fc2ブログ
FC2カウンター

プロフィール

なかむら@みゆきの

Author:なかむら@みゆきの
高社山麓みゆきの杜ユースホステル
を営んでいます。
当サイトでは、地元民ならではのお勧めツーリングルート、温泉、B級グルメなどを宿主自らが実走調査を敢行!信州ドライブ&ツーリングにお役立てください。


【旅の記録】
北海道ツーリング2008
北海道ツーリング2009
北海道ツーリング2010
北海道ツーリング2011
北海道ツーリング2012
沖縄八重山紀行2008
沖縄八重山紀行2009
沖縄バイクツーリング2010
沖縄家族旅行2011
栂海新道縦走記2012
沖縄買出し旅2012
沖縄買出し旅2013夏
大阪帰省の鉄道旅2013
沖縄買出し旅2013冬
アメリカ横断2014春
北海道ツーリング2014
沖縄買出し旅2014
アメリカ横断2015
北海道乗り潰し2015冬
家族で沖縄2015冬
タスマニア周遊2016
Overland Track2016
北海道2016夏ドライブ
スペイン巡礼2016冬
タスマニア2017春
北海道2017夏
スペイン巡礼2017冬
瀬戸内旅2018春
日本南北縦断2018冬
瀬戸内旅2019春

リンク

★たびたび君を応援しよう

このブログをリンクに追加する

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

 ↑  ↑  ↑
ブログランキング参加中!
1日1回クリック下さいネ!

最近の記事

月別アーカイブ

.
みそ汁処 てんてん
久しぶりに善光寺に行ってきました。

お目当ては門前町の南側にある「ぱてぃお大門」内にある


みそ汁処・てんてん
IMGP0413.jpg

こだわりみそ汁と木島平米が食べられる店として、先日長野ローカルの情報番組で取り上げられていました。

木島平住人にとって、長野市内であえて木島平米を前面に出して営業している飲食店はやはり興味の対象です。

メニューにしても「ごはん」と「みそ汁」を柱に据えているところがなんともユニークであります。
IMGP0397.jpg

早速入ってみましょう
IMGP0400.jpg
民芸茶屋風の感じの良い店内。権堂にあるラーメン店「てんてん」の支店としてその奥様が店を切り盛りされています。

以前木島平にもお住まいだったそうで、私たちが木島平住人であることを話すと一気に話が弾みました。

注文したのは

銀鮭しょうゆ漬けごはん 800円
IMGP0403.jpg

田舎ごはん 700円
IMGP0404.jpg

大変シンプルな皿構成ですので、値段的に見ると観光客向けの値段設定かなという気もしますが、みそ汁とご飯にこだわるというコンセプトは悪くありません。

訊けば、木島平米はブランド化が進み値段が高いので、お米は個人で水稲栽培しているお宅から、譲ってもらえる分だけを「少量」仕入れているとの由。あまり多くは確保できないんですよ。。。。と悩みを打ち明けていらっしゃいました。

そこで一言

だったら良い農家さん居ますよ。

熱血!竹内農園

去年の国際米食味コンクールで特別優秀賞受賞してます。食味検査では96ポイントをマークして木島平ナンバーワンの数値です。間違いありません。

米コン入賞米が10KG玄米3500円で買えるなんて日本中何処探してもありませんよ。きっと。


と宣伝してみました。



果たして竹内農園は新規顧客獲得に成功するのか!? しっかり連絡先教えておきましたよ。よろしく。(笑)



FC2ブログランキング

 ↑  ↑  ↑
ブログランキング参加中です。よろしければ1日1回クリック下さいネ!

毎日更新!北信州の宿・高社山麓みゆきの杜ユースホステルOFFICIAL SITE


麺屋 義継
2年前に飯山駅近くにOPENしたラーメン店「麺屋義継」。
IMGP2430.jpg

つけめんが人気メニューですが、どうしてどうしてラーメンもかなり美味しいです。
IMGP2427.jpg

でもチャーシューの味がなかなか安定しません。
今日はやたらと脂っこく、味が薄い。豚バラは変わらないのですが、調理方法が確立していないのかなあ。

店内の照明は少し明るくなったかもしれません。
IMGP2428.jpg

IMGP2429.jpg
昔のプロレス、おニャン子クラブのポスターは相変わらずですが。(笑)
なかまち食堂
飯山の古式ゆかしい食堂です。
今日、二年振りに食べに行きました。

唐揚げ定食

かなりのメガ盛りで、650円

深揚げの天ぷらのような食感。

オススメです!






メガ盛りの極み
今日は帰宅途中の夕刻、柏崎の「萬来」で食事してきました。

知る人ぞ知る、メガ盛り食堂。お客さんの間でも評判になっていまして、いつかは行ってみたいと夢見ていた(?)食堂です。

散々食べまくってきたこの数日でしたので、この期に及んでまたメガ盛り?というのが正直なところでしたが、これを逃すと次回はいつ行けるかも定かではなく、思い切って足を運んでみることにしたのでした。

春花はみそラーメン小盛り
英時はしょうゆラーメン小盛り
お母さんはしょうゆラーメン並盛り



そして私はカツカレー並盛り

これが噂のカツカレー。しかも並盛りなのであります。

ご飯とカレーの総量は2000gオーバー。
ご飯の上にキャベツの千切り、厚さ3cmの極厚ロースカツ、その上にカレーが全面にかけられ、福神漬けがその上に鎮座しています。

出てきた瞬間、本当に言葉を失いました。

当然1人で食べられるわけもなく、最後はお母さん、英時に手伝ってもらいました。



メガ盛りもいろいろ食べてきましたが、ここのカツカレーはどう見ても東の正横綱。

降参であります!!!!


竹内農園産アスパラ続々入荷
シーズン真っ盛り!みゆき野名産のグリーンアスパラが続々入荷しています。近所の竹内農園産、完全露地物です。(^_^)

毎日もれなくアスパラ料理が食卓を彩ります。


ご予約の際、「アスパラ料理希望」の旨お申し付けくだされば、より確実です。




お土産用にお求めの場合、チェックイン時にお申し付けください。
翌日、朝取りアスパラを竹内農園で直接お受け取りになれます。

値段:
500g(一般的な5束に相当) 500円(新聞包み)
1kg(同10束) 1000円(箱入り)

みゆきの杜ユースホステルから竹内農園までの道のり

大きな地図で見る
安易に「日本一」とは言いたくはないのですが。。。。
ウチのお米は木島平の「竹内農園」さんから仕入れています。

2009年開催の第11回食味コンクールにおいて特別優秀賞受賞に続き、
2012年開催の第14回コンクールにおいては最優秀賞である

金賞

を受賞したお米です。

同コンクール食味試験において、出品総数3915点中、7番目に相当する183.6点をマークし、決戦大会の官能検査を経てみごとに最優秀となる金賞を獲得されました。

これは、世間一般では最上級米とされる、特上の魚沼産コシヒカリでさえ、ここ数年記録したことすらない、きわめて高いレベルなのです。 

そのお米たちは、通常1.85mmのメッシュにかけられて、粒ぞろいの玄米に選別されるのですが、ウチ向けの特別仕様として、特別に2.0mmの酒米用メッシュにより選別され、より大きな粒ぞろいの米に仕上げてもらっています。

粒が大きい米は穂先についた、一番日光を溜め込んだいわば完熟米。ただ大きいだけでなく、うまみ、甘みが最高レベルで調和した、超優等生といえます。

その味は食べてみれば納得。土鍋で炊かれた大粒米のモチモチ感が、口の中いっぱいに広がっていきます。

収穫から半年以上経過した現在、その大粒米の実力がさらに際立って発揮されている印象で、通常ロットと比較すると、その食感の違いは一目瞭然です。

安易に「日本一」という表現は使いたくはありませんが、そんなこんなで、ウチで提供している米は、間違いなく日本一の称号にふさわしい、スバラシイお米だと密かに自信を持っています(^_^)


たーくさん食べていってくださいネ!





一年ぶりのイナリ食堂
飯山の人気大衆食堂・イナリ食堂

雑然とした雰囲気に古きよき時代を感じさせる店内。



ラーメン評論家・石神秀幸に「信州で二番目に美味しいラーメン」と言わしめたほどのインパクト大なラーメンが食べられる店です。



好き嫌いははっきり分かれますが、ワタシ的には間違いなく信州一のラーメンと断言します。(^_^)


ただし、「麺かため」と指定しないと、ノビノビの麺が出てくる可能性が大なので要注意です。

今日はチャーシュー麺を注文。
分厚い煮豚ロース肉が5枚。おそらく200gは下らないでしょう。



すごいボリュームです。
モチモチ自家製麺と、ガツンと煮干の利いたスープが脳天に突き刺さるよう(X_x)

東京の人気ラーメン「せたが屋」のスープにかなり似ています。
いわゆるこれでもか!というほどの魚介だしの利いたとんこつ醤油ラーメンです。

味がかなり濃いので、食後水分を欲すること必至です。



ラーメンとは別に名物メニュー2.

それは五目あんかけあげやきそば

半端ないメガ盛に仰天。でも、これ、普通盛ですので念のため。

いむらやの焼きそば(大)よりもメガでしょうネ。

900円なり。



チャレンジャー・かあちゃん。



私も前から連続つまみ食い(^_^)

無理するなよ。



私も手伝って、なんとか完食。



半年に1回くらいはむしょーに食べたくなる味。

満足いたしました。ごちそうさん!

アスパラゾクゾク
北信州木島平名産、アスパラがついに登場しました。


今年も竹内農園産を中心に、連日入荷予定です。



6月中旬まで、ご予約時に一言お申し付け頂ければ、夕食をアスパラ三昧メニューにて調製、ご用意いたしますヨ!

どうぞご期待ください。


道の駅FARMUS木島平 vs 道の駅千曲川 ご飯対決
ゴールデンウィークに鳴り物入りでオープンした、道の駅•FARMUS(ファームス)木島平。
レストランとカフェがそれぞれ独立して営業しており、東京のデザイナーが設計した内装はひたすらおしゃれ。

お洒落な洋風を徹底的に追求したのか、レストランはなぜかパスタメニューが中心になっていました。

しかしここは木島平。多くの人がコンセプトに違和感を感じていたのは紛れもない事実であり、それらのリクエストに応じた模様で、最近になってようやくおにぎりメニューが新登場。

お米を売りにする木島平なのに、ゴハンものがケチャップまみれのオムライスしかないと言うのもおかしな話でした( ^ω^ )

というわけで今日はそのおにぎりメニューを食べに行ってみました。

しかし、外のメニューからはその内容は計り知れません。
なぜならメニュー名はその名も

おにぎりプレート600円

若干ボリュームに欠けるパスタ類が850円から900円、信州サーモン入りシーザーサラダはおにぎりプレートと同じく600円。

そんな中に混じって新たに設定された値段だけを見ればかなりの低額のこのメニュー。

しかし店員さんには内容について何も尋ねる事なく迷わずオーダーしました。

そして出てきたのがこれ




このレストランのメニューの中ではコストパフォーマンスダントツナンバーワン。

予想外の品数の豊富さ、味に痛く感動しました。

ふんわり握られた、木島平米のおにぎり

食感から判断するにカウンター前に置かれたかまどで炊かれたものではなく、電気釜で炊飯されたものと思われます。

やはりコメは竹内農園のデカマル+土鍋炊飯が最強です。(^_^)

おからの煮物


ズッキーニとタラの芽天ぷら其々一つずつ


だし巻きたまごと野菜の煮物




せっかくこれだけの内容なのですから、店外の

おにぎりプレート600円

の店外の表示は、まるで注文してくれるなと言っているも同然です。( ^ω^ )

おにぎり2個とお新香だけしかついていないのかも?
と感じさせる消極的表示。

村の人気食堂になってほしいと願いとこめて、若いウェイトレスさんに言っておきました。

「何回か食べさせてもらっていますが、これ、最高です。せっかくいいもの出しているのですから、外のメニューにも詳しく内容を表示した方がよいですよ」と。

木島平はやっぱりコメでしょう。

パスタを売るよりも、10倍感動を与えられます。
この際、味噌汁と野沢菜とゴハンの専門食堂でいかがでしょう?おにぎり専門とか。

パスタを中心に空いている限り、村の人気イタリアン「土曜日はイタリアン」にはかないません。
飯山の人気カフェレストラン「サージ」にもかないません。

でもおにぎりならどことも競合しません。コンビニのおにぎりなど敵ではありません。

おにぎり食堂★ふぁ~むすび

なんてネーミング、如何?

ただし、洋食器ではなく雰囲気を感じさせる和食器は必須ですが。
あと、日本茶は必須ですよ。

お茶頂けますか?のリクエストに「ホットティーならございますが」はネ。(笑)
だって、紅茶でしょう??。(汗;;;)

頑張れ!ファームス木島平!
道の駅FARMUS木島平 vs 道の駅千曲川 ご飯対決 その2
FARMUS木島平の後向かったのは道の駅千曲川。


流石に1時半を回ってもカフェレストランには多くのお客様。


注文したのは、


たまごかけゴハン 400円


道の駅ゴハン対決( ^ω^ )



原材料の詳細がこのカードに記載されています。


さすがは飯山観光局。やることが違います。
このカードを眺めているだけでも美味しさが2倍3倍に膨れ上がっていくから不思議なものです。

最初は白米だけで2口3口。

ファームス木島平のおにぎりご飯とは甲乙つけがたい味と食感。

その後醤油をたらした卵を一気にどばっと( ^ω^ )


木島平のおにぎりプレート600円に対し道の駅千曲川の卵かけご飯400円。
コストパフォーマンスは贔屓目なしで全くの互角。

ファームス木島平は、ぜひ店員さんによるちょっとした説明があればお客さんはいっそうと喜ぶはずです。
ズッキーニの花の天ぷらなんて、地元で無ければ、まず分かりません。

互いに食べ歩き、いいものはいいものとして取り入れる。

特に飯山の観光施策、手法は見習うべきことが多いですからネ。


カテゴリー