fc2ブログ
FC2カウンター

プロフィール

なかむら@みゆきの

Author:なかむら@みゆきの
高社山麓みゆきの杜ユースホステル
を営んでいます。
当サイトでは、地元民ならではのお勧めツーリングルート、温泉、B級グルメなどを宿主自らが実走調査を敢行!信州ドライブ&ツーリングにお役立てください。


【旅の記録】
北海道ツーリング2008
北海道ツーリング2009
北海道ツーリング2010
北海道ツーリング2011
北海道ツーリング2012
沖縄八重山紀行2008
沖縄八重山紀行2009
沖縄バイクツーリング2010
沖縄家族旅行2011
栂海新道縦走記2012
沖縄買出し旅2012
沖縄買出し旅2013夏
大阪帰省の鉄道旅2013
沖縄買出し旅2013冬
アメリカ横断2014春
北海道ツーリング2014
沖縄買出し旅2014
アメリカ横断2015
北海道乗り潰し2015冬
家族で沖縄2015冬
タスマニア周遊2016
Overland Track2016
北海道2016夏ドライブ
スペイン巡礼2016冬
タスマニア2017春
北海道2017夏
スペイン巡礼2017冬
瀬戸内旅2018春
日本南北縦断2018冬
瀬戸内旅2019春

リンク

★たびたび君を応援しよう

このブログをリンクに追加する

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

 ↑  ↑  ↑
ブログランキング参加中!
1日1回クリック下さいネ!

最近の記事

月別アーカイブ

.
アメリカ入国
飛行機を降りると、シャトルと呼ばれる、バスを巨大化したようなのりもかで入国審査場へ。

乗り継ぎのない人は左、乗り継ぎありの人は右。


シャトルの中


911テロ以降、入国審査が厳しくなったとのことですが、やはり時間がかかります。

事前に記入した申告書とパスポートを提示します。


申告書には、滞在先の住所まで記入するようになっています。入国審査官からは、どこ行くのか何が目的なのかまで問われます。


サイトシーイング

とのみ答えるだけでOK,

左右の4本の指の指紋、同じく、親指の指紋、合計4回、専用の機械で読み取り、さらに顔写真撮影。

しかもこのエリア一帯は完全撮影不可。
常に監視されていて、カメラを構えようものなら瞬間、係員が飛んできてその場で削除させられます。

要注意っすよ~(^o^)

ちなみに、事前申請していたESTAについては、オンライン認証を受けた時点で関係機関に情報登録されており、ESTA認証画面をプリントアウトする必要はありません。

晴れてUSAに入国。

早速スタバ。でもまだまだリラックスしてはいけません。

15000円をドルに換金、バス乗り場へ。


ワシントンの中心部に行くには通常の路線バスと、ワシントンフライヤーと呼ばれる別の会社があります。

すぐに見つかったワシントンフライヤーにしました。


しかしこのバスは途中の地下鉄駅まで。都心の交通渋滞を考えれば、かえってこのほうがいいでしょう。


ホワイトハウス
ダウンダウンに向う地下鉄に乗車。
CIMG4580_20140430215946877.jpg

CIMG4582.jpg


マクファーソンスクエアで下車して


向かったのは




ホワイトハウス


市街地のほとんどが政府系機関で占められています。
日本で言うなら、霞が関、国会議事堂周りのような感覚です。









付近は桜とハナミズキで彩られ、実に素晴らしかったです。

皇居の千鳥ヶ淵を散策する外国人はきっとこんな気分なのでしょう。

でも皇居前と大きく違うのは、


買ってしまいました。


アメリカといえば、ホットドッグ(^o^)

ベジタブルエッグロール



巨大春巻です。

スミソニアン博物館群の航空宇宙館を見学


CIMG4585_201404302200068b1.jpg

CIMG4586.jpg



国会議事堂前を通り






ワシントンDCユニオンに到着。


半日あれば、そこそこ楽しめますネ。

歴史の街ハーパーズフェリーへ
この日の目的地はワシントンD.C.から北西で80キロの場所にある、ハーパーズフェリー。

ユニオンステーションから出発する、メリーランド州鉄道局が運行するmarcに乗車。

ユニオンステーションは駅全体が巨大なショッピングモール。
CIMG4590.jpg




日本とちがい、複数の鉄道会社が、同じ線路を共用するのがアメリカ式。
MARCはもちろん、アムトラックもそのひとつ。


薄暗いホーム。
バリアフリーの概念ゼロのよじ登り式。

ディーゼル機関車が客車8両を引く、「通勤電車」。



発車後、車掌が検札。切符の半券を回収して回ります。
当然のごとく、愛想ゼロ(^o^)


1625に発車、30分程で車窓は長閑な丘陵地帯へ。


富良野線みたいだワ(^o^)


一時間半後、ハーパーズフェリー着
CIMG4591.jpg

CIMG4593.jpg

旅客列車よりも貨物列車が圧倒的に本数が多いアメリカ。
猛烈な警笛を容赦なく吹鳴させながら、人間を威圧するかのごとく次々やってくる貨物列車。
CIMG4597.jpg




いかにもアメリカな佇まい。



ダウンダウン


アパラチアントレイル管理事務所


今夜の宿は、その先約1キロのところにありました。










とにかく、ゆっくり休むことにします。


カテゴリー