fc2ブログ
FC2カウンター

プロフィール

なかむら@みゆきの

Author:なかむら@みゆきの
高社山麓みゆきの杜ユースホステル
を営んでいます。
当サイトでは、地元民ならではのお勧めツーリングルート、温泉、B級グルメなどを宿主自らが実走調査を敢行!信州ドライブ&ツーリングにお役立てください。


【旅の記録】
北海道ツーリング2008
北海道ツーリング2009
北海道ツーリング2010
北海道ツーリング2011
北海道ツーリング2012
沖縄八重山紀行2008
沖縄八重山紀行2009
沖縄バイクツーリング2010
沖縄家族旅行2011
栂海新道縦走記2012
沖縄買出し旅2012
沖縄買出し旅2013夏
大阪帰省の鉄道旅2013
沖縄買出し旅2013冬
アメリカ横断2014春
北海道ツーリング2014
沖縄買出し旅2014
アメリカ横断2015
北海道乗り潰し2015冬
家族で沖縄2015冬
タスマニア周遊2016
Overland Track2016
北海道2016夏ドライブ
スペイン巡礼2016冬
タスマニア2017春
北海道2017夏
スペイン巡礼2017冬
瀬戸内旅2018春
日本南北縦断2018冬
瀬戸内旅2019春

リンク

★たびたび君を応援しよう

このブログをリンクに追加する

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

 ↑  ↑  ↑
ブログランキング参加中!
1日1回クリック下さいネ!

最近の記事

月別アーカイブ

.
瀬戸内 安芸灘とびしま海道&ゆめしま海道 100kmあるき 【第1日】
2022年秋開催予定の

瀬戸内 安芸灘とびしま海道&ゆめしま海道あるき

4月19日時点で5名様のエントリーをいただいています。

行程の詳細を今回の下見、ならびに過去に出かけた時の写真もおりまぜながらご案内いたします。


【第一日】11月23日(水) 歩行距離 16.6km
1a_2022041917253639b.jpg


呉線仁方駅集合は 8:30 を予定しています。
呉駅から電車で15分ほどで到着します。
14_20220419172721156.jpg

仁方からはしばらく国道沿いを行き、3kmほど歩きますと、安芸灘大橋へさしかかります。
とびしま海道を構成するつり橋の中では最大規模となります。
海面上の高さも最大で、眺めは抜群です。
1b_20220419173144ac7.jpg

橋を渡り終えるとそこは下蒲刈島。振り返ると安芸灘大橋。
1c_20220419173145fc5.jpg

下蒲刈島は人口約1400人ほどののどかな島ですが、
江戸時代から潮待ち、風待ちの船が立ち寄る海上交通の要所として栄え、朝鮮通信使の一行や参勤交代する、西国大名も立ち寄ったという、由緒正しい島のなのだそうです。

それゆえに、武家屋敷その他見どころも多く、そんなスポットを横目に見ながら、観光の目抜き通りを通り抜けていきます。
1b_20220419173934cb6.jpg

下蒲刈島を過ぎると上蒲刈島へ。島の北側の海岸をたどり、比較的車の往来の少ない道を行きます。
1c_20220419174346d8d.jpg

1b_202204191743457f1.jpg

宿泊は民宿かつら亭
1c_20220419182542d80.jpg

料理料理屋が本業の民宿でして、それゆえに部屋の作りはシンプルそのもの。ですが、料理はこの通りで期待を裏切りません。
1a_20220419182540022.jpg

海の見える一面ガラス張りのお座敷席でいただきます。
1b_20220419182541a65.jpg




スポンサーサイト



瀬戸内 安芸灘とびしま海道&ゆめしま海道 100kmあるき 【第2日】
【DAY2】 上蒲刈島~大崎下島 御手洗 20.2km
1a_20220420134112e97.jpg

二日目は20kmを少し超える位の歩行になります。
上蒲刈島から終始右手に海を眺めながらののんびり歩きです。 

16_202204201343465fe.jpg

17_20220420134347c89.jpg

18_20220420134348970.jpg

19_202204201343504e1.jpg

昼食は、豊島の市街地にあるお好み焼き屋さんかカフェレストランで予定しています。
15_20210413192653cfa.jpg


と、そこはお年寄りの社交場と化した小さな食堂。
12_2021041319264714e.jpg

感動的でありました。
お好み焼きと食後の珈琲がついて650円。
13_20210413192650220.jpg

店の外には「もらって帰ってください」のミカン箱。  いかにもみかんの産地らしいですね。
14_20210413192651bf5.jpg

店を出ると、その先に目を引く商業施設。カフェのようです。
お腹いっぱいでしたが、こちらも偵察。

食事メニューとしてはピザとカレーの2種ですが、いずれもこだわりの品らしく、カレーに至ってはレトルト化して販売も行われている牛すじカレー。

16_20210413192653c71.jpg

注文してみました。
19_202104131950263dd.jpg

カレー好きの私にもしっかりと心に刺さりました。(^^)

60半ばと思しきおかみさんが、とても明るく親切でして、それだけでも立ち寄る価値あり。
食後のデザート、カフェメニューも充実していますので、11月はこちらにしようかなと。

物販も充実しているうえに、観光情報も。
さらに薬店でもありまして、足が痛くなった時などに助け舟になってくれそうな「塗るロキソニン」なども扱っているそうです。

17_20210413195021563.jpg

18_202104131950258f6.jpg

豊島から大崎下島へ
8_2021041319263927f.jpg

豊島はちいさい島ながら、ほかの島と違い漁業が盛んなようです。
漁船がたくさん並びます。
9_202104131926460ce.jpg


豊島を後にして、次に上陸するのは大崎下島。目指す集落は御手洗であります。

3_20210413192629cff.jpg

4_20210413192634c4d.jpg


御手洗はJR西日本の「おとなび」のCMでも大々的に登場しています。

良いところですよ。

大長の入り江にはミカンを運ぶ「農船」がずらりと並びます。
漁船のようですが、実はそうではないんですね。
7_20210413192635e84.jpg

この島では2泊します。
大変みどころの多い島でして、中でも国の重要伝統的建造物保存地区に指定された御手洗地区のど真ん中にある宿に泊まりますので、やはり1泊ではもったいないのです。

瀬戸内 安芸灘とびしま海道&ゆめしま海道 100kmあるき 【第3日】
大崎下島滞在2日目は、街歩き、そしてミカン狩りを予定しています。

重伝建地区には魅力的なカフェや、雑貨屋さんのような土産物屋さんも軒を連ね、そぞろ歩きが楽しいまちなみです。

6_2021041221580107b.jpg

7_20210412215802709.jpg

これが2泊滞在するゲストハウスKUSUSHI。
元開業医院だった建物をリノベして宿として開業されました。
9_202104122158051f5.jpg

10_2021041221580723a.jpg

11_20210412215808c4e.jpg

大崎下島のゲストハウスでは食事の提供はありませんが、近くの仕出し屋さんが、宿泊者のために弁当を用意してくれるほか、お宅にお邪魔して(食堂営業の許可もあり)食べさせてくれます。

店主のおばちゃんが至って気さくでフレンドリーな方でして、田舎のおばあちゃん家に遊びに行ったような感覚で飾らない家庭料理をいただくことができます。

夕食、朝食両方、こちらでいただきます。
前日とは打って変わって、美味しい家庭料理をお召し上がりいただきます。
暮らすように旅する、そんな感覚が沸々とわいてくる、そんなひと時です。
29_2021041319244252d.jpg


これは朝食。
2

街歩きの後は、ミカン狩りです。
近くのミカン農家さんの畑にでかけて、お好きなだけミカンを楽しんでください。
11月25日頃ですと、温州早生みかんの時期になると思います。

1c_2022042018265750b.jpg

瀬戸内 安芸灘とびしま海道&ゆめしま海道 100kmあるき 【第4日】
【DAY4】
大崎下島~大崎上島経由~大三島
1a_2022042018365159b.jpg


大崎下島での滞在のあとは、船に乗って隣の島、大崎上島へ渡ります。
2_20220414203300780.jpg

3_202204142033028fd.jpg


この日のハイライトは、瀬戸内の島々の最高峰神峰山(463m)。瀬戸内の多島美を堪能できる絶景ビューポイントが一押しです。
実際に歩くルートは上記の地図ルートとはかなり異なります。実歩行距離は15kmほどを予定しています。

瀬戸内海の多島美を堪能できる場所はさまざまですが、今のところ私の中ではココがナンバーワン。
1s1.jpg

1s4.jpg

1s3.jpg

1s2.jpg

頂上からの眺めに優れるばかりでなく、島の東側に降りる登山道を行くと、常に目前に海を眺めながらの歩行となります。
海の絶景を眺めながらの山歩きなどそうそうあるものではなく、此処の唯一無二の魅力と云えるかもしれません。
6_2021112913071372b.jpg

4_20211129130711694.jpg


下山後、島の周回路線バスに乗り、入浴のためきのえ温泉清風館に向かいます。


清風館は大下島を目前に臨む、海の景色を眺めながらの入浴が堪能できる、まさに海の絶景露天風呂がウリです。
入浴料は700円と良心的でして、大崎上島の人気スポットのひとつでもあります。
3_20211129130709fc7.jpg
入浴後はロビーから出入りのできる庭で行きかう船を眺めノンビリ。

風呂が済んだら、バスで天満港へ移動、フェリーまでの時間があれば木江の街をぶらぶらするのもイイかもしれません。
4_20220414203303d46.jpg

5_202204142033043ab.jpg

この船は大崎上島~大三島を経由して今治へ向かう便
6_20220414203306d7c.jpg

宗方港で下船し、徒歩約30分で今宵の宿、大三島憩の家に到着です。
9_202204142033106cc.jpg

そしてたどり着いた木造校舎の宿「大三島憩いの家」が今夜のおやどであります。
10_202204142033113d1.jpg





瀬戸内 安芸灘とびしま海道&ゆめしま海道 100kmあるき 【大三島憩の家】
大三島憩の家は、木造校舎をフルリノベーションした宿で、2018年にOPENした新しい施設。
16_20220415070314a44.jpg

17_202204150703157d2.jpg

ネーミングがいかにも公共の宿を思わせますが、所有が自治体で、それを借り受ける形で、個人でやっているとのこと。
なるほど合点です。

小さい子供が、ランドセルを背負って廊下を行き来していたので、此処の子供かなと尋ねてみたところやはりその通りで、「校舎」の一角が自宅区画なのだそうです。 

個人経営なるも、設備は非常にハイレベルで、この日宿泊した旧教室を活用した「1の2」洋室はこの通り。
高級ホテルのツインルームで、トイレ洗面は別々、シャワールームも備わります。
11_2022041507030600f.jpg

12_2022041507030859f.jpg

13_20220415070309fa2.jpg

10_20220415070305db1.jpg


海の見える浴室は別棟になっていて、23時まで入浴可。実に広々しています。
15_202204150703125de.jpg

14_20220415070311301.jpg


長い廊下は、現役当時の校舎のまま利用されていて、無駄な表面塗装などは施されていません。

24時間開放されている「ラウンジ」は元図工室か、理科室だったのでしょうか。広々した部屋に、古い図書がずらりと並びます。
18_202204150703172d3.jpg

19_20220415070318fa3.jpg

こんな本も。
20_2022041507032010f.jpg

21_20220415070321e57.jpg
日本人のクルマの所有台数が20人に1台だった、都市も地方も、鉄道網が生活のインフラとして重要な役割を果たしていた時代のことが書かれていました。

この本を読む限り、日本はあの当時、間違いなく発展途上国だったということがわかります。



夕食は18時、18時半、19時のいずれかから選べるようになっていまして、18時半を選択。
おそらく此処は元職員室だったのでしょう。
3_20220415070302ff9.jpg

23_202204150715045d8.jpg



献立はこの通り。
2_20220415070300b9d.jpg

刺身は タイ、ハマチ、オコゼ、貝類も2-3種と実に豪勢です。
1_202204150702591dc.jpg

想像以上に品数が多く手の込んだ料理であったのはもちろんですが、素材の味を生かす調理法に徹しておられたのが印象的。
ここの料理人さん、かなりの腕利きですゾ(^^)
4_202204150703047a0.jpg

瀬戸内 安芸灘とびしま海道&ゆめしま海道 100kmあるき 【第5日】
【DAY 5】 大三島~佐島
1b_202204202033105f9.jpg
距離表示が30klmを越えていますが、航路とバス部分も含めての距離ですのでご安心ください。
実質歩行距離は約22kmです。

大三島憩の家を8時くらいに出発の予定です。島の南岸周回路を東へと進みます。
サイクリングのメインルートからは外れますが、この区間の海景色はなかなか秀逸です。
1_20220415221704598.jpg

2_20220415221706c88.jpg

4_20220415221708a92.jpg

5_20220415221708b94.jpg

クルマがほとんど通りませんし、ガードレールのみの防潮堤のない道路は、対岸の津島、大島の眺望がとても良いです。
とびしま海道やしまなみ海道の場合、海沿いの道も大抵は防潮堤が視界の妨げになる区間が圧倒的多数ゆえに、同じ海沿いでもここの見晴らしは特別です。

伯方島に上陸
6_20220415221709733.jpg


歩行距離は15kmとなり、到着予定は12時過ぎを予定しています。
道の駅で、お約束のソフトクリームと、どら焼きをほおばり。。。
9_2022041522171264c.jpg

7_20220415221711ba5.jpg


道の駅そばの、伯方BSから13時過ぎに発車するバスに乗り木浦港へ向かいます。

木浦港の風景
10_20220415221714d53.jpg


高速船で岩城島へ渡り、そこから約7km歩きます。
11_202204152217159ab.jpg

12_202204152217173d8.jpg

岩城島から生名島へはこの3月に新しい橋が開通したばかり。

瀬戸内しまなみ海道
安芸灘とびしま海道

につづく、ゆめしま海道の全通です。

圧縮効果により、えらく勾配が急に見えますが、歩いてみるといたって普通の坂道でありました。
15_2022041522222792c.jpg


生名島のコンビニで約30分休憩し、佐島へは再びつり橋。
20_20220415222232a6f.jpg

21_20220415222233fd0.jpg


この日の投宿地は、古民家ゲストハウス汐見の家。一棟借りで利用します。
6_20220416062831cc9.jpg

当日は、ここのキッチンをお借りしまして、私が料理をふるまうことにいたします。
4_20220416062828cf0.jpg

5_2022041606282994c.jpg

手動のポンプで水をくみ上げるポンプは現役。
2_202204160628251c2.jpg

薪で火をくべる五右衛門風呂も楽しめます。
3_202204160628267a4.jpg


文字通り「暮らすように旅する」時間が流れていました。
1_20220416062824ded.jpg

瀬戸内 安芸灘とびしま海道&ゆめしま海道 100kmあるき 【第6日】
【DAY6】 佐島から因島


汐見の家を8時過ぎに出発し、弓削島を経て上弓削港へ。
1_202204162124142a7.jpg

3_20220416212416df3.jpg

ここから因島へ船で渡ります。
4_20220416212417adb.jpg

因島の岸壁には捕鯨母船が係留中
5_20220416212419064.jpg

因島水軍ラインと呼ばれる、少し標高の高いスカイラインルートを行きます。
眺めが秀逸です。
6_202204162124206f4.jpg

7_20220416212422ad3.jpg

9_202204162124256c4.jpg

時折かんきつの無人販売所が見られます。
8_2022041621242347e.jpg

10_2022041621242798f.jpg

この日の宿泊は民宿布刈(めかり)さん。
海辺に位置するロケーションはこれまでの宿と同じですが、因島としては珍しいビジネス向けではない、観光民宿です。

窓からの海の眺めも良いです。
13_20220416214331da2.jpg

18_202204162143379d6.jpg

16_20220416214335263.jpg

15_202204162143349c7.jpg

因島から尾道へ
因島~尾道


造船所の多い因島ですが、島の北側に入ると再びのどかな島の風景。
生口橋の下を通過


因島大橋へ向かいます。

因島大橋はしまなみ海道が開通する以前の1983年に開通した橋で、水面からの高さは50 M あり来島海峡大橋よりもアプローチがとても厳しい橋です


来島海峡大橋は設計段階から自転車と併用する計画のもと作られましたので、橋の上に上がるまでは極めて緩い勾配のループ橋が距離を稼ぐようにかけられています。。


しかし因島大橋はちょっと勝手が違います。

しんどいのです。 

やっとの思いで上り詰めても、自動車道の下に作られた原付歩行者自転車専用道は瀬戸大橋の鉄道橋のように、両側に太い鉄骨が並び視界の妨げとなってしまっています。


因島大橋を下るとそこは向島。



3本の渡船業者がそれぞれ微妙に違う場所から向島と尾道駅前を結んでいます。


わずか3分の船旅
1a_20220420212023a63.jpg


旅の終わりは尾道にて
尾道水道を船で渡ればそこは尾道市街。
おそらく昼過ぎに到着しますので、荷物をコインロッカーに預けて観光に出かけることにしましょう。


昔からのアーケード街。


古いレトロなデザインの商店が立ち並び、一部は現代風にリノベーションされたカフェに生まれ変わっています。


下見の時に利用したゲストハウス


旧銭湯を改修した餃子屋







千光寺も外せませんね。





ロープウェイ終点横の円形展望台彼らは、瀬戸内のしまなみが一望。

下山はロープウェイを使って。






遅めの昼は、尾道ラーメンで腹ごしらえいたしましょう。


細いストレート麺が、スープに程良く絡みとても美味しくラーメンです。

お腹いっぱいになったら駅北側の散歩道を行きます


飯山の寺町遊歩道に雰囲気がとても似ています


それにしても坂の勾配がきつく、高齢者にはとても厳しい街です。

案の定空き家が増えているそうです。

そんな空き家を雑貨店やカフェなどに改築して新しい若い人が住むようになったとも聞きます。


とてもいいことだと思います。



志賀直哉旧宅



尾道水道見下ろす景色の良い縁側です。


その後、文学散歩道と名づけられた遊歩道をたどり2ヶ所の施設を見学。

さらに高度を上げていくと、またまた文化財旧木造建造物。


みはらし亭と名前のついたゲストハウスプラスカフェがこの日のおやど。

窓側のカウンターでコーヒーをいただくのもイイですね。


エスプレッソで入れられた濃厚な味わいのコーヒー。



古い雑貨類が装飾として並べられ、海事関係の小物がいくつか目に入りす。

私が勤めていた会社の前身である新日本汽船のノベルティグッズでしょうか


同社の貨物船の模型も飾られていました。


尾道散策のあとは、温泉へ出かけます。
ゲストハウスにはシャワーのみが備えられていますので、旅の疲れは手足を伸ばしてゆっくりと。

宿から徒歩10分ほどの場所にあります。
1_2022041622124756a.jpg

30_20220416220125108.jpg

31_20220416220126ef0.jpg

今回の歩行距離はトータル90kmを少し超える位になります。長旅の疲れは、温泉に限りますネ。

風呂の後は、夕食です。
当初の計画では中村ディナーをふるまう予定でしたが、宿泊する宿の自炊設備が少々役不足で、外食の予定。

ココまでの夕食のパターンは

DAY1 海鮮料理民宿かつら亭
DAY2 島のおばちゃんの家庭料理
DAY3 同
DAY4 校舎の宿「大三島憩の家」の豪華海鮮
DAY5 ゲストハウス汐見の家でナカムラがふるまう洋食
DAY6 民宿布刈で海鮮

と続いてきましたが、最後は洋風シーフードレストランに参ります。尾道の岸壁そばにある「ONOMICHI WHARF」。
5_20220416221253288.jpg

7_2022041622125770d.jpg

6_2022041622125443e.jpg

4_20220416221251dda.jpg

2_202204162212486d1.jpg


まるでタスマニアホバートのシーフードレストランを彷彿とさせる、海岸べりのオシャレな店であります。

3_20220416221250721.jpg

29_20220416220123bd8.jpg

32_20220416220128522.jpg

33_2022041622012953d.jpg
34_20220416220131f0c.jpg


先日の下見時には、胃袋の限界まで注文し試してみましたが、どれもこれも美味しいものばかり。
当日は、

お好きなものをお好きなだけご注文の上お召し上がりいただきます

カキがダメな人でも、あらゆる洋風海鮮料理がラインナップされており、大人気の店。

旅の終わりに相応しい「最後の晩餐」になること請け合いであります。


どうぞお楽しみに。




カテゴリー