FC2ブログ
FC2カウンター

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

 ↑  ↑  ↑
ブログランキング参加中!
1日1回クリック下さいネ!

最近の記事

月別アーカイブ

リンク

★たびたび君を応援しよう

このブログをリンクに追加する

北信州木島平 夏も近づく2020 
旅と家族と日常を綴る宿主の徒然なる日記☆☆
旅の終わりはB777-200
空港での待ち時間は、旅の余韻に浸る時間でもある。
普段の生活では存在し得ない、異空間に身を置き、旅を振り返る。

しかし今回はそんな余裕は存在しなかった。

しかし機内のシートに身を預けると、夕方以降の慌しい時間が嘘のようにも感じられ、私は次第に落ち着きを取り戻していった。

スターバックスコーヒーを注文し、公設市場で買ったバタークリームケーキをほおばる。
本土ではまず見られないピンクに着色されたクリーム、真っ赤なチェリーもどきのゼリーのトッピング。
移動の慌しさを物語る潰れた表面。でも味が変わるわけではない。
CIMG1635.jpg

沖縄の味である。

往路と同じく、子供達にはおもちゃのプレゼント、そしてCAさんにサインを頂いた。
CIMG1637.jpg

aa5.jpg


CIMG1638.jpg

ジェット気流に乗る東京行きは時速1050kmを超える。所要時間も2時間程度と、あっという間のフライトである。

上空での待機もなく、夜景を見ながら、機体は東京湾南からの進入でダイレクトに34Lに着陸。
2時間前までの南国が嘘のような、寒空の羽田空港であった。

CIMG1639.jpg

出発便もすでに終わり、閑散とした空港ロビー。思い出が詰まった大きな荷物をカートに積んで移動する。
あっという間の4日間、夢のような4日間が終わろうとしていた。

暫くは沖縄の話題が尽きないだろうが、それもまた悪くはない。
旅の準備がワクワクするのと同じく、旅の余韻もまた欠かすことはできない。

それから木島平まで290km、眠気と戦いながら、ひた走り家にたどり着いたのは3時前のことであった。
浅い眠りに見る夢は、子供達もきっと沖縄の光景だったに違いない。

またいつの日か、家族皆で再訪できることを祈ることにしよう。

オキナワ、サイコー!!


沖縄旅行記を時系列でご覧になりたい場合は⇒こちら
12月17日は沖縄フェア!!
一泊二食5400円(YH会員)にて夕食・朝食ともに沖縄一色で大盤振る舞いいたします!
家族全員で仕入れた現地の厳選食材をたくさんお召し上がりいただきますよ~★



スポンサーサイト



超ギリギリセーフ!
牧志公設市場で買い物を終えたのは17:45.駐車場まで移動し、大急ぎでレンタカー営業所に向かう。

少々、いや、かなり焦りが出てきたというのが偽らざる心の内である。1分1秒が貴重な時間となって刻々と過ぎてゆくが、時計の針を止めることはできない。

赤信号の待ち時間がいつもの何倍にも感じられる。

幸い渋滞はさほどでもなく、18:20に営業所着。返却手続きを進める。しかし荷物があまりに多すぎて荷支度に手間取る。営業所発は18:35。出発時間まで30分。
そこにnaomomoさんからの電話が入る。

===

>>naomomoです~!今何処ですか? 何とか見送りに行けます~!

>>まもなく空港や。

>>ガハハハハ!!!

===

大笑いされてしまったが、こちらは深刻である。冷や汗がドンドン出てくる。
もはや写真を撮る余裕など何処にもない。

空港着18:45.チェックインカウンターでの荷物預けはギリギリセーフ。

そこにnaomomoさん登場。

ゆっくり話している時間はないはずだが、せっかく見送り来てくれているのに話さないわけにはいかない。
係員はさっさとしろとばかりに急かすうちにやがて。。。。。

===

ANA136便で東京羽田へご出発のナカムラサマ、お急ぎXXゲートへお越しください。

===

会話はそこでTHE END.
誘導の係員からは走るように促され、「どうなさいましたか?乗り継ぎか何かですか?」と尋ねられるが、理由などはない。単にヒコーキに乗りなれていないだけで、時間に余裕を持った行動ができなかっただけなのである。



沖縄旅行記を時系列でご覧になりたい場合は⇒こちら
12月17日は沖縄フェア!!
一泊二食5400円(YH会員)にて夕食・朝食ともに沖縄一色で大盤振る舞いいたします!
家族全員で仕入れた現地の厳選食材をたくさんお召し上がりいただきますよ~★

金城石畳~サンエーメインプレイス~国際通り~牧志公設市場
首里城の駐車場を出たのは15:15、どうしても立ち寄りたかった金城の石畳にたどりついたのは15:30.
CIMG1630.jpg

そこからサンエーに向かい、大急ぎで沖縄食材を買い込んだ。
CIMG1631.jpg


国際通りでの買い物時間を最大限に確保するため、とにかく急ぐ!急ぐ!

サンエーメインプレイスを出たのは16:15、ようやく国際通りにたどり着いたのは16:25。フライト時間が19:05ならば、レンタカー返却のリミットは18:15と目論んでいた。

40分間国際通りで土産の物色、17:30頃に牧志公設市場に移動し肉類の買出し。
CIMG1632_20111215220239.jpg

CIMG1633_20111215220239.jpg

CIMG1634.jpg


沖縄旅行記を時系列でご覧になりたい場合は⇒こちら
12月17日は沖縄フェア!!
一泊二食5400円(YH会員)にて夕食・朝食ともに沖縄一色で大盤振る舞いいたします!
家族全員で仕入れた現地の厳選食材をたくさんお召し上がりいただきますよ~★



海中道路~首里  
辺野古を後にして高速道路に乗る。
うるま市の浜比嘉島海中道路へ向かった。子供達は貝殻拾いが十分でないらしい。
昼頃はちょうど干潮の時間帯で、遠浅の海岸ではそれなりの収穫が期待できる。

時間が少々押しているのは承知で、海中道路上の道の駅近くの海岸で15分間の貝殻拾いタイムを確保した。
外は雨なのだが。。。。。。

最後の貝殻拾いは結局不発に終わったようだ。沖縄北ICから再び高速に乗り、終点の首里へと到達。時間は14:30。この時点ではまだ余裕があると信じていたので予定通り首里城見学へ。
CIMG1627.jpg

CIMG1629.jpg




沖縄旅行記を時系列でご覧になりたい場合は⇒こちら
12月17日は沖縄フェア!!
一泊二食5400円(YH会員)にて夕食・朝食ともに沖縄一色で大盤振る舞いいたします!
家族全員で仕入れた現地の厳選食材をたくさんお召し上がりいただきますよ~★



最北端からの大移動作戦
いよいよ沖縄をあとにする日がやってきた。
フライトは19:05発と遅いので、そこまでして急ぐ必要はないのだが、最終日ゆえに最大のミッションである沖縄フェアの買出しや、国際通りでの買い物時間も確保せねばならない。あと、首里城の見学時間も必要である。

まずは辺戸岬
CIMG1625.jpg

大宜味、許田の道の駅に立ち寄り、AWへ。英時のリクエストでオニオンリングを買い求めるためである。
ドライブスルーではなく、ガソリンスタンドのような構造。車の中から注文し、店員が商品をクルマまで持ってきてくれる仕組みである。
だが、決して効率的ではない。電車の車掌のようにつり銭バッグを持ち歩いているわけではないので、お金を渡した後、店員はそのつどつり銭を取りに店にUターンするのである。
店内での精算に使えるEDYもここ「ドライブスルー」では使えないのだ。
CIMG1628.jpg


峠を越えて東海岸に移る。

映画・ホテルハイビスカスのロケ地・辺野古集落である。
CIMG1626.jpg

この時点ですでに正午。少々焦りが出てきた。


沖縄旅行記を時系列でご覧になりたい場合は⇒こちら
12月17日は沖縄フェア!!
一泊二食5400円(YH会員)にて夕食・朝食ともに沖縄一色で大盤振る舞いいたします!
家族全員で仕入れた現地の厳選食材をたくさんお召し上がりいただきますよ~★



海山木の朝
散策から戻ったのは8:05.
すでに朝食の準備は整っていた。

昨晩と同じく囲炉裏の間でいただく。
CIMG1616_20111215205500.jpg

CIMG1617_20111215205503.jpg

デザートにはスターフルーツとドラゴンフルーツ。口を紫に染めてほおばる春花。
CIMG1618.jpg

お土産に貝殻とコーヒーの苗木をいただいた。
奥地区の朝
6:20に起床。
まだ薄暗かったが浜に出てみることにした。

子供達とおかあさんは、機会を見つけては浜での貝殻拾いに没頭。ここ奥でも同じであった。
CIMG1615.jpg
私は貝殻拾いには興味がなく、そのつど柚花の子守役である。

朝食まで時間があったので、奥集落を散策。

朝6:30から開いている共同店。
沖縄の朝は遅いという先入観は必ずしもそうではないようである。
CIMG1614.jpg
ここでやんばる産のお茶と紅茶をゲット。

奥集落散策
CIMG1620.jpg

CIMG1613.jpg

CIMG1623.jpg

CIMG1621.jpg



沖縄旅行記を時系列でご覧になりたい場合は⇒こちら

12月17日は沖縄フェア!!
一泊二食5400円(YH会員)にて夕食・朝食ともに沖縄一色で大盤振る舞いいたします!
家族全員で仕入れた現地の厳選食材をたくさんお召し上がりいただきますよ~★



民宿海山木
昨年に続いて二回目の宿泊となる民宿海山木(みやぎ)は、国頭村の最北の集落・奥にある。
オキナワで一番寒い地区とされ、伝統的民家が密集する古きよき沖縄の風景が広がる場所である。

CIMG1619.jpg

食事はかやぶきの囲炉裏部屋で食べるのがならわしである。
CIMG1611.jpg

沖縄の食材をふんだんに使用したヘルシーな皿の数々。
CIMG1610.jpg

名物宿主さんは風邪のためダウン、品のいい美人奥様がひとりで応対してくれた。

食後は部屋でくつろぎタイム。
CIMG1612.jpg

最後の夜がふけていった。。。。。


沖縄旅行記を時系列でご覧になりたい場合は⇒こちら

12月17日は沖縄フェア!!
一泊二食5400円(YH会員)にて夕食・朝食ともに沖縄一色で大盤振る舞いいたします!
家族全員で仕入れた現地の厳選食材をたくさんお召し上がりいただきますよ~★




沖縄のコーヒー農園
満腹状態が解消しないまま国頭村から東村へ移動。目指すは県道沿いにあるコーヒー農園兼カフェ。

日曜日とあって多くのお客さんでにぎわっていた。
CIMG1607.jpg

CIMG1606.jpg

CIMG1604.jpg

裏手はコーヒー農園。
CIMG1605.jpg
木のオーナー制度もあるらしく、一本一本に名札が。

販売コーナーの横は焙煎室になっていて、カラメルのあまーい香りが漂う。
CIMG1608.jpg

焙煎方法は珍しい石焼焙煎
市販の土鍋を空焚き状態にして泡だて器をかませた自作かき混ぜ器で、自動で回転。
CIMG1609.jpg

アイデア賞モノである。

沖縄旅行記を時系列でご覧になりたい場合は⇒こちら

12月17日は沖縄フェア!!
一泊二食5400円(YH会員)にて夕食・朝食ともに沖縄一色で大盤振る舞いいたします!
家族全員で仕入れた現地の厳選食材をたくさんお召し上がりいただきますよ~★




オキナワンスーパーマーケット
オキナワ旅行の楽しみといえば、青い海ももちろんだが、本土では見られない町並みや建造物もまた見逃せない。
もちろんそれは琉球伝統古民家だけを指すものではない。

コンクリ造りの四角い建物もまたレトロ感あふれていて、「ヤマトんちゅ」にとってはものめずらしいものである。

英時の宿題で必要な漢字ノートが不足したので国頭村のスーパーマーケットに立ち寄った。

国頭スーパー
CIMG1601.jpg
どこか東南アジアの雰囲気の漂う、沖縄昭和レトロな建物といえるかもしれない。

道の駅ゆいゆい国頭に立ち寄りブルーシールアイスを食べて。。。。
CIMG1602.jpg
次は東村へ向かった。


沖縄旅行記を時系列でご覧になりたい場合は⇒こちら
12月17日は沖縄フェア!!
一泊二食5400円(YH会員)にて夕食・朝食ともに沖縄一色で大盤振る舞いいたします!
家族全員で仕入れた現地の厳選食材をたくさんお召し上がりいただきますよ~★




プロフィール

なかむら@みゆきの

Author:なかむら@みゆきの
高社山麓みゆきの杜ユースホステル
を営んでいます。
当サイトでは、地元民ならではのお勧めツーリングルート、温泉、B級グルメなどを宿主自らが実走調査を敢行!信州ドライブ&ツーリングにお役立てください。




【旅の記録】
北海道ツーリング2008
北海道ツーリング2009
北海道ツーリング2010
北海道ツーリング2011
北海道ツーリング2012
沖縄八重山紀行2008
沖縄八重山紀行2009
沖縄バイクツーリング2010
沖縄家族旅行2011
栂海新道縦走記2012
沖縄買出し旅2012
沖縄買出し旅2013夏
大阪帰省の鉄道旅2013
沖縄買出し旅2013冬
アメリカ横断2014春
北海道ツーリング2014
沖縄買出し旅2014
アメリカ横断2015
北海道乗り潰し2015冬
家族で沖縄2015冬
タスマニア周遊2016
Overland Track2016
北海道2016夏ドライブ
スペイン巡礼2016冬
タスマニア2017春
北海道2017夏
スペイン巡礼2017冬
瀬戸内旅2018春
日本南北縦断2018冬
瀬戸内旅2019春

カテゴリー