FC2ブログ
FC2カウンター

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

 ↑  ↑  ↑
ブログランキング参加中!
1日1回クリック下さいネ!

最近の記事

月別アーカイブ

リンク

★たびたび君を応援しよう

このブログをリンクに追加する

北信州木島平より2020冬★ 
宿主の徒然なる日記
バイクツーリングの6名様
今季最大の6台のバイクツアラーがお越しになりました。

昨年屋根を取り付けた自作のバイク小屋に、私の愛車(エリミネータ125)を含めて7台全てが収まって!


今日は菜の花公園、斑尾、そして渋峠を越えて関東へお帰りです。


最高気温は10度との予報です。くれぐれもお気をつけて!
またお待ちしています。



しかし5月とは思えないひんやり感。


寒いなぁ。。。。。
スポンサーサイト



「あまちゃん」が海なら、こちらは山!
連続テレビ小説「あまちゃん」でも頻繁に登場するNゲージジオラマ。
あちらが海辺の景色ならば、こちらは山の景色。昭和30年代の地方を再現した精密な箱庭風景が広がっています。

もちろん単なる飾りではなく、実際に運転して楽しむことができます。
音源を搭載したコントローラからはリアルなサウンドが繰り出されるほか、先頭車両に組み込まれたカメラが映し出す映像はまるで運転士?展望車??

動画でお楽しみください。





車載カメラの映像に、客車列車ならではの発車風景、無線交信、車内放送を再現してみました。




当鉄道の主力列車であるEF65-500牽引の寝台特急が、急勾配擁する本線を一周する様子をご覧ください。





春は「ずく」が出ますね
信州のことばで「ずく」という表現があります。

共通語にあえて直すなら、

やる気
気力

のようなニュアンスともいえましょう。

あいつは「ずくなし」
ずく出して仕事するべ

といった言い回しです。


春になると、とにかく「ずく」が出てくるもの。
特に3月以降、私の中には、近年記憶にないほどの最大の「ずく」が出ていました。

あれもやりたい、これもやりたい。
やらなくてはならないことが沢山あるのに、ついつい後回しになりがちだった多ここ数ヶ月~数年。

それらをこの春、一気に片付けました。


●テーブル天板磨きなおし+塗装
●雪の重みで傾いた枝垂桜の引き起こし+固定
●洗濯物干し場のトタン屋根張替え
●リンゴの木の剪定
●バイク小屋の屋根を傾斜付け
●Nゲージ大清掃
●Nゲージ車両メーカー修理(EF65,ED73他)
●自力でのキハ82分解清掃
●乾燥室棚増設
●芝生雑草生育前の除草剤散布
●ソファー表皮のパテ補修+スプレー塗装
●バイクリヤコンテナの赤色塗装
●10年以上前に紛失したままになっていたアマチュア無線免状再交付











とにかく、この春は、自分でも信じられないほどの「ずく」が出ていました。


さあ。今日からGW後半繁忙期。一応平日ですが、ほぼ満室の今日、そして完全満室の明日。

しっかり「ずく」出して頑張ることにしましょう!(笑)
菜の花が満開となりました
飯山の菜の花がようやく満開になりました。



昨日の寒さに比べると、ずいぶんと過ごしやすい陽気にゲストの皆さんもほっと一安心。

4日は残席わずか、5日はまだまだ空きがありますよ~!!



談話室の大窓から35mm判換算300mm相当にて撮影
CIMG0091.jpg
インターネット観光案内&みゆき野鉄道運転会 毎晩好評開催中です
大型連休前に大規模清掃を実施したみゆき野鉄道ジオラマ。

ここ数日毎日好評運転中です。


子供はもちろんですが、大人、しかも「女子」の方がかなりハマル傾向にありまして、精密なつくりと車載カメラ映像、リアルなサウンドに皆さんたいそう驚きです。






メーカーに修理に出していた機関車も全て戻ってきまして、カメラカーであるキハ82特急列車「白鳥」はもちろん、EF65-500やED73-1000番台牽引の20系寝台特急、ED75重連によるコンテナ貨物列車など、ご希望に応じて、毎晩21:00に出発進行!


インターネット観光案内は20:15頃から、鉄道模型運転会は20:45頃から開催です!
お客さんと一緒にプチツーリング
昨日はバイクでお越しのゲストが6名様。
そのうちの2名様と、クルマの方2名様と一緒に菜の花公園までプチツーリングに出かけました。


今の時期、駐車場がすぐに満車となるため、4輪車の場合、何処に停めるかが結構悩ましいもの。
そこで私が先導しまして、混雑しない、それでいて駐車料金のかからない、しかもれっきとした公式駐車場へご案内がてら、一緒に出かけたというわけです。


菜の花はまさに見頃。





菜の花特有の香りが春の陽気とあいまって、一面に広がっていました。
CIMG0098.jpg


これから標高の高いところへ向かって、開花が進んでいきます。
CIMG0097.jpg


5月20日頃の、北竜湖の菜の花をクライマックスに、まだまだ楽しめると思いますネ。


お待ちしていますよ~!!!
竹内農園産アスパラ続々入荷
シーズン真っ盛り!みゆき野名産のグリーンアスパラが続々入荷しています。近所の竹内農園産、完全露地物です。(^_^)

毎日もれなくアスパラ料理が食卓を彩ります。


ご予約の際、「アスパラ料理希望」の旨お申し付けくだされば、より確実です。




お土産用にお求めの場合、チェックイン時にお申し付けください。
翌日、朝取りアスパラを竹内農園で直接お受け取りになれます。

値段:
500g(一般的な5束に相当) 500円(新聞包み)
1kg(同10束) 1000円(箱入り)

みゆきの杜ユースホステルから竹内農園までの道のり

大きな地図で見る
樽滝出現
毎年5月8日、木島平村にある「不動明王祭」の時だけ出現する幻の滝・「樽滝」のご紹介です。


今年もいよいよその日が二日後に迫ってきました。

毎年お客さんと見に行くのですが、昨年はお母さんがテレビ局のインタビュー攻勢に遭いまして、てんやわんやの大騒ぎ。(笑)

宿から2km弱と近く、歩いてでも十分に行ける距離にあります。

一緒に見に行きませんか?

朝食後、8:00頃に出発しますよ~!

=====

昨年の模様

=====

年に一度の樽滝の放水をお客さんとともに見に行ってきました。

今年は水の出る瞬間を動画で捕らえることに成功。


CIMG4110.jpg

全景
CIMG4112.jpg

アートモードで
CIMG4111.jpg


お母さんは信越放送のテレビクルーの取材攻勢に。果たしてテレビに映るのか?
CIMG4113.jpg

夕方、信越放送のニュースで紹介され、インタビューが大映しになるのを期待していましたが、結果はこれ


安易に「日本一」とは言いたくはないのですが。。。。
ウチのお米は木島平の「竹内農園」さんから仕入れています。

2009年開催の第11回食味コンクールにおいて特別優秀賞受賞に続き、
2012年開催の第14回コンクールにおいては最優秀賞である

金賞

を受賞したお米です。

同コンクール食味試験において、出品総数3915点中、7番目に相当する183.6点をマークし、決戦大会の官能検査を経てみごとに最優秀となる金賞を獲得されました。

これは、世間一般では最上級米とされる、特上の魚沼産コシヒカリでさえ、ここ数年記録したことすらない、きわめて高いレベルなのです。 

そのお米たちは、通常1.85mmのメッシュにかけられて、粒ぞろいの玄米に選別されるのですが、ウチ向けの特別仕様として、特別に2.0mmの酒米用メッシュにより選別され、より大きな粒ぞろいの米に仕上げてもらっています。

粒が大きい米は穂先についた、一番日光を溜め込んだいわば完熟米。ただ大きいだけでなく、うまみ、甘みが最高レベルで調和した、超優等生といえます。

その味は食べてみれば納得。土鍋で炊かれた大粒米のモチモチ感が、口の中いっぱいに広がっていきます。

収穫から半年以上経過した現在、その大粒米の実力がさらに際立って発揮されている印象で、通常ロットと比較すると、その食感の違いは一目瞭然です。

安易に「日本一」という表現は使いたくはありませんが、そんなこんなで、ウチで提供している米は、間違いなく日本一の称号にふさわしい、スバラシイお米だと密かに自信を持っています(^_^)


たーくさん食べていってくださいネ!





展望所 兼 野鳥観察所 
周囲を山に囲まれたわが家。

春から秋には野鳥の姿はもちろん、窓からは遠くの景色手に取るように眺めることができます。

今の時期には菜の花公園が黄色い帯のように見えますし、そのすぐ右側には神戸の大銀杏の姿がハッキリと確認できます。

鍋倉山を中心とした関田山脈は、新潟長野の県境尾根でして、中腹より上はまだ雪が多く残り、その麓には戸狩の民宿街が広がっているのを確認できます。
CIMG0113.jpg


登山者は頂上に立つと、あの山がXXで、こっちの尾根がXX尾根などと、いわゆる「山座同定」に夢中になる人も少なくはありませんが、ウチの窓からも同じような楽しみ方が出来るのではと考えました。

そこで、談話室、3号室、4号室の3箇所に、地名入りパノラマ写真とともに双眼鏡を常備することにしました。



せっかく良い景色が広がっているのですから、それを楽しまない手はありませんよネ。

双眼鏡の設置はとりあえず5月10日から。ご期待ください。

プロフィール

なかむら@みゆきの

Author:なかむら@みゆきの
高社山麓みゆきの杜ユースホステル
を営んでいます。
当サイトでは、地元民ならではのお勧めツーリングルート、温泉、B級グルメなどを宿主自らが実走調査を敢行!信州ドライブ&ツーリングにお役立てください。




【旅の記録】
北海道ツーリング2008
北海道ツーリング2009
北海道ツーリング2010
北海道ツーリング2011
北海道ツーリング2012
沖縄八重山紀行2008
沖縄八重山紀行2009
沖縄バイクツーリング2010
沖縄家族旅行2011
栂海新道縦走記2012
沖縄買出し旅2012
沖縄買出し旅2013夏
大阪帰省の鉄道旅2013
沖縄買出し旅2013冬
アメリカ横断2014春
北海道ツーリング2014
沖縄買出し旅2014
アメリカ横断2015
北海道乗り潰し2015冬
家族で沖縄2015冬
タスマニア周遊2016
Overland Track2016
北海道2016夏ドライブ
スペイン巡礼2016冬
タスマニア2017春
北海道2017夏
スペイン巡礼2017冬
瀬戸内旅2018春
日本南北縦断2018冬
瀬戸内旅2019春

カテゴリー