fc2ブログ
FC2カウンター

プロフィール

なかむら@みゆきの

Author:なかむら@みゆきの
高社山麓みゆきの杜ユースホステル
を営んでいます。
当サイトでは、地元民ならではのお勧めツーリングルート、温泉、B級グルメなどを宿主自らが実走調査を敢行!信州ドライブ&ツーリングにお役立てください。


【旅の記録】
北海道ツーリング2008
北海道ツーリング2009
北海道ツーリング2010
北海道ツーリング2011
北海道ツーリング2012
沖縄八重山紀行2008
沖縄八重山紀行2009
沖縄バイクツーリング2010
沖縄家族旅行2011
栂海新道縦走記2012
沖縄買出し旅2012
沖縄買出し旅2013夏
大阪帰省の鉄道旅2013
沖縄買出し旅2013冬
アメリカ横断2014春
北海道ツーリング2014
沖縄買出し旅2014
アメリカ横断2015
北海道乗り潰し2015冬
家族で沖縄2015冬
タスマニア周遊2016
Overland Track2016
北海道2016夏ドライブ
スペイン巡礼2016冬
タスマニア2017春
北海道2017夏
スペイン巡礼2017冬
瀬戸内旅2018春
日本南北縦断2018冬
瀬戸内旅2019春

リンク

★たびたび君を応援しよう

このブログをリンクに追加する

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

 ↑  ↑  ↑
ブログランキング参加中!
1日1回クリック下さいネ!

最近の記事

月別アーカイブ

.
DVD見ながら出動待ち
昨日まで八日連続で滑りましたが、ただ今の天候は雪。
なのでただ今待機中。

スキーグラフィックの昨年3月号についていたDVD「1級2級特別レッスン」を見ながら、フムフムとHP更新中。
RIMG0215_20100204104242.jpg


正直、かなり1級が近づいてきた感じ。

検定まであと40日。

目指せ一発合格

そういえば技術選手権の甲信越予選が終わりました。

総合成績男子の上位5位は

①岡田慎  十日町
②柏木義之  苗場
③片山秀斗  石打
④水落亮太  十日町
⑤栗山太樹  GALA湯沢

新潟県勢強し!

木島平から唯一出場の女子・高橋直美選手は27人中13位で白馬の本戦出場決定。

ぜひ白馬でも決勝に勝ち進み、デモンストレーター選考会への出場権を勝ち取って欲しいと思います。

木島平からはじめてのデモ誕生!

実現したらいいな~ぁ。。。。

長野県スキー連盟技術選特設ページ



↑↑↑
ブログランキング参加中です。1位返り咲きを目指し、貴方のワンクリックを!


やっぱり行ってしまった ~シーズン29日目
【シーズン29日目】

午後から突然天候回復。今回の大雪はどうやら新潟県沿岸地方だけのようです。

英時が3時15分に帰ってきましたので、やっぱり滑りに行くことにしました。でも一分でも時間を無駄にしたくないので、車で一番上の駐車場まで走っていき、そこからスキーを付けて一本余分に滑走する作戦に。

今日もまた学校団体で賑わう木島平、まず11リフト乗り場に向かいました。

するとそこに竹内農園のヒゲマスターのマザーこと智子さん登場。息子と私、3人でリフトに乗りました。

今季スキーイントラデビューされたそうです。

なかむらさ~ん。ブログ隅から隅まで読んでますよ~。

ワオ。

3X歳にして4人の子供の母。とても明るい竹内農園を支える肝っ玉(失礼)母さん。
実にナイスなマザーであります。

リフトの降り際、

今日のこと、しっかりブログに書きますんでヨロシク。

ぎゃぁああああ~。

しまった。カメラ持ってくるの忘れちまったヨ。

てなことで、本日のリフト乗車本数 4本。
昨日に引き続き、太もも立ててピボット気味の低速ショートターン。しかしこの練習、かなり効きますワ。
RIMG0216.jpg

夕暮れの木島平。明日も晴れるといいな。



↑↑↑
ブログランキング参加中です。1位返り咲きを目指し、貴方のワンクリックを!


きほんの基本
ここ二週間で感じたこと。それは

スキーの真ん中に乗っていることの重要性

テクニックDVDを見ていると、実に豊富な技術論と薀蓄、そしてバリエーショントレーニングが紹介されています。

しかし

その多くの技術論もスキーの真ん中に乗っていることが前提に語られているもののような気がします。

例えば私の場合、昨年までは停止時はいつも左向きでした。いや。左向きにしか停止動作ができなかったと云っても過言ではありません。

つまり左足の荷重動作が非常に苦手であったということを意味します。

こんな状態では間違ってもコブは滑り降りることはできません。滑り降りるどころか、スキー操作そのものが不可能です。なぜならコブは何時でも瞬時に左右均等どちらでも荷重、回旋操作ができなくてはならないからです。
抱え込みだの、ストレッチ系の運動だの、かかと荷重だの、いろいろなセオリーがありますが全くそれ以前の問題だったりします。

あと小回り。

緩斜面でのオートマチック小回りならば荷重動作はあまり必要ではありません。左右に振っていれば勝手にスキーが走るからです。

しかし、急斜面におけるズレを伴った「ウェーデルン」的な制動要素の強いターンの場合、荷重動作に難があればまず間違いなくこの運動を行うことはできません。

スキーDVDにある、基本動作として紹介されているさまざまなバリエーショントレーニング。

二段エッジング
パラレル急制動
プロペラターン
足踏みターン


これらは板の真ん中に乗っていなければどれも困難な操作といえます。
私の場合は基本的な「真ん中に乗る」という動作がまったく出来ていなかったので、ぜひやってみて!と紹介されても、正直非常に無理がありました。


私に必要だったのは何はなくとも

真ん中に乗るための処方箋

だったのです。

幸いにもその処方箋が二週間前の日曜日、たまたまお泊りだった競技スキーヤーにより伝授されました。
日曜日、よませでの大会を終えて、私と滑るためにわざわざ木島平に戻ってきてくださいました。

何度も登場する

ふとももを立てる意識

ブーツのべろに膝小僧を押し付けるように、膝上が垂直に立つくらいの意識で、前に、前に。ひたすら。
大げさなくらい前に、前に。。。。

ご一緒して教わったのはただこれだけです。しかし、それ以降、これを念頭に滑っているうちに、苦手なはずの右ターンに劇的な改善が見られました。すべりの根本が改められたと云っても過言ではありません。

有名なデモの渡辺一樹氏のスキーマニュアルDVDにも

全ての原因はここにある

と称して、自らポーズをとりながら、スキーの真ん中に乗ることの重要性を説いています。しかし、真ん中に乗れて居ない人に対する処方箋が述べられているわけではありません。頭では理解していても、そのDVDでは、自分のケースに当てはめた場合はどうすれば良いのかがわかりませんでした。

しかし、私の場合は

膝上を垂直に立てる

ことで全てが解決したのでした。

もし、将来私が準指導員の資格を取って、実際に人に教える機会があるならば、真っ先にこの真ん中に乗ることの重要性を自分の経験を交えてしっかり説いていこうと思っています。

いよいよスキーが楽しくてたまらない領域に入ってきました。



↑↑↑
ブログランキング参加中です。1位返り咲きを目指し、貴方のワンクリックを!


カテゴリー