FC2ブログ
FC2カウンター

プロフィール

なかむら@みゆきの

Author:なかむら@みゆきの
高社山麓みゆきの杜ユースホステル
を営んでいます。
当サイトでは、地元民ならではのお勧めツーリングルート、温泉、B級グルメなどを宿主自らが実走調査を敢行!信州ドライブ&ツーリングにお役立てください。


【旅の記録】
北海道ツーリング2008
北海道ツーリング2009
北海道ツーリング2010
北海道ツーリング2011
北海道ツーリング2012
沖縄八重山紀行2008
沖縄八重山紀行2009
沖縄バイクツーリング2010
沖縄家族旅行2011
栂海新道縦走記2012
沖縄買出し旅2012
沖縄買出し旅2013夏
大阪帰省の鉄道旅2013
沖縄買出し旅2013冬
アメリカ横断2014春
北海道ツーリング2014
沖縄買出し旅2014
アメリカ横断2015
北海道乗り潰し2015冬
家族で沖縄2015冬
タスマニア周遊2016
Overland Track2016
北海道2016夏ドライブ
スペイン巡礼2016冬
タスマニア2017春
北海道2017夏
スペイン巡礼2017冬
瀬戸内旅2018春
日本南北縦断2018冬
瀬戸内旅2019春

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

 ↑  ↑  ↑
ブログランキング参加中!
1日1回クリック下さいネ!

最近の記事

月別アーカイブ

リンク

★たびたび君を応援しよう

このブログをリンクに追加する

.
燃費報告
今回の北海道ツーリングで使ったガソリンと走行距離です。

給油量 走行 燃費
5.13 354 69.01
3.24 181 55.86
4.36 236 54.13
5.68 308 54.23
1.72 100 58.14
3.48 197 56.61

23.61 1376 58.28  平均値





↑↑↑
ブログランキング参加中です。1位返り咲きを目指し、貴方のワンクリックを!










ラッキーピエロ@函館
北海道最後の夜。

何を食べようかと思案していましたが、お目当てのラーメン屋は夕食営業しておらず、ベイエリアのレストラン街は修学旅行生で大混雑。

迷った末、函館ご当地バーガー「ラッキーピエロ」へ行くことにしました。

函館市内に10数店の店舗をもち、それぞれの店は店構え、店内の内装が異なっています。

十字街店
RIMG1018.jpg

この店は「年中クリスマス」がテーマらしいです。

内装はひたすらクリスマス一色。BGMもしかりです。
RIMG1013.jpg

注文したのは函館スノーバーガー
濃厚なミートソースにジューシーなハンバーグ、とろけるチーズがたっぷりとトッピングされています。

2年前には「チャイニーズバーガー」なるものを注文し、(私個人としては)評判とは裏腹な味に後悔しましたが、今回は正解でした。出来上がりまでに待つこと6分。
RIMG1014.jpg

RIMG1015.jpg

飲み物にコーラを注文し、総額は750円。
バーガーにはオニオンリングとポテトもついていますので、ボリューム的にはこれで十分。

系統としてはマクドのダブルチーズクォーターパウンダーにも少し似ていますが、ケチャップの酸味が抑えられ、チーズのとろけ具合もGOOD.
マクドよりもずっと食べ応えがあって、ジューシーです。

北海道最後の晩餐でありました。



↑↑↑
ブログランキング参加中です。1位返り咲きを目指し、貴方のワンクリックを!






昭和レトロ・函館の街
二年前、はじめて函館の街を散策し、すっかり気に入ってしまいました。
北海道には港町と呼ばれる場所がいくつもありますが、函館はその中でも1番。
町並み保存地区が坂に沿って立ち並び、異国情緒溢れる雰囲気が漂います。

そんな中をバイクで巡ってみたいと前々から思っていたんですね。
荷物の一切を宿に置き、街へ繰り出しました。
入り組んだ街、坂の町は、原付ならではのフットワークが大いに生きてきます。

d.jpg
十字街

e.jpg

h.jpg

i.jpg

j.jpg


ベイエリアにはレンガ倉庫
k.jpg

l.jpg

函館めぐりは原付に限りますネ。楽しかったです!



↑↑↑
ブログランキング参加中です。1位返り咲きを目指し、貴方のワンクリックを!



長万部~函館 20000km突破
アクシデントの後、長万部で給油。

今回も残念ながら60km台には届かず。より快適に高速走行が出来るようになったおかげで、かえってペースが上がってしまっているのが原因なのかもしれません。

八雲付近でオドメータが20000kmを突破。
b.jpg

今回の走行距離もやがて1300kmに達しようかというペース。
原付にしてはやっぱり走りすぎでしょうかネ。

しかしギヤ脱落事件で時間を大幅にロスしてしまい、函館着は18時過ぎとなりそうな時間。
でも焦りは禁物です。



↑↑↑
ブログランキング参加中です。1位返り咲きを目指し、貴方のワンクリックを!

またも事件発生!!!???
それでも予定通りの行程でして、このまま快調に進めば4時頃には函館に到着予定でした。
最初はアップダウンが続く山岳路で少々難渋しましたが、長万部に入ると、再び海岸線の平坦路です。

長万部市街地まであと4kmまで迫っていました。美瑛から300kmを越え、そろそろ給油しなければと前方を目視し40km強で走行中、突然 


ががががががーーーーー

チェーンが外れました。

以前何度か後ろのギヤからチェーンが外れたことがあったので、


またか。

と思い、いつもの通り復旧させようとしたところ、なんと

フロントギアからチェーンが脱落していました。

はじめての出来事で、少々驚きは隠せません。
しかし昨年といい、今年といい、どうやらこのマシンにとって、北海道は鬼門のようです。

仕方ない。工具でふたを開けてみることに。
a.jpg

しかし、ネジが非常に硬く締められていて、標準装備のプラスドライバではネジを舐めてしまいそうです。

なんどもなんども試してミマスが、これいじょうやると本当にネジがバカになってしまいます。

チキショー

あと4kmで市街地なので、とりあえず押していくことに。
RIMGa.jpg


しかし4kmといえば1時間。無駄に時間を過ごすのもバカらしい。去年は三国峠でのトラブルだったので、安易にはJAFを呼べる距離ではありませんでしたが、4kmなら無料の範囲。

救援コールを発信
RIMGb.jpg


果たして紫色のレッカー車が30分後に到着。
RIMGc.jpg

たった10分で復旧。JAFのありがたみをしみじみ実感。

「チェーンをそろそろ交換しなきゃ駄目ですね。ほら。噛みあわせにこんなに隙間が出来てるでしょ?」
RIMG0998.jpg


先日フロントスプロケットを交換したばかりなのに、チェーンが寿命だったとは不覚でありました。


長万部で給油後、函館には18:30に到着、今夜のお宿・スーパーホテルにチェックインしました。




↑↑↑
ブログランキング参加中です。1位返り咲きを目指し、貴方のワンクリックを!




美瑛から噴火湾
宿のオーナーさんは、私が朝早く出るというので、特別に朝5:30に朝食を用意してくださいました。
aaa.jpg


どうぞお構いなく。と遠慮するものの、コーヒーとトーストくらいはご用意しますとの由。

しかし朝起きてみれば通常の品々が体裁よくテーブルに並べられました。
aa.jpg
感激デス!

予定通り6時過ぎに出発
bb.jpg


美瑛のセルフスタンドで給油後、富良野、三笠へ。
ee.jpg

20数回の北海道めぐりで、はじめての三笠通過。旧幌内線の線路跡がところどころに残ります。
dd.jpg
唐松駅にて


その後、長沼、千歳、支笏湖と経由。支笏湖を過ぎて美笛峠の先に道の駅を発見。
道の駅フォーレスト276大滝
ff.jpg

休憩後、旧胆振線優徳駅跡近くにあるセイコーマートでパンの昼食

ようやく洞爺湖へ到達。
jj.jpg
昭和新山
gg.jpg

わかさいも本舗で休憩後、噴火湾沿いに出ます。
ii.jpg



↑↑↑
ブログランキング参加中です。1位返り咲きを目指し、貴方のワンクリックを!



美瑛の宿・薫風舎
薫風舎。私がこれまで泊まったお宿の中で最も感銘を受けたお宿でした。
RIMG0938_20090619151630.jpg

YH建設の際にもとても参考にさせてもらいました。
初めて泊まったのは1998年10月、釧路でのヘルパー生活を終えて道内を旅して回っている時でした。
この宿はたとえ一人旅でも、一切の割り増しなしに個室を確保してくれるという方針で、ユース感覚で気軽に利用できるのがなんと云っても嬉しいところなのです。
当時自分の宿をどんな形にするか、あれこれ研究を重ねていた時で、当時目にした雑誌の記事を見てここに泊まってみることにしたのでした。
宿屋は非日常であるべきだと私は考えています。国内旅行とはいえ、普段とは違う場所に身を置くわけで、その空間がいかに日常的でなく、かつリラックスできるかが宿屋の評価を大きく左右するポイントなのです。

この「薫風舎」さんは、アウトバスで、部屋にはテレビはありません。施設の充実度からいえば他にもいくらでも充実している宿はたくさんあります。
しかし他の宿と大きく違うのは、その空間作りに他なりません。ラウンジと呼ばれる大屋根の食堂区画と寝室区画が渡り廊下で区切られ、いたるところにちりばめられた華美ではないけれどもさりげない装飾や絵画、そしてそれを盛りたてる照明が実に絶妙なのです。

世の中には新しいけれども「ただ新しい」だけで、いわゆる普通のお家とあまり変わらない、特徴のない宿屋さんが実に多く存在しています。ところがここは明らかに「普通のお家」とは違う空間です。別に奇てらっているわけではありません。至ってシンプルなのです。でも他所にはなかなかマネの出来ない特別な空間がそこにはあります。

料理も一切手抜きがなく、本当に美味しいものばかりです。
美瑛に投宿することが決まり、YHにしようか、とほ宿にしようか、あれこれ検討はしてみましたが、やはり帰る場所はここ、「薫風舎」でした。
RIMG0939.jpg

RIMG0946.jpg

部屋には大きな窓。シンプルそのものの設備ですが、それがかえってイイのです。
kk.jpg


食後はコーヒーを飲みながらラウンジでくつろぎます。


最高のひととき。。。。。

一泊二食9000円。一人でも割り増しなしで泊まることが出来ます。実際ひとり旅の人が多いようです。

本当にお勧めできます。



↑↑↑
ブログランキング参加中です。1位返り咲きを目指し、貴方のワンクリックを!




糠平~美瑛
朝食は付いていませんでしたが、思いのほかゆっくりと過ごしたあと8時30分頃チェックアウト。

鉄道資料館に立ち寄った後、国道を北上しました。

今年から開設されたタウシュベツ橋展望台へ
BB1.jpg

BB2.jpg


ホロカ駅跡
BB3.jpg

そして十勝三股へ。かつて士幌線の終点だったところ。ひろびろした空間はまさに別天地。
BB6.jpg


三股山荘でコーヒーをすすっていると、なんとぬかびらYHの塩崎さん登場。
昨年はお世話になりました。
BB4.jpg



しかしこのエリアは立ち寄り箇所が多すぎてなかなか先に進めません。

でも三股をあとにすればひたすら峠を目指すのみ。
通行の少ない快適路です。

約20分後、無事峠に到着
BB8.jpg

峠から見下ろす森はまさに樹海。霧が出なくて本当に良かったです。
BB7.jpg

峠から3kmほど走ると昨年パンクした直線に出ます。鬼門と思われた三国峠を無事通過しました。

美瑛に行く前に人気絶頂の旭山動物園に立ち寄りました。

平日とは思えないにぎわいぶり。北海道の観光客の全てがここを目指しているのではと思うくらいの賑やかさに驚くばかり。
BB10.jpg


40分ほど見学した後、蜂屋でらーめんを食べ、美瑛に向かいました。
BB11.jpg


美瑛ではたまったブログを一気に更新。昨夜原稿だけは書いていたので、写真を挿入してUP.

思ったよりも時間がかかり、結局何処も見学せず本日のお宿「薫風舎」に向かいました。
RIMG0941.jpg



↑↑↑
ブログランキング参加中です。1位返り咲きを目指し、貴方のワンクリックを!





極楽温泉旅館
たまには一般旅館に泊まるのも悪くないと思い、ネットで検索した「湯元館」を選びました。
b111.jpg


まずはぬれた着衣を解くところから始まります。
宿のおかみさんは「まずゆっくりお風呂に入ってくださいな」と優しいお言葉。
こうした豪雨の時こそ、バイク客への対応はとても重要だなと実感。雨のときほど宿がありがたく感じることはないのですから。。。

ちなみに料金は素泊まり料3800円、夕食1500円、暖房費600円の合計5900円。
部屋は居間と寝室の続き部屋になっていて非常に快適な空間でした。
b112.jpg

風呂は内湯と露天が一つずつ。露天風呂は川沿いにあり、ブナやナラの天然林に囲まれています。
ハッキリ申しまして、とても感動しました。
今まで色々温泉に浸かりましたが、ここの露天は1-2位を争うほどのものです。
旅館に備えられている露天風呂としては周囲の自然環境とのマッチングが実に見事なんです。湯温も適度で長湯もOK。
b116.jpg

秋田の秋ノ宮温泉郷にある「鷹の湯」にならぶベスト露天でありました。

お楽しみの夕食。1500円のおまかせでしたが、手打ちそばもついてくる納得の内容。
あのお風呂、部屋、この食事にして5900円。お得感は満点です。
b113.jpg

b115.jpg

雨の後の温泉、そしてビール。たまりません!
b114.jpg



↑↑↑
ブログランキング参加中です。1位返り咲きを目指し、貴方のワンクリックを!






釧路から糠平  雨の中の孤独
釧路を後にしたのは13時。

この日は足寄経由で糠平へ向かいます。

釧路~足寄のルート

昨日は時速40k厳守での徹底エコドライブでしたが、あまりに釧路でゆっくりしすぎたので、走行速度については「臨機応変」ということで。。。

まずは湿原の西側を北上、湿原展望台
b105.jpg


鶴居村の鶴見台
b106.jpg


R274を経由してまりも国道を北上。
b107.jpg
北海道らしい光景に感激、クランプポッドを使って連写を試みたりしますが、雲行きは非常に怪しい感じ。なんとかもってくれと願うばかりでしたが、阿寒湖手前でついに降雨。

それも降ったり止んだりで、湖畔にたどり着いたときはいったん小康状態に。
10年ぶりの阿寒湖は、非常に新鮮な気分でした。
b108.jpg

湖畔に立ち並ぶ大型ホテル、土産物、観光船乗り場など、昔からあった日本の観光地の王道。しかし、商店の店構えはところどころで瀟洒に生まれ変わっているものもあり、古典的観光地から脱却したいという苦労の跡が伺えます。
子供たちに「熊出没注意」のステッカーを買い求めました。

さて、ここからは足寄へ向かう峠越えが待っています。着衣は上下とも耐水性のもので、真冬用のモンベル製綿入りジャケットですがすが、この先の本格的降雨と気温低下に備え、上下に雨合羽を装着しました。

読みどおり、峠手前で雨、かなりまとまった雨です。しかし完全防備のおかげで体内への浸水は全くありません。寒くもありません。

峠は645m。思ったよりもずっと標高が高いです。狩勝峠とほぼ同じ高度。
雨が止んだので写真を一枚。
RIMG0779.jpg

それにしても深い山。山。山。
バイクならではの孤独感が一層とつのります。

足寄の手前「螺湾」で休憩。釧路のスーパーで買っておいたバナナで一服ナリ。
b109.jpg


足寄では明日の三国峠越えに備えて給油。
b110.jpg
走行距離 181km
給油量 3.24L
燃費 55.86km

かなり頑張ったので仕方ありません。でもいざというときにもスプロケ交換によるハイギヤー設定はとても助かります。

糠平まであと30km。しかしここで本格的な降雨が。足寄湖の先、芽登から糠平へ抜けるショートカットの道を選びましたが、地図では直線となっていて走りよさそうと思いきや、舗装状態が非常に悪く、ガタンゴトンとまるで線路を走っているかのよう。しかも北海道の道らしくない狭さです。行きかうクルマも全くなく、激しい雨にバイク人生最大の孤独感と恐怖感が襲います。

ココでコケたらおしまいだ。。。

はやる気持ちを抑え、ハンドルをしかっかり握ります。否が応でも体が硬直。
完全防備のおかげで寒さや浸水がないのがせめてもの救いでした。
やっとの思いで国道274に合流、ここから一気にスピードを上げて、一路糠平に向かいました。




↑↑↑
ブログランキング参加中です。1位返り咲きを目指し、貴方のワンクリックを!




カテゴリー