FC2ブログ
FC2カウンター

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

 ↑  ↑  ↑
ブログランキング参加中!
1日1回クリック下さいネ!

最近の記事

月別アーカイブ

リンク

★たびたび君を応援しよう

このブログをリンクに追加する

北信州2019年初夏★ 
信州・木島平村で旅宿を営んでいます。水光る初夏です(^^) 
いよいよ出発
いよいよ出発5時間前。

天気が悪そうなので、新潟からフェリーに乗ることにしました。

ドキドキ。(^o^)


【イベントのご案内】

7月末までの毎晩
ほたる観賞のゆうべ
7月5日(土)
北海道の味覚フェア



↑ ↑ ↑ ↑ ↑
ブログランキング参加中です。
お気に召しましたらクリックをお願いしますネ★


スポンサーサイト
新潟までの試練
朝530に家族に見送られ出発。


出発後、曇り空の中を快走。
小千谷市内までの平均時速は55キロで、ほぼ予定通りでした。

しかし、その先は雨。
混雑を避けるため、寺泊経由402号線に入ったものの、猛烈な雨に行く手を阻まれます。
ゴアのカッパも浸水、ゲイターを装着していた靴も完全水びたし。
予定より30分遅い915に新潟港新日本海フェリーターミナルに到着しました。


間違いなく、ワタシの単車ライフ史上最も過酷な雨中ドライブ。

雨を考慮してか、到着後即、バイクが真っ先に乗船開始。



さすが新日本海。
二輪車の数が違います。

カッパとブーツ、ヘルメットは脇の荷物棚に仮収容。
サンダルに履き替え、船室に向かいました。

この日は団体もソコソコで、インフォメーション前は賑やか。



さあ。出港です!


【イベントのご案内】


7月5日(土)
北海道の味覚フェア


↑ ↑ ↑ ↑ ↑
ブログランキング参加中です。
お気に召しましたらクリックをお願いしますネ★

イベント続々
何かと太平洋フェリーと比較されることの多い新日本海フェリー。

運賃の安さとダイヤの妙で使い勝手の良さはピカイチでしたが、太平洋フェリーに負けている点は、長らく「エンターテイメント性」でありました。

しかし、近年無料コンサートを恒常的に実施するなど、確実にサービス向上への取り組みが見て取れる同社。

出港後間もなくビンゴ大会



あまりの競争率の高さにあえなく敗退。

その2時間後に、航路開設40周年記念の昭和レトロコマ回し大会。




こちらは15人程が集まり、遊び方の手ほどきの後、勝ち抜き戦。
まずは2組に別れて予選会。カーペット敷という、特殊な条件下でワタクシ何と、本船ライラックの大会記録となる36秒で1位。
そして決勝では34秒で見ごと優勝!

金メダルと副賞のオリジナルTシャツをゲットしました。




実は狙っていたんです(^o^)

気を良くして引き続いてはライブコンサート。
フルート演奏でした。


海面はひたすら穏やか。


飛島沖


フォワードサロンからはクジラの姿も



昭和レトロな演出もこれまた新日本海フェリーらしからぬ新機軸。





中でも感動したのはこちら。

富士サイクルの販売店用ポスターで、ワタシが小学5年の時に買って貰った「コンコルド」シリーズ。

トップモデルはリヤディスクブレーキにフォグランプ、そしてスーパーカーを彷彿とさせる、リトラクタブルライト。

そしてコレこそがワタシの愛車でした。
当時5万円近くもしたんですネ。



何とも盛りだくさんの新日本海フェリー。飽きることがありません。


【イベントのご案内】

7月5日(土)
北海道の味覚フェア


↑ ↑ ↑ ↑ ↑
ブログランキング参加中です。
お気に召しましたらクリックをお願いしますネ★


プロフィール

なかむら@みゆきの

Author:なかむら@みゆきの
高社山麓みゆきの杜ユースホステル
を営んでいます。
当サイトでは、地元民ならではのお勧めツーリングルート、温泉、B級グルメなどを宿主自らが実走調査を敢行!信州ドライブ&ツーリングにお役立てください。




【旅の記録】
北海道ツーリング2008
北海道ツーリング2009
北海道ツーリング2010
北海道ツーリング2011
北海道ツーリング2012
沖縄八重山紀行2008
沖縄八重山紀行2009
沖縄バイクツーリング2010
沖縄家族旅行2011
栂海新道縦走記2012
沖縄買出し旅2012
沖縄買出し旅2013夏
大阪帰省の鉄道旅2013
沖縄買出し旅2013冬
アメリカ横断2014春
北海道ツーリング2014
沖縄買出し旅2014
アメリカ横断2015
北海道乗り潰し2015冬
家族で沖縄2015冬
タスマニア周遊2016
Overland Track2016
北海道2016夏ドライブ
スペイン巡礼2016冬
タスマニア2017春
北海道2017夏
スペイン巡礼2017冬
瀬戸内旅2018春
日本南北縦断2018冬
瀬戸内旅2019春

カテゴリー