FC2ブログ
FC2カウンター

プロフィール

なかむら@みゆきの

Author:なかむら@みゆきの
高社山麓みゆきの杜ユースホステル
を営んでいます。
当サイトでは、地元民ならではのお勧めツーリングルート、温泉、B級グルメなどを宿主自らが実走調査を敢行!信州ドライブ&ツーリングにお役立てください。


【旅の記録】
北海道ツーリング2008
北海道ツーリング2009
北海道ツーリング2010
北海道ツーリング2011
北海道ツーリング2012
沖縄八重山紀行2008
沖縄八重山紀行2009
沖縄バイクツーリング2010
沖縄家族旅行2011
栂海新道縦走記2012
沖縄買出し旅2012
沖縄買出し旅2013夏
大阪帰省の鉄道旅2013
沖縄買出し旅2013冬
アメリカ横断2014春
北海道ツーリング2014
沖縄買出し旅2014
アメリカ横断2015
北海道乗り潰し2015冬
家族で沖縄2015冬
タスマニア周遊2016
Overland Track2016
北海道2016夏ドライブ
スペイン巡礼2016冬
タスマニア2017春
北海道2017夏
スペイン巡礼2017冬
瀬戸内旅2018春
日本南北縦断2018冬
瀬戸内旅2019春

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

 ↑  ↑  ↑
ブログランキング参加中!
1日1回クリック下さいネ!

最近の記事

月別アーカイブ

リンク

★たびたび君を応援しよう

このブログをリンクに追加する

.
北海道フェア開催
旅から帰ったその夜。

休む間もなく北海道フェアの本番を迎えました。 

巨大なほたて
CIMG5925.jpg

ホッカイシマエビ
CIMG5927.jpg

すじこ
CIMG5928.jpg

くじらの刺身
CIMG5930.jpg

動画もどうぞ。出演=妻・かおり




↑ ↑ ↑ ↑ ↑
ブログランキング参加中です。
お気に召しましたらクリックをお願いしますネ★



スポンサーサイト



歩く柚花
北海道に出かけている間、歩行能力がアップしたようです。

今朝、お客さんのお見送り時の駐輪場にて。


整地はもちろん、好んで不整地(ジャリ)にもアタック。
父親譲りですナ(笑)
川遊び、そして馬曲温泉へ
昨日の夕方、近所の川に出かけました。

最近すっかり水生生物マニアと化したお母さん。XX川の▼▼橋の下に○○がいる!という情報を聞きつけては、実際に出かけていきます。

昨日は千石の馬曲川。
CIMG5956.jpg

CIMG5957.jpg

CIMG5954.jpg

結局ほとんど何も採れませんでしたが、少し早い夏休みな感じが心に染みるワタクシでありました。

CIMG5960.jpg
となりのトトロの世界が、そこかしこに広がる初夏の木島平。

遠い夏の日を思い出す。。。。そんな由緒正しきにっぽんの田舎なんです。

水浸しになったあとは、馬曲温泉へ。
この日は子供達は全員私と男風呂へ。お母さんはひとりのんびりゆっくりと。。
CIMG5962.jpg

お風呂が大好きな柚花。

「さああがるぞ」と、抱き上げ脱衣場に連れて行くと、これでもか!とばかりの大泣き。

何をどうしても泣き止まず、困り果てましたが、窓辺のいすに立たせて外の景色をみせるとあら不思議!

泣き止んでしまいました。

CIMG5964.jpg
泣く子も黙る木島平の景色。そんな場所です(笑)


↑ ↑ ↑ ↑ ↑
ブログランキング参加中です。
お気に召しましたらクリックをお願いしますネ★


この夏、北海道(函館)を旅する方へ
先日の北海道ツーリングで自分用に買い求めたお土産がひとつだけあります。

それは

小いけのカレー
CIMG5966.jpg



9年ほど前、大沼公園YHの谷口さんに教えてもらった、函館ならではの地ビールならぬ「地カレー」であります。

でも

最近あちこちで見られる、町おこしのために出てきた企画商品(製造は他県)ではなく、正真正銘のローカルカレーなのです。

多くのレトルトカレーに見られる、具だけに特徴のあるものではありません。カレーソースにご当地原料を混ぜ込んではいるものの、風味の柱となるものが「欧風」という製品でもありません。

小いけのカレーは、創業60年の老舗にして、何処のカレーにも似ていない、ここ独自のカレーと断言できます。


その味を一言で表すならば「クラシカル」

でも家庭の味ではありません。

ワイン風味の生きた欧風でもありません。

フォンドボーがブレンドされた高級な味という訳でもありません。

具は多くはありません。


ところが、ヒトさじ口に含んだ瞬間、何ともいえないスパイシーな味とフルーティーテイスト、さらには独特なザラツキといいますか、香辛料由来の粉っぽさが口中で踊りだします。

正直このテイストは好き嫌いがハッキリするでしょう。


しかし!

ワタシにとっては年に一度は食べたい病み付きになるカレーであることを断言します。


魅惑のカレー小いけ。

もし函館に立ち寄る予定があって、

もしカレー好きを自負するならば、


ぜひこの製品をお求めください。

内容量320gにして630円ですから、これは十分安価な部類かと。。。。。
CIMG5965.jpg


笠島海岸
栃窪温泉から10kmあまりの笠島海岸。

せっかく日本海側にやってきたのですから、極上の海洋風景を眺めたいと思うのが人の常。

ここは例年、夏の休日に列車でやってくる場所です。
CIMG5981.jpg

CIMG5982.jpg

CIMG5983.jpg

なんとスバラシイ天気だこと。

青く凪いだ海に、思わず吸い込まれそうになります。

人間の遠い祖先が、海に住んでいたのだということがあらためて実感できる瞬間でもあります。

イイネ。海。。。。。。
柿崎・栃窪温泉
今日は遠出しました。

まずは上越市柿崎区栃窪温泉

いつも米山登山の後に立ち寄る温泉です。柿崎の市街地からわずか5kmの場所にこの秘境・秘湯。
東北の鄙びた温泉にも勝るとも劣らぬ、この渋さ。
CIMG5979.jpg

母屋と湯屋はこの廊下でつながれています。
CIMG5977.jpg

CIMG5976.jpg

CIMG5975.jpg

CIMG5974.jpg

塩分濃度の濃い黒褐色の温泉がたまりません。
CIMG5973.jpg

入浴料600円なり。


気持ちよかったですよ~!
CIMG5980.jpg




七夕
栃窪温泉で譲ってもらった笹の枝。

これを玄関前に立てかけて、七夕飾りを施すことにしました。
CIMG5984.jpg

コメリで七夕セットを買い求め、まずは願い事の短冊を
CIMG5985.jpg

CIMG5986.jpg
いいこと書くじゃないか。春花。

七夕には関係ありませんが、庭の木苺が食べごろになってきました。
CIMG5987.jpg


平日の朝食は。
週末の朝食は和食というのが定番です。

でも平日のお客さんの少ないときは洋食となることがしばしば。
CIMG5970.jpg


パンは食パンと丸パン。いずれも自家製です。丸パンは蒸しの工程を入れふんわり仕上げています。
CIMG5969.jpg

こんな芝生の庭とみゆき野の風景を眺めながらの朝食をどうぞ。
CIMG5968.jpg



↑ ↑ ↑ ↑ ↑
ブログランキング参加中です。
お気に召しましたらクリックをお願いしますネ★





ルームキーリニューアル
ルームキーのキーホルダーがへたってきたので、リニューアルすることにしました。

連結具は金具をやめて革紐に変更。クラフトショップTOKAIで買って来ました。

ブナのホルダー本体はそのまま使うことにして、ドリルで穴を開け、こんな感じで。
CIMG5993.jpg

部屋番号は従来マジックで書いていたのですが、格好悪いので「焼き入れ」で。
はんだこての先を使って焼きました。
CIMG5995.jpg

ちなみに革紐でキーをつなぐ方法は、ワタシにとっての宿の師匠「薫風舎」さんのアイデアを頂戴しました。
標高1500mの別天地
今日はお客さんをカヤの平にお連れしました。

下界は暑かったのですが、さすがに標高1500mの別天地は違いました。
CIMG5992.jpg

牛が草を食む牧場、そしてブナ原生林。

お勧めですよ~!



↑ ↑ ↑ ↑ ↑
ブログランキング参加中です。
お気に召しましたらクリックをお願いしますネ★






カテゴリー