FC2カウンター

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

 ↑  ↑  ↑
ブログランキング参加中!
1日1回クリック下さいネ!

最近の記事

月別アーカイブ

リンク

★たびたび君を応援しよう

このブログをリンクに追加する

旅と家族を綴る日記★ 
北信州・木島平でユースホステルを営んでいます。趣味はバイクと鉄道と山歩き。守備範囲の広さでは負けません(笑)
飯山から大阪まで
毎年恒例の沖縄フェアー買い出しの旅。
今年は6月に慶良間諸島を旅したので、当初は、この時期の沖縄行きは予定になかった。

しかし沖縄フェア自体は予定に組み込まれており、運良くジェットスター航空の超格安チケットが取れたので、予定を変更して沖縄へ向かうことにした。

今回は実家の大阪にいちど立ち寄って、関西空港から飛行機に乗ることにした。
せっかく大阪帰省するのに、素通りはもったいない。2~3日実家に滞在して、これまで行ったことのない土地を訪問してみようと考えたのである。

飯山から飯山線に乗り長野。

長野からは特急しなので名古屋まで。

飯山に住む者にとって木曽は異国の地そのものである。





曲がりくねったカーブを特急しなの体をくねらせながら突っ走る。おかげでスマホの見すぎて酔ってしまった。(^_^)

名古屋まで乗ったと書いたが、厳密に言うならば、名古屋の1つ手前で降りて鶴舞駅に降り立った。



地下鉄に乗って日進市赤池駅に向かった。


赤池駅から3キロほどの場所に、いつも買っているコーヒー豆の自家焙煎店がある。以前から気になっていたのだが、せっかく名古屋を通るのだからと、是非立ち寄ってみることにしたのである。

#詳細はコーヒーブログを参照されたし

名古屋からは関西本線普通列車に乗った。20年ぶりのことである。



近鉄と競合している区間だけあって思ったほど混雑していない。


最初は濃尾平野の工業地帯や住宅地を走るが、やがてのどかな田園風景が車窓に広がる。




名古屋発の列車は亀山まで。
かつては紀勢本線と、関西本線の巨大接続ターミナルだっただけあって、プラットホームや駅構内は非常に広く、風格がある。

かつての栄華を偲ばせるには充分な面持ちである。

亀山から先は非電化で、キハ120形が2両編成で終点の加茂まで走る。




列車は亀山を出るとすぐに登り勾配と差し掛かる。かつて蒸気機関車が重連で上り下りした難所である。





煉瓦積の狭いトンネルや、信号場跡など、 SL時代の雰囲気があちこちに残っている。


峠を越えると三重県伊賀地方。

驚いたことに駅は、ことごとく木造駅舎であり、多くの駅は、交換設備を持っている。
全国各地でもうほとんど見ることのできない、古き良き国鉄時代の鉄道風景。


伊賀上野駅
島ヶ原駅
柘植駅

その他多くの駅が、昔のまま残されている。

20年ぶりの関西本線の鉄道旅は、思った以上に感動が大きかった。
スポンサーサイト
かたの町並み探訪
実家滞在初日、午後から近くの街並み探訪に出かけることにした。

大阪といえば比較的人口が密集した、ごみごみした市街地を思い浮かべる方が多いと思う。

しかし一方市街地から外れると、そこは昔ながらの旧家がひしめき合う伝統的町並みがそこかしこに広がっているのだ。

ここは交野市星田1丁目から3丁目の一帯。
道幅は極めて狭く、まるで迷路のような路地が延々と続く。







ほとんどの道が一方通行。普通車以上は通行禁止である。

そんな町並みがこの地区には無数に広がっているのだ。



子供の頃はこの風景が当たり前だと思っていたが、今となってはその貴重さが実感できる。

4年ぶりの訪問だったがその姿は変わることがなかった。
多奈川線の旅
大阪滞在2日目は、するっと関西フリーパスを使って、これまで行ったことのない路線、そして大昔に行ったきりで、ほとんど記憶に残っていない路線を重点的に回ることにした。

あらかじめネットオークションで、1日分を買い求めていたチケットを握りしめ、朝5時に家を出た。

京阪で淀屋橋まで行き、地下鉄御堂筋線、そして難波駅


南へ下るにつれ海が見え隠れする。

実はこの景色を南海電車の車窓から見たのは全くの初めてである。

みさき公園で下車


多奈川線に乗り換え


わずか3駅のみの盲腸線である


終点の多奈川駅は、草むした線路の先に静かにたたずんでいた。










駅前ロータリーが整備されてはいるものの、実に閑散としている。


折り返しの列車は10分後に発車するが、それには乗らずに、隣の深日港駅まで歩いて行ってみることにした。

周囲の集落は、典型的な関西地区の旧家の連なりである。


隣の駅まではわずか300メートル。
駅前には、岬町役場。


コンクリート造りに亜熱帯植物。
まるで沖縄の役場庁舎のような佇まいである。

駅のすぐそば港になっており、かつてはここから四国への連絡船が頻繁に出港していたそうだ。


商人宿とおぼしき古い旅館も


行き交う自転車に乗った中学生は昔ながらのヘルメット。
でもここは大阪府。



しかしその賑わいも過去のものとなり、商店街のアーケードは、寂しさが漂っている。

なぜか信州二八そば(^_^)



そして深日港駅


多奈川駅に増して渋い佇まいに背筋がゾクゾクする(^_^)












かつての四国連絡船乗り換え乗客用のものと思われる専用改札口跡


関西空港オープン以来、南海電鉄は車両塗装の変更や駅名標の意匠変更など、会社として近代化を推し進めてきたはずだが、ココ多奈川線においては全く当てはまらない。

南海電鉄、最高である(^_^)

プロフィール

なかむら@みゆきの

Author:なかむら@みゆきの
高社山麓みゆきの杜ユースホステル
を営んでいます。
当サイトでは、地元民ならではのお勧めツーリングルート、温泉、B級グルメなどを宿主自らが実走調査を敢行!信州ドライブ&ツーリングにお役立てください。
【旅の記録】
北海道ツーリング2008
北海道ツーリング2009
北海道ツーリング2010
北海道ツーリング2011
北海道ツーリング2012
沖縄八重山紀行2008
沖縄八重山紀行2009
沖縄バイクツーリング2010
沖縄家族旅行2011
栂海新道縦走記2012
沖縄買出し旅2012
沖縄買出し旅2013夏
大阪帰省の鉄道旅2013
沖縄買出し旅2013冬
アメリカ横断2014春
北海道ツーリング2014
沖縄買出し旅2014
アメリカ横断2015
北海道乗り潰し2015冬
家族で沖縄2015冬
タスマニア周遊2016
Overland Track2016
北海道2016夏ドライブ

カテゴリー