀬口から先は川沿いの盆地を行きます。
5_202103032107064af.jpg

所々で短尺レールが使用されているのには驚きました。


会津鉄道~喜多方まで
6050系電車の旅も会津田島で終わり。
少し時間がありましたので、いったん改札を出て外に出てみました。
1_20210303214247531.jpg

待合所の売店はなかなかの充実です。
が、利用客はまばら。
2

会社員だったころ、頻繁にこのあたりを車で行き来していました。
もう30年も前のハナシになりますが、当時の面影はまだ至る所で垣間見られて少し安心しました。

会津鉄道とはいえ、赤字ローカル線だった会津線のなれの果てですから、当然の如く乗客はまばら。
湯野上温泉から先は車内にはたったの2人。
4_2021030321424996e.jpg

日によっては空気だけを運んで往来しているディーゼルカーも相当数存在するのではないかと察せられます。
いま全国各地で赤字ローカル線の存続が議論されています。

残雪に覆われたプラットホームと道路を結ぶ階段。
人が通った形跡がありませんから、きっとこの日は誰も乗り降りがないのでしょう。
5_20210303214250654.jpg

自治体によって支えられるいわゆる三セクは税金を投入する限り生きながらえますが、JR経営の路線はいよいよ廃線の二文字が忍び寄ります。

残照の会津盆地。
6_20210303214252ab7.jpg

終点の会津若松
7_202103032142543c9.jpg


喜多方行きに乗り換え。
8_20210303214254861.jpg

17:40頃喜多方に到着し、レンタカーを借りて雄国川前へ。
いいやまの盆地を巨大化したような会津盆地を見下ろす通称「恋人坂」へ。
1_20210303215443ddc.jpg

かつてここから真冬の飯豊山の景色を眺め衝撃を受けました。

今居を構える木島平の傾斜地の風景とも通ずる、雄大な山並みと散居村。
少し時間が遅く、夜景になってしまいましたが、また明朝、出直したいと思います。

夕食はラーメン。
煮豚バラ肉チャーシューがメジャーになったのは、おそらく喜多方の坂内食堂の「肉そば」だと思います。
今から33年前の1988年2月、初の東北旅行に出かけた折泊まったのが喜多方。
駅前にあった「おぐろ」という民宿の主人が、ラーメンを食べるなら坂内食堂の肉そばがお勧めと紹介してくれました。

あの頃はまだ観光化しておらず、日没後の店は閑散としていたのを今でもはっきりと覚えています。
鉢一面を埋め尽くすトロトロの角煮スライスに大変衝撃を受けたものです。

この店も煮豚チャーシューを売りにしていて、90年代以降、何度も足を運んでいますが、肉のスライスが随分と薄くなった印象です。
3_202103041826575c5.jpg

1_20210304182653463.jpg

2_202103041826553fb.jpg


トロトロの角煮なのですから、一定の厚さがあってこそ、その真価が発揮されます。
値上げしたくない気持ちもわからなくもありませんが、枚数を確保するためにカットの厚さを薄くするというのはどうかと思います。

価格を据え置きつつ品数を減らしたり、量を減らす手法は、食堂や宿泊サービスにおいては決して得策とはいえません。
(ということを同様の経験を経て学習するのでありました。)


この日の宿は市街地の旅館。
ビジホでないところがミソです。

旧館母屋
6_202103041830090d6.jpg

実際の宿泊棟
5_202103041830076c4.jpg

寝室はベッドタイプ。
旅館なのにビジホ的な部屋なのが意外でありました。
4_2021030418300662b.jpg

早朝の喜多方彷徨
早起きして昨夜出向いた雄国川前へ。
6時過ぎ、期待通り飯豊連峰がモルゲンロートに染まりました。
7_20210304183859f08.jpg

8_20210304183900011.jpg

ここからの風景は、中富良野のペペルイからの景色にも似ています。


でも、やっぱりウチの前から見る関田山脈のようにも見えます。
1_2021030419281778d.jpg

結局、自分はこんな景色が好きなんだなとあらためて感じます。

しばらくその場所にとどまっていたい気もしますが、あまりのんびりもしていられません。
朝食は「朝ラー」にまこと食堂へ。
12_20210304183906618.jpg

9_20210304183902542.jpg


朝7時から営業する店が喜多方にはいくつか存在します。
地元民は朝からラーメンを食べる習慣のある人もあるらしく、いつしか観光客の間にも浸透、わざわざ朝食にラーメン屋を訪ねてくるよそ者は少なくありません。
やっぱりチャーシュー麺。(1000円)
11_20210304183905243.jpg

10_20210304183903c37.jpg

正直、喜多方においてチャーシュー麺はあまりお勧めではないかもしれません。

ここまで大盤振る舞いしてほしいとは決して思わないのですが。(^^)
チャーシュー麺1100円@イナリ食堂
1_20210304195943339.jpg

喜多方から新津まで
前日18時に借りたレンタカーを返却しにいきました。
地元のガソリンスタンドがFC契約している、とある格安レンタカーなのですが、以前から不審に思っていた


貸出時の燃料は実は満タンではないこともありうる??


が確信へと変わった瞬間でもありました。


走行距離が30kmほどでしたので、満タンにせず返却したところ、ではこちらで給油しておきますと、その場でスタッフが給油。


ところが出てきたレシートには3.71リッター。

目を疑いました。


― 走行距離はいくらですか?


― 36kmですね。


― これ、最新のトヨタヴィッツですよね? リッター10kmも走らないなんて、おかしすぎませんか? 


― 。。。。。。。


― 満タンではなかったんじゃないですか?


― いえ。そんなはずはないと思いますが。。。。


― でもリッター10km走らないなんておかしすぎませんん?


― そうやってお客を欺くのはよくないと思いますよ。払いますけど。


これ以上追及したところで所詮バイト君にまともな対応ができるとは思えません。
あとでネットを調べてみたところ、格安レンタカーにおいては同様のケースは比較的多い事例とのこと。

悶々とした気持ちをぐっと抑えて駅に向かい、新津行列車に乗車。
1_20210304201901bc8.jpg

2

車窓には飯豊山が
3_20210304201904990.jpg


長時間停車を繰り返しながらひつひとつ丹念に停車。
4_20210304201905b29.jpg

野沢駅では30分停車し、駅前を彷徨。
7_20210304201910324.jpg


商店街の体をなしており、旅館が3軒、書店が1軒。 
ググると少なくともどの旅館も現役であることが判明。できればこの街に一泊してみたい衝動に駆られます。
5_20210304201906282.jpg

6_2021030420190896d.jpg

8_20210304201911624.jpg

新津までの間の長時間停車は合計3回。
車両は最新なれど、ひなびた沿線風景とあいまって、古き良き普通列車の雰囲気を感じさせます。
9_202103042019125ed.jpg

11_20210304203047d79.jpg

約3時間におよぶ、充実の磐越西線鈍行列車の旅でありました。


新津から酒田まで
新津では約40分の接続待ち。
はじめて駅前を歩いてみることにしました。
1_20210304215744eee.jpg

どこの地方都市も同じですが、駅前商店街のシャッター街化が進んでいます。

昼飯時でしたので、またもやラーメン屋に。
15_20210304201917ee3.jpg

どうせガラガラだろうと高をくくっていたら、どっこい。ほぼ満席でありました。


名物というスタミナラーメン鶏のから揚げ付きを選択。(880円)
14_20210304201915adc.jpg
あっさりスープに細ちぢれ麵。
カレー風味の鶏むね肉のから揚げが非常に食べ応えがありました。

新津から新発田まで普通列車に乗り、新発田から村上まで特急いなほ。
3_20210304215745c31.jpg

4_20210304215746371.jpg

コロナ禍にあって、乗車率は10%未満。
スペーシアとは似ても似つかぬなかなか賑やかな乗り味でありました。
たとえるなら、西武レッドアローと云ったところでしょうか?

村上からは酒田行き普通列車。
5_20210304215748f7a.jpg

笹川流れの絶景を行きます。
6_20210304215749d72.jpg

北陸本線区間でははるか昔にトンネル化されてしまったわけですが、此処は当時のまま変わることのない急曲線の続く海岸沿いです。

庄内平野に入ると真っ白な月山が車窓に展開。
7_20210304215750f08.jpg

鶴岡で下車し、コフィアに向かうと


1月から火曜日+木曜日を定休とさせていただきます


の張り紙。

珈琲を焼く煙と香ばしいにおいが店内から漏れています。
出てきたマスターに、豆を注文し、翌日午前中に取り行くことにしました。
9_202103042157538be.jpg

そしてこの日の目的地は酒田。いつもの酒田でもあります。
10_202103042157558c4.jpg

日和山公園から夕刻の海を眺め
14_202103042157582c1.jpg

15_20210304215759e9d.jpg

16_20210304215801b37.jpg

いたるところにレトロな建築物の残るまち
12_20210304215757efc.jpg

4_20210304220959d6d.jpg

3_20210304220957501.jpg

2

ひとしきり街歩きしたのち、いつもの最上屋さんに投宿。
1_20210304221724c28.jpg

18_20210304215804808.jpg

17_20210304215802d54.jpg

ブログを書くにも、今後の宿泊プランを練るにも、このお宿さんが何かと心落ち着き作業がはかどります。
昔の作家が旅館に投宿して文筆活動を行ったその感覚に似ているのかもしれません。



カテゴリー