fc2ブログ
FC2カウンター

プロフィール

なかむら@みゆきの

Author:なかむら@みゆきの
高社山麓みゆきの杜ユースホステル
を営んでいます。
当サイトでは、地元民ならではのお勧めツーリングルート、温泉、B級グルメなどを宿主自らが実走調査を敢行!信州ドライブ&ツーリングにお役立てください。


【旅の記録】
北海道ツーリング2008
北海道ツーリング2009
北海道ツーリング2010
北海道ツーリング2011
北海道ツーリング2012
沖縄八重山紀行2008
沖縄八重山紀行2009
沖縄バイクツーリング2010
沖縄家族旅行2011
栂海新道縦走記2012
沖縄買出し旅2012
沖縄買出し旅2013夏
大阪帰省の鉄道旅2013
沖縄買出し旅2013冬
アメリカ横断2014春
北海道ツーリング2014
沖縄買出し旅2014
アメリカ横断2015
北海道乗り潰し2015冬
家族で沖縄2015冬
タスマニア周遊2016
Overland Track2016
北海道2016夏ドライブ
スペイン巡礼2016冬
タスマニア2017春
北海道2017夏
スペイン巡礼2017冬
瀬戸内旅2018春
日本南北縦断2018冬
瀬戸内旅2019春

リンク

★たびたび君を応援しよう

このブログをリンクに追加する

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

 ↑  ↑  ↑
ブログランキング参加中!
1日1回クリック下さいネ!

最近の記事

月別アーカイブ

.
直江津から佐渡へ 6月12日
早朝5時過ぎに木島平を出発。目指したのは直江津港。

2年間運休していた車両航送可能なフェリーがこの春復活、バイクと一緒に島に渡ることが可能となった。
1_20230614062913c92.jpg

1時間5分で到着、平日とあって、さほどの混雑はなく、観光客の姿が10数人見られる程度だった。
2_20230614062916521.jpg

1日2便のうちの初便だが、車両は10台にも満たず、車両甲板はこのとおり
9_202306140629232f8.jpg


本船は宇和島運輸から払い下げを受けた中古船で、総トン数は2000トン余り。
内海仕様ゆえに、フィンスタビライザーなどの動揺防止装置はなく、波浪にはめっぽう弱い。

先週の6月4日(日)も天候が晴れていたにもかかわらず、「悪天のため欠航」となった。


幸いこの日は凪の中の航海となり、酔い止めに頼ることなく終始穏やかな航海となった。
3_202306140629167b8.jpg


しかし残念なことに、船内には売店はなく、食堂もない。自販機は備えられているが、どことなく寛げる場所が限られている印象を受ける。

2等船室はその大半がカーペット敷の大部屋だが、靴を脱ぐことを好まない人にとっては椅子席も欲しい。
4_20230614062917722.jpg


後部の「ラウンジ」にそのスペースがあるが、少々手狭な印象を受ける。
7_20230614062920309.jpg

大型フェリーを模してか、案内所かららせん状に階段が設けられているが、狭いスペースに無理やり作った感じで、吹き抜けをなしてはおらず、実に中途半端な感じでもある。
8_20230614062922781.jpg

妙高連山を後方に望み
5_20230614062919938.jpg

右手には米山
6_20230614062919e2c.jpg

2時間40分の航海で小木に到着した。
10_20230614062925bc3.jpg

スポンサーサイト



佐渡は島全体が街並み保全地区
フェリーを降りて最初に向かったのは宿根木。
重要伝統的建造物群保存地区に指定されているエリアで、一見に値する場所である。

佐渡に来るたびに必ず立ち寄るところである。バイクを駐車場に置いて、街並みへと分け入る
1_20230614063910e56.jpg

2_20230614063911dd7.jpg

4_2023061406392195c.jpg

集落の前には湾が広がり、観光たらい船に乗ることができる。
3_20230614063914ad7.jpg

佐渡は宿根木に限らず、全域にわたって伝統的様式の民家が構成する集落が広がっている。
20年前にはじめて佐渡を訪れた際にも感じたが、20年が経過した今なお、この島にはCMで有名な「XXホーム」然とした家屋はほとんど見られないのは奇跡と言ってもイイ。

しかし島の人にとってはそれが当たり前のことなので、何とも思わないのだが、観光と言う観点から言うならば、訪れる人にとってはオドロキなのである。

小木の街並み
5_20230614063922255.jpg



佐渡のスペインバル
小木を後にして向かったのは真野町にあるスペインバル。
昨年訪れた際、途中手に取って買い求めたローカル雑誌紹介されていたのをきっかけに知ることになった。

昨年は実店舗ではなく、出張店舗で「ボカディージョ」をテイクアウトして買い求め、ほんのわずかの時間だったが、カミーノネタで話が弾んだ。
それ以来、インスタグラムでその様子を知る程度だったが、今回の佐渡では是非実店舗に行ってみたいと考えていた。
真野町の目抜き通りの古民家を改装して2020年にOPENしたそうだ。
6_202306140639236ed.jpg

店の前にいったんバイクを止め、店の中を覗き込み駐車場所を尋ねると、5秒後奥様が、「中村さん!!??」と気づいてくれた。

ほんの1度しか会ったことがないのだが、まさか名前まで覚えてくれていたのには感動した。
接客業とはこうではくてはならない。

指定の駐車場にバイクを止めて、店内に入ると、そこはまさにスペインバルだ。
特別に夜メニューを用意してもらえることになり、いくつか「タパス」をオーダーした。

ご主人の仕事の丁寧さがうかがえる、実に洗練された品々に感動する。
8_20230614063923c1e.jpg

9_20230614063923813.jpg

7_2023061406392277c.jpg

気分はスペインカミーノ。
ご主人は単独でフランス人の道を2回も歩き、夫婦でも歩いた経験がある。

私はブルゴスから70KMのフロミスタまでと、サリアからコンポステラまでの114KMのほんの一部だが、互いの経験を振り返りながら、大いに話が弾む。
ゲストと同じ話題で場が盛り上がることはまったく珍しくはないのだが、この盛り上がりような何なのか?

23年の宿屋の経験からしても、旅した先の経験談でこれほどまでに共感しあい、話が楽しく感じたことはあまり記憶がない。


それほどまでにスペインカミーノは人々の人生に大きな影響を与え、旅したことのある人はどこかにカミーノの経験を拠り心にして生きているのだろうと思った。

そしてまたいつか再訪してみたいと心から思った。
10_2023061406392419f.jpg



佐渡一周
MANO CAMINOでの2時間があまりにも楽しすぎて、何処に行く気もなくなってしまった。
その日は相川に宿をとっていたが、バイクのミラーのガタや、一部装備の不足があったので、ひらせいダイソーに立ち寄り買い物後宿に向かった。

雨が予想されていたので、屋根付きの駐輪場がある宿を探した結果、JR東日本のグループホテル「ファミリーオ佐渡相川」に決めたのだった。
1_202306140727314ec.jpg

お客は5組10人ほどだったが、にもかかわらず食事はバイキングだった。
3_20230614072731756.jpg

フードロスが半端ないのではないかと余計な心配をしてしまう。

食後は目の前の海で夕日を眺める。はるか沖を行く1000teu型コンテナ船が太陽と離合し、なかなかドラマチックな瞬間を目の当たりにした。
5_202306140727312dc.jpg

6_202306140727329e8.jpg

7_202306140727427dd.jpg


翌日は雨にもならず、8時15分に出発、島の周回路を巡るツーリングに出かけた。

立つ鳥跡を濁さずである。
宿屋をやっていると、そんな意識が特に強くなる。
8_202306140727418ac.jpg


どこも伝統様式の街並みが続き
9_20230614072743bdf.jpg

10_20230614072743f6b.jpg

1_20230614073332152.jpg

かつての最北の集落、岩谷口。外海府ユースホステルの前にて
2_202306140733338e5.jpg


大野亀のカンゾウはまだまだ見ごろ。
3_20230614073335d89.jpg


島の東側
4_202306140733361fd.jpg

5_20230614073338cea.jpg


佐渡はいまだに昔の木造校舎を二次利用している事業体が少なくはない。
家並みだけでなく、学校もまた取り壊されることなく生き残っているものが多いのだ。
6_20230614073339510.jpg

sabo珈琲で軽い昼食をとり、島の南部へと移動する。
7_2023061407334112b.jpg

8_2023061407334794e.jpg

9_20230614073350d4e.jpg

同じく風光明媚な集落景観が続き、それは沿岸のみならず、内陸についても変わることはない。
10_202306140733516ca.jpg

11_20230614073352660.jpg

昨年openしたというチョコレート工場に立ち寄る。
13_20230614073353d8b.jpg

佐渡でチョコレート?と思うが、どこもかしこも同じようなカフェではなく、このような「トンガリ」は大いに評価されてイイと思う。
マーケティング的に需要があるかどうかは別だが、ご活躍を祈りたい。
12_2023061407335388c.jpg


赤泊から島を横断し、再び真野に戻ってきた。この日は昨年同様、島ふうみゲストハウスに投宿した。
一棟貸しとしてはこれまで泊まったどこの宿よりも充実し、レベルが高い。

リビングの白いムートンに感動し、昨年ウチの談話室にも青いものを導入したが、モノが違いすぎて、わずか10か月でぼろぼろになりこの春「退役」したのは記憶に新しいところではある。
2_20230616065613a6c.jpg

オーディオシステムは完璧、自動お湯はりバス、洗濯機はもちろん、洗剤も何種類かラインナップされる。
レベルが高すぎてもはや真似することもできない。
5_202306160656179d7.jpg


衣類用消臭スプレーはウチのログにも置いて良いかもしれないとおもった。

早く寝るつもりだったが、オーディオの凄さに、ついついspotifyで懐メロを聴きこんでしまった。
この歌、こんなにいい音だったのか!?

真似しようにも真似のできない宿は意外と少ないと感じるが、さすがに此処だけは格が違いすぎる。
全くワタシの手には負えないレベルにあると断言できる。

3_20230616065614c24.jpg


佐渡両津から仙台へ
この日は宿を8時前に出発し、両津フェリーターミナルに向かう予定だった。
荷物をバイクに積み込むため、室内外を何度か往復しているうち、あろうことか玄関のカードキーを室内に残したままドアを閉めてしまった。 オートロックのドアが無情にも施錠されてしまった。

この施設はベーカリー併設で、夜間には人はいない。時間は8時前だが、店のopenは10時である。
駐車場を見渡してみてもクルマはまだ1台も停まっておらず、スタッフはまだ出勤していないと思われた。
しかも、運の悪いことに唯一の連絡手段である携帯電話も室内に置いたままだった。

絶体絶命。

もしかしたら裏口に開口ドアがあるかもしれないと、藪の中を無理やり進んでみた。
しかし徒労に終わった。

ベーカリーの店舗を覗いてみるも電気は灯っていない。なかば諦めかけたところ、ふとスタッフらしき女性が姿を現した。
右往左往している私を見て

「どうかされましたか?」

「カードキーを持たずに外に出てしまって」

女性はすぐに店舗内に戻り、予備のキーで開けてくれた。 万事休す。

気を取り直し、予定より10分ほど遅れて宿を出発、両津港には8時40分に到着した。
さすがに両津航路はクルマやトラックも多い。バイクは1台先客があった。
1_20230616065612f80.jpg

9_2023061606562391f.jpg

おけさ丸は佐渡汽船最大船型で、これは北海道航路のフェリーです、と言われてもあまり違和感がないくらいにパブリックスペースが充実している。こがね丸とは全く格が違う。
6_20230616065618bf4.jpg

7_20230616065620ac1.jpg

8_20230616065621f2f.jpg


2時間30分の航海で、新潟港に到着、幸い雨はまだ降っていなかったが、午後には東北地方で雨が確実に降り始める予報だった。とりあえずコンビニに立ち寄ってゲイターを含む雨具一式で身を固めた。雨が降り出してから整えるのは、駐車の場所やタイミングが難しいので、降り始める前から装備するのが得策なのだ。

眠気防止のためのメガシャキを3本まとめ買いし、国道113を北上、聖篭の工業地帯を横目に、日本海側の松林を北上する。
月山コブ遠征を始めた8年ほどまえは毎回この道を通るのが常だったし、2005年&2006年の北海道ドライブでも2年連続してこの道を通過していた。

途中関川、小国、南陽、白石で合計4回のコンビニ休憩をとりながら、仙台港を目指す。結局雨七ヶ宿あたりから降り始めたが、さほどの大雨でなかったのが幸いした。
10_20230616065624249.jpg

所要時間は6時間。到着したのは17:45だった。


太平洋フェリーで苫小牧へ
太平洋フェリーの仙台港ターミナルは、さすがに多くの観光客でにぎわっていた。
乗船開始は18:30頃とのことだったが、実際はかなり待たされ、船内に吸い込まれたのは19時を少し回ったところだった。
1_202306162119128b1.jpg

早割が浸透していて、上級船室は早々と満室となり、気づいたときは開いていたのはカプセルタイプの寝台か、雑魚寝の部屋のみだった。

荷をほどき、レストランに向かう。
かつての名物「ステーキ」のラインナップはすでになく、通常の安っぽいバイキングメニューばかりでがっかりする。
船のバイキングはやはり九州航路のさんふらわあが圧倒的である。
2_2023061621191621f.jpg

早々と食事を済ませ、出航の様子を見学する。
航路が狭く、自力回頭ではなくタグボートの牽引が行われる。
3_20230616211916bb2.jpg

出航後30分ほど経過してアマチュア無線でCQを出してみるものの、反応がなくあきらめた。
4_20230616211919f55.jpg


船長アナウンスによると、この先波高は1~1.5mとのことなので念のためアネロンを服用して就寝した。

翌朝もバイキングに向かう。
だが、1100円の料金では提供されるものは限られる。

5_202306162119190d8.jpg



心配された波も大したことなく、終始安定した航海が続き、10時半には苫小牧港外到着、霧の中、頻繁に長声を吹き鳴らしながら入港体制に入った。
6_2023061621191996c.jpg

7_20230616211921761.jpg



苫小牧から美瑛へ
苫小牧から30分ほど走り、安平道の駅に立ち寄る。
数年後木島平村の道の駅を新しく作り直すとのことだが、果たして。
2_202306162140041fe.jpg


ココは道の駅ランキングで上位に入る人気施設とのことで、平日にもかかわらず昼時を回った時間帯でなかなかの人だかりができていた。
一押しとされるソフトクリームを食べてみるが、木島平村のあのソフトクリームに比べるとインパクトは薄い。
タダ、見た目はこっちのほうがイイかもしれない。
1_202306162140001e6.jpg

安平を後にして、夕張の道の駅でメロンの下見、

大夕張の廃墟集落にたたずみ
3_202306162140047ed.jpg

4_20230616214007de1.jpg

その後シューパロ湖沿いを走り
5_20230616214007a78.jpg


富良野盆地のカンパーナ六花亭に向かった。
6_2023061621403986b.jpg

ここで清水の春花宛てにバターサンドを買い求め、太平洋フェリー内で購入した海技系雑貨とともに送ることにした。
購入後、ヤマト運輸富良野営業所で発送手続き。

もはや手書きの送り状は存在せず、すべてタッチペンでの入力を求められる。
郵便番号を入れたら、学校名まで出てきて驚く。
なるほど公共施設ゆえに、固有の郵便番号が与えられているのだった。

富良野から美瑛まで、盆地の西側を沿うように走る。
8_20230616214041804.jpg

7_20230616214040ac1.jpg
その景色はまるで信濃町から戸狩に向かう県道のようだ。

今宵の宿、美馬牛のとぅもろうに到着したのは16時40分頃だった。
9_202306162140438ad.jpg

美瑛の宿
美瑛の定宿といえば薫風舎だったが、この春閉業してしまった。
ならばと、薫風舎のオーナーが「一目置いている」と、いつも口にしていた美馬牛の「とぅもろう」に泊まることにした。

1泊朝食付標準料金が10,000円で、オプション1500円で夕食がつく。
夕食にしてはずいぶん安いと感じるが、それには理由がある。

まずは旅装を解き、宿の周辺を散策する。目の前は十勝連峰を望む花園で、景色は抜群である。
1_20230616223109be7.jpg

2_20230616223110a1b.jpg

10_20230616223112052.jpg

11_2023061622311360d.jpg

ダイニングからの眺めも良い
5_202306162232252f4.jpg

二階には「図書室」がある。
6_20230616223227ff0.jpg


敷地は広大で、50mほど離れた場所に人気のベーカリー「リッカロッカ」が店を構える。 宿の娘さん夫婦が切り盛りしているとのことだ。

夕食はワンプレートで供されるこんな感じ。
4_20230616223225a6b.jpg

3_202306162232234ef.jpg


いっぽう朝食は夕食以上のボリュームで、パンはリッカロッカの総菜パンが数種並ぶ。もちもちの食感が秀逸で、人気のほどがよくわかるというものである。
7_20230616223228c87.jpg

9_20230616223231b78.jpg

開業は1993年、今年で30周年とのことだが、齢70近くとなり、宿じまいのタイミングを探っているとの由。

美瑛はオンシーズンとオフシーズンの落差が激しすぎ、夏場は最長で70日間無休だったことがあるらしい。
そんな激務がたたってか、近隣のお宿さんでは体調を崩す人も少なくはなく、私も同じ宿屋ではあるが、木島平では考えられないような特殊事情があるものと察せられる。
そんな事情で、夕食の手間を減らすための「ワンプレート化」なのだそうである。

飾らない自然体と、親切な話し方に大変好感が持てるご夫婦に、また泊まりたいと思わせる宿だった。
来年も再訪できることを祈るばかりである。




美瑛のカフェ巡り
この日は一日中美瑛富良野地区に滞在。目的はカフェ巡りである。
まずは針路を北に取り、旭川のオープンガーデン「上野ファーム」に向かう。
1_20230617054851a2f.jpg

宿根草ガーデンで、我が家の庭づくりの参考にもなる。
2_202306170548524d5.jpg

3_20230617054854140.jpg

隣接のnayaカフェで珈琲をいただく。
4_202306170548559e4.jpg

11時ころ上野ファームを後にして、60kmほど離れた富良野のレストランを目指す。
その名をBEARS KITCHENといった。本当に奥まった場所にある、まさに隠れ家。
道中にはこのような看板があるのみだが、グーグルマップがあれば何のことはない。
1_20230617055510ce6.jpg

たどり着いた先はこんな場所
5_20230617054857276.jpg

アメリカ人の男性と奥様とおぼしき女性が2人で切り盛りする、ワイルドな雰囲気をたたえたハンバーガーレストランである。
6_20230617054858e8d.jpg

値段は1300円から1600円。
1_20230617055928bf1.jpg

ロットバーガーを選択。
7_20230617054859a9b.jpg

ザ・アメリカを感じるワイルドな美味しい一品に満足した。


お次は12km先のカフェゴリョウ。
1_20230617060646ea7.jpg

ここには過去3回訪れている。
カフェだけでなく、ゲストハウスも併設しており、宿泊したこともある。

古い納屋を原形の雰囲気を上手く残して再生されており、上野ファームに併設されているきらびやかな納屋風のカフェとは似て非なるもので、オーナーの卓越したセンスの良さを感じる。
3_20230617060649d81.jpg

4_20230617060650ba0.jpg

メニューはこんな
1_20230617061509b50.jpg

すでハンバーガーで満腹だが、此処で食事をしたことがないのであえてインドカレーを選ぶ。
材料はココナッツ、カシューナッツ、トマトソースなどを使った私の作るインドカレーと材料はほぼ共通である。

ただ、ドライブ中のゲストに配慮してか、ニンニクはかなり抑え気味で、チリパウダー多め、トマトの酸味も少し効いている。
わずかに小麦粉でとろみをつけたひとしなを美味しく頂いた。
5_20230617060652629.jpg

食後のデザートは、パウンドケーキに生クリームを塗ったもの。なるほど。いいアイデアではある。
8_202306170606554d1.jpg

珈琲は自家焙煎とのこと
7_20230617060653f42.jpg

充実したカフェ巡り。
やはり美瑛富良野地区は何かと収穫の多い地域である。





スプウン谷のザワザワ村
美瑛2泊目はスプウン谷のザワザワ村。

4年前初めてここを訪れ、その意匠の卓越したセンスに感動し、それ以降我が家のログハウスの改修に大きな影響を与えてくれた。
ログハウスはいまなお進化中だが、もう一度そのお手本に接することで、どの程度我が家との差が縮まったのかを確認するためでもあった。

美瑛ポテトの丘ユースホステル沿いの道にその入り口はあり、道路からはその様子をうかがい知ることはできない。
1_20230617064454794.jpg

少し坂を上ると
2_20230617064455aba.jpg

さらにその先に忽然と姿を現す村。
3_20230617064457a2b.jpg

4_2023061706445807a.jpg

レセプションでチェックイン手続き
5_202306170645009df.jpg

ここはフランスかイタリア?スペインの田舎の工房を思わせる空間
6_20230617064501255.jpg

割り当てられた家。
7_20230617064503ffe.jpg

室内はこんな感じ。
10_20230617064507318.jpg

9_2023061706450533a.jpg

11_20230617064508a1d.jpg

8_2023061706450474b.jpg

外見だけでなく、内側もヨーロッパの田舎を再現している。
ウチもだいぶオシャレに改良されたとは思うが、さすがに此処までは真似することは不可能である。

だが、前回に比べて目が慣れたようで、そこまでの驚きはなかった。
目が肥えるというのはイイことなのかもしれない。

目の前の麦畑は営農者でもあるオーナーが栽培する作物のようで、回廊が設けられている。
12_202306170645102d7.jpg

13_20230617064512c9e.jpg

15_2023061706451544b.jpg

16_20230617064516607.jpg

17_20230617064517efd.jpg

何から何まで非日常を作り出す仕掛けが施されていて感心するばかりである。

14_20230617064514f5c.jpg

ウチは2人で利用すると1泊24500円、ザワザワ村は朝食付きで40000円強。
単純な額面比較ではなく、付加価値率を比較したとき、どちらに優位性があるかと考えると、なかなか考えさせられるところではある。

まだまだ勉強&イノベーションが必要である。



カテゴリー