fc2ブログ
FC2カウンター

プロフィール

なかむら@みゆきの

Author:なかむら@みゆきの
高社山麓みゆきの杜ユースホステル
を営んでいます。
当サイトでは、地元民ならではのお勧めツーリングルート、温泉、B級グルメなどを宿主自らが実走調査を敢行!信州ドライブ&ツーリングにお役立てください。


【旅の記録】
北海道ツーリング2008
北海道ツーリング2009
北海道ツーリング2010
北海道ツーリング2011
北海道ツーリング2012
沖縄八重山紀行2008
沖縄八重山紀行2009
沖縄バイクツーリング2010
沖縄家族旅行2011
栂海新道縦走記2012
沖縄買出し旅2012
沖縄買出し旅2013夏
大阪帰省の鉄道旅2013
沖縄買出し旅2013冬
アメリカ横断2014春
北海道ツーリング2014
沖縄買出し旅2014
アメリカ横断2015
北海道乗り潰し2015冬
家族で沖縄2015冬
タスマニア周遊2016
Overland Track2016
北海道2016夏ドライブ
スペイン巡礼2016冬
タスマニア2017春
北海道2017夏
スペイン巡礼2017冬
瀬戸内旅2018春
日本南北縦断2018冬
瀬戸内旅2019春

リンク

★たびたび君を応援しよう

このブログをリンクに追加する

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

 ↑  ↑  ↑
ブログランキング参加中!
1日1回クリック下さいネ!

最近の記事

月別アーカイブ

.
黒姫高原へ
unsDSC_2397.jpg黒姫高原コスモス園に行って来ました。満開からは少し時間が経過したような感じででしょうかネ?でも黒姫山の中腹に広がる園からは野尻湖、斑尾を見渡す広大な景色を楽しむことが出来ました。
遠そうで実は近い黒姫。クルマで1時間もかかりません。



総合会館98 = 志賀高原のビジターセンター
unsDSC_2382.jpg志賀高原の中心部蓮池地区にあるビジターセンターはぜひお勧めしたいスポットです。
道路上の案内標識にはそれらしい施設を示すものは一切ありませんが、


「総合会館98」


の表示が大きく掲げられています。
実はこれがビジターセンター。
しかし他所から来た人に「総合会館98」なんて表示しても何のことだかさっぱりわかりませんよね? でもだまされたと思ってぜひ足を運んでみてください。自然に関することはもちろん、長野オリンピック記念資料館までもが併設された、充実した展示内容にきっと驚くはず。入館はもちろん無料です。

さて!これからその志賀高原に紅葉の調査に出かけてきますネ。



1日1回押してね!


廃村探訪
ここ飯山南部の山間部には廃村となってしまった集落がいくつか点在しています。柳久保、堀越、沓津など。。。
その中でも一番のお勧め(?)は沓津(くっつ)。雪の重みで潰れてしまった茅葺家屋、小学校分校、火の見やぐらなどの【遺構】が集落の中に点在しているのですが、ただ一軒、夏場の農作業小屋として人が出入りしている民家が現存しているのです。
茅葺の屋根は一部が陥没し、住居としては使えそうもありませんが、昨年、一昨年の豪雪にも耐え忍んだ立派な茅葺家屋です。
沓津までの道は大変狭く、ダートも混じるため、3ナンバー車(全幅1700mm以上)の車は通行できません。軽自動車または二輪車でどうぞ。
沓津にほど近い堂平は辛うじて現住世帯がありますが、雰囲気は沓津にそっくり。こちらも合わせて訪れてみては如何でしょう?

【沓津廃村】
DSC_R2474.jpgDSC_R2472.jpgDSC_R2471.jpg

DSC_R2467.jpgDSC_R2466.jpg


各ギヤ&速度の関係
YB-1を扱う各ネットサイトを見ていると、ギア比が低すぎるという意見がとても多いようです。
しかしながら、それぞれの使用者の居住環境によっては一概にもそうは言えないような気がしてきました。

確かに1速はすぐに吹けあがってしまって、ゼロからの素早い加速には全く役に立ちません。
特に、信号待ちからのダッシュでそれなりの加速の求められる都市部ではそのギア設定はまさに「足枷」。
しかしここ木島平の田舎にあっては、実はそれがかえって都合が良かったりします。

たとえば細い砂利道を走らなくてはならないとき、田んぼの畦をゆっくり通過しなくてはならないときなど、「超低速」での使用が行われるような場合、ノーマルの1速ギア比がかえって重宝します。

どうやら

アイドリング状態でもエンストすることなく人の歩く速度で前進出来る

というのが、このマシンにおける1速ギア比設定の狙いのようです。

そして4速のギア比もしかりです。
法令上の50cc原付の最高速は30kmと決められていますが、実際は時速40km程度のスピードは普通です。(40km未満であれば取締りの対象にならない)

とあるサイトに掲載されている「各ギアの回転数ごとの最高速度表」によると、時速40kmにおける回転数が5800回転なのだそうです。
その一方でメーカー発表の最大トルク発生回転数は6000回転。

まさに一般的な常用速度域がまさにこのマシンのトルクバンドであるということなんです。

なるほど納得。田舎では信号のスタートダッシュは全く必要がありません。一時期はスプロケを交換しようかなと考えた時期もありましたが、やっぱりノーマルが一番なような気がしています。

みゆき野の田舎を走るには最高のマシンなのであります。(笑)


憧れになる北海道
【前回からの続き】

これまで何度も足を運んだ北海道。さすがにもはや「憧れ」の地ではなくなってしまいましたが、手段を変えれば初めて足を踏み入れたときのような新鮮な気持ちになるに違いありません。

いざ原付で北海道に渡るとなると、これまで車で往復していたやり方では対応ができなくなってしまいます。

まず往復のフェリー。

ここ北信州から原付で北海道に渡ろうとする場合、考えられるのは、新潟からフェリーに乗ることですが、宿屋を営む私に与えられる時間は、日曜午後から金曜夕方までのごく短い日数なのです。
与えられた時間を最大限有効に活用しようと思えば、日曜日発のフェリーに乗ることですが、日曜日に運航している長距離フェリーはほとんどないというのが実情。

なので、これまでは日曜にお客さんを送り出した後、自走して青森まで行ったりしたものですが、原付には到底不可能な業です。

そこで考えたのが

トランポ

しかも出航地は宮城県仙台。なぜなら日曜日に北海道向けに出航するのは仙台/苫小牧のたった一本だけだからなのです。

ところがこの航路、原付にとって大変有難いことに、航送料金はたったの2800円。新日本海Fよりも、商船三井よりも、どこよりも安い料金設定なのです。

船は豪華、メシも美味い。客船並みのアトラクションもある。
そんな非の打ち所のないフェリーにもかかわらず、もっとも安く乗れる方法。それが原付で乗船することにほかなりません。

【続く】

unsDSC_1364.jpg



↑↑↑↑↑ブログランキング参加中です。気になる順位は今いくつ?ぜひ押してお確かめください。



皮算用。。。
【前回からの続き】

原付バイク導入の最大の狙いは経費節減でした。
毎年行われれる、この北海道買出し旅行においても原付の威力がいかんなく発揮されるチャンスでもあります。

クルマでの移動と原付での移動。どれくらい費用が違うのかをためしに計算してみました。(HTML変換がうまくいかなかったため変な表になってしまっています。ご勘弁ください。)

移動区間距離想定燃費燃料単価燃料コスト運賃・航送料金
木島平/仙台往復(クルマ)660101258250
仙台/苫小牧往復(フェリー)45980
道内移動(クルマ)900121259375
合計1762545980
63605
移動区間距離想定燃費燃料単価燃料コスト運賃・航送料金
木島平/仙台往復(クルマ)660101258250
仙台/苫小牧往復(フェリー)19380
道内移動(バイク)900651492063
合計1031319380
29693


それぞれ上半分がクルマで移動した場合、下半分が原付で移動した場合です。やはり航送料金に大きな差が出ています。そして道内を走行する経費もこれまた「雲泥の差」です。

総合計で云えば、約35000円の差がつくことになり、北海道旅行2回で原付バイク導入費用の元がとれてしまうことになります。

原付の場合、積載量が限られるので買出し品をある程度宅配便で送る必要がありますが、それでも数千円のレベル。
やはり30000円以上の差は間違いありません。

楽しい上に、経費節減にも大きく貢献。

原付、最高です!【おしまい】



↑↑↑↑↑ブログランキング参加中です。気になる順位は今いくつ?ぜひ押してお確かめください。


あまりの大雪、バイクネタがなくて困ってんな。
そんなささやきが聞こえてきそうですが、ところがどっこい!

昨日は4km離れたホームセンター「コメリ」へ、今日はツアーから戻り夕食の片づけが終わった後に1km先の観光交流センターへ、切らしていたパンフの補充に行ってきました。

路面が凍っていない限り、いつでも乗れるんです。
uns20071124194.jpg



↑↑↑↑↑ブログランキング参加中です。気になる順位は今いくつ?ぜひ押してお確かめください。



星のブランコへ
実家のある大阪府交野市は府内北東部生駒山系に隣接するみどりあふれるまち。

昨日は府民の森園地内にある「星のブランコ」に行ってきました。往復2時間のちょっとしたハイキングでした。

紅葉がまさに見ごろでありました。

今日は散髪&電車に乗りに行ってきます。何処へ行こうかな。。。。
京都に行って来ました
昨日は学生時代のゼミのOB会がありまして、京都に行って来ました。

実家から普通に切符を買って往復すると1200円かかるのですが、せっかく行くのだからと

嵐山1DAYきっぷ
なるものをGETして京へ向かいました。

この切符は京阪全線(大津線除く)と阪急河原町~桂~嵐山、京福電車全線が一日乗り放題というスグレモノ。

一日の足取りは。。。
【往路】
私市~枚方市~四条~河原町~桂~嵐山~帷子ノ辻~御室仁和寺~等持院~現地着
【復路】
北野白梅町~帷子ノ辻~四条大宮~河原町~四条~出町柳~枚方市~私市

でありました。

さすがに京都の紅葉シーズン真っ盛りの土曜日。嵐山は人また人!
しかし一歩奥に足を踏み入れればそこは静寂の都風情にあふれていました。
特に御室仁和寺の木造駅舎の雰囲気は最高。木造のニス塗りベンチにひとり佇み、普通とはまた違った都風情を感じておりました。

京都に行っても結局私は

木造駅舎テツ!

なんですね。

ゲレンデを突っ走るYB-1 ②
現在のスキー場の積雪は20cmくらいでしょうか?来週の土曜日はいよいよスキー場OPEN。それまでは気温が下がった夜にはマシンを動かして人口雪を積もらせるそうです。
そうなればいよいよこの道も通れなくなります。

そういえば昨日、スーパーの駐輪場でスノータイヤを装着したカブを見かけました。見た目はスタッドレスタイヤそのまんま。

思わずほしくなっちゃいました(^0^)
arukeDSCN1302.jpg




↑↑↑↑↑首位返り咲きを目指し、貴方の清きひと押しを~!!




カテゴリー