FC2ブログ
FC2カウンター

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

 ↑  ↑  ↑
ブログランキング参加中!
1日1回クリック下さいネ!

最近の記事

月別アーカイブ

リンク

★たびたび君を応援しよう

このブログをリンクに追加する

北信州木島平より2020冬★ 
宿主の徒然なる日記
毎日乗ってます!
ご無沙汰しています。

少し間隔が空いてしまいましたが、実は毎日乗っていました。

主に買い物での使用ですが、GW後半は特に天気に恵まれ、菜の花の薫りを嗅ぎながらの鈍行ツーリングは、なんとも言えない楽しいものでした。

いつもは40km弱で走るのですが、ここ最近は春風の気持ちよさに、速度をグッと落としての走行を続けています。

GWも終わったことですし、そろそろ遠乗りの計画でも立てましょうかネ!
スポンサーサイト



斑尾高原に行ってきました
今日は信越トレイルの会議が斑尾高原山の家で開かれました。

これまでならクルマで行くところなのですが、天気もよかったのでバイクで行ってきました。

が!標高の高いところがめっぽう苦手なYB-1.

斑尾高原は標高1000mを越える文字通りの高原であります。

こんなに高い場所に行くのは昨年の志賀高原以来。



やはり登り始めはそこそこ調子がよかったものの、800mを越えるあたりから、次第にパワーダウンの兆候が。。。。

さすがに志賀高原のような2000m超えの高地ではないので、2速が使えなくなるということはありませんでしたが、急な上り勾配は2速32-35km/hが限界。

それでもYB-1は健気に頑張り、飯山市街から山の家まで、11kmを25分で走破しました。

斑尾高原分堂付近にて 遠く高社が見えています。
aruke391.jpg


そろそろ北海道買出しのプランを。。。。
来月開催予定の北海道の会。

毎年自ら出かけていってあれこれ買い物をしてくるのですが、今年はやっぱりバイクで走りたいなあと。。。

そろそろ本腰入れて計画を立てなくてはなりません。


例年なら釧路まで遠征して「トキシラズ」を仕入れていましたが、原付でとなると、かなりの難行苦行を強いられそうです。

釧路はキツいかな。

そこで今年はメニューもリニューアルし、メインディッシュに

エゾシカひき肉の メガ ハンバーグ

を提供しようかなと目下思案中なのです。

最近とみに注目を浴びている鹿肉。北海道の会初の試みですが、道内のYHペアレントさんの話を聞いていても、非常に評価は高いようです。

その鹿肉専門の精肉店が新得にあることを発見。

三方六の切れ端を扱う、あの玉川菓子店と合わせて買い物ができそうな感じ。

う~ん。。迷うなぁ。。。。

新得なら、苫小牧に着いた後、美瑛あたりに二泊して、三国峠を越えて糠平付近に一泊、その後新得に直行、買い物後に夕方発の仙台行きフェリーに乗ることも十分に可能です。

せっかく原付で行くのなら、美瑛の丘を久しぶりにのんびり巡ってみるのも良いかもしれません。

買い物だけの急ぎ足では疲れるばかりですしネ。
アスパラを仕入れに鍋倉高原へ
3日前にようやく収穫の始まった鍋倉高原産アスパラ。今季初となる仕入れにYB-1で出かけてきました。

水田の向こうの赤屋根がいつもお世話になっているくわばらさんちです。

rakuten414.jpg



10000kmを超えました
昨年10月に6300kmで納車されたYB-1.先日ついに10000kmを越えました。

秋までにさらに7000km以上は走るでしょう。なんせ北海道が控えてますから。。。。rakutenDSC_6233.jpg

いい天気が続きます
そろそろ遠乗りに出かけたい気分ですが、ヤボ用があってなかなか実現できずにいます。

とはいえ、前回給油の5月7日から220kmを走行しているので、なんだかんだいって走っていますネ。




ライダー求む!! ~今週のバイクツーリングイベント
今週末、いよいよ通称奥志賀スーパー林道が開通します。

長い冬の眠りから覚め、残雪と新緑のブナ林を貫く標高1300-1500の快走路が楽しめる季節になりました。

一昨年はあまりの大雪のため、6月中旬になっても除雪車が右往左往していたらしいのですが、

今年は順調に開通準備が進んでいるようです。

宿主が二輪車に乗り始めてはや8ヶ月。 YH史上初のバイクツーリングイベントを今週末開催することになっています。(現在の参加表明者は4人!)

「我こそは!」というアナタのエントリー、お待ちしています。

rakutenIMG_0125R.jpg

カヤノ平付近はこんな感じ

rakutenIMG_0131.jpg

カヤの平のゲート。ここから野沢温泉まで36km。
バイクイベント 下見 【PART1】
日曜日開催のバイクツアー。 昨日その下見に行ってきました。

ただし、奥志賀林道(県道奥志賀公園線)を含む山岳エリアの開通30日。とりあえず秋山郷入り口までを走ってきました。

YHを9時に出発、ジョモで燃料を入れて、燃費を計測

前回からの走行距離 260km 給油量 4.40 代金 682円

燃費 59.09km/L

調子出てきたぞ~!!

国道117号線を走り、北上。途中から旧道に入り、飯山線と千曲川に挟まれた快走路をを行きました。
rakutenDSC_6327.jpg


ちょうど列車が走ってきたので愛車と一緒にパチリ!
rakutenDSC_6328.jpg
 
さらに行くといつものあの橋、市川橋に到達。やっぱりここでは写真を撮らずにはおれません。

田植えしたての和みの風景です。
rakutenDSC_6334.jpg



つづく

ちなみにバイクツアーの参加エントリーは現在のところ男性3名、女性2名(!)

楽しいツーリングになりそうですヨ。


そうそう、今回は参加者の皆様にもれなく、参加賞として

国道ステッカー3枚セット

をプレゼントします。

rakuten08052901.jpg
愛車に貼ってネ!




バイクイベント 下見 【PART2】
市川橋を後にして、再び117号線旧道を走ります。

西大滝ダムを越えるとやがてバイパスに。原付マシンではやはり高速幹線道路は緊張を強いられます。

中でもイヤなのはトンネル。道幅に余裕がないので、追い越すほうもギリギリをすり抜けがち。

なので、トンネルに差し掛かる前に後続車がミラーに映っている場合は、先に行かせるか、そのままトンネルに進入し、その後脱出まで、「最善の走り」を心がけます。

バイパスを走らなくてはならない距離は約9kmですが、トンネルを回避する旧道もあるので、当日はそっちに回るかな?

やがて秋山郷への分岐近くにある

道の駅・信越さかえ
rakutenDSC_6350.jpg


土日は観光客で大賑わいの道の駅です。

バイパスでの緊張した連続走行を強いられたあとは、やっぱり休憩。これもまたバイクツーリングの醍醐味であります。 4輪車での休憩とは一味もふた味も違って、なんともいえない至福のひと時。

と、大きなハーレー1台、道の駅に入ってきました。そして私のすぐそばに横付け。
背中には大きなハーレートレードマークが刻印された、上下革スーツを着用したダンディーな紳士。

同じ単車乗りということで、やっぱり気になるのでしょうか。少しばかり視線を感じました。

しかしこういうシチュエーションに慣れていないワタクシ。しかも50ccのYB-1に対して、向こうはリッターオーバーの巨大アメリカン。

気軽に声をかけるべきか否か。。。。

あまりに分不相応ではないか。。。。

結局何も会話することなく、紳士は去っていきました。



さあ!充電が済んだらいよいよ秋山郷へ向かう「奥のほそみち」へ。
バイクイベント 下見 【PART 3】 ~桐の花、紫に燃え。。。
道の駅を出ると、すぐ千曲川を渡ります。するとそこは新潟県津南町。

国道に別れを告げ、南へ向かいます。

周囲はまさに田植えの真っ最中。 水に光る水田が実に印象的です。
rakutenDSC_6335.jpg
遠く残雪の鳥兜山が見えています

ところで、この時期の水田を彩る草花。皆さんは何をもっとも美しいと感じますか?

私的には、それはやはり桐の花をおいて他なりません。
自分にとっては、雪国の春の象徴的な花でもあり、毎年この時期に新緑に混じって水田風景の中に自然と溶け込む桐の花は、なんともいえず日本的でもあり、風流を感じさせてくれます。
rakutenDSC_6345.jpg


rakuten00000001.jpg


マシンはさらに奥へと分け入ります。



プロフィール

なかむら@みゆきの

Author:なかむら@みゆきの
高社山麓みゆきの杜ユースホステル
を営んでいます。
当サイトでは、地元民ならではのお勧めツーリングルート、温泉、B級グルメなどを宿主自らが実走調査を敢行!信州ドライブ&ツーリングにお役立てください。




【旅の記録】
北海道ツーリング2008
北海道ツーリング2009
北海道ツーリング2010
北海道ツーリング2011
北海道ツーリング2012
沖縄八重山紀行2008
沖縄八重山紀行2009
沖縄バイクツーリング2010
沖縄家族旅行2011
栂海新道縦走記2012
沖縄買出し旅2012
沖縄買出し旅2013夏
大阪帰省の鉄道旅2013
沖縄買出し旅2013冬
アメリカ横断2014春
北海道ツーリング2014
沖縄買出し旅2014
アメリカ横断2015
北海道乗り潰し2015冬
家族で沖縄2015冬
タスマニア周遊2016
Overland Track2016
北海道2016夏ドライブ
スペイン巡礼2016冬
タスマニア2017春
北海道2017夏
スペイン巡礼2017冬
瀬戸内旅2018春
日本南北縦断2018冬
瀬戸内旅2019春

カテゴリー