FC2ブログ
FC2カウンター

プロフィール

なかむら@みゆきの

Author:なかむら@みゆきの
高社山麓みゆきの杜ユースホステル
を営んでいます。
当サイトでは、地元民ならではのお勧めツーリングルート、温泉、B級グルメなどを宿主自らが実走調査を敢行!信州ドライブ&ツーリングにお役立てください。


【旅の記録】
北海道ツーリング2008
北海道ツーリング2009
北海道ツーリング2010
北海道ツーリング2011
北海道ツーリング2012
沖縄八重山紀行2008
沖縄八重山紀行2009
沖縄バイクツーリング2010
沖縄家族旅行2011
栂海新道縦走記2012
沖縄買出し旅2012
沖縄買出し旅2013夏
大阪帰省の鉄道旅2013
沖縄買出し旅2013冬
アメリカ横断2014春
北海道ツーリング2014
沖縄買出し旅2014
アメリカ横断2015
北海道乗り潰し2015冬
家族で沖縄2015冬
タスマニア周遊2016
Overland Track2016
北海道2016夏ドライブ
スペイン巡礼2016冬
タスマニア2017春
北海道2017夏
スペイン巡礼2017冬
瀬戸内旅2018春
日本南北縦断2018冬
瀬戸内旅2019春

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

 ↑  ↑  ↑
ブログランキング参加中!
1日1回クリック下さいネ!

最近の記事

月別アーカイブ

リンク

★たびたび君を応援しよう

このブログをリンクに追加する

.
関田山脈の湖沼群
新生代第四紀(約200万年前)の急激な地殻変動により誕生した長野新潟県境に連なる関田山脈。その尾根上に点在する湖沼群はまさにその地殻変動の産物なのですが、今日訪れた桂池もそのひとつ。
標高800mの湖の周囲はブナ林に囲まれ、幽玄な雰囲気を漂わせています。
unsDSC_2851.jpg

紅葉もいよいよ標高1000mラインまで降りてきました。

【今週のツーリング予定】
10月23日 のどかな山村集落を訪ねる小さな旅
10月25日 秋山郷の温泉&紅葉&山村集落を訪ねる旅



↑↑↑ブログランキング参加中です。今日もひと押しお願いネ!

里山ダート

斑尾高原分道から飯山市南部北畑に通ずる堂平林道。山岳路というよりも、どちらかというと田舎の癒し系ダートです。特別長い道ではありませんが、はさ掛け用の棒だなが並ぶ、まことに昔懐かしいにおいのするのんびりした道です。
unsDSC_2854.jpg


細かい砂利または硬くしまった砂礫道です。
unsDSC_2856.jpg



↑↑↑ブログランキング参加中です。今日もひと押しお願いネ!

秋山郷へ
秋山郷へ行って来ました。
標高1100付近がヒジョーに綺麗に色づいています。
秋山郷の各集落は来週が見ごろになりそうですネ。
unsuns20071021105.jpg

携帯カメラをデジタルズームした画像です。画質はイマイチですが、見た目はもっと良いです。



↑↑↑ブログランキング参加中です。今日もひと押しお願いネ!

荷物も積めるYB-1
昨日のリアキャリアに続き、ツールボックスを取り付けました。
これで荷物も沢山積めるので、日々の買出しもラクラクです。長距離お泊りツーリングもネ!
unsDSC_2849.jpg



↑↑↑ブログランキング参加中です。今日もひと押しお願いネ!

志賀高原はまさに今!

志賀高原の紅葉、まさに最盛期!



今日11時頃またまたバイクで出かけてきました。今にも雨が降りそうな中での強行でしたが、蓮池付近の標高1500あたりの山が今一番綺麗に色づいています。
10月20日を前にしてこの場所でのこの色づき。まったく信じられない気分です。
unsDSC_2840.jpg



蓮池から高天ケ原に分岐する道を少し走った「志賀1号トンネル出口」付近から3号トンネルまでの区間がとても良い色してます。
ちなみに今こちらで降っている雨は明日の未明には上がるとの予報。今週末は北信州へいざ!
unsDSC_2842.jpg


本日の走行距離88km。前回給油から179km、燃費は遂に

60.67km/L を記録!!!!



↑↑↑ブログランキング参加中です。今日もひと押しお願いネ!

バイクカスタマイズ!?
バイクを手に入れて1週間あまり。楽しみであるのと同時に、生活の必需品としても位置づけられている。

やはり予想通り、クルマに乗る機会が激減した。日々の買出しでさえ、バイクで出かけることが非常に多くなっている。
しかしこのバイクには荷物の積載スペースがまったくないので、いつもリュックを背負っての運転である。

ところがかさばるものや、箱に入った物などは、残念ながらリュックには入りきらず、ずっと「荷台」の必要性を感じていたのも確かである。

で、ついに昨日注文していたリアキャリアが届いた。クロムメッキのYAMAHA純正品である。

それを今日取り付けてみた。


シートを外して
uns20071019095.jpg


バッテリーケースのふたを外し
uns20071019096.jpg

こんなにバラしてしまって、

なんだか不安

なんせバイクにはこれまで一度も触ったことがないので。。。。
でもなんとかキャリアもしっかり固定され、全てのパーツは元通りになりました。
uns20071019097.jpg


結構楽しかったっす!



↑↑↑ブログランキング参加中です。今日もひと押しお願いネ!


気分ははや。。。
バイクツーリングの憧れの地といえばやはり北海道である。
毎年6月恒例のイベント「北海道の会」開催前には必ず北海道に出かけて自ら食材を購入してきた経緯があるのだが、来年はぜひこのYB-1で出かけてみたいと思っている。

原付1種には時速30km制限という大きな壁が立ちはだかり、広い北海道を走るにはそれなりの不便も覚悟しなくてはならない。しかし原付にはそれを補って余りあるメリットがたくさんある(と考えている)。

まずは燃費の良さである。北海道の定地走行ならまず間違いなくリッター65kmは堅いところである。フェリーの到着地から毎度の目的地の釧路までの総距離は320km。リッター65kmと仮定するとガソリンの消費量はわずかに5リッター弱、金額にして700円である。
実際はタダ往復だけではすまないので、道内の走行距離はおおよそ1000kmほどには達するであろう。しかしそれでもガソリンの消費量はわずかに15リッター、金額で2100円程度で済んでしまうことになる。

もし1000kmの距離をビッグホーンで走ったなら、リッター11.5kmとして、消費量は86リッター、金額にして約10000円である。
その差は小さくはない。

さらに、航送料金も無視はできない。たとえば仙台/苫小牧のクルマの船積み料金は、ドライバーを含め、往復約48000円となる。
しかしこれを原付でとなると、往復わずかに20000円で済んでしまう。
つまり燃料代を含む交通費だけでなんと36000円もの差が出てきてしまうのである。

もちろん木島平から仙台まではいわゆる「トランポ」を活用するわけであるが、原付のYB-1ならクルマの積載も困難ではない。

想像しているだけでワクワクしてくる。来年の6月までまだ8ヶ月もあるというのに。。。。

実際に実行されるかどうかは、そのときになって見なければわからないものだが、まあ旅というもの、計画しているときが一番楽しいものなのだ。(笑)



↑↑↑ブログランキング参加中です。今日もひと押しお願いネ!


バイク雑感 ~ライダーデビュー1週間が経過して
10月9日に本格的に乗り始めたバイク。これまで頭ではわかっているつもりでも、なかなか理解しがたかった二輪車の世界が少しずつ明らかになってきました。

●クルマに比べて、走行することそのものが、人間の手に委ねらる比率が高い。よってイグニッションひねり、エンジンに魂を注ぎ込むその瞬間の緊張感は四輪車の比ではない。→気合の入り方が違う。

●やたらめったら風景をバックに写真を撮りたくなる。
→まさに「人馬一体」となって共に走行してきた「相棒」への愛着心の表れなのか。これまた四輪車では味わえない感覚である。

●スリッピーな路面での緊張感は4輪のそれとは異なる。

●原付1種ゆえ、速度制限が気になるかと思いきや、所詮飯山の田舎町。自分を抜いていくクルマはさほどは多くない。ぬかれでも全く気にならない。

●思った以上に長い距離を走ることができる。一日150km程度の走行は苦にならない。

●思った以上に燃費が良い。
1000km走行後の平均燃費は、53km/L。


今日はお客さんを一日中案内していたので、まとまってバイクに乗る時間はありませんでした。残念。

鍋倉高原の紅葉
信越トレイルに出かけてきました。
日に日に紅葉が進んでいます。標高1289mの鍋倉山山頂付近ではブナの黄葉がまもなくピークを迎えようとしています。1000m付近ではまだまだこれからといった感じでしょうか。
unsDSC_2801.jpg




↑↑↑ブログランキング参加中です。今日もひと押しお願いネ!

なべくら高原方面へ。。。。
信越トレイルのガイドの仕事がありまして、なべくら高原森の家(片道23km)まで走ってきました。
顔なじみのスタッフ達は、まさか私が原付バイクで来るとは思っておらず、「いったいどうしちゃったんですか?」と、一様に驚きを隠せない様子。
「これ、燃費良いから云々。。。」と、薀蓄を語りたくなくもなかったのですが、そこはじっと我慢(^_^)
実際、森の家まで往復すると、その燃料代は、ビッグホーンなら542円かかりますがYB-1ならたったの109円。その差は小さくありません。

とか云いながら、所詮は信号のない快適田舎道。やっぱりバイクのほうが楽しいから、ついつい乗ってしまうんですよネ。

もはや私は

バイク命★ (^_^) デス。。。


写真は途中の温井集落近くのバス停にて。
unsDSC_2812.jpg



↑↑↑ブログランキング参加中です。今日もひと押しお願いネ!




カテゴリー