fc2ブログ
FC2カウンター

プロフィール

なかむら@みゆきの

Author:なかむら@みゆきの
高社山麓みゆきの杜ユースホステル
を営んでいます。
当サイトでは、地元民ならではのお勧めツーリングルート、温泉、B級グルメなどを宿主自らが実走調査を敢行!信州ドライブ&ツーリングにお役立てください。


【旅の記録】
北海道ツーリング2008
北海道ツーリング2009
北海道ツーリング2010
北海道ツーリング2011
北海道ツーリング2012
沖縄八重山紀行2008
沖縄八重山紀行2009
沖縄バイクツーリング2010
沖縄家族旅行2011
栂海新道縦走記2012
沖縄買出し旅2012
沖縄買出し旅2013夏
大阪帰省の鉄道旅2013
沖縄買出し旅2013冬
アメリカ横断2014春
北海道ツーリング2014
沖縄買出し旅2014
アメリカ横断2015
北海道乗り潰し2015冬
家族で沖縄2015冬
タスマニア周遊2016
Overland Track2016
北海道2016夏ドライブ
スペイン巡礼2016冬
タスマニア2017春
北海道2017夏
スペイン巡礼2017冬
瀬戸内旅2018春
日本南北縦断2018冬
瀬戸内旅2019春

リンク

★たびたび君を応援しよう

このブログをリンクに追加する

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

 ↑  ↑  ↑
ブログランキング参加中!
1日1回クリック下さいネ!

最近の記事

月別アーカイブ

.
桂川PAから那覇
4月1日

あっという間の大阪滞在を終えて帰路につきます。

第二京阪道を北上、巨椋を経て京都縦貫道、大山崎JCTから名神に入ります。
何故そんな面倒なルートを通ったかと言いますと、桂川PAに立ち寄るためです。

ここで私は家族と別れ、単身阪急電車の西向日駅へと移動します。
桂川PAは、数少ない高速道路エリア外に出ることのできるパーキングエリアなのであります。

JR向日町運転所のガード下をくぐるとそこは桜並木。
7_20230403075755c7b.jpg

西向日駅東側の住宅地です。

南茨木駅まで普通電車に乗って、大阪モノレール。たどり着いたのは伊丹空港でありました。
2_20230403075748bd5.jpg

これからの乗る那覇行きは久々の大型機B777-200であります。
3_20230403075748da8.jpg

ヒコーキはやはり大きくなくてはなりません(^^)

2時間のフライトの先の那覇は小雨模様ではありましたが思ったほど気温は高くなく、大阪とあまり変わりがありません。
これまで沖縄は12月に行くことが多かったなかで、はじめての4月訪問。
1a19.jpg

修学旅行生もおらず、新年度とあって意外と穴場かもしれません。

ゆいレールで美栄橋まで行きます。
1a20.jpg

首里から先が開通したことをすっかり忘れていました。
1a21.jpg

しかし道路標識にしろ交通案内板にしろ沖縄の地名表記は旅行者にはあまり優しくありません。
てだこ浦西ってどこですか?って感じです。

主要国道から少しでも外れると、出てくる看板の地名は近場の集落の名前ばかり。


あらたに延伸開通して嬉しくてたまらないのは分かりますが、せめて観光客のために「首里方面」の表記は残しておくべきだったとは思うのですが。

【お知らせ】
4月28日までは春季休館となります。
所用で宿主が木島平に不在となります関係で、この間の予約受付は楽天トラベルでのみ承ります。



にほんブログ村 スキースノボーブログ スキーへ
にほんブログ村
↑↑↑↑↑↑
★ブログランキングに参加中★
 貴方のひと押しが励みになります!

北信州の宿・高社山麓みゆきの杜ユースホステルOFFICIAL SITE

*11月開催予定のスペイン巡礼募集は4月1日~30日迄の1ケ月限定

スポンサーサイト



沖縄第二日 その1
4月2日

恩納村の宿を出発してまず向かったのは、車で10分ほどの場所にあるカフェ。

沖縄では最近パニーニが人気なのだそうです。
それを専門に扱うカフェとやらで、是非行ってみなくてはと向かった次第。

沖縄のカフェはどちらかというとトロピカルな雰囲気を前面に出した私的にはあまり好みではない店が多い中、こちらは2020年に開業した店で、ネット情報を見る限りは今風な、私好みの感じ。
4_20230403083106bf4.jpg

やはりその通りでした。
2_202304030831012fd.jpg

3_20230403083106440.jpg

1_20230403083319538.jpg

各所しっかと撮影してきました(^^)

【お知らせ】
4月28日までは春季休館となります。
所用で宿主が木島平に不在となります関係で、この間の予約受付は楽天トラベルでのみ承ります。



にほんブログ村 スキースノボーブログ スキーへ
にほんブログ村
↑↑↑↑↑↑
★ブログランキングに参加中★
 貴方のひと押しが励みになります!

北信州の宿・高社山麓みゆきの杜ユースホステルOFFICIAL SITE

*11月開催予定のスペイン巡礼募集は4月1日~30日迄の1ケ月限定

沖縄第二日 ~その2
恩納のカフェを出て、とりあえず行く当てもなく北上。天気がいいので、古宇利島を目指しました。
3_2023040308452502e.jpg


そこで見つけたこんな果実。
1_202304030845228bb.jpg

カットされたものが300円で売られていたので買って食べてみると恐ろしく甘く美味しい果物であることに感激。
2_20230403084524c5f.jpg

その後運天港へ移動し船見物。
5_20230403084527a73.jpg
伊平屋島と伊是名島を結ぶ村営航路の発着港です

1_20230403085656d35.jpg

岸壁近くに車を停めていても無下に叱られることもなく、実にユルイ感じ。
天気が良ければ明日は伊是名島に渡ってみるのもいいかもしれません。

運天港を後にして次に向かったのは備瀬。
フクギ並木の美しい場所です。
2_2023040308592075a.jpg

日曜日とあってそこそこの賑わいを見せていましたが、混雑するというワケでもなくのんびりできました。

ここからの伊江島の眺めは格別ですね
3_202304030856598b6.jpg

【お知らせ】
4月28日までは春季休館となります。
所用で宿主が木島平に不在となります関係で、この間の予約受付は楽天トラベルでのみ承ります。



にほんブログ村 スキースノボーブログ スキーへ
にほんブログ村
↑↑↑↑↑↑
★ブログランキングに参加中★
 貴方のひと押しが励みになります!

北信州の宿・高社山麓みゆきの杜ユースホステルOFFICIAL SITE

*11月開催予定のスペイン巡礼募集は4月1日~30日迄の1ケ月限定


エアB物件@名護
4月2日 ‐②

この日の宿は前日に引き続きAIRBの宿。
本部町の海沿いから少し入った住宅地にある真新しい施設です。
10_20230403084535a01.jpg

スイス人の旦那と日本人の奥様が経営しており、到着すると直々に迎えてくださいました。
2020年に開業したそうです。

一階がリビング、二階が寝室。屋上は展望所になっています。
7_20230403084531edc.jpg

8_2023040308453320d.jpg

9_20230403084533f81.jpg

周囲は沖縄特有のコンクリート住宅が立ち並び、商店もこんな。
11_20230403084537f29.jpg

看板ではなく、壁に直接ペイントするのが沖縄流。
おそらく塩害対策の一環という意味合いもあるのだろうと察せられます。


夕食は瀬底島のFUUかふぇへ。
1_2023040422350823e.jpg

ウッディーな内外装がとてもお洒落です。
2_2023040422353074b.jpg
3_20230404223554d3b.jpg

オードブル盛り合わせと、ソーキのオリオンビール煮をいただきました。
4_20230404223612b67.jpg
5_2023040422361283c.jpg

瀬底島は本部の対岸にある名護湾を見渡す風光明媚な島。
移住者が多いと見えて、真新しい住宅が目立つ一角です。

こんな島なら住んでみたいなとも思いました(^^)


沖縄第三日 その1 ~伊是名島へ
4月3日

この日は伊是名島を目指しました。

沖縄本島の北方に位置し、運天港から船で55分、周囲16.7kmのほぼ円形の離島です。

陸地には琉球松の群落が広がり、赤瓦のまちなみとサンゴで積まれた石垣、フクギ並木が美しいコントラストを成す集落があります。
また、琉球王朝第二尚氏の始祖である尚円王にゆかりが深い島としても有名で、多くの文化遺産も残されています。

本部の宿を8:30頃に出発し、運天港へ。
2_20230404232229e7e.jpg

10:30発の村営フェリーに乗船。
往復3600円です。
1_202304042322271c0.jpg

晴れてはいるものの、風が強く波高は2.5m程で白波がたつ海上。
3_202304042322300d0.jpg
4_2023040423223300a.jpg

島に到着してまず昼食を食べに港前の食堂へ。
5_2023040423223541c.jpg

6_20230404232235344.jpg

その後レンタカー屋でレンタサイクルを借りて島の集落巡り。
14_20230404232245ed1.jpg

まずは伊是名集落
7_20230404232237bb4.jpg

10_20230404232240802.jpg

9_202304042322400f8.jpg



サンゴの石垣がかなりの割合で残る竹富島的な風景が残ります。

さらに西側に針路をとり、勢理客(じっちゃく)集落へ。
ココもまた伊是名集落同様のサンゴの石垣が連なる集落ですが、いずれの地区も空き家が多く重伝建の機運とはいかないようです。
13_20230404232244d3c.jpg


すでに田植えの終わった田んぼにどこか懐かしい気分にさせられました。
12_202304042322429e9.jpg

途中のJAに立ち寄り伊是名産コメを入手。
ホームセンターと食品スーパーが並び合う、スペインの田舎のスーパーマーケットのようです。


さて、わずか2時間ばかりの伊是名島観光でしたが、観光客が求めるものと、島の人が売りにしたいものに不一致がみられるように思います。

フェリーから見える歓迎看板。
1_202304042350204bf.jpg

観光課が制作した手提げ袋
2_202304042352415cc.jpg

ここにあるのは

トライアスロン
尚円王ゆかりの地
ドラッグレース
ビーチ
ハブがいない

残念ながら、フクギ並木のサンゴ石垣集落については全く触れられていません。

トライアスロンもドラッグレースも年に一度しか開かれない特殊なイベントに過ぎず、伊是名島の魅力を訴求するものではないと考えられます。
美しいビーチなんぞ沖縄の離島ならどこにでもあるものですし、伊是名の浜が他と全く違うものかどうかはわかりません。
ハブがいないことを自慢したいのでしょうが、ハブがいる居ないで旅行先を決める人などおそらくいません。
尚円王は15世紀に伊是名島で生を受けた初代琉球王国国王ですが、伊是名島はその出生地に過ぎず、観光客を呼ぶためのインパクトとしてはあまりに弱すぎます。

ウェブサイトを眺めてみても、観光課がアピールしたいものは以下の4つらしく、わざわざ出かけていくほどの価値があるという訴求力には欠けるものです。
1_20230405001308646.jpg

観光PRの専門を起用していない地方の観光パンフは往々にして箱モノや観光名所の羅列に終始しがちで、そこへ行くことで何が感じられるのかという空気感についての解説があまりにも貧弱なものが多いのです。


【お知らせ】
4月28日までは春季休館となります。
所用で宿主が木島平に不在となります関係で、この間の予約受付は楽天トラベルでのみ承ります。



にほんブログ村 スキースノボーブログ スキーへ
にほんブログ村
↑↑↑↑↑↑
★ブログランキングに参加中★
 貴方のひと押しが励みになります!

北信州の宿・高社山麓みゆきの杜ユースホステルOFFICIAL SITE

*11月開催予定のスペイン巡礼募集は4月1日~30日迄の1ケ月限定

沖縄第三日 その2
船を降りて一路南下。目指すは恩納村にあるちんすこうの工場直売所です。
コロナ前までは一個(袋)15円で売られていたなんとも激安な会社。
ですが、サクサク感が他社の製品に比べて優れていて我が家はこの会社のものがお気に入りです。
20_2023040515125517c.jpg

いくつかのフレーバーが用意されていますが、一押しはココナッツ。
最近はネットでも有名になったようで、平日なのに3組ものお客さん。
社長さん嬉しい悲鳴のようです。
21_20230405151258035.jpg


ちんすこうを買い求めたのち、コザへと向いました。
まず目指したのは、嘉手納の米軍基地近くのゴ―ディーズアメリカンオールドハウス。
1930年代のアメリカを模した店内の調度品に圧倒される、アメリカンカフェレストランであります。
USJで訪れたカフェにもこんなのがあったなと。
1_20230405153913a2f.jpg


メガ盛りのBBQチキンサラダとフィッシュアンドチップス。
2_20230405154121647.jpg

12_20230405154205105.jpg


次に向かったのは沖縄唯一といわれる銭湯であります。
27_2023040515130242d.jpg

銭湯というだけでなく、なんと地下300mからくみ上げる温泉。しかもPH値が8~9位ありそうな強アルカリ温泉。
泉質、色ともに上越の門前の湯や津南の越後田中温泉にとても似ています。

誰もいなかったので写真を撮らせてもらいました。
22_20230405151301100.jpg

24_20230405151259776.jpg

23_202304051513017cb.jpg


経営するおばあは80歳代後半とみえ、後継者が現れなければ沖縄の銭湯も風前の灯と云った感じです。

沖縄第四日 コザ彷徨
入浴後はお宿へ。

コザに泊まるときの定宿である「ごーやー荘」。
ご主人のワンオペですが、2年前から食事提供も始められました。
この日の部屋は一番座の個室。
10_20230405154835c0d.jpg

泊まり合わせた人は合計3人でいずれも60代後半。期せずして最年少となりました。

諏訪が実家というFさんという男性。
同じ信州人ということでハナシが合いまして、日没後、コザの街へ繰り出すことにしました。
コザは嘉手納基地のおひざ元でもあり、米軍人が沢山やってきます。
コザゲート通りと呼ばれるメインストリートにはアメリカ人向けの酒場やTATOO屋が軒を連ね、特夜間に出歩くと強い異国な雰囲気を感じます。

コザに足しげく通う私ですが、夜の酒場にはあしを踏み入れたことがありません。
ならばとFさんと意気投合した結果、夜の街に繰り出すことにしたのでした。

素面のままではなかなか行動できないと、まずはコザパークアベニューの日本人向けの居酒屋で380円のビールとつまみで軽く飲み。
1_2023040515484004e.jpg


そのあと、ゲート通りへ。
二軒目
6_20230405154855116.jpg

レッドアイと呼ばれるカクテルを注文しましたところ、何のことはない、ビールのトマトジュース割なのでありました。
5_20230405154834e6a.jpg

三軒目ドネーション制の外呑み屋。
いや、店というよりも有志のコミュニティースペースのようです。
9_20230405154845068.jpg


1000円を払うと、ウイスキーか泡盛の水割り、スナックが提供されます。
フレンドリーな元軍人の黒人男性とハナシをしましたところ、コザにやって来たのは数か月前。以前は軍人だったそうです。
お互い名前も知らない、でも顔見知り。家なしの若者もやってきます。
実にディープな世界を体験しまして、これもまたコザの魅力、旅の魅力であります。


コザから宜野湾の黄色いカレーを求めて
4月4日 ‐①

翌日、宿近くの仲松商事で買い物。
1_20230405160557d6e.jpg

向かいの中部農連市場は那覇農連市場なきいま、古き良き沖縄の市場風景に出会える貴重な場所でもあります。
2_2023040516061764d.jpg



仲松商事は沖縄食材の聖地でもあり、豊富な食材が業務スーパーの如く安く買える店なのです。
ポーク缶、くるま麩その他定番の沖縄食材を買い込み、木島平へ送りました。

買い物の後は北谷のアメリカンビレッジ。
まるでディズニーランドのような雰囲気が漂います。
4_2023040516121646a.jpg

5_20230405161225880.jpg


アメリカの古雑貨屋でビンテージ物の飾りモノを探しましたが、適当なものがなく買うのをあきらめました。

昼近くになり、宜野湾の人気食堂「みどり食堂」へ。
5_20230405161941e20.jpg

11時前でしてが、席はほぼ埋まり、人気のほどが伺えます。
カツカレー850円を注文。
2_202304051619416ec.jpg

沖縄特有の黄色いカレーです。
色とドロドロ感は新潟のバスセンターのカレーにそっくりですが、味は全く違います。あまりコクがありません。
そこで添えられたとんかつソースを投入し味変を試みました。
3_20230405161941fe2.jpg


今風の欧風カレーとは全く似ても似つかない味にインパクトは大でありました。

それにしても人気の飲食店は外見も格好がイイという常識は、沖縄の大衆食度には全く当てはまらないということがよく理解できます。
4_202304051619423fb.jpg

沖縄第五日 コザからトーエ洋菓子店 
4月4日 -②

食後は那覇へ。

翌日はフライトが11時と早いので那覇で観光する余裕はないので、今のうちにと向かった次第であります。
農連プラザ市場近くの立体駐車場に車を停め、やちむん通りへ。
3_20230406192346900.jpg


新興の外資ホテルが近くに開業し、かつてののんびり鄙びた風景とは少し違う感じに。
前日宿でもらった地域クーポンを活用してやちむんのコーヒーカップを一客買い求めました。
1_2023040619234369a.jpg

2_20230406192345581.jpg

その後アーケード街に入り、そぞろ歩き。牧志第一公設市場が3月にリニューアルされましたが、付近の商店街はそのまま現役です。
9_20230406192352c0d.jpg

公設市場
8_20230406192350664.jpg

外見は新しいですが、中は公設市場そのものの活気に満ち溢れた場所でほっと一安心。

市場を一歩出るとそこには昔ながらの入り組んだ細い通りが縦横無尽に。
沖縄でいう「スージグァー(街歩き)」の楽しみは健在であります。
13_202304061911595f8.jpg

14_20230406191200f14.jpg

しかしその先に新たに出来た農連プラザはチョットいただけません。
かつての連ドラ「ちゅらさん」では田中好子さん演ずるお母さんが農連市場でパート従業員として働くシーンが描かれていましたが、かつての市場の雰囲気は皆無で、観光客向けのプリン屋や、品数が少なくて寂しい限りの鮮魚店が手持無沙汰な感じで軒を連ねています。
活気に満ちた公設市場とは非常に対照的です。
15_20230406191201ed3.jpg



那覇の最後の立ち寄り場所は「トーエ洋菓子店」
16_20230406191202e46.jpg

沖縄らしいバタークリームのケーキが主力の本土はまずみかけない、全くしゃれっ気のない洋菓子店。
時代とともに移りかわるカフェやスイーツの店ですが、開業当初から変わることのないこうした商売も大いにアリかと改めて感じた次第です。

常温保存可能なチョコレート&バタークリームたっぷりのマーブルケーキを一本買い求め、自宅への土産としました。
アメリカ統治時代をしのばせる街と宿 ~4月4日沖縄最終泊は宜野湾市
いわずもがな沖縄は米軍基地があちこちに密集しています。

一般的に沖縄旅行の魅力は青い海を中心とした海洋リゾートですが、古い町は昭和が好きなワタシとしては海よりもザ・沖縄な鄙びた町やアメリカン。

ゴーヤー荘のマスターが話していたのですが、沖縄は県民所得が低いことがよく取りざたされますが、もし貧困がなくなったとしたら、確実に本土化するということです。
古い家も建て替えるお金がないから昔のまま済み続けているという人が圧倒的多数なのだそうです。

考えてもみれば、日本人が台湾やインド、ベトナムへ旅行に出かけて古い街や商品が山積みになった八百屋や市場をめぐって楽しいのも、どこか懐かしい郷愁を感じるからであり、もしそれらが全て消え去り、イオンモールのようなビルの中に入居したとしたら足を運ぶ価値はほぼなくなってしまうと言っても過言ではありません。。

そんなワケで、この日の最終目的地は浦添のオールドアメリカンタウン。
これまで何度かテレビでも目にしてきましたが、用地返還に伴いかつての米軍住宅街がそのまま残り、現在ではカフェや小売店が店を構える、1960年代の基地内住宅街を感じられる場所でもあります。
17_2023040619364539d.jpg

18_20230406193646ee8.jpg


沖縄産コーヒーを扱う店を尋ねてみましたが、ネットで広く紹介されるほど生産量はまだ多くはなく、この店でも年間20-30kg程度、ウチが年間に焙煎する豆量とほぼ変わらない程度のボリュームです。

あわよくば生豆を譲ってもらえるかと期待しましたが、沖縄産コーヒーはブルマンか、コピルアック、はたまたパナマエスメラルダゲイシャ並みの超高級豆だということが判明。

10年ほど前に、東村の珈琲ファームで100g750円で買えた沖縄産珈琲は、遠い過去の夢のまた夢なのでありました。
19_20230406193647efd.jpg


そして沖縄旅の最終日の宿はAIRBの宿。宜野湾市の高台にあるこれまたアメリカの旧住宅を改装した一棟貸しは、内地出身のサーフィン好きと思しき40代の夫婦が営む宿。

外見は典型的なコンクリート造りの平屋ですが、中は非常に機能的にな作りのアメリカの家そのもの。
21_202304061936505f6.jpg

22_20230406193652033.jpg


調度品はとてもセンスに富んでいて、ベッドもふかふか。
摘み取ったミントを水に生けてのウェルカムメッセージと、ウェルカムデザート(コーヒーゼリー)に感動です。
Bluetoothスピーカーも備え、シャンプーリンスはなんとDIANE。
23_202304061936531b0.jpg

今回3軒目のAIRB宿泊ですが、満足度はマックスでありました。3軒それぞれに湖西があり、特長があり。古いながらもどのようにして快適な空間に作り上げるか、非常に勉強になります。ウチの至らない部分が本当に露になって身の引き締まる思いでありました。
20_202304061936498bc.jpg

今帰仁や八重山もいいですが、コザとか宜野湾とか。

アメリカ統治時代を色濃く残す一帯がワタシが一番好きな沖縄かもしれません。

にほんブログ村 スキースノボーブログ スキーへ
にほんブログ村
↑↑↑↑↑↑
★ブログランキングに参加中★
 貴方のひと押しが励みになります!

北信州の宿・高社山麓みゆきの杜ユースホステルOFFICIAL SITE

*11月開催予定のスペイン巡礼募集は4月1日~30日迄の1ケ月限定

カテゴリー