FC2ブログ
FC2カウンター

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

 ↑  ↑  ↑
ブログランキング参加中!
1日1回クリック下さいネ!

最近の記事

月別アーカイブ

リンク

★たびたび君を応援しよう

このブログをリンクに追加する

北信州木島平より2020冬★ 
宿主の徒然なる日記
宿主も走るよ!北信州ハーフマラソン エントリー受付中
昨日のゲストは4名様でした。
そのうち2名はマラソンをこよなく愛する神戸市のU氏と、沖縄県石垣島のK氏。


大幅な減量に成功して以降、今度の目標はトレランかマラソンか思案する中、9月29日に開催される

第一回・北信州ハーフマラソン
552899_535346056503796_1756387658_n.jpg

の話題になりました。


ネットを開き、コース詳細をよくよく見てみると、ハーフは野沢温泉スタート、10kmは木島平村役場スタートで、いずれもウチのすぐ近所がコースになっています。

これは良い機会と話が弾みまして、ワタシ自身もその場で出場を表明。
K氏はケータイを使って早速ランネットでエントリー完了。9月28日(土)の宿泊もお受けしちゃいました(^_^)
ワタシも今日郵便局で参加費の払い込みを済ませまして、10km部門を

TEAM MIYUKINO

のチーム名でエントリー。



というワケで、9月29日(日)の大会出場ランナーの宿泊予約申し込み受付を昨日より開始しました。


一緒に走りませんか??


TEAM MIYUKINO で。


お待ちしています。(^_^)
有名日本料理店「なだ万」の料理人ご来場
昨日は有名日本料理店「なだ万」のベテラン料理人であるTさんがご利用でした。
夕方の情報番組「Nスタ」にも時々出演されるのでご存知の方もいらっしゃるかもしれません。


旅好き&バイク好きな方でして、ウチ存在を知ったのは「バイクブログ」がきっかけだったとか。



FACEBOOK経由での書き込みを頂いたりと、プロフィールは事前に分っていました。
なので、特段あたふた(?)することはあまりなかったものの、日本を代表する超有名日本料理店の料理人へお食事を出すわけですから、いつもとは少し違った緊張感が漂っていたのは間違いありません。(笑)

幸い地元の食材がふんだんに揃っていて、役者は揃っています。

「でかまる」「アスパラ」「巨大なめこ」。。。。。


鶏の照り焼き(炭火焼)
近所で採ってきたたらの芽、こしあぶらのてんぷら
いもめんたい(木島平料理)
なめこ汁
アスパラのサラダ
土鍋炊きごはん
野沢菜


朝は母ちゃん得意の、スイートブール。



満足いただけたかナ???(汗)


また機会がありましたらお越しください!お待ちしています。
展望用双眼鏡導入
北側に絶景(?)の広がるわが宿。

お客さんにもその絶景を楽しんで頂こうと、地名を明記したパノラマ写真、そして双眼鏡を導入しました。

談話室、3号室、そして4号室にも(!)

北側の窓そばには、こんな感じで地名入りパノラマ写真を掲示。
CIMG0153.jpg


しかし、双眼鏡選びにはなかなかの苦労が伴います。

双眼鏡を買ったことのある方ならご存知の方もおいででしょう。
世の中には、まともに見ることのできない双眼鏡が腐るほど存在するということを。

カッコよさに惹かれて買った1980円の双眼鏡。ところが

ピントが合わない
白い半透明幕がかかったように見える
やたらと目が疲れる

そんな症例の製品がなんと多いことか。

5年ほど前、英時の誕生日プレゼントに1980円の双眼鏡を買ってやりました。非常にコンパクトながらも、外見は金属製にて質感がよく、重量感もありました。

しかし

ピントが完全に合わないのです。

そして数ヵ月後、レンズが完全に白く曇ってしまい、本当に使えなくなってしまいました。

その後、ネットを調べてみると、望遠鏡や双眼鏡には、素人だましの粗悪品が横行しているということが判明しました。

今回はおなじ轍は踏むまいと、ネットで洗いざらい調べ、行き着いた製品がコレ。
CIMG0147_20130508224848.jpg

8倍40mm

スターゲイズという光学製品を扱うショップですが、アマチュア天文家等のブログでインプレを読み漁っていますと、相応の使用者の評価はかなり高いのです。

そして今日、晴れた外の景色を眺めてみましたが、その見え味は、コレまで経験したことのないもの。
各部の操作感も節度感ある重みとラバーコーティングもあいまって非常に好印象です。

信越トレイルに持参する有名光学メーカーO社のコンパクト双眼鏡と比べると、違いはまさに雲泥の差でありました。

双眼鏡といえば

ニコン
キャノン
オリンパス
ペンタックス
ビクセン
ケンコー

位しか知りませんでしたが、探せばあるんですね~。安いのに、こんな素晴らしい双眼鏡が。

子供たちも大喜び。
CIMG0150.jpg

CIMG0151_20130508224730.jpg

CIMG0152.jpg


ゼヒこんな風に眺めてみてください。
面白い世界が広がっていますよ~!!!
CIMG0149.jpg

日本の棚田100選・飯山市「福島新田」
周囲の水田では、ようやく代かきが始まりました。
今日で出かけた松本あたりでは、田植えが盛んに行われていますので、地域によってずいぶんと違うことを実感します。

しかし、間もなくみゆき野でも田植えが始まり、飯山の盆地全体が湖のように変貌を遂げます。

それにしても水田が見せてくれるさまざまな光景。
こんなにも日本人の心に響くのは何故なのでしょう。

昨日は福島新田に出かけました。
CIMG0126.jpg



代かきはこれからって感じです。
CIMG01311.jpg



ぜひ阿弥陀堂から棚田を眺めてみてください。
CIMG0132.jpg

文庫本持って、阿弥陀堂の縁側で一日ボーっと過ごすのも悪くないかも。

いつかやってみたいな。ホント。(笑)





2013年度 第一回の信越トレイルツアー第1回が間もなく開催!
ご希望の方、お早めにどうぞ!

==============
⇒●栂海新道縦走記2012●
==============

★5月18日~信越トレイルセクション1・2・3ツアー参加者募集中
  詳細はこちらから
★単独歩行の方は入下山口の送迎も随時実施中
  詳細はこちらから
★2人以上集まればガイドツアーもお勧めです
  詳細はこちらから


↑ ↑ ↑ ↑ ↑
ブログランキング(登山)カテゴリ参画中です。
一日一押しお願いしますネ★


明日はアクアマリンライブコンサート
明日はアクアマリンライブコンサート。

2003年の初開催から早いもので10年です。はじめは年一回のペースでしたが、その後年二回が定番となり今に至ります。

まだ小さかった愚図る息子・英時をあやしながら演奏を聞いたのが、つい昨日のことのように懐かしく思えます。そんな子も今年は6年生。

高学年になったら、ぜひウチの子に音楽会で「COSMOS」を歌って欲しいとこの10年間念じてきましたが、
昨年は隣のクラス、6年1組に「地球星歌」をさらわれ(?)、今年の6月の小中学合同音楽会では、同じく6年1組に「明日の空へ」を盗られて(?)しまったようです。(涙)

多くの児童の意見と先生の判断によって決定されますから、どんなに懇願したところで意見が通るわけでもないのですが、親としてはぜひ「COSMOS」を歌う英時の姿を目に焼き付けたいと願うばかり。。。。。。

というわけで、明日は第17回アクアマリンコンサート。

GW明け第一回目の週末なのですが、アクアマリンのおかげでただ今の予約14名様。つまり残席あと1。

今回は10周年記念でミュージックチャージは無料となっています。
この機会をお見逃しなく。

あ。宿主もアクアマリンと一緒に「COSMOS」スペシャルバージョンを演奏させていただきます。


お楽しみに。






北信州ハーフマラソン 10km に備えて
先日北信州ハーフマラソン(10km)の申し込みを済ませました。

が!マラソンなどこれまに経験が一切なく、完全「ゼロ」からのスタートであります。
恥ずかしい話ながら、私はランニングシューズさえ持っていません。

体育館シューズのようなものでも良いのかなと思うのですが、それさえ所有しておらず、練習を開始するに先立って、まずは靴を用意するところから始めなくてはなりません。

今日、用事で上越に出かけたついでにABCマートに立ち寄りました。

ところが、幅広な足のワタクシにフィットする靴はほとんど存在せず、1万円クラスの超カッコいいREEBOKやNIKEはことごとくアウト。

靴をデザインで選ぶと痛い目に遭うということは重々認識しています。
メラメラと湧き出る物欲をじっと押さえ込んで、ただひたすら幅広なものを探し回って見つけたのがコレ。

NIKE DOWNSHIFTER 5 (4E)

downshifter-msl-2.jpg

エントリー(入門者)向けランニングシューズ 

だそうですが、何を持ってエントリーモデルなのか意味不明なのは、登山靴の世界と全く同じであります。

入門者がとっつきやすいようにという狙いで、安価な商品へ誘導しようという戦略がはたして適切なのかどうか、それは(?)。

ただ、これ以上足に合う品物はなく、その場で即決しようかとも思いましたが、いったん保留。


ところが帰宅後、ネットで調べると、同じ商品がさらに安い値段、しかも送料無料で出ているではありませんか。


おもわず



ポチ!


白ではモロに「体育館シューズ」な感じなので敬遠。
汚れが目立たなさそうな、グレーはどこととなくつ安っぽさが漂っていました。
消去法により選ばれたのは「黒」。


ぼちぼち練習を始めることにします(笑)




 
幻の泡波が入荷しました
沖縄フリークの間ではとみに有名な波照間島産の「泡波」。
生産量が少なく、手に入りづらいことで有名な泡盛です。

波照間を旅すると見かけることもしばしばですが、その泡波を入手するために、ひたすら売店めぐりをしている人がいるほどなんですね。

ところがウチではとあるコネによって、頼めばいつでも送ってくれる人がいます。
*もちろん定価です(^_^)

そして今日、遠く南の島から届きました。2升半ボトルが。
2008年以降、これで数えること4本目。



2升半を漢字に当てて「升升半升」。つまり「ますますはんじょう」=益々繁盛。
沖縄では商売人向けの縁起物としても利用されているものでして、石垣島の酒屋さんあたりでは、プレミアが加算されて45000円程の値がついているようです。

6月に開催の「沖縄フェア」で無料飲み放題(!)にて提供させていただきます。

お楽しみに~!



【みゆき野名産!アスパラ料理★大好評提供中】
→ 詳しくはこちら

【竹内農園のアスパラ購入予約受付中】
→ 詳しくはこちら

【毎週日曜日開催のイベント】
→ 詳しくはこちら
アクアマリンライブ 盛大のうちに終了
アクアマリンライブは盛大のうちに終了。
今回もアットホームな楽しいライブでした。


人気合唱曲

地球星歌
明日の空へ
COSMOS

はもちろん、一年振りの宿主とのセッションプレイも大成功。

次回はぜひ、HORIZONで!
お願いします。みますサマー
~!!(^_^)



ライブ後の定番・菜の花ツアー
ライブから一夜明けた今朝は、すっきりと晴れ上がりました。

ライブの翌日は毎度おなじみ菜の花ツアーです。
菜の花公園はまだまだ人が多いのですが、ここ阿弥陀堂はひっそりと静まり返ったまま。







11時頃に道の駅千曲川にて解散と相成りました。
次回の予定はまだ未定ですが、第18回ライブが実施されることだけは間違いありませんのでご安心の程を。


それにしてもワタクシ、アクアマリンの音楽が好きですネ。

自分の過去のFavorite Musician遍歴を振り返ってみますと。。。。。


中学生~高校生  エイジア TOTO A-HA
大学生~会社人  T-SQUARE 姫神
会社人~自営業  姫神(星吉昭) *2004年に同氏没後はほとんど聞かなくなる
2004年頃~現在  アクアマリン

という経歴を辿ってきました。

考えてもみれば、この世で最も好きなミュージシャンが、一年に二度もウチでライブ演奏に来てくれるとは、なんともシアワセな境遇だこと!!(笑)

これからもどうぞよろしくお願いいたします。


みゆきの杜ユースホステル特設ページ

「食」の話題に特化して随時更新中です。応援よろしくお願いいたします!

【みゆき野名産!アスパラ料理★大好評提供中】
→ 詳しくはこちら

【竹内農園のアスパラ購入予約受付中】
→ 詳しくはこちら

【毎週日曜日開催のイベント】
→ 詳しくはこちら

長岡~寺泊~出雲崎
大阪の実家から両親と妹が遊びに来てくれていまして、今日はお出かけしてきました。

まずは国道117号を経て長岡。そこでラーメンを食べて





食後は寺泊へ移動して魚市場で買い物







出雲崎の道の駅で海を眺め






西山ICから上越ICまで北陸道。

木島平には16:40に無事帰還。走行距離280kmの日帰りドライブでありました。


さあ。これから魚づくしだぁ~!!!!

プロフィール

なかむら@みゆきの

Author:なかむら@みゆきの
高社山麓みゆきの杜ユースホステル
を営んでいます。
当サイトでは、地元民ならではのお勧めツーリングルート、温泉、B級グルメなどを宿主自らが実走調査を敢行!信州ドライブ&ツーリングにお役立てください。




【旅の記録】
北海道ツーリング2008
北海道ツーリング2009
北海道ツーリング2010
北海道ツーリング2011
北海道ツーリング2012
沖縄八重山紀行2008
沖縄八重山紀行2009
沖縄バイクツーリング2010
沖縄家族旅行2011
栂海新道縦走記2012
沖縄買出し旅2012
沖縄買出し旅2013夏
大阪帰省の鉄道旅2013
沖縄買出し旅2013冬
アメリカ横断2014春
北海道ツーリング2014
沖縄買出し旅2014
アメリカ横断2015
北海道乗り潰し2015冬
家族で沖縄2015冬
タスマニア周遊2016
Overland Track2016
北海道2016夏ドライブ
スペイン巡礼2016冬
タスマニア2017春
北海道2017夏
スペイン巡礼2017冬
瀬戸内旅2018春
日本南北縦断2018冬
瀬戸内旅2019春

カテゴリー