FC2ブログ
FC2カウンター

プロフィール

なかむら@みゆきの

Author:なかむら@みゆきの
高社山麓みゆきの杜ユースホステル
を営んでいます。
当サイトでは、地元民ならではのお勧めツーリングルート、温泉、B級グルメなどを宿主自らが実走調査を敢行!信州ドライブ&ツーリングにお役立てください。


【旅の記録】
北海道ツーリング2008
北海道ツーリング2009
北海道ツーリング2010
北海道ツーリング2011
北海道ツーリング2012
沖縄八重山紀行2008
沖縄八重山紀行2009
沖縄バイクツーリング2010
沖縄家族旅行2011
栂海新道縦走記2012
沖縄買出し旅2012
沖縄買出し旅2013夏
大阪帰省の鉄道旅2013
沖縄買出し旅2013冬
アメリカ横断2014春
北海道ツーリング2014
沖縄買出し旅2014
アメリカ横断2015
北海道乗り潰し2015冬
家族で沖縄2015冬
タスマニア周遊2016
Overland Track2016
北海道2016夏ドライブ
スペイン巡礼2016冬
タスマニア2017春
北海道2017夏
スペイン巡礼2017冬
瀬戸内旅2018春
日本南北縦断2018冬
瀬戸内旅2019春

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

 ↑  ↑  ↑
ブログランキング参加中!
1日1回クリック下さいネ!

最近の記事

月別アーカイブ

リンク

★たびたび君を応援しよう

このブログをリンクに追加する

.
暑い夜
やはりというか、予想通りというか、夜になっても気温は殆ど下がりません。

テントの中で、こんな風に横になっても、やがて汗がジンワリ染み出てきてしまいます。


なので、浜辺に出て暫くの間、夕涼み。



朝起きてみたら、テントの外で寝ている人がちらほら。


やはり皆さん、暑かったようです。(^_^)
座間味島
阿嘉に停泊中に、コザの農連市場で買い求めた弁当で昼食。
200円と格安。


製造責任者が私と同名でオドロキです。

10分で座間味島に到着。


キャンプ場までは⒈5キロほどですが、あまりの灼熱に恐れをなし、村営バスを待つことにします。

とにかく、日陰が恋しいのです。

40分待って、阿真ビーチ行きに乗車。


そして到着したビーチ。
干潮に近く、砂浜がかなり後退していますが(^_^)


なんせ、「スーパームーン」の2日後ですから、特に干満の差が特に大きいのです。

受け付けで一泊あたり300円の利用料を支払い、テントサイトへ。




テントとタープを設営し、キャンプ生活準備完了。


しかし、暑すぎて、全く何もやる気が出ません。

naomomoさんが云った
「ヒマで困りますよ~」

の意味を実感。初日は夕暮れまでゴロゴロして過ごしました。

夕食はオキコのゼブラパンと、コーヒー。


恒例・沖縄グルメフェア 6月29日(土)*通常料金のみ
→宿主自ら沖縄に買出し遠征。幻の泡盛「泡波」飲み放題つき
mark.jpg
慶良間諸島へ
つい10年ほど前まで、慶良間諸島が何処にあるのか知らなかった私。

そんな人間がいままさに慶良間諸島を目指しています。

美栄橋近くの泊埠頭から船が出ます。




簡易な乗船名簿に名前と携帯番号を記入し


いざ船へ。

こちらは渡嘉敷行き


粟国行き。

この日は欠航でした。

そして座間味行き






座間味島まで2100円の船の旅











外海なので、かなり揺れます。

そして1時間半後、最初の寄港地、阿嘉島へ。

海の青さに衝撃を受けました。






参りました(^_^)
コザから那覇
買い出し作戦を終え、那覇へと向かいます。

その前に、コザの街をHDRアートで撮影すべく、ゲート通りに立ち寄りました。

CIMG0945_20130630175027.jpg

CIMG0942_20130630175020.jpg

CIMG0941_20130630175014.jpg

CIMG0940_20130630175009.jpg

CIMG0938_20130630175003.jpg

歴史と文化のるつぼ、コザの町。
好きだなぁ。。。。。

一路那覇へと向かいます。


奇遇なことに、お馴染みゲスト「おはぎ」さんが、前日に那覇入りしたとの連絡を受け、この日の朝、朝ごはんをご一緒することになりました。

おはぎさんの泊まっていり「空ハウス」の近くの美栄橋駅で合流し、そから眼と鼻の先にある24時間営業食堂へ。






中味汁定食。ポーク卵つき。

しばしの歓談後、レンタカーの返却、そしてゆいレール小禄駅から美栄橋まで電車の旅。


おはぎさんは、11時過ぎのフライトで石垣島へ渡るとのことで、宿の前でお別れしました。


さあ、私はいよいよ慶良間諸島へ渡ります。
買い出し作戦
旅の最大のミッションである買い出しは、いつものここで。


朝4時半から営業しています。

農連市場も軒を連ね、活気に溢れています。








買ったのは

◉豚軟骨2キロ
◉ミミガースライス500グラム
◉ポーク缶特大缶1個、レギュラー缶4個
◉沖縄そば、そばだし
◉天ぷら粉
など。。。。







持ち帰りは出来ないので、ゆうパックで長野に送りました。
暑い夜
今夜のおやどは「嘉陽荘」。


いつもの宿です。

でも

一度チェックインしてしまうと、億劫になって出たくなくなると見込んで、

まず食事。

コザパークアベニューにある「食堂ミッキー」。




客も店員もなんだかテンション高し。

寂れ切った通りの中にあって、ここだけが、活気に溢れています。

軟骨ソーキ丼と、フーチャンプルを注文。

が、あとになって気づきました。

沖縄では、「定食」と書かれていなくても、ごはんと汁物がつくことを。


この軟骨ソーキは絶品でした。
また食べたいと思いました。

フーチャンプル。
濃いめの色と味。


しかし、スープがやけにヌルい。
いかにも沖縄らしい、食堂でありました。

食事が済めば、あとは宿へ行くのみ。


しかし暑い。しかも蒸し暑い。

エアコンはコイン式。沖縄の安宿のいわば常識。

一晩中扇風機全開でした。(^_^)
ディープな昭和レトロ「コザ」
東村を後にして、一路南下。
今日の宿泊先、コザへ向かいます。

その前に、離島生活にそなえ、メイクマン名護店で、ガスカートリッジ、草履、ゴーグル、その他を買い込み。

そして

島でのキャンプは、やることがなくて絶対ヒマを持て余すとのnaomomoさんのアドバイスに従い、近くの釣り具屋で、980円のリールセットを購入。

ひたすら58号を走り、コザに着いたのは19時30分。






3年前、はじめてこの場所を訪れ、
その寂れ具合に衝撃を受けた私。
全国各地に「シャッター街」と呼ばれる商店街が数多く存在しますが、この街の規模は半端ではありません。

近代的な高い建物がほとんど存在しないものの、田舎町ではない。


時が止まったかのような、昭和レトロな沖縄が、旅人のココロをくすぐるのです。



古宇利島から東村
少々残念なパイン園の後は、古宇利島。

夏の時期に訪れるのははじめてでしたが、海の青さが違っていました。
衝撃的ですらありました。


やはり本島で青い海を見るなら、ココでしょう。

その後、北上し東村へ。

昨年の台風で全壊した、ヒロコーヒーファームさんが、4月に再開したとのこと。




雰囲気はガラリと変わっていました。



コーヒーを一杯頂き、豆を200g買って店を後にしました。






コーヒー豆は買いました。

出来れば中村屋珈琲店で、隠れメニューとして使用するヤンバル産紅茶が欲しいところです。

東村の道の駅に立ち寄ってみたところ


ありました(^_^)



ついでにもずくをゲット


実に収穫の多い北部ドライブでありました。



恒例・沖縄グルメフェア 6月29日(土)*通常料金のみ
→宿主自ら沖縄に買出し遠征。幻の泡盛「泡波」飲み放題つき
mark.jpg
名護パイナップルパーク
北谷でランチをたのしんだ後は、一路名護へ


決してオッサン一人で行く場所ではないのですが、甘いパイナップルがたらふく食べられるので、あえて入園。



園内をめぐる電動カーとは半強制的に乗らされ、こんなパイン園をグルグルと。



はやくパインが食べたいの一心





しかし、以前はパイン販売コーナーにあったパイン試食エリアは、記念写真販売コーナーへと移動。
最近よくある「購入は自由」の記念写真の販促とはいえ、これではパインの試食販売ではありませんね。しかも生ぬるいし。ココはパイン園。パイン園としてのアイデンティティを追求してもらいたいものです。

甘さでいえば、石垣島のK氏に送って貰ったやつには全く敵いませんでした。

ちょっとガッカリ



恒例・沖縄グルメフェア 6月29日(土)*通常料金のみ
→宿主自ら沖縄に買出し遠征。幻の泡盛「泡波」飲み放題つき
mark.jpg
naomomoさん再会
レンタカーで北上し名護目指したのは、北谷。
ここで、糸満出身在住中の元ヘルパーnaomomoさんと合流しました。
2006年にはじめてウチに泊り、その後ヘルパーに。

昨年12月以来の再会です。

オススメのメキシカンレストラン、オブリガードでランチをたのしみました。




オススメのワンプレートランチ



このnaomomoさん、明日引っ越しで沖縄を離れるとのこと。

あまりのタイミングの良さは、まさに奇遇でありました。

2時間ほど話し込み、店を出たのは1時。

緯度の低い沖縄では夏至のこの時期、南中高度が限りなく真上となる87度。
1時とはいえ、こんなに短い影は見たことがありません。
naomomoさん一枚撮ってもらいました。


何かと驚きの連続。真夏のおきなわ。。。。。

カテゴリー