FC2カウンター

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

 ↑  ↑  ↑
ブログランキング参加中!
1日1回クリック下さいネ!

最近の記事

月別アーカイブ

リンク

★たびたび君を応援しよう

このブログをリンクに追加する

旅と家族を綴る日記★ 
北信州・木島平でユースホステルを営んでいます。趣味はバイクと鉄道と山歩き。守備範囲の広さでは負けません(笑)
恒例・くびきの号でゆく新潟ラーメンツアー
お客さんの波が途切れたので、急遽新潟ラーメンツアーにでかけました。

車で新井駅まで走ってJRに乗り込む、いつものパーターン。

えちごツーデーパスを買い求め、いざ、快速くびきの号へ。












目指したのは宮内駅。

魅惑のしょうが醤油スープの正統派、青島食堂のラーメンです。

カウンター席しかない、とても狭い店内。
それでも11時過ぎには満席となります。



食券制で、いつもの「チャーシュー+チャーシュー100円増」をオーダー。
出てきたのがこれ。



とにかく旨いんですわ。私の中では醤油ラーメンナンバーワン。

お腹いっぱいになって、40分後に出る電車に乗って、長岡駅へ移動。





駅前のイトーヨーカドーで今夜の食料品を買い求め、駅中ショッピングモールCocolo長岡をブラブラ。

ちょうど母ちゃんの枕がヘタってしまって早く買い換えねばと思案していた中、無印良品のリーズナブルかつ高品質の羽毛枕を発見。1200円のラージサイズを買い求めました。


長岡での買い物のあと、上りのくびきの号で出発駅・新井へ・・・・・・







スポンサーサイト
新井からふたたび
きっぷは2日間有効です。

翌日も出掛けるつもりでいました。早朝のくびきの号で。

しかし、17時20分の列車でお越しのゲストの迎えがありますので、この日と同じ新井着1623で戻らなくてはなりません。

密かに企てていた、新潟最北の笹川流れを往復することは不可能です。

決定!

このまま、折り返しの快速で再び日本海沿岸を北上することにしました。


まずは柏崎。


ここから越後線。その中でも、柏崎~吉田間は、ワタシのなかでは信越地区のベスト3にランキングされるローカル線なのです。


吉田駅は弥彦線を串刺しするが如く立地しているので、ローカル線らしからぬ広大な駅構内。これぞ駅!な雰囲気が好きですネ。


連結美(^_^)と感じる人は、私だけではないはず。


吉田で新潟行きに乗り換え。




さあ、何処イク?

この日、新潟駅付近のビジネスホテル最安値は3000円。

でも、泊まりません。

最近、安宿の強力なライバルと目され、勢力を増す一方のネットカフェです。


椅子席、マッサージチェア席、マット席。畳席。
深夜帯に人気なのは、からだを斜めにすれば、完全に横になれるマット席。

入会金300円、8時間パック1500円、カレー200円。
一泊夕食つき2000円です。
カプセルホテルは全く太刀打ちできませんネ。





21時から4時15分まで滞在、仮眠しました。
新潟最北へ
眠りが浅いまま4:20にネットカフェを出て、新潟駅へ向かいます。

乗車するのは始発の4:56発村上行き快速。


新潟向けの通勤時間帯の回送の役割も果たしているので、6両編成と長く、途中駅の停車も申し訳程度。

通勤電車ゆえにロングシートのE127系。



はっきり申しまして、乗り心地はよくありません。コイルバネの115系の方が好感が持てます(^_^)

朝焼けが美しい越後平野。


村上まで来ると、平野も狭くなり、いよいよ県北の雰囲気。

ここからはキハ47の酒田行き普通列車。交直流電化区間をまたがるので、気動車による運転となります。



ワンマンではなく、いわゆる国鉄型。飯山線のキハ110に比べると旅情が引き立ちます。

村上を出ると間もなく沿線位置の景勝区間「笹川流れ」。




昨夜の雨がチリを洗い流し、粟島が手に取るように望めました。

昨年は県境の駅「府屋」まで行きましたが、この日のスケジュールだと府屋まで足を伸ばすと、折り返し列車が12分後にやってくることになります。
いくら「乗り鉄」とはいえ、12分では短すぎます。

少し手前の越後寒川で降りることにしました。6:30着。



駅はもちろん無人駅。

駅前には数軒の民家があるのみで、線路沿い反対側は国道7号線、そして海。
しかし海に出るには駅前の市道を大きく迂回しなくてはなりません。

何処にも行かずに駅前、そして駅構内をウロウロするだけ。



でも、この何もしない感じがたまりません。駅を肌で感じ、空気感を楽しむ。
まんが「鉄子の旅」で有名な横見浩彦氏の感覚そのものです。

この感覚、わかります?

わからないだろうな(笑)

つぎに乗る列車は7:03発の新津行き。
やがて通学の高校生が集まりはじめ、この列車が通学列車であることを知ります。



プロフィール

なかむら@みゆきの

Author:なかむら@みゆきの
高社山麓みゆきの杜ユースホステル
を営んでいます。
当サイトでは、地元民ならではのお勧めツーリングルート、温泉、B級グルメなどを宿主自らが実走調査を敢行!信州ドライブ&ツーリングにお役立てください。
【旅の記録】
北海道ツーリング2008
北海道ツーリング2009
北海道ツーリング2010
北海道ツーリング2011
北海道ツーリング2012
沖縄八重山紀行2008
沖縄八重山紀行2009
沖縄バイクツーリング2010
沖縄家族旅行2011
栂海新道縦走記2012
沖縄買出し旅2012
沖縄買出し旅2013夏
大阪帰省の鉄道旅2013
沖縄買出し旅2013冬
アメリカ横断2014春
北海道ツーリング2014
沖縄買出し旅2014
アメリカ横断2015
北海道乗り潰し2015冬
家族で沖縄2015冬
タスマニア周遊2016
Overland Track2016
北海道2016夏ドライブ

カテゴリー