FC2ブログ
FC2カウンター

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

 ↑  ↑  ↑
ブログランキング参加中!
1日1回クリック下さいネ!

最近の記事

月別アーカイブ

リンク

★たびたび君を応援しよう

このブログをリンクに追加する

北信州木島平より2020冬★ 
宿主の徒然なる日記
台風接近でゲスト停滞中(^_^)
台風18号が昼過ぎに木島平再接近との予報。

お泊りのゲストはしばしの雨宿り。
DVDの「タイタニック」を鑑賞中です(なつかし~!!)


千曲川も次第に増水。まさか氾濫なんてことはないとは思いますが、少々気がかりです。


皆さんもどうぞお気をつけ下さい。


うさぎも喜ぶ秋晴れ(^_^)
台風一過はカラリとした秋晴れをもたらしてくれました。
千曲川は7年ぶりの大増水となりまして、長野市若穂、大室付近では河川敷の畑が相当数冠水してしまいました。

自然の猛威には勝てませぬ。

そんな秋晴れの下、ウサギは何事も無かったかの如くのんびり草を食んでいました。
我が家のマスコットラビット「チップ」です。

中秋の名月はあったか家族で(^_^)
今日は中秋の名月。
CIMG1426.jpg


夕方から食事の準備と並行して春花とお母さんがお月見だんごを作ってくれました。
CIMG1428.jpg

団子を食べながら双眼鏡で月面観測。
CIMG1431.jpg

しかし今日は満月なので、8倍の双眼鏡はちょっと眩しすぎましたネ。
CIMG1432.jpg


おいしゅうございました!




2013年新米1号 入荷
木島平村でも台風後、ようやく稲刈りが始まりました。

竹内農園ライスセンターも大忙し!
CIMG1442.jpg

自慢の選別機「ぴか選」。ちょっと調整中(^_^)
CIMG1440.jpg

玄米袋が次々に積みあがっていきます。
CIMG1438.jpg

もみすりが進むと籾殻の山もどんどん大きくなります。
CIMG1441.jpg


竹内農園直結のわが宿にもいち早く新米供給!

うちの初入荷はもちろんデカ丸。
CIMG1433.jpg

2012年米食味鑑定コンクール金賞受賞の珠玉の一品。
間違いなく日本で一番美味しい新米の登場です。

お客さんには21日(土)の夕食から提供開始です。

お楽しみに!!
ドイツ料理と新米と
今日は家族で明日の新米お披露目&ドイツ料理フェアの予行演習となりました。

キャベツのグラタン
アウフラウフ
CIMG1444.jpg


ソーセージのカレー風味トマトソース添え
カレーヴルスト
CIMG1443.jpg


長ネギたっぷりのスープ
ラウシュクレメンスッペ
CIMG1445.jpg


今日は作りませんでしたが、明日はこれに加えて、豚肉を使った主菜が1品。

そしてトドメは

新米「デカマルこしひかり」土鍋仕立て
CIMG1448.jpg


色艶、弾力、香り、どれをとってもピカイチです。
CIMG1450.jpg


昨日まで食べていたものとは正直、格が違います。
毎年のことですが、新米の感動は何度経験しても色あせることがありません。

単なる新米ではなく、軒並み食味値90を超える、日本一の上等コシヒカリ。

そのインパクトは計り知れません。


ぜひお試し下さい!
新米フェア & 稲刈り体験@竹内農園
先週土曜日は新米お披露目DAY.

翌日朝は朝食で余ったご飯はおにぎりにしてお持ち帰りいただきました。



そして今日。

竹内農園にお邪魔しての稲刈り体験です。




もみすり&貯蔵スペースの通称「ライスセンター」でもみすりの過程を学習し、水田に移動。
稲泉寺の上手の眺めのいいたんぼです。




ヒゲマスターのお話を聞き、その後コンバインに乗り込み指導を受けながらコンバイン操縦です。


一通り稲刈りを体験したら、お楽しみの野外炊飯。



自慢の土鍋に8合の「でかまる」を仕込み、内山の龍興寺清水につけこんでおきました。

コールマンのツーバーナーは炊飯に相応しい高火力。1990年初頭に買った年代もの。

完璧な炊き上がりでありました。



お彼岸なのでおはぎも登場。



お腹いっぱいお召し上がりいただきましたよ~!!




さて、閑話休題。

多くの方から尋ねられる

美味しいお米の炊飯方法

について我が家の黄金レシピをお伝えしておきます。


●用意するもの

土鍋
*炊飯用でも鍋物用でもOK.
米 4合
冷水 800cc

よくいう「米・水同量」ではなく、水のほうが若干多いです。


●炊飯までの手順
1.炊飯開始30分前に、米を洗う。
強く研ぐ必要はありません。流水で躍らせるようにサラサラ洗います。これで十分にヌカは取れます。
水がそれなりにきれいになってきたらOK.5-6回の水交換が目安です。

2.60度のお湯に30分ひたす
長時間水に漬け込むよりも、高温短時間の漬け込みのほうが米の弾力、粘りが強くなります。
長く漬ければ良いというものでは決してありません。長すぎる浸漬は米の弾力を失わせる結果となります。

3.30分経過したら、いったん冷水洗い、芯まで冷却する。温度が下がったら、出来るだけ冷たい水800ccと一緒に鍋に投入、強火にかける。


●炊飯工程
1.強火に掛けて、十分に「吹い」たら、極弱火にする。保温力の高い土鍋は、弱火にした後もしばらく吹き続けますが、気にする必要はありません。多めに水を入れたのはそのためです。

2.極弱火にしてから13分0秒経過したら、火を止める(1次蒸らし工程)

3.3分0秒後、ふたを開けて鍋内温度を一気に下げ、ごはんを満遍なくかき混ぜる。

4.再度ふたをして、2分ほど待つ。(2次蒸らし工程)

5.完成。

「1次蒸らし」は3分です。5分を超えると、米のつやが少しずつ失われます。
1次蒸らしの直後はまだ水気が少し多いと感じられるかもしれませんが、2次蒸らしの間にほぼ解消されます。その代わりに驚くような艶を生み出してくれます。

肝要なのは、1次蒸らしをすばやく終わらせ、「炊飯工程」をストップさせることです。
たとえガスの火を消したとしても、ふたをしたままでは、炊飯工程がじわじわと続くことになり、食感を失わせる原因となりますから要注意です。

ぜひ上記の方法で、最高の木島平竹内農園産・コシヒカリをご堪能下さい。
上州の旅
今日は土曜参観の振り替え休日。
思い切って少し遠くに出かけてきました。

渋峠を越えて向かったのは

140km先の


群馬サファリパーク
CIMG1485.jpg

自家用車でそのままワイルドエリアに踏み入れて、目前にサバンナの野生動物の姿にふれることができます。
CIMG1476.jpg

CIMG1467.jpg

CIMG1466.jpg


この日は長野県民半額期間で、大人1300円、子供650円なり。

お昼は富岡市街地の食堂「新洋亭」で。



私とお母さんはカツどん


カレー好きの春花はカツカレー



ラーメン好きの英時は醤油ラーメン



どれもみな大満足(^_^)

食後に向かったのは、すぐ近くの富岡製糸場


正門前の商店街は正真正銘の「昭和レトロ」。
CIMG1521.jpg

CIMG1526.jpg

CIMG1523_20130925080805017.jpg

CIMG1528.jpg


これがまたスバラシイといったら、言葉がありません。

レンガ造りの重厚なつくり、レトロな雰囲気の木造建築など、どれもこれも私好み。
ガイドツアーや、CGを多用した紹介ビデオ映像など、興味深い展示です。
CIMG1508.jpg

CIMG1516.jpg

CIMG1491.jpg


CIMG1519.jpg

食後は国道254を東へ針路をとり、上信電鉄の線路をところどころで眺めながら。。。。。
CIMG1530_20130925080930718.jpg

CIMG1529_20130925080923bbf.jpg



いまや群馬県で最も有名かつ人気のお菓子店「ガトーフェスタハラダ」へ。
CIMG1534.jpg


最近新築されたような建物で、真っ白を基調にしたヨーロッパの神殿風。外見からはとても洋菓子店には見えません。まるで百貨店の化粧品売り場のような真っ白さ。店員の制服もまた洋菓子店のそれとは思えないデザイン。

なんだ!?ここは??
CIMG1533.jpg

CIMG1532.jpg


北海道の六花亭も基本白をベースとした店構えですが、それとは違う。
近江八幡の「クラブハリエ」に似ているように感じるものの、あちらはもっと重厚な雰囲気で洋菓子店の風格が漂います。

チョココーティングのラスクがお目当てでしたが、秋冬の限定商品で、今月末からの取り扱いとのこと。
残念無念であります。

店を後にして、藤岡ICから上信越道を経由し、豊田飯山ICまで走行。ベイシアで買い物を済ませました。

そこからは、29日の北信州ハーフマラソンに備えて、私はクルマには乗らず、走って8.5kmを帰宅。
辛うじて1時間を切る59分58秒。

ぼちぼちやることにします。(^_^)

なんとも充実した一日となりました。
マラソン大会4日前
北信州ハーフマラソン4日前です。
ここのところ毎日走っていますが、10kmの部なので、そこまで無理することもなさそうです。(^_^)

前日のお泊りゲストは今のところ大会出場のお客さんや、その家族が主。
志賀高原の紅葉が見頃を迎えていますので、紅葉見物もよさそうです。

しかし今日はとても寒いです。最高気温は16度。



床暖稼動の季節が着々と近づいてきました。ブルブル(X_X)
快晴
昨日は信越トレイルのガイドで、山向こうの上越清里区へ遠征。

任務終了後、赤池の茅ぶき集落を見に行きました。

私が45年の人生で、最もココロ揺さぶられた田舎風景。




北信州ハーフマラソン(10km)参戦記 1
成人後初のマラソン大会に出場しました。

中学時代、通っていた「大阪府交野市立第一中学校」では毎年冬に校外9kmマラソンなる恒例行事が存在しました。
もちろん生徒全員が出場する一大イベントでした。

まさかそれから30年後、9kmよりも長い10kmの長距離走レースに出場することなど、全く夢にも思いませんでしたが、今日まさに現実のものとなったわけです。

前日受付を済ませて、ナンバーカード、計測用チップ、参加賞、パンフレットなどを受け取ります。



土曜日のお客さんは総勢11名様。そのうちマラソン関係が7名でありました。マラソン効果絶大であります(笑)


朝食は6時。ハーフ出場のおなじみ「川口隊長」を野沢温泉まで送り届け、いったん帰宅後私はバイクで10km部門のスタート地点木島平村役場前へ。

8時から開会式





そして8:35にスタート地点召集





10km部門のエントリーは300名ほどで、ハーフの1400人と比べると小ぢんまりとしていますが、マラソン大会初参加の私にとっては、ものスゴイ群集に映るものです。

この日に備え、5月に練習開始をしたものの、7月以降は全く怠けてしまい、大会10日前に急場しのぎの練習を再開したにとどまりました。

とはいえ、10kmを60分以内に走りきるために、前日バイクで下見を行い、1kmごとの目標通過タイムを決めて腕にボールペンで殴り書き。1kmを5分50秒以内を目安とすることに。

1km 05:50
2km 11:40
3km 17:30
4km 23:20
5km 29:10
6km 35:00
7km 40:50
8km 46:40
9km 52:30
10km 58:20


10秒前にスマホのランニングアプリ「RUNTASTIC」をスタートさせて、画面を適宜確認しながら、いざ飯山駅へ!

700m地点に家族の応援団。



かぶっていた帽子を放り投げ、ちょいパフォーマンス
始まって5分も経たないのに?? まあいいか。

1km地点 5:00

意外に前の方につけている自分を確認。やるぜ。オヤジ!

1.7km地点の一ノ割で左折、長い上り坂に差し掛かります。ここで5人位追い越し成功

2km地点 5:15

沿道には知った顔がちらほら。

スキー学校校長
木島平小学校スキー部コーチ
木島平診療所看護師
保育園保育士
英時や春花の同級生の父母、祖父母

みんな顔見知りゆえ、意外な人間が選手として走っていることに、もれなく驚きのリアクション。(笑)
坂を登りきって右折、上木島郵便局を目指して平坦区間に入ると、30半ばくらいのミニスカ女性選手に追い越されます。暫く頑張って後をつけましたが、目の保養(?)には少し無理のある距離にまで離されてしまいました。(涙)

上木島交差点を通過

3km地点 5:27

西町区を過ぎ、長い下り、そして鋭角に右折してすぐに上り。3-4km地点が前半のヤマ場といえます。

3.5km付近で国道403号に入りゆるい下りを過ぎて4km地点。

4km地点 5:25

5km地点付近に広い駐車帯があって、沿道ギャラリーは最高潮。エイドステーションで給水。頭にみずかけ。
給水の模様はマラソン中継でしか見たことのない私。まさかあのランナーたちの所作をこの自分が行っていることがなんだか不思議な気がします。

しかし、いくらAIDとはいえ、走りながらリンゴは食べられません。
積まれたりんごに手を伸ばし、エイヤ!と掴むと、勢いで3-4個が手のひらに収まってしまいます。
しかしながら、1個すらのどを通らないのです。生産者さんには大変申し訳ない気持ちで一杯ではありましたが、果汁だけ吸って吐き出さざるを得ませんでした。せめてバナナにして欲しいなと。来年は期待していましょう。(笑)

5km地点 5:31

6km地点 5:19

そこから先は平坦区、デルモンテ跡から綱切橋に向かって一直線。

が!よもやの向かい風に遭遇。ペースが落ちます。

そしてさらに不運が続きます。7km地点手前のエイドステーションでスマホ画面に触れてしまったらしく、1分ほど計測がストップ(オーマイガー!!!!)

気を取り直し、「新セッション」として再スタート。

向かい風に苦しむ選手たち。ここで2.5km地点で抜かれたミニスカ女性選手を追い抜き!(^_^)。
やったー!と喜ぶのもつかのま。
8:30に野沢温泉をスタートしたハーフマラソンの先頭選手に追い抜かれました。(x_x)

8km地点 5:39

木島線跡の高架の最後の登りをやり過ごし、

9km地点 5:35
最後の1kmは可能な限りダッシュしようとたくらんでいましたが、1000mを残してペースアップできるほど走力は高くありません。もうしばらく辛抱。

1人の男性ランナーに追い越されます。しかし、綱切橋を渡って下りに差し掛かったところで、思い切り歩幅を思い切り広げてラストスパート。再度抜き返し、無事新幹線飯山駅前にゴール!!




ラスト1km 5:07

トータルタイム 54:03秒。

やりました!!



続く



プロフィール

なかむら@みゆきの

Author:なかむら@みゆきの
高社山麓みゆきの杜ユースホステル
を営んでいます。
当サイトでは、地元民ならではのお勧めツーリングルート、温泉、B級グルメなどを宿主自らが実走調査を敢行!信州ドライブ&ツーリングにお役立てください。




【旅の記録】
北海道ツーリング2008
北海道ツーリング2009
北海道ツーリング2010
北海道ツーリング2011
北海道ツーリング2012
沖縄八重山紀行2008
沖縄八重山紀行2009
沖縄バイクツーリング2010
沖縄家族旅行2011
栂海新道縦走記2012
沖縄買出し旅2012
沖縄買出し旅2013夏
大阪帰省の鉄道旅2013
沖縄買出し旅2013冬
アメリカ横断2014春
北海道ツーリング2014
沖縄買出し旅2014
アメリカ横断2015
北海道乗り潰し2015冬
家族で沖縄2015冬
タスマニア周遊2016
Overland Track2016
北海道2016夏ドライブ
スペイン巡礼2016冬
タスマニア2017春
北海道2017夏
スペイン巡礼2017冬
瀬戸内旅2018春
日本南北縦断2018冬
瀬戸内旅2019春

カテゴリー