FC2ブログ
FC2カウンター

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

 ↑  ↑  ↑
ブログランキング参加中!
1日1回クリック下さいネ!

最近の記事

月別アーカイブ

リンク

★たびたび君を応援しよう

このブログをリンクに追加する

北信州木島平 夏も近づく2020 
旅と家族と日常を綴る宿主の徒然なる日記☆☆
快適田舎道!
黄金色に染まった千曲川沿いの水田がとても美しい季節になってきました。

117号線バイパス(矢垂大橋)は千曲川を俯瞰し、旧117号線(谷街道)は川に沿うように続く田舎道です。

どちらもドライブ&ツーリングにはとても気持ちの良いルートですが、特に旧国道は交通量も極端に少なく、千曲川の流れを見ながら、二輪車でぼちぼち流すのがお勧めです。

谷街道

矢垂大橋




1日1回押してね!



スポンサーサイト



気分はプチ北海道
明日は天気が悪いというので、代車「ミラパルコ」でショートドライブに出かけました。この道は志賀高原・湯田中方面からウチへ走ってこられる方にもお勧めできる、宿への最短かつ景観に優れるルートです。

国道403号線須賀川地区から木島平村へのショートカットする道で、木島平村らしからぬ広大な牧場の脇を貫く道は2003年に開通した高規格の広域基幹農道です。緩やかなカーブと幅広の道はちょっとした北海道気分が味わるかも??
入り口はちょっとわかりづらいですが、望月商店そばの交差点(信号なし)を左へ曲がればプチ北海道ツーリングのはじまり!
unsDSC_2019.jpg



そしてホテルシューネスベルクの先の交差点(やまびこの丘公園分岐)を左へ曲がれば木島平スキー場のゲレンデ内を貫くこれまた快適ロード。遠く信越国境の関田山脈を見下ろす絶景が広がります。スキー場をかわせば宿まではあと3kmです。
unsDSC_2018.jpg



1日1回押してね!更新の励みになります!



高社山麓広域基幹農道
20070913032.jpg
隣の中野市方面から、クルマまたはバイクでアクセスの方へ、眺望抜群の快適ロードをお教えしましょう。国道292号線沿いのスーパーAEON(ジャスコ)の先の信号を左折、ブドウ畑の中をしばらく走ると「高社大橋」を渡ります。WEBマップには道の表示がありませんが、橋を渡りきった先にもまっすぐな広い道が続いており、そのまま直進しますと、高社山の中腹に広がる果樹園を貫く広い農道に入ります。この道は昨年全線舗装開通したばかりの、遮るものがまったくない大変優れた眺望を誇る広域基幹農道。 終始千曲川や北信五岳を見ながらの爽快ツーリングをお約束します!


20070913031.jpg
農道の終点は突き当たりの交差点になっていて、左へ曲がれば飯山市街地へ、右へ曲がれば「牧の入スノーパーク」を経由する当宿への最短ルートとなります。
高速道路でお越しの方!晴天時はぜひ信州中野IC(宿に最寄のICはひとつ先の豊田飯山IC)で降り、この広域基幹農道を走ってみてください。マジ、良いですヨ!


(かつての)奥志賀スーパー林道
20070913021.jpg

オフロードフリークの間で人気だった、かつての「奥志賀スーパー林道」。(現在は県道奥志賀公園線) 2001年に完全舗装化され、現在は誰にでも楽しめる快適なドライブ&ツーリングルートとして定着しています。



20070913023.jpg長野県下水内郡栄村箕作を起点に奥志賀高原までの延々80kmにも及ぶ、山また山のブナ街道でもあります。今回【9月13日】は最も手軽で快適な区間ともいえるカヤの平~奥志賀高原までを走りました。途中雑魚川渓谷に寄り添うように続く道は急カーブも少なく、至って平和で快適なトレールです。

20070913024.jpgしかし今年はいつまでも暑い!岩菅山の山頂付近に目をやっても、まだまだ夏山の様相です。この分だと、奥志賀公園線沿線の紅葉の見ごろは10月15日頃になりそうですネ。



信州から日本海が!
unsDSC_2188.jpg長野新潟県境の関田山脈には何本もの峠道が貫かれています。その中でも一番のお勧めルートが関田峠です。
鍋倉山の北、標高1000m強の峠道は道幅も広くバイクにはもってこい。眺望も素晴らしく、おまけに日本海まで見渡せる絶景ルートとなっています。今日昼前に「たびたび君」を連れて走ってきましたが、遠く佐渡島まで望むことができました。頚城平野の水田はすっかり黄色に染まり、秋本番を感じる一日となりました。

unsDSC_2168.jpg 大神楽展望台より高社山を望む




unsDSC_2175.jpg光が原高原牧場より頚城平野&日本海
たびたび感激ィ~!!





1日1回押してね!



快適カントリーロード!みゆき野ライン
>unsDSC_2138.jpgみゆき野ラインと呼ばれる広域基幹農道は特にバイクの人には超!オススメです。戸狩スキー場の前を通過してその先の集落「温井」を起点に柄山まで続く約7kmの道は交通量も極端に少なく、かつ道幅が広い快適そのもののルートです。



unsDSC_2143.jpg途中深い谷を3つ大きな橋で越えてゆく高規格道路は、特に紅葉の時期には穴場絶景スポットしてもかなりのお勧め!
特に起点である温井から970m区間は、ほぼ平坦の(厳密には3‰下り勾配)一直線道路で、晴れて空気の澄んだ日には越後三山まで見渡すことのできる気持ちのいい道。昨日紹介した「関田峠」とセットでぜひ試してみてくださいネ。

志賀草津道路
unsDSC_2445.jpg

いよいよ連休です!やはりこの時期、日本有数の山岳展望と紅葉を楽しめる志賀草津道路をはずすわけにはいきませんね。
例年と比べると色づきは遅めなので、再来週半ばくらいまでは、同沿線上でも十分紅葉を楽しむことができそうです。

いよいよ原付バイクは明日到着。ビッグホーンに代わって紅葉取材撮影車として大活躍してくれそうです。

毎日通っちゃおうかな(^_^)志賀高原。。。。 *写真は10月4日撮影。志賀草津道路山田峠付近にて。

紅葉&絶景ダート

万座峠から七味温泉に抜ける山田入林道。断崖絶壁を切り開いて造られた砂防&治山事業用の道路なのですが、これがまた物凄い高度感のあるダート路となっています。
平成16年、そして18年の相次ぐ土砂災害で通行止めの連続でしたが、今年工事が終了し、一般車の通行が解禁になりました。
走って面白い道であるのと同時に、「断崖」というロケーションがもたらす特上の紅葉ロードでもあります。
オフロード派には特に強くお勧めしたい林道No.1であります。(マジで。。。)
DSC_2519.jpg

DSC_2522.jpg
いずれも10月8日13時ころ撮影。



1日1回押してね!


奥志賀スーパー林道
今日は所用で津南に行ってきました。そのまま国道を走るのも芸がないので、カヤの平から県道奥志賀公園線(奥志賀スーパー林道)を経由して向かうことに。
昨日の「道の秘境」ツアーでその途上の紅葉があまりに綺麗だったもので、もう一度この目でしっかり確かめてきました。

ここの沿線の紅葉のピークは15日現在、標高1500m付近。赤、黄、橙のそれぞれが実に見事なコントラストを奏でています。
unsDSC_2766.jpg


野沢温泉の毛無山付近はあともう一息といった感じですが、ブナの黄葉はところどころで大変な色鮮やかさを見せてくれています。
unsDSC_2778.jpg



途中濃霧が発生し、霧雨も落ちてきたのでのんびり撮影する時間がなかったものの、同区間をはじめてバイクで走行し、その楽しさを大いに満喫。

適度なカーブとアップダウンの少なさがこれまた原付には申し分なし。
標高1400mくらいまでなら気圧低下によるパワーダウンもなんとか我慢できるレベルでした。

結局終点の栄村箕作まで走破、その後は国道117号線を津南町まで走り、帰りは千曲川沿いの谷街道(旧117号線)を通って戻りました。
unsDSC_2792.jpg


本日の走行キロ 142km 燃費 59.56km/L



↑↑↑ブログランキング参加中です。今日もひと押しお願いネ!



里山ダート

斑尾高原分道から飯山市南部北畑に通ずる堂平林道。山岳路というよりも、どちらかというと田舎の癒し系ダートです。特別長い道ではありませんが、はさ掛け用の棒だなが並ぶ、まことに昔懐かしいにおいのするのんびりした道です。
unsDSC_2854.jpg


細かい砂利または硬くしまった砂礫道です。
unsDSC_2856.jpg



↑↑↑ブログランキング参加中です。今日もひと押しお願いネ!


プロフィール

なかむら@みゆきの

Author:なかむら@みゆきの
高社山麓みゆきの杜ユースホステル
を営んでいます。
当サイトでは、地元民ならではのお勧めツーリングルート、温泉、B級グルメなどを宿主自らが実走調査を敢行!信州ドライブ&ツーリングにお役立てください。




【旅の記録】
北海道ツーリング2008
北海道ツーリング2009
北海道ツーリング2010
北海道ツーリング2011
北海道ツーリング2012
沖縄八重山紀行2008
沖縄八重山紀行2009
沖縄バイクツーリング2010
沖縄家族旅行2011
栂海新道縦走記2012
沖縄買出し旅2012
沖縄買出し旅2013夏
大阪帰省の鉄道旅2013
沖縄買出し旅2013冬
アメリカ横断2014春
北海道ツーリング2014
沖縄買出し旅2014
アメリカ横断2015
北海道乗り潰し2015冬
家族で沖縄2015冬
タスマニア周遊2016
Overland Track2016
北海道2016夏ドライブ
スペイン巡礼2016冬
タスマニア2017春
北海道2017夏
スペイン巡礼2017冬
瀬戸内旅2018春
日本南北縦断2018冬
瀬戸内旅2019春

カテゴリー