FC2ブログ
FC2カウンター

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

 ↑  ↑  ↑
ブログランキング参加中!
1日1回クリック下さいネ!

最近の記事

月別アーカイブ

リンク

★たびたび君を応援しよう

このブログをリンクに追加する

北信州木島平2020早春賦★ 
旅と家族と日常を綴る宿主の徒然なる日記☆☆
トワイライトエクスプレス 夢の展望スイート 乗車記
CIMG9893.jpg

「トワイライトエクスプレス」は、東の「カシオペア」と並んで、JR特急列車の「西の正横綱」。

誰もが一度は乗ってみたいとあこがれる、大阪発、札幌行きの日本国内では最長距離を走る寝台特急です。

車齢は40年近いのですが、徹底したリニューアルと、乗務員の他に類を見ないホスピタリティーの高さによって、登場から25年経過した今なお高い人気を保っています。

中でも大阪発の最後尾「展望スイート」は入手が極めて困難なプラチナチケット。
幸運にも今回、下り8001列車の「展望スイート」1号車1番の指定券を確保することができ、大阪の実家の両親を北海道旅行に招待したのありました。


乗車したのは3月下旬の某日。大阪駅10番ホームが旅立ちの舞台です。


入線は11時11分。発車は11時50分。40分もの長時間停車は長距離列車の始発駅ならでは。
この時間帯の大阪駅10番線は、トワイライトエクスプレスのために用意された特別なステージでもあります。


最後尾のスロネフはもちろん
4_20130331234326.jpg
美しく磨き上げられた先頭の機関車前にも大勢のファンが詰め掛けます。
普段クールな(?)父までが子供に戻ったように写真撮影に熱中。

6_20130401002119.jpg


1500kmもの長距離を走破する列車の運転は、10人以上の運転士によって支えられています。
区間にもよりますが、概ね2時間おきに交代、この日の8001列車運転士のトップバッターは、こちらの青年であります。
5_20130331234334.jpg

特に始発駅の運転士は、宮原操車場から入線までの運転も担当、大阪駅では40分もの間、運転席に鎮座しているので、その注目度は抜きん出ています。
業務内容は全く同じであるにもかかわらず、人知れず交代しながら運転する途中駅からの運転士とは、注目度は別格であり、鉄道ファンの目には、まるで後光が差しているかのように映るものです。(^_^)

発車までの間、あえて運転席とは反対側のプラットホーム側の助士席に座り、手を振り笑顔を振りまくファンサービスに終始。
あまりにニコニコしていらっしゃるので、

何処まで運転されますか?

とたずねたところ

敦賀までです。頑張ります!!(笑)

と応えてくれました。

一介の鉄道マニアのワタクシですが、運転士とこんな会話をしたのは生まれて初めてです。

トワイライトエクスプレスの高質なホスピタリティーは、食堂車クルーと2名の車掌によって支えられているのは周知の事実です。しかし、始発の大阪駅においては、時に運転士までもがホスト役となって接客にあたるという側面も見逃すことはできません。

もちろん全ての運転士がそうした「ファンサービス」を実施しているかは定かではありません。しかし、特別な列車の特別な出発の瞬間が、マスコンを握る運転士にそうした気持ちにさせるのでしょう。

実に微笑ましい光景でした。

サイン貰っておけばよかったなァ。。。(^_^)

そんな旅立ちの前奏曲を満喫しながら、改めてトワイライトエクスプレスが、日本一の旅客列車であることを実感。
否が応でも、旅立ちの高揚感は最高潮に達し、一同列車に乗り込みました。
CIMG9889.jpg


さて。

今回入手した、展望スイート1号車1番のチケットは両親に贈ったものです。もちろん私がそこで就寝することはありませんが、車掌さんには、日中、身内である私たちが入室することについては承諾を得ていました。
案の定、寝るとき以外は家族のリビングルームと化しました。(笑)

スイートルームの乗客には車掌の直筆サインを添えたフルネーム入りの乗車証明書がプレゼントされます。
普通は、検札の時に乗客本人に名前を尋ね、直筆サインをしたためるようです。

しかし、この日の担当車掌の藤井さんは、直接両親たちに名前を尋ねることなく、ワタシ経由で事前に名前を確認、サインし、渡してくれたのです。これぞまさにサプライズ演出。

家族である私たちにも格別の配慮をいただきまして、快適この上ないトワイライトの旅であったことは言うまでもありません。

感動するサービスとは、やはりどんな些細なことであっても、「親切であること」そして「予想外であること」に尽きると思うのです。

車掌さんも十人十色ですから、全ての人がこうした「サプライズ」を用意しているわけではないと思うのですが、特別な列車に乗務するという特別な気概は、他の列車にはない特別な感覚なのだそうです。

今から5年前、はじめてトワイライトエクスプレスに乗ったときの鮮烈な体験は、今なお私の宿経営理念の根底に根ざすものといえます。

トワイライトエクスプレス乗車記



早速子供たち、いや大人全員も大はしゃぎ。(笑)
藤井車掌が貸してくれた記念撮影用帽子をかぶって「ハイ!チーズ」
1_20130331234250.jpg

2_20130331234302.jpg


それでは下り8001列車発車!

スポンサーサイト



プレミアムランチ@食堂車・ダイナープレアデス
新大阪を出た列車は時速100kmほどの速度でゆっくりと北へとへ向かいます。
新快速が130キロなので、非常にゆったりとした滑らかな乗り心地です。
もともと静粛性に秀でた24系客車なので、東海道線の重軌条路線での乗り心地はピカイチといえます。

殊に、4号車のサロンカーの乗り心地は抜群です。
CIMG9894.jpg

この日は団体客もなく、常時静かなサロンカー。極上の空間が札幌までひたすら続きました。


しかも敦賀まで運転担当する運転士の腕が良く、停止、発進の振動が程よく抑えられています。
特に発車時の振動は、停止操作の瞬間の微調整がモノをいい、運転する人の癖が現れるものです。
しかし、鉄道ヲタクではない、妻や妹までが異口同音に「敦賀までの人は上手やった」と口にしていました。

電車と違って、動力が先頭の機関車に集中しているので、ある程度の衝撃はやむをえない部分もありますが、大阪駅で助士席側でファンサービスに徹していたあの若い運転士さんは、ファンサービスだけでなく、運転操作にも長けた職人だったのでした。

西大路付近で上りトワイライトエクスプレスとすれちがい。
CIMG9895.jpg

京都を過ぎると列車は湖西線にさしかかります。
うす曇の比良山麓を左に、かすむ琵琶湖を右に望む頃、ランチタイムがはじまります。

食堂車を連結、営業している列車は日本国内にはわずか3本しかありません。

カシオペア
北斗星
そしてトワイライトエクスプレス

しかし昼食を提供しているのはこのトワイライトエクスプレス、しかも札幌に向かう下り列車のみです。

「下りのトワイライトではランチを食べるべし」

もはやトワイライトファンの常識でもあります。

しかし13時の営業開始と同時に席が埋まってしまう人気ぶりで、28席しかない狭い店ゆえ、営業開始前の行列が必至です。8人の家族全員で一度に座席を確保すべく、12時45分に列に加わりました。

幸い13時開店で8席を確保することに成功、それぞれ好きなものを注文。

妻はマカロニグラタン
CIMG9858.jpg
手の込んだ濃厚なホワイトソースは、さすがにホテルテイスト。贔屓目ではなく本当に美味なる一品。

ビーフカレー
CIMG9859.jpg
フルーティーな味わいとコクに、一口ほおばった瞬間、違いを実感。カレー好きも納得するはずです。

オムライス
CIMG9860.jpg
名物オムライス。トワイライトのランチメニューの最大人気だそうです。
しかしその訳は食べてみて納得。家庭の味とは明らかに異なる、これまた「ホテルテイスト」でありました。

私はシーフードフライセット
CIMG9856.jpg

パンもホームメイド風な一品で、暖かい状態でサーブされるのがGOOD。
CIMG9857.jpg
マーガリンではなく、バターなところがスバラシイ!!

コーンポタージュスープも納得。
CIMG9855.jpg

サラダ
CIMG9854.jpg

楽しそうなランチタイム。動画でもどうぞ。


中村家のリビングルーム 1号車1番 
ランチが済む頃、列車は北陸トンネルへ。全長13800mの在来線日本最長の山岳トンネルです。
サンダーバードならここを8分弱で通過しますが、足の遅いトワイライトは10分ほどかけて通過します。

冬季なら、「トンネルを出るとそこは雪国」の世界が広がることも珍しくはない、福井県の嶺南/嶺北を分かつトンネルです。

この後はサロンカーと展望スイートを行ったり来たり。
CIMG9863.jpg
倶利伽羅峠付近にて。


グッズ販売にも熱心で、ついつい財布の紐も緩みがち。

子供たちにはステーショナリセットのほか、自家用にシュガーポット、ハンドタオル、オレンジカード、クリアファイル、メモ帳、その他諸々たくさんお買い上げ。

マドレーヌと珈琲がティータイムのお供となりました。

CIMG9861.jpg

そして17:30頃、列車が糸魚川を通過する頃、食堂車にてディナーの準備が整ったとの放送が入り、おじいちゃん、おばあちゃんが部屋を後にしました。


そう。これから1時間30分は木島平組と大阪の妹合計6人に占領されることになるのです(笑)


CIMG9862_20130401164127.jpg

CIMG9864.jpg










列車はまもなく直江津へ。
列車名の由来となる黄昏時(トワイライト)が車窓に展開する極上のひとときでありました。






客車列車ならではの特別な儀式
直江津には定刻に到着、ここで運転士交代、大阪から4人目へバトンタッチです。

運転士は昔は機関士と呼ばれ、電気機関車にも運転士のほかに機関助士が乗務していました。
車掌は2人乗務していますが、国鉄時代の寝台特急全盛時には6-7人もの車掌が乗務していました。

車掌長
専務車掌
乗客専務

じつに様々な呼称があったようです。

トワイライトエクスプレスの車掌は大阪車掌区の2人が青森まで乗務しますが、実は大阪車掌区においてトワイライトに乗務できるのは、厳しい審査を経て選ばれたほんの一握りの人でしかないそうです。

その一握りの車掌のひとりが、1号車に乗務する藤井車掌。
直江津駅で、発車までの一連の所作をビデオに撮らせてもらいました。


トワイライトエクスプレスの走行する1500kmの長丁場のおよそ1000kmを牽くのがEF81型電気機関車、津軽海峡線専用のED79型交流電気機関車、五稜郭から札幌まではDD51型ディーゼルエンジン機関車です。

動力が分散して搭載されている一般の電車と違い、乗客の乗る緑色の客車部分には動力は存在せず、先頭に立つ機関車によって「引っ張られ」ています。

機関車は車掌とは完全に隔絶されているために、乗務員間の連絡はすべて無線機によって行われます。
1号車の車掌がドア閉め操作を完了すると

9号車車掌が
客車側面のドア開赤色灯消灯を確認(側灯よし)
車掌室内の全ドア閉めランプ点灯確認(全閉灯よし)

を乗務員間専用トランシーバーで1号車車掌に連絡

1号車車掌が同じく、「側灯よし」確認、「全閉灯よし」確認。

続いて414MHZ帯のCタイプと呼ばれる別のVHF無線機で運転士に発車合図を送ります。

絶滅寸前の客車列車でしかみられない儀式なのです。

私の持っているアマチュア無線機の受信機能を使って交信の様子を聞くことができました。


北海道・五稜郭似て収録


下り8001列車運転士さんどうぞ

8001列車運転士ですどうぞ

8001列車発車!

黄昏時~闇夜。ねぐらの準備と静寂のサロンデュノール
直江津を出るといよいよ日没を迎えます。

上越高田の日没時間はちょうど18時。列車が日本海沿岸に差し掛かる頃、まさにトワイライトの中を列車が北へと少しずつ歩みを進めていきます。
電車特急よりも遅い100~110kmの速度域で、モーター音が聞こえてこない静かな車内です。



特にサロンカーの静粛性は信越線区間に入ってもピカイチでして、閑散期はBコンパートに席を確保し、ひたすらサロンカーで寛ぐというのもまた賢い選択肢といえるかもしれません。
CIMG9865.jpg




パブタイムが始まる前に、いつ寝てもOKなように、ベッドの用意。
スイッチひとつで上段ベッドが下に下がってきます。
CIMG9866.jpg




そして20時から予約しておいたシャワータイム。
シャワールーム使用時間は30分ですが、お湯の出る時間は6分。
CIMG9867.jpg


英時&私
春花&お母さん

の2組に分かれてまとめて浴びました。慣れないと「たったの6分?」と思われがちですが、途中で止めればカウントされませんので、意外と事足りるものなのです。

おじいちゃん、おばあちゃんはまだまだディナーの真っ最中。なんせ1時間半もかけてゆっくり楽しむフルコースなのですから。。。。。
サロンカーと1号車を行き来するには食堂車を通らねばなりません。長話は失礼なので、通り過ぎの振り向きざまに、さっと写真を一枚だけ。お邪魔しました!
CIMG9903.jpg




パブタイム@ダイナープレアデス
ディナータイムは予約制のフルコースのみですが、21時からは予約不要のパブタイムが始まります。

これに備えて、夕食は大阪駅であらかじめ仕入れていたおにぎり二つだけ。

ディナーを満喫した両親はすでに部屋に戻って眠りについていたので、我が家と妹の6人で食堂車へ繰り出すことにしました。

CIMG9908.jpg

CIMG9907.jpg

まずは飲み物。
大人はビール。子供はコーラ。

カンパーイ!!!


腹をすかせた一同、手当たり次第に注文しまくりです。(笑)

カマンベールチーズ
CIMG9870.jpg

ビーフピラフ
CIMG9871.jpg

ソーセージ盛り合わせ
CIMG9872.jpg

但馬地鶏の唐揚げ
CIMG9873.jpg

行者にんにくと蛸のスパゲッティ
CIMG9874.jpg

スモークサーモン
CIMG9876.jpg

自家製ピクルス
CIMG9875.jpg

どれもこれもハイレベルなのはいうまでもありませんが、ワタシ的にはビーフピラフが一番だったかもしれません。

開店と同時に着席し、食堂車を後にしたのは22時過ぎの酒田駅発車後。注文できる軽食類はすべて注文、ビールも3杯飲み干し、実に楽しい今宵のひと時でありました。


深夜の青森駅
パブタイムが終わると、サロンカーでまったり。

列車はやがて秋田県へと分け入り、さらに北上を続けます。

子供たちと大阪の妹は3人で、「限界まで起きておく」と気合が入っていましたが、お母さん、そして私は、秋田停車の手前でノックアウト、5号車の「自宅」に戻りました。

しかし

5号車の1&2番は、B個室の2部屋を間仕切壁をたたんで1つの部屋にしたものなのですが、たたんだ壁の収納と固定が中途半端ゆえ、曲線区間の多い羽越線ではガチャガチャ音を立てます。



お世辞にも安眠できたとは言えず、少々辛いものがあります。しかも台車の真上の区画ゆえに、普段からの振動もモロに受ける場所なので、これもちょっとマイナス。

羽越線、そして江差線区間での乗り心地を考慮するならば、車両中央部付近を選んで乗るのがいいでしょう。

いったん眠りについた私ですが、青森駅停車前に覚醒状態となり、再びサロンカーへ。

なんと子供たちはまだ妹とおしゃべりに夢中。

時は2時15分でありました。

北海道上陸
海峡線ではいったん静けさを取り戻した5号車1番でしたが、江差線では再び横揺れが激しくなり、起床せざるを得ず。

サロンカーの大窓からは、薄明の函館山が見え隠れし、五稜郭到着が近いことを知らされます。

無理やり起こされた感は否めず、皆まだまだ眠気まなこ。
2時半までおきていたのだから仕方ありませぬ(笑)
CIMG9877.jpg

五稜郭を発車する頃には若者組が全員サロンカーに集合。


七飯からの通称「藤城線」の上り勾配からは車窓左手に北海道らしい広大な眺めが展開します。

この景色には、今から25年前の1988年2月に、生まれてはじめて特急「日本海」に乗り、そして廃止間近の青函連絡船で北海道初上陸を果たしたときに遭遇したのが初めてですが、当時受けた衝撃は、いまなお鮮明です。



本州では考えられない広大な原野に家が点々とし、真っ白な雪原が最果ての北の大地を印象づけてくれたものです。

もちろん、北海道全土には、コレよりも遥かに大陸的な風景が 点在しているのですが、北海道初体験としては充分過ぎるシーンでありました。

そんな光景は今も昔もほとんど変わることがありません。

大沼はいまだに全面氷結。



駒ケ岳の美しい姿が一望できました。


駒ケ岳が車窓の後方に過ぎ去るころ、1号車1番へ朝のご挨拶。
CIMG9879.jpg



CIMG9878.jpg



本州北陸の光景とは全く違う、原野の中を2本の鉄路が後方彼方へ伸びていきます。


CIMG9880.jpg

大都会から、田園地帯、そして北の大地。
時間の経過とともに移り行く全く異なる光景を楽しめるのが、このトワイライトエクスプレスの醍醐味です。

おじいちゃん、おばあちゃんに話を聞いたところ、海峡線で機関車が付け変わった後は、機関車の走行音がかなり気になったとのこと。特に木古内より先でのゆれは、線路のカーブもあいまってかなり激しかったとの由。


「札幌発だったらかなり辛いな」

とこぼしておりました。(笑)
朝食@ダイナープレアデス
6時45分からの朝食は8人一斉時間で予約していました。

朝食の制限時間は30分と少々せわしないのですが、せっかくの食堂車なのですから、迷わず朝もここで食べると心に決めていました。

CIMG9882_20130407220633.jpg

ひでときは昨夜の暴食がたたって、ハムを一口食べただけでダウン。
おいこら!1575円もするだぞ!(笑/怒)

春花は元気いっぱいなるも、食べるのが遅すぎて、タイムーオーバーで、追い出されるように(?)退場。


CIMG9883.jpg

CIMG9884.jpg

でも。
このスクランブルは、下手なホテルのスクランブルよりもずっと美味しいんですよ。ホント。
CIMG9881.jpg

4月以降、朝食が劇的リニューアルしたようで興味津々。

食べたいな。。。。。。



終着札幌へ
朝食後はいったんみんなでサロンカーへ。
CIMG9885.jpg


そして荷物の整理のため、いったん自宅5号車へ。。
CIMG9886.jpg


お腹の調子を悪くし、睡眠不足もたたって寝込むひでとき。
CIMG9887.jpg


最後に1号車1番に全員が集結し、私はひたすら後方展望の動画をとりまくり。


定刻の9:52、長いようで短かったトワイライトの旅がここに終了。
CIMG9889_20130407221939.jpg

食堂車の女性スタッフと、JR北海道の車掌さん
CIMG9888.jpg

先頭の機関車前で。
CIMG9891.jpg

それはそれは楽しい、楽しい22時間でした。



プロフィール

なかむら@みゆきの

Author:なかむら@みゆきの
高社山麓みゆきの杜ユースホステル
を営んでいます。
当サイトでは、地元民ならではのお勧めツーリングルート、温泉、B級グルメなどを宿主自らが実走調査を敢行!信州ドライブ&ツーリングにお役立てください。




【旅の記録】
北海道ツーリング2008
北海道ツーリング2009
北海道ツーリング2010
北海道ツーリング2011
北海道ツーリング2012
沖縄八重山紀行2008
沖縄八重山紀行2009
沖縄バイクツーリング2010
沖縄家族旅行2011
栂海新道縦走記2012
沖縄買出し旅2012
沖縄買出し旅2013夏
大阪帰省の鉄道旅2013
沖縄買出し旅2013冬
アメリカ横断2014春
北海道ツーリング2014
沖縄買出し旅2014
アメリカ横断2015
北海道乗り潰し2015冬
家族で沖縄2015冬
タスマニア周遊2016
Overland Track2016
北海道2016夏ドライブ
スペイン巡礼2016冬
タスマニア2017春
北海道2017夏
スペイン巡礼2017冬
瀬戸内旅2018春
日本南北縦断2018冬
瀬戸内旅2019春

カテゴリー