FC2ブログ
FC2カウンター

プロフィール

なかむら@みゆきの

Author:なかむら@みゆきの
高社山麓みゆきの杜ユースホステル
を営んでいます。
当サイトでは、地元民ならではのお勧めツーリングルート、温泉、B級グルメなどを宿主自らが実走調査を敢行!信州ドライブ&ツーリングにお役立てください。


【旅の記録】
北海道ツーリング2008
北海道ツーリング2009
北海道ツーリング2010
北海道ツーリング2011
北海道ツーリング2012
沖縄八重山紀行2008
沖縄八重山紀行2009
沖縄バイクツーリング2010
沖縄家族旅行2011
栂海新道縦走記2012
沖縄買出し旅2012
沖縄買出し旅2013夏
大阪帰省の鉄道旅2013
沖縄買出し旅2013冬
アメリカ横断2014春
北海道ツーリング2014
沖縄買出し旅2014
アメリカ横断2015
北海道乗り潰し2015冬
家族で沖縄2015冬
タスマニア周遊2016
Overland Track2016
北海道2016夏ドライブ
スペイン巡礼2016冬
タスマニア2017春
北海道2017夏
スペイン巡礼2017冬
瀬戸内旅2018春
日本南北縦断2018冬
瀬戸内旅2019春

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

 ↑  ↑  ↑
ブログランキング参加中!
1日1回クリック下さいネ!

最近の記事

月別アーカイブ

リンク

★たびたび君を応援しよう

このブログをリンクに追加する

.
昨日買いました
今季初のスキー誌購入。

スキーグラフィック&大人のスキー

明日はいよいよスキー場開き。これからスキー場事務所に行ってリフト券引換証とシーズン券を貰ってきます。

RIMG0057.jpg




↑↑↑
ブログランキング参加中です。1位返り咲きを目指し、貴方のワンクリックを!


初のスキー談義
今日のお客様は2名様。
いずれもスキーをお楽しみの方です。

そうなれば、話のネタはスキー。

今季手に入れた噂のスキー

ATOMIC D2 DEMO VF-2
RIMG0047_20091221212820.jpg

到着後まだ一度も触っていなかったスキーを談話室に持ち込みまして、お披露目会(笑)

細部のつくりにも注目です。
RIMG0046_20091221212750.jpg


 



↑↑↑
ブログランキング参加中です。1位返り咲きを目指し、貴方のワンクリックを!



凍えるバイク
ここ数日の寒波でバイク小屋はすっかり雪まみれ。

YBもこの通り。

実はまだスパイクタイヤに交換していません。

どうしよう~!!!

RIMG0016.jpg

気になる雪は
ここ数日強い寒波が押し寄せています。

ところが。

寒気の流れ込み方が通常の冬型とはちょっと異なっています。

先ほど6時現在の各地のアメダス(積雪深)を調べてみました。


【福井県】
今庄 10cm

【石川県】
金沢 2cm

【富山県】
魚津 6cm

【新潟県】
新潟市 24cm
長岡市 11cm
佐渡市 10cm
津川町 44cm
入広瀬 20cm
高田市 4cm
湯沢 0cm
 
【長野県】
野沢温泉 0cm
飯山市 0cm
菅平高原 14cm


完全な「里雪型」であることがわかります。でも湯沢や野沢温泉で0cmというのはとても不思議な現象です。
普通の冬型なら、野沢温泉で200cmであっても新潟市が0cmなどというのも珍しくはありません。

気になるYHの周囲の積雪ですが、ぱっと見は4cmくらいでしょうか?
昨夜ほんの少し積もった深雪が周囲を白くしています。


今週土曜日は沖縄の会
長々と連載が続いた沖縄買出し顛末記はいかがでしたか?

そんなこんなで、沖縄の会は今週土曜日。おかげさまで残り席あと2.
ご希望の方、お早めにどうぞ。

泡波お好きなだけ飲んでってください!

沖縄の会イベント案内



↑↑↑
ブログランキング参加中です。1位返り咲きを目指し、貴方のワンクリックを!

旅の終わりに
昨年は初めての八重山旅行で、とにかくあちこち欲張り過ぎた感がありました。
しかし、一年たった今回、自分の行きたい場所はひとつしかありませんでした。

鳩間島
hato003_1.jpg

この旅の一番の目的はもちろん「買出し」。
いまや恒例となった、北海道と沖縄という最北端と最南端の地方食フェア。

でも、「買出し」というミッションを達成する一方で、せっかく時間をかけて出かけるからには、自分の旅を楽しむことも忘れてはいません。

私にとって、北海道で外せない場所が釧路だとすれば、沖縄ならやっぱり鳩間島なのかもしれません。

毎年訪れることができるかどうかは分かりません。でもまたいつか、きっと何度でも足を運びたくなる場所であることには違いありません。

今回は、パックに付帯していた「観光バスツアー」に参加。
日本に古くからある従来型の観光を体験することができました。それはそれでとても楽しいものでしたが、観光産業に従事するものとして、いろいろ考えさせられることも少なくはありません。

たとえば、古民家を一堂に展示した「やいま村」。貴重な建築物が移築され、古きよき沖縄の民俗が適度に再現されていました。見ごたえもあって、わたし的には悪くない観光施設ではありました。

しかし、観光客にとって、すでに過去のものとなった昔の生活をごく表面だけを見学したに過ぎず、体験したしたことにはなりません。

ところが今回二回目の訪問となった鳩間島。
SSC_2170.jpg

今回も台風の襲来が迫っていたため、限られたスケジュールしかない私は、宿主サンから島からの退去を勧められました。当初は3泊できるはずでしたが、2泊に短縮せざるを得ませんでした。

重要文化財級の伝統的古民家の「一番座」に寝泊りさせてもらい、食料が尽きてきたと皆で釣りに出かけ夕食の材料にしました。
昨年4月に鳩間島を訪れたアキラさんの、島での苦労話を聞くにつけ、日本という国でありながら、同じ「地方」と呼ばれる、自分の住んでいる信州の山村とは似ても似つかぬ習慣や、伝統、考え方にはまさに驚きの連続でありました。
まさにこれぞ本当に離島体験といえるのではないでしょうか。

酒の席でたくさん聞かせてもらった、島ならではのディープな話の数々。
でも私は鳩間島が本当に好きです。
SSC_2253.jpg


いつか私の家族を鳩間島に連れてきたいとも思います。あまり長く居ると子供たちは退屈するかもしれませんが、
こんな場所が日本にもあるのだぞと、教えてやりたいとも思います。

出来れば、船が欠航続きとなるこの時期に。。。。。

船が来なくても、お店がなくても、みんな一生懸命生きているんだぞと。

鳩間島ばんざい。

みんなも行くべし!!!(笑)



↑↑↑
ブログランキング参加中です。1位返り咲きを目指し、貴方のワンクリックを!


羽田空港へ 
12時過ぎに再び搭乗。宮古で降りた人も少なくなく、座席に余裕が生まれました。3人掛けを占領できました。

久米島、ケラマ諸島、徳之島の上空を経て、晴れの区域に入ってきました。
ジェット気流の追い風に乗り、操縦席からのアナウンスでは対地速度は980kmとか。しかし737にはフライトコンパスの装備はありません。
晴れていたのがせめてもの救いでした。
RIMG0474.jpg
富士山も頭をのぞかせて。。。。

15時前、アナウンスが入り、降下態勢にはいるとの由。
房総沖の海が夕方の斜光線に輝いて見えました。ヒコーキの旅の醍醐味です。
RIMG0479.jpg
見慣れた東京の風景が目の前に広がります。
次第に現実の世界に引き戻されてゆきます。

上空待機一切なく、ほぼ定刻通りの着陸です。昨年はずいぶんと待たされ、取手上空まで大きく迂回したのを思い出します。

小型機ゆえ、端っこの駐機場36番スポットに到着。バスに乗り移ります。

なんだか肩身の狭そうな737.でもココに駐機しているどのヒコーキよりも遠くから飛んできた737。凄いじゃないか(笑)
RIMG0482.jpg

さすがに東京は寒いだろうとは思っていましたが、石垣で荷物を預けるときに引っ張り出しておいたジャケットを羽織りました。
しかし着陸時の気温は14度。石垣は20度でしたが、強い北風の影響で体感温度は10度台。6年前に初めて沖縄に家族で旅行した時は、羽田到着時の気温差に驚いたものですが、どうやら本土は暖冬の影響を受けているようです。

手荷物受け取り場にて。
羽田まで無事やってきた泡波。
RIMG0484.jpg


実はこの日の夜行バスで大阪に向かうことになっていた私。新宿発は23時です。

このまま空港を離れて新宿に向かうのもなんだか勿体無い気がしてなりません。
羽田空港唯一、しかもJALの発着する第一ターミナルの無料FREE SPOT「MAM CAFE」でブログの更新作業に精を出すことにました。

私にとって、空港は現実と夢の世界の分岐点であり乗り換え駅でもあります。
あと数時間、旅の余韻に浸ってみるのも悪くないかなと。




↑↑↑
ブログランキング参加中です。1位返り咲きを目指し、貴方のワンクリックを!





初の宮古島
宮古島へ向けてのフライトは離陸してわずか20分後には降下開始。
RIMG0458_20091204171110.jpg

着陸してみてビックリ。石垣とは比べ物にならないほど立派なターミナルビルが鎮座していました。
RIMG0459.jpg
こっちは石垣空港
RIMG0453_20091204171021.jpg
その差は比べるまでもありません。

いったん降機させられ、搭乗待合所へ。これまた石垣とは雲泥の差に驚きを隠せません。
RIMG0462_20091204171606.jpg

待ち時間は約30分です。売店でポークたまごと宮古風焼きそばを買い求めベンチでほお張りました。
焼きそばは麺が非常に太く、濃くて荒々しい味付け。これぞまさに宮古の焼きそば(なんでしょうね。きっと)
RIMG0461_20091204171200.jpg



↑↑↑
ブログランキング参加中です。1位返り咲きを目指し、貴方のワンクリックを!





[ ⇒続きを読む ]

石垣出発
ホームセンターに寄って、紐やプチプチを購入、泡波を梱包してから、11時過ぎのバスでホテルを出発しました。
RIMG0449.jpg

石垣空港まではわずか10分足らず。非常に近い距離にあります。
RIMG0450.jpg

これから乗るヒコーキは、JTAの東京行き。往きは那覇経由でしたが、帰りは気分を変えて石垣~羽田まで同じ機体に身を委ねることにしました。

石垣から東京に向かう「直行便」は小型サイズのB737なのですが、石垣空港の滑走路が短いために、助走距離が十分に確保できず、羽田まで到達できる燃料を満載にすることができません。

ではどうやって東京まで飛んでゆくのか。

宮古島空港にいったん着陸し燃料の追加注入を施して再度飛び立つのです。

実はこの事実を知ったのはつい最近のことでした。
もちろん私は宮古島には行ったことがありません。だったら良い機会と思い、この「経由便」を選んだのでした。

さらに最近知ったのは、燃料を注入する間、危険防止のため乗客はいったん降ろされて旅客ターミナルで40分間待たされるのだそうです。

これまたラッキー。わたしの沖縄旅行の大きな楽しみの一つはヒコーキに乗れること。
しかも離着陸時のGを味わえること、上空からさんご礁の島々を眺められること。

とにかくヒコーキに乗れるだけで楽しみなのです。

石垣から東京まで3時間以上もかけて飛んでゆくチビジェットB737.
RIMG0451.jpg

ヒコーキに乗るならB747が一番と思っていましたが、宮古島に立ち寄れるというオマケがついてくるのならB737でもガマンできます。

フライトコンパスも何もないのだろうけれど。。。。。



↑↑↑
ブログランキング参加中です。1位返り咲きを目指し、貴方のワンクリックを!



2.5升瓶・自力輸送作戦
朝7時に朝食、宿泊についてくるホテル隣接レストランでのバイキングです。
RIMG0446.jpg
はじめてポークたまごを食べました。昨日のランチバイキングに比べるとはるかに沖縄らしくてGOOD.

9時前に自転車を借りて5分の場所にあるサンエー&マックスバリューで買出し。
RIMG0448.jpg

昨夜の下見が役に立ちまして、10時過ぎには買い物を終えました。

しかし、ザックに背負って持参した2升半ボトル。買った食材と同時梱包を頼もうと思ったのですが、「ちょっと危ないかも」と発送を断られました。
持って帰る以外に方法がありません。

近くの泡盛屋で、最後の買出し品「請福」と「白百合」を買ったついでに、店の人に訊いて見ました。

「2.5升箱の入る袋なんてありませんかね?」

「ちょっとないですね~。ひょっとしてあれ?」

なんとも鋭い突っ込みであります。

「ところでいくらで買ったの?」

「かなり安いと思うんですが、金額はちょっと。。。。」

「うちも在庫あるんだけど、だいたい仕入れは18000円くらいだね。きっと定価はXXXくらいだろうけど。今あるのはちょっと安くて39000円の値札付けてるけど。」

ずいぶんと正直に話してくれる店員。(笑)
信州の一個人が石垣の酒屋よりもずっと安い金額で譲ってもらえたなんて、申し訳ないような。。。。




↑↑↑
ブログランキング参加中です。1位返り咲きを目指し、貴方のワンクリックを!



カテゴリー