fc2ブログ
FC2カウンター

プロフィール

なかむら@みゆきの

Author:なかむら@みゆきの
高社山麓みゆきの杜ユースホステル
を営んでいます。
当サイトでは、地元民ならではのお勧めツーリングルート、温泉、B級グルメなどを宿主自らが実走調査を敢行!信州ドライブ&ツーリングにお役立てください。


【旅の記録】
北海道ツーリング2008
北海道ツーリング2009
北海道ツーリング2010
北海道ツーリング2011
北海道ツーリング2012
沖縄八重山紀行2008
沖縄八重山紀行2009
沖縄バイクツーリング2010
沖縄家族旅行2011
栂海新道縦走記2012
沖縄買出し旅2012
沖縄買出し旅2013夏
大阪帰省の鉄道旅2013
沖縄買出し旅2013冬
アメリカ横断2014春
北海道ツーリング2014
沖縄買出し旅2014
アメリカ横断2015
北海道乗り潰し2015冬
家族で沖縄2015冬
タスマニア周遊2016
Overland Track2016
北海道2016夏ドライブ
スペイン巡礼2016冬
タスマニア2017春
北海道2017夏
スペイン巡礼2017冬
瀬戸内旅2018春
日本南北縦断2018冬
瀬戸内旅2019春

リンク

★たびたび君を応援しよう

このブログをリンクに追加する

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

 ↑  ↑  ↑
ブログランキング参加中!
1日1回クリック下さいネ!

最近の記事

月別アーカイブ

.
沖縄に一体何をしに来たのだ?
波止場食堂でお腹いっぱいになった後、岸壁の端っこに止めた車の中でたまった日記を一気に書き上げる。

外は相変わらずの雨。 2時頃ようやくエンジンをかけ次の場所へと移動。
とはいえ観光するわけにもいかず、ただひたすら南下。

途中農産物直売所に立ち寄りめぼしいものがないか物色をしてみたが、有名な柑橘類である「たんかん」はまだ先とのことで、何も買わずに退散。



普通のみかんは売られていたが、今我が家はみかんには困っていない。


結局、古宇利島へ渡るも、雨風が強まって、運転することさえできなくなり、そこでthe end。




何をしに来たのか全くわからない沖縄2日目が過ぎていった。


【イベント情報】
12月14日 第9回沖縄料理の会 泡波飲み放題つき!
料金=通常1泊2食つき料金のみ

夜明けとともに備瀬崎へ
とにかく風の強い夜だった。
眠りを浅く、何度も風の音で覚醒状態になる。
6時半頃ようやく空が明るみはじめ、人を開始した。



まずはファミリーマートで朝食のパンを買い求める。

沖縄でパンと言えばやっぱりぐしけんパン。
これは同社製品の、なかよしパンハーフ


これがハーフならフルは相当な大きさである(^_^)

ハーフでも充分多いので、半分だけ食べて、残りは明日の朝食用に取っておくことにした。

この今帰仁、本部、備瀬一帯は、昔ながらの家並み街並みが多く残っている。

思わず車を止めて脇道へ寄り道したくなるような雰囲気に満ちている。

こんな狭い路地や、



こんな古い商店。



私にとっては、まさにお誂え向きの場所である。

備瀬崎を含む本部といえば、一般的には美ら海水族館が有名だが、一人旅の今回においては、全く興味の対象外で、スルー。

やはり、備瀬崎と言えばやはりフクギ並木である。



車の通りも充分美しいのだが、一本奥に入った白砂の路地並木はさらに美しい。



朝早いこの時間は、住民が竹ぼうきできれいに履き清めている姿が目立つ。



まるで竹富島のようだ。



フクギ並木の1番奥まで行くと、広い駐車場になっており、すぐそばが海になっている。



海岸は平らな磯を形成しており、穏やかな海であれば、潮だまりに魚が観察できそうだ。



もし今度家族と沖縄を旅行する機会に恵まれたなら、ぜひここに連れてこようと思う。



【イベント情報】
12月14日 第9回沖縄料理の会 泡波飲み放題つき!
料金=通常1泊2食つき料金のみ

昼ごはんは前田食堂、とその前に。。。
備瀬崎の後は、運天港に向かった。

特別何の用事があるわけではないが、船好きの私としては、こうしたフェリー乗り場にどことなく魅力を感じるのものなのだ。



伊平屋島と伊是名島向かうそれぞれの村営カーフェリーが発着しているが、昨日からの悪天候で、いずれの船も運休となった。

船の姿のないターミナルは、全く人気がない。
出札窓口の事務員は、全く手持ち無沙汰である。

さてお昼ご飯は何にしようかと、いろいろ思案したが、前から気になっていた、国道沿いの前田食堂を目指すことにした。

いつも車が止まってていて、人気の食堂であることが伺えた。食べログによると、肉そばが超有名らしい。

決めた。

しかし時間はまだ少し早い。前田食堂は前日に訪れた、大宜味村津波地区のすぐ南側に位置する。

一瞬頭をよぎった。

津波地区の渋い散髪屋は今日も営業しているのだろうか。


ちょっと立ち寄ってみることにした。


島津理容館

館とは随分と瀟洒な店の名前である。


外の張り紙によると、定休は日曜日。営業時間は9時から2時までとのこと。

一般的に、行ったことのない床屋の敷居をまたぐという行為は、それなりの勇気を必要とする。ましてや、あまりに渋い店構えとこの立地だ。

しかし、 10月2日に角刈りにして以来、2ヶ月以上伸ばしっぱなしの頭もそろそろスッキリさせたい。しかも大阪を出発する前々日に髭を剃って以来そのまんまである。顔剃りもしてもらいたい。

勇気を振り絞って入ってみることにした。(^_^)

狭い店内の端の小上がりで横になっていた店主とおぼしき40半ば位の男性がびっくりしたように起き上がった。

髪切ってもらってもいいですか?

どうぞ

見たこともない人間が客としてやってきたことに、少々動揺を隠せない様子がうかがえる。

8畳程の非常に狭い店内は、まるで波照間島の民宿「たましろ」のように年季が入っている。

どうぞと促され、椅子に腰掛ける。
聞かれるまでもなく、板前さんのような角刈りにしてくださいとお願いする。

どこからお見えですか?

長野からです。いつもこの時期に旅行しに行きます。沖縄好きなんですよー。

なんでウチに?

と聞かれるまでもなく、


「この集落は前々から気になっていたんですが、昨日初めてちょっと中に入ってみたんですよ。
そうしたら、とても魅力的な床屋さんがあるの見つけて、今日改めてやってきました。」

と付け加えた。

きっと主人は納得したに違いない。たぶん(^_^)

さて、肝心のカットだが、角刈りをお願いした場合、そのカットの過程の多くをバリカンに依存するのが常である。

主人はバリカンを手に取り、後ろそして横を半分くらいまで一気に短く刈り上げた。

しかしその後はハサミに持ち替え、驚くほど丁寧にカットしてくれる。

ある程度切り揃えた後にも、シッカロールを用いてさらなる細かい調整を施す。

次第に打ち解けてきて会話が少しずつ進展する。

9家族には子供が4人いるそうだ。上が小学校4年、一番下が2才3ヶ月なのだそうだ。

2歳ですか、 1番かわいい時期ですよね。

互いの顔が一瞬ほころんだ(^_^)



顔剃りも非常に上手で気持ちが良く、
着席してから仕上がりまで1時間10分かけて入念に仕上げてくれた。

これだけやってもらって、お代はなんと2,000円。

なかなか感動的だったので、店内の壁をバックに写真を撮ってもらった。









特別行きたい場所があるわけでもなく、ただ漠然と放浪する沖縄一人旅。

こんな旅も悪くはない(^_^)

カテゴリー