FC2ブログ
FC2カウンター

プロフィール

なかむら@みゆきの

Author:なかむら@みゆきの
高社山麓みゆきの杜ユースホステル
を営んでいます。
当サイトでは、地元民ならではのお勧めツーリングルート、温泉、B級グルメなどを宿主自らが実走調査を敢行!信州ドライブ&ツーリングにお役立てください。


【旅の記録】
北海道ツーリング2008
北海道ツーリング2009
北海道ツーリング2010
北海道ツーリング2011
北海道ツーリング2012
沖縄八重山紀行2008
沖縄八重山紀行2009
沖縄バイクツーリング2010
沖縄家族旅行2011
栂海新道縦走記2012
沖縄買出し旅2012
沖縄買出し旅2013夏
大阪帰省の鉄道旅2013
沖縄買出し旅2013冬
アメリカ横断2014春
北海道ツーリング2014
沖縄買出し旅2014
アメリカ横断2015
北海道乗り潰し2015冬
家族で沖縄2015冬
タスマニア周遊2016
Overland Track2016
北海道2016夏ドライブ
スペイン巡礼2016冬
タスマニア2017春
北海道2017夏
スペイン巡礼2017冬
瀬戸内旅2018春
日本南北縦断2018冬
瀬戸内旅2019春

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

 ↑  ↑  ↑
ブログランキング参加中!
1日1回クリック下さいネ!

最近の記事

月別アーカイブ

リンク

★たびたび君を応援しよう

このブログをリンクに追加する

.
燃費記録大幅更新の予感(!!)
前回の給油から、今日で103kmを走りました。

健気に30km走行を続けていますが、まだ燃料計の針は  の線と辛うじて重なっています。(平坦・垂直状態で)

どうやら燃費記録は大幅に更新の予感です。

正確を期すために、あと100kmは走って前回と同じ場所、同じ向きで給油する予定。

このままいけばリッター70kmは軽く超えるかも。

ワクワク。。



↑↑↑
ブログランキング参加中です。お気に召しましたらワンクリックお願いネ!


スポンサーサイト



凄すぎ!驚異的高燃費を記録!
今日は西大滝までプチツーリングに出かけてきました。ルートは旧国道117号線、通称「谷街道」。

ほとんど勾配や信号のない、燃費を稼ぐには格好のルート。
kita462_1.jpg

飯山線と千曲川に挟まれた実に風光明媚な田舎道をトコトコ30kmで走り続けました。

そしていつものベイシア前のJOMOステーションで給油

前回給油からの走行距離 188.3km

給油量 2.32L

燃費 81.16km/L

何てことことでしょう!? 70km台を通り越して80km台の大台に突入してしまいました。

凄すぎです。。。。

皆さん車に乗ってる場合じゃないですよ。 ネ!(^_^) 



↑↑↑
ブログランキング参加中です。お気に召しましたらワンクリックお願いネ!



バイク姿がテレビに登場
6月14日に長野朝日放送の取材を受け、19日のニュース番組に登場しました。

「ガソリン高騰でへ自衛策」

という特集。

原付バイクのパフォーマンスの素晴らしさが、買出しの様子を通じて上手く伝えられていましたネ。

特集のオープニング背景
kitaDSC_6672.jpg


マシンの紹介
kitaDSC_6681.jpg


ガレージでバイク導入について語るワタクシ
kitaDSC_6675.jpg


kitaDSC_6680.jpg


ジョモのガスステーションに入るワタクシ
kitaDSC_6682.jpg


給油するワタクシ
kitaDSC_6683.jpg


燃費記録ノートも登場!
kitaDSC_6685.jpg


長野県内では、この放送直後から各地のバイク屋に原付購入の問い合わせが殺到しているとかしないとか。。。.




↑↑↑
ブログランキング参加中です。お気に召しましたらワンクリックお願いネ!


7月6日で納車 9ヶ月
原付バイクYB-1が我が家にやってきて、7月6日で丸9ヶ月になります。

この間、ずっと途切れることなく記録していた走行&給油記録をまとめてみました。

走行距離 = 5770km
給油量 = 100.16L
平均燃費 = 57.61km/L


もしこの距離をディーゼルワゴン車で走ったとしますと、8.5km/Lとして 想定使用量は678Lとなります。

これらを5年前の燃料相場に照らしてみますと ガソリンがリッター100円 と仮定すれば、燃料代総額は

バイク=10000円 

一方、軽油の単価をリッター75円とすれば

ディーゼルワゴン=50850円 となり、値差は約40000円です。

これを現在の相場で計算しますと

ガソリンがリッター180円、軽油がリッター160円とすれば

バイク=18000円

にとどまっているのに対し、

ディーゼルワゴン=108480円

と、60000円近い上昇で、燃料代総額の差額が10万円近くに拡大してしまう計算です。

もちろんツアーや送迎にはワゴン車が不可欠ですが、年間25000kmほど走行する内の8000km程度をバイクに移行するだけで、年間12万円以上の節約になるわけです。

ホント、バイクの経済効果は計り知れません。

バイクでGO!【環境省選定】平成の名水百選にわが村の龍興寺清水が選ばれました
今日は村内のプチツーリングに出かけてみました。

まずはつい先日、環境省の「平成の名水百選」に選ばれた龍興寺清水へ。
kita467.jpg




馬曲温泉から比較的近い場所で、いつも水汲みの人の絶えない名水処です。
kita468.jpg

が、出向いた時は珍しく誰もいませんでした。

そして、そこから2kmほど下ったところにある、稲泉寺の古代蓮(大賀ハス)。 昔の仏像画には必ず登場する、大輪の蓮の花です。
kita464.jpg





↑↑↑
ブログランキング参加中です。お気に召しましたらワンクリックお願いネ!




これはかなり正確な、日常に即したデータでしょう
前回給油から200kmを超えてきました。この間は家と飯山市街地の往復の繰り返しがほとんどでしたので、計測する燃費はかなり実態に即したデータではないかと思われます。

結果はというと。。。。

走行距離 220km
給油量 2.89L

燃費 76.12km/L

もちろん30km走行を遵守しての結果ですが、これまで40km走行での記録がおおよそ60km/Lでしたので、最高速をたった10km落とすだけでリッター15km以上の改善になるわけです。

どうしてこんなに良くなるかというと、やはりギア比の問題のようです。

ネットで調べたYB-1のエンジン回転数ごとの速度計算式ではこんなデータが得られました。

時速30km時・・・4400回転
時速40km時・・・5800回転
時速50km時・・・7200回転


4輪車のデリカ(ディーゼル)の場合、時速41kmで4速に入り、回転数は1500回転ですが、二輪車とは比べ物にならないくらいの低回転で走っている上、トルコンを介して駆動しているので50km、60kmに増速しても、エンジン回転数はほとんど変わることがありません。 (60kmでも約1700回転)

2輪と4輪の特性の違いをまざまざと見せ付けられた気がしますネ。

これからもエコライディングに気をつけて参りましょう!



↑↑↑
ブログランキング参加中です。お気に召しましたらワンクリックお願いネ!

中野に買出し ~最大積載量記録更新か?
今日午前中、バイクで中野へ買出しに出かけました。

今日と明日の二日分の仕入れでしたが、サイドバッグやタンクバックなど、大幅な積載能力UPにより、あえてバイクででかけました。

【買ったもの】
ぶなしめじ400g
ペンネマカロニ1500g
鶏肉2000g
ビール6本
米5kg
砂糖1kg
こうや豆腐400g
ハム60g
酢500ml
惣菜4種
パン粉300g
そば1000g
大豆水煮
酢魚 600g
大根1本
たまねぎ 500g
ジャガイモ500g
。。
。。
。。
。。
。。
。。
全部書こうと思いましたが、キリがないのでこの辺で。(^_^)

ま、とにかくバイクによる買出しとしては史上最高の重量となったことは間違いありません。

軽くて要冷蔵でないものはサイドバッグへ、重いビールや米はタンクバッグへ。左右前後の重量バランスを考えながらの積み込み作業は、まるで貨物船や航空機の如しです。

でも何の問題もなく、YHへと戻ってきました。

買ってきたものをバラした状態がこれ。結構凄いでしょ?
kitaDSC_6735.jpg




↑↑↑
ブログランキング参加中です。お気に召しましたらワンクリックお願いネ!

思い立った時が吉!自走での【最遠】記録更新デス
朝方降っていた雨が9時前に止みました。

以前とあるところのYHさんから借り物をしていまして、それを夏のシーズン前までに返さねばと思案していた矢先のことです。

よし!今がチャンス
10時前に自宅を出発、千曲川下流方向に向けて時速30kmでトコトコ行きました。

栄村を過ぎ

津南町を過ぎ

十日町を過ぎ

たどり着いた先は小千谷市。

小千谷ふるさとの丘YHさんでした。
kitaDSC_6765.jpg



飯山のJOMOからの距離94km、休憩込みの所要時間はなんと3時間55分。
30km走行を厳格に保ってのことですから仕方ありません。

ご夫妻としばし歓談した後、15時5分に出発しました。
kitaDSC_6775.jpg




しかし!

昨日の就寝時間は1時、今朝は満員のお客様の朝食を6時45分にお出しした関係で、起床時間は5時。

たった4時間しか寝ていません。 なので否が応でも眠気が襲ってきます。アクセルワークも乱れるわ、30km厳守のはずが、いつのまにかメーターが37-8kmを指していたり。。。。

もうたまらん! 寝るしかないのだ。こうやって。
kitaDSC_6777.jpg



硬直した体をほぐすにはやはりコンビニ。ライダーにとってはまさにオアシス。
kitaDSC_6779.jpg



北海道での経験がモノをいったのか、大型ダンプに抜かれるのもほとんど気になりません。

ただひたすら30km走行を続けるのみ。

そして18:45、出発から3時間40分後、ようやく飯山のJOMOへ。さて結果は如何に??

飯山小千谷往復距離 187km
給油量 2.30L
燃費 81.30km/L

またまた出ました!80km台。 30km走行、恐るべしです。




↑↑↑
ブログランキング参加中です。お気に召しましたらワンクリックお願いネ!





なべくら高原森の家へ
今日は森のガイド要請を受け、なべくら高原森の家に行ってきました。

飯山市内の泉台小学校5年生の林間学校プログラムの一環で、「巨木の谷」までの半日ガイド。

飯山市内の小学校は5年生が林間または臨海学校、6年生が東京への修学旅行なんだそうです。
今回のお泊りは森の家のコテージ。

テント泊でないところが現代風ですナ。

任務終了後は野沢温泉・熊の手洗湯へ
rr20080716477.jpg



↑↑↑
ブログランキング参加中です。お気に召しましたらワンクリックお願いネ!





灼熱の上越へ ~富倉峠~関田峠
先日DVDデッキが故障したので、購入した上越のジョーシンに修理を依頼していました。

予想よりだいぶ早く修理完了の連絡があり、引き取りに出かけることにしました。

が、木島平~上越の往復距離は120km。軽自動車なら往復の燃料代が1300円かかる計算ですが、YB-1なら300円。

これはバイクで行くしかないでしょ?

上越に行くのを少しばかり楽しみにしていた薫には少し悪かったですが、運搬用の大きな背負子を背中にいざ出発しました。

ここ最近はずっと平坦地ばかりを走っていたので、富倉峠を越える山道はYB-1にとって本当に久しぶりの高負荷走行であります。

すっと30km走行を守っていましたが、今回は時間の余裕があまりなく、+5kmの35kmで走行することに。

頚城平野に入って上越までは18号線バイパスを行きます。
rr20080717482.jpg
追い越されるのも平気です。


ジョーシンでデッキを引き取った後は、直江津港へ。東日本フェリーのターミナルビルのあった場所ははその跡形さえなくなっていました。
rr20080717483.jpg


大潟へ通ずる海岸線の県道を行きますと、日本海岸特有の板張り民家が良い雰囲気をかもし出しています。否が応でも高まる旅の雰囲気。。。
rr20080717485.jpg

サンセットビーチにて。はるか沖を行く佐渡汽船カーフェリーが見えていました。
rr20080717487.jpg


途中の鵜の浜温泉に立ち寄り入浴。ロイヤルホテル小林 550円(タオルつき)
rr20080717489.jpg


緑色がかった食塩泉が特徴。清潔感にあふれており、なかなかお勧めです。
rr20080717488.jpg


柿崎から県道33号へ入り、南下。板倉区で左折し関田峠を目指します。

この関田峠ですが、ツーリングマップルに記載されています通り、単車乗りにはすばらしく楽しい道であります。
rr20080717493.jpg


特に新潟県側は道幅が広い上にカーブも緩く、マシンを倒し気味にして駆けるには実に気持ちが良いんです。
rr20080717492.jpg

とはいえ、登りはYB-1の出る幕ではありません。

ひたすら2速、30km出るか出ないか。そんな調子でした。


上りきったところが光が原牧場。良いですヨ。ココ。
rr20080717494.jpg


さらに上ったところが関田峠。実はYB-1でここに来るのはまったくの初めて。意外にも。
rr20080717497.jpg


峠を過ぎれば、あとは戸狩までの13kmはひたすら下る一方。まるで自転車のダウンヒルのように快適に飛ばしました。

一日の締めはやはりJOMOステーションでの給油。峠越えを二回も経験した上に、走行速度も時速35kmへアップ。

しかも標高1000mオーバーの関田峠への登りはほとんど2速だったことを考えると。。。。。。


前回給油からの走行距離 216km
給油量 2.97L
燃費 72.73km/L


いやいや上出来です。



↑↑↑
ブログランキング参加中です。お気に召しましたらワンクリックお願いネ!



カテゴリー