FC2ブログ
FC2カウンター

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

 ↑  ↑  ↑
ブログランキング参加中!
1日1回クリック下さいネ!

最近の記事

月別アーカイブ

リンク

★たびたび君を応援しよう

このブログをリンクに追加する

北信州木島平より2020冬★ 
宿主の徒然なる日記
妄想が膨らむなぁ
小説「幸せの条件」。

誉田哲也氏の作品のいくつがが是までドラマ化されてきたことを鑑みますと、この作品もまたドラマ乃至、映画化される可能性もなくはないという気がしています。

そうなると、いったい誰があの役を演じるのかという妄想。(笑)

今日、竹内農園に野菜を取りにいった時も、その話で大いに盛り上がってしまいました。

「そんな上手くいかないよ」

と、皆さん謙遜気味なるも、実は大いにそれを期待しているところがありまして、ヒゲマスター曰く

俺的には70%の確率でドラマ化の予感

と希望的観測を述べていました(笑)


主人公は瀧本美織か?(ワタシの希望的観測)
農園主・茂樹役は時任三郎(竹内家の意見)
主人公を暖かく迎えるユースホステルの奥さんは和久井映見(マザー智子談)
農園主の奥さん・君江役には木村佳乃(私の意見なるも「都会的過ぎる」と、マザー智子)
農園主の高校生の娘役に剛力彩芽(妻・薫の意見)

単に知っている有名&人気俳優だけを並べたキャスティングですが、もし実現しようものなら、タダモノではありません。


ユースホステルが登場するのは2-3月の冬の終わり。
セットで済まされてしまう可能性もありますが、冒頭に主人公がわずか2泊するだけだから、わざわざセットを作るまでもなく、うちがロケ地になるだろうとこれまた希望的観測。

いや、季節感を出すには、やっぱりスタジオ撮影ではなく、雪に覆われたウチがそのままロケに使われはずだ。
和久井映見がウチにやってくる!?瀧本美織が4号室のソファーに座る!?

ただひたすら妄想だけが広がる、まるで宝くじ1億円当たったら何する?的な夢物語がひたすら脳内をグルグル、グルグル、グールグル。。。。。

楽しいな~(笑)


スポンサーサイト



憧れの栂海新道 2012 ~遥か彼方の日本海をめざして
今から10数年前、社会人になりたての体力が有り余っていた若かりし頃、一度だけ縦走したことのある栂海新道。
百名山のピークハント全盛期にあって、まだまだマイナーな存在だった栂海新道でした。

信越トレイルを頻繁に歩くようになって、ふと栂海新道のことが脳裏によみがえってきたここ数年。
今回は信越トレイルのガイドとして、お客さんと歩く機会を得ることが出来ました。


栂海新道2012・夏 


可能な限り多くの写真とともに、区間タイムや注意すべきこと、その他思ったこと、感じたことを書きとめながら、自分自身の備忘録として、そして栂海新道を歩きたいと夢見る多くの登山愛好家の資料となるべく、記録しておきたいと思います。


2012年9月
信越トレイルガイド・中村英孝



~目次~


【第1部】蓮華温泉~朝日岳・朝日小屋
 *時間経過表・蓮華温泉~朝日岳

【第2部】朝日小屋でのひととき
 *時間経過表・朝日岳~栂海山荘

【第3部】栂海新道をゆく1 ~朝日岳北麓の楽園地帯から黒岩山

【第4部】 栂海新道をゆく2 ~日本海を望む国境尾根・黒岩山~犬ヶ岳

【第5部】 天空の山小屋・栂海山荘滞在記 
 *時間経過表・栂海山荘~親不知

【第6部】 栂海新道をゆく3 ~飛騨山脈最北1000m峰~坂田峠

【第7部】 栂海新道をゆく4 ~海に続く里山、そして親不知海岸へ

山から戻ってきました
山から戻ってきました。

9月2日 7:00蓮華温泉をスタートして朝日岳17:00着
9月3日 6:00朝日岳から栂海山荘16:00着
9月4日 6:00栂海山荘から親不知15:40着

壮大な山の旅でありました。

詳細はおいおい。。。。。

●イベント告知

9月9日(日)
秋の棚田ツアー@越後妻有郷


↑ ↑ ↑ ↑ ↑
ブログランキング参加中です。
お気に召しましたらクリックをお願いしますネ★


第1部  蓮華温泉から朝日岳・朝日小屋
信越トレイルを歩くものにとって、どうしても気になる栂海新道。
今から40年以上も前に、糸魚川市在住の電気化学工業社員・小野建氏によって開かれたアルプスと海をつなぐ登山道です。

今季最大のイベントとして位置づけ、9月2日から2泊3日の行程で6名様+私の7人で行って参りました。

起床は3:30.出発は4:00.
豊田飯山ICから上信越自動車道、北陸自動車道を経由して糸魚川、国道148号線を経て蓮華温泉に着いたのが6:30でありました。

朝食の弁当を食べ、朝日に染まる朝日岳を目指してイザ出発!

CIMG6946.jpg

[ ⇒続きを読む ]
時間経過表 蓮華温泉~朝日岳
栂海新道2012 時間経過表

第一部 蓮華温泉~朝日岳

着 発 所要時間 昭文社タイム 差異(%) 
蓮華温泉   07:00   
 アヤメ平 07:27    
 瀬戸川 08:0708:20   
 白高地沢09:2809:4002-2002-30 93
 三角点(水場)11:3012:08 01-4002-00 83
 青ザク12:36    
 五輪の森12:59    
 吹上コル15:1215:26 02-53 02-00  144
 朝日岳16:0916:20 00-43 01-00  71
 朝日小屋16:59 00-39 00-40  97



メンバー 60~70代 合計7名



第二部  朝日小屋でのひと時
山岳雑誌「PEAKS」の山小屋特集記事でも見開き2ページにわたって紹介されていた朝日小屋。
CIMG7036.jpg


とても人気の小屋であることが推測されるのですが、前日に電話での予約したとき

「7人!?そんな大人数だったらもっと早く言ってくれたらいいのに」

と叱られてしまいました。

しかしいざ到着してみると、たいそう親切な女将さんで一同感激。
受付カウンターもなかなかいい感じ。
CIMG7037.jpg

CIMG7038.jpg
ハプニングを抱えて到着した我々に格段の計らいをいただきました。
詳細は省きますが、とにかくあらゆる、全ての面で、その親切さは全く涙ものでありました。

少々遅れて到着した我々一行は、夕食の定時である17:00から少し遅れて17:20の開始。
CIMG7039.jpg

CIMG7040.jpg

食事もまた山小屋らしからぬ豪華な品々。
CIMG7041.jpg

いただきまーす!
CIMG7045_20120906101928.jpg


CIMG7042.jpg
CIMG7043.jpg



ビールの美味いことといったら、もう言うまでもありません。

この日のこの一本を越える美味しいビールが、一生にあと何回あるか?

それくらい美味しく、骨身にしみるビールに感動する私でありました。

宿泊者は30人弱だったでしょうか。常連さんも多いようで、なるほど、うなづけるところです。

朝食は5:00スタート。
CIMG7046.jpg

とにかく女将さん、いや、清水ゆかりさん、超!超!親切な人でした。
CIMG7050.jpg


商売は親切第一。

宿屋心得を新たにした一夜でもありました。ありがとうございました。

私のこれまで経験した、数少ない山小屋ライフですが、ランキングするならこんな感じ。

1位 船窪小屋
2位 徳本峠小屋

これで朝日小屋が1位に躍り出るかもです。


*予告

【第三部】 栂海新道をゆく1 ~朝日岳北麓の楽園地帯・吹上コル~黒岩山
【第四部】 栂海新道をゆく2 ~日本海を望む絶景の国境尾根・黒岩山~犬が岳
【第五部】 天空の山小屋・栂海山荘 ~沈む夕日と絶景キジ場(!)
【第六部】 栂海新道をゆく3 ~飛騨山脈最北のブナ尾根地帯・犬が岳~白鳥山~坂田峠
【第七部】 栂海新道をゆく4 ~海に続く里山・そして親不知海岸へ


時間経過表 朝日岳~栂海山荘

栂海新道2012 時間経過表


朝日岳~犬ヶ岳(栂海山荘)


比較的ゆとりのあるコースタイムにより、時間を気にすることなく歩けるコースといえるかもしれません。

着 発 所要時間 昭文社タイム 差異(%) 
朝日小屋   06:00   
朝日岳 07:07 01-07 01-00 111
吹上コル 07:4907:5900-25 00-50 50
長栂山08:3208:40 
アヤメ平09:1309:20  
黒岩平10:1510:45    
黒岩山11:28 02-49 03-30 81
サワガニ山13:0013:40 01-22 01-40 82
北俣の水場14:1714:50    
犬ヶ岳15:3715:54 01-24 02-00 70
栂海山荘 16:04 00-10 00-10 100 



メンバー 60~70代 合計3名





第三部 栂海新道をゆく1 ~朝日岳北麓の楽園地帯・吹上コルから黒岩山
いよいよ栂海新道に分け入る日がやってきました。

起床は4:15、食事は5:00。

3名様が都合により離団されることになり、3名+私の4人で海を目指すことになりました。
30人ほどいたお客さんでしたが、6時出発は最後から二番目のでした。

おかみさんの清水さんは、朝食時にそれぞれのお客さんが何処へ向かわれるかを確認しながら、それぞれのパーティーに道中の安全を呼びかけます。
ちなみに栂海新道を目指すグループは私達だけ。それほどに長く、ハードなルートなのだということを強調します。

しみずさんいわく

今日よりも明日が大変です。

本当に気をつけて行ってらっしゃい!!

と見送ってくれました。
CIMG7050.jpg


[ ⇒続きを読む ]
第四部  栂海新道をゆく2 ~日本海を望む国境尾根・黒岩山~犬が岳

黒岩山までは、朝日岳北麓の湿原地帯であったのが、その先犬が岳までは地形、地質ともに大きく変化します。

地形図を見ても明らかなように、この区間は新潟/富山の県境沿いの細い尾根に伸びる尾根に忠実に道がつけられ、東西共に切れ落ちた「ガケ」です。

「栂海新道尾根」

と命名してもいいのではと思える、赤茶けたガレバが多いやせ尾根を行きます。
北アルプス的景観は、すでに過去のものとなりますが、海までの距離も近くなり、それだけに絶景を期待できる区間です。

出発してきた朝日岳を常に後ろに見つつ、目指す栂海山荘の姿が次第に大きくなる。。。。
ある意味、最も栂海新道らしい風景が満喫できると言えましょう。
CIMG7119.jpg

[ ⇒続きを読む ]
第五部 天空の山小屋・栂海山荘滞在記
16時に栂海山荘に到着。長い長い一日が終わりました。
CIMG7173.jpg
朝日岳方面からは赤く見える建物ですが、正面位置口は緑色。

栂海山荘は糸魚川のさわがに山岳会の私有物件。無人ですが、予約は必須です。
山岳会会長の小野健氏宅に直接電話して利用を申し込んでおきましょう。



[ ⇒続きを読む ]

プロフィール

なかむら@みゆきの

Author:なかむら@みゆきの
高社山麓みゆきの杜ユースホステル
を営んでいます。
当サイトでは、地元民ならではのお勧めツーリングルート、温泉、B級グルメなどを宿主自らが実走調査を敢行!信州ドライブ&ツーリングにお役立てください。




【旅の記録】
北海道ツーリング2008
北海道ツーリング2009
北海道ツーリング2010
北海道ツーリング2011
北海道ツーリング2012
沖縄八重山紀行2008
沖縄八重山紀行2009
沖縄バイクツーリング2010
沖縄家族旅行2011
栂海新道縦走記2012
沖縄買出し旅2012
沖縄買出し旅2013夏
大阪帰省の鉄道旅2013
沖縄買出し旅2013冬
アメリカ横断2014春
北海道ツーリング2014
沖縄買出し旅2014
アメリカ横断2015
北海道乗り潰し2015冬
家族で沖縄2015冬
タスマニア周遊2016
Overland Track2016
北海道2016夏ドライブ
スペイン巡礼2016冬
タスマニア2017春
北海道2017夏
スペイン巡礼2017冬
瀬戸内旅2018春
日本南北縦断2018冬
瀬戸内旅2019春

カテゴリー