FC2ブログ
FC2カウンター

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

 ↑  ↑  ↑
ブログランキング参加中!
1日1回クリック下さいネ!

最近の記事

月別アーカイブ

リンク

★たびたび君を応援しよう

このブログをリンクに追加する

北信州木島平より2020冬★ 
宿主の徒然なる日記
雲海が出現
秋の足音が確実に近づいています。

今季二回目の雲海出現。


今年の紅葉はどうなりますでしょうか?
今から楽しみですね!

スポンサーサイト



恒例・くびきの号でゆく新潟ラーメンツアー
お客さんの波が途切れたので、急遽新潟ラーメンツアーにでかけました。

車で新井駅まで走ってJRに乗り込む、いつものパーターン。

えちごツーデーパスを買い求め、いざ、快速くびきの号へ。












目指したのは宮内駅。

魅惑のしょうが醤油スープの正統派、青島食堂のラーメンです。

カウンター席しかない、とても狭い店内。
それでも11時過ぎには満席となります。



食券制で、いつもの「チャーシュー+チャーシュー100円増」をオーダー。
出てきたのがこれ。



とにかく旨いんですわ。私の中では醤油ラーメンナンバーワン。

お腹いっぱいになって、40分後に出る電車に乗って、長岡駅へ移動。





駅前のイトーヨーカドーで今夜の食料品を買い求め、駅中ショッピングモールCocolo長岡をブラブラ。

ちょうど母ちゃんの枕がヘタってしまって早く買い換えねばと思案していた中、無印良品のリーズナブルかつ高品質の羽毛枕を発見。1200円のラージサイズを買い求めました。


長岡での買い物のあと、上りのくびきの号で出発駅・新井へ・・・・・・







新井からふたたび
きっぷは2日間有効です。

翌日も出掛けるつもりでいました。早朝のくびきの号で。

しかし、17時20分の列車でお越しのゲストの迎えがありますので、この日と同じ新井着1623で戻らなくてはなりません。

密かに企てていた、新潟最北の笹川流れを往復することは不可能です。

決定!

このまま、折り返しの快速で再び日本海沿岸を北上することにしました。


まずは柏崎。


ここから越後線。その中でも、柏崎~吉田間は、ワタシのなかでは信越地区のベスト3にランキングされるローカル線なのです。


吉田駅は弥彦線を串刺しするが如く立地しているので、ローカル線らしからぬ広大な駅構内。これぞ駅!な雰囲気が好きですネ。


連結美(^_^)と感じる人は、私だけではないはず。


吉田で新潟行きに乗り換え。




さあ、何処イク?

この日、新潟駅付近のビジネスホテル最安値は3000円。

でも、泊まりません。

最近、安宿の強力なライバルと目され、勢力を増す一方のネットカフェです。


椅子席、マッサージチェア席、マット席。畳席。
深夜帯に人気なのは、からだを斜めにすれば、完全に横になれるマット席。

入会金300円、8時間パック1500円、カレー200円。
一泊夕食つき2000円です。
カプセルホテルは全く太刀打ちできませんネ。





21時から4時15分まで滞在、仮眠しました。
新潟最北へ
眠りが浅いまま4:20にネットカフェを出て、新潟駅へ向かいます。

乗車するのは始発の4:56発村上行き快速。


新潟向けの通勤時間帯の回送の役割も果たしているので、6両編成と長く、途中駅の停車も申し訳程度。

通勤電車ゆえにロングシートのE127系。



はっきり申しまして、乗り心地はよくありません。コイルバネの115系の方が好感が持てます(^_^)

朝焼けが美しい越後平野。


村上まで来ると、平野も狭くなり、いよいよ県北の雰囲気。

ここからはキハ47の酒田行き普通列車。交直流電化区間をまたがるので、気動車による運転となります。



ワンマンではなく、いわゆる国鉄型。飯山線のキハ110に比べると旅情が引き立ちます。

村上を出ると間もなく沿線位置の景勝区間「笹川流れ」。




昨夜の雨がチリを洗い流し、粟島が手に取るように望めました。

昨年は県境の駅「府屋」まで行きましたが、この日のスケジュールだと府屋まで足を伸ばすと、折り返し列車が12分後にやってくることになります。
いくら「乗り鉄」とはいえ、12分では短すぎます。

少し手前の越後寒川で降りることにしました。6:30着。



駅はもちろん無人駅。

駅前には数軒の民家があるのみで、線路沿い反対側は国道7号線、そして海。
しかし海に出るには駅前の市道を大きく迂回しなくてはなりません。

何処にも行かずに駅前、そして駅構内をウロウロするだけ。



でも、この何もしない感じがたまりません。駅を肌で感じ、空気感を楽しむ。
まんが「鉄子の旅」で有名な横見浩彦氏の感覚そのものです。

この感覚、わかります?

わからないだろうな(笑)

つぎに乗る列車は7:03発の新津行き。
やがて通学の高校生が集まりはじめ、この列車が通学列車であることを知ります。


越後寒川から妙高高原
越後寒川での35分の滞在はあっという間でありました。

ここからはひたすら乗り継ぎしながら、妙高高原を目指します。

キハ47気動車は新津まで。

新津には、ばんえつ物語の客車を従えたC57。


だれも気に留める様子はなく、日常的な光景なのだなと納得。

長岡で乗り換え


岩塚あたりからは山間部。去年は長鳥駅で途中下車したことが思い出されます。




柏崎からは沿岸部。

当初の雨予報がはずれ、終始うす曇~晴れ。

鯨波~青海川~笠島は信越線屈指の景勝区間で、私のお気に入り線区のひとつ。





直江津で乗り換え、長野行きへ。

新井ではなく妙高高原まで行きます。







再来年の新幹線開通で3セクへ移行されるこの区間。
駅前に2軒あった土産物屋さんが1つ閉店し、その二軒となりにあった喫茶店が消えてなくなり更地になってしまっていました。

新幹線が開通したらさらに寂れてしまうのでしょうか。

考えさせられてしまいますネ。
土曜日はまさかの10名超え!
日が変わって今日は日曜日ですが、直前になって予約がたくさん入りまして、まさかの(?)客室稼働率100%、10名様以上の入り。

驚きました。(笑)



イタリアンフェア 2
先週に続き、イタリアンフェア。9名様にお出ししました。

きのこのジャルディーノ
トマトとモッツァレラチーズのカプレーゼ
ズッキーニのジェノベーゼ
チキンの軽いトマトソース煮(新作)

 
煮込みとはいえ、あくまで軽く。
ソテーのしっかり感も残し、肉汁のうまみも味わっていただく一品です。

よなべして作ったトマトピューレの甘さとたまねぎ、にんにくの旨みが抜群に効いています。
複雑な味ではありませんが、久しぶりに「直球勝負」的なおいしいメインディッシュの出来上がりです。

来週もコレでいきますよ~!!!

新米提供まであと二週間をきりました。
楽しみだね~。
そばの花が満開
うちのすぐ近くのそば畑。

白い花が満開となりました。



11月初旬には「名水火口そば」に生まれ変わります。

秋ですね~!
英時、怒涛の東京見物中
小学校6年の英時。ただいま修学旅行中。

2年前までは1泊だったのが、去年からは2泊に。

その怒涛のようなスケジュールには驚くばかりです。


第一日 

6:15 学校発
7:58 長野~新幹線あさま
国会議事堂見学、昼食
JAXA見学、姉妹都市調布駅前の木島平アンテナショップ見学、隅田川水上バス乗船、両国のホテル

第二日
早朝、証券取引所見学、葛西水族館見学、ちゃんこ鍋の昼食 スカイツリー見学、バイキングの夕食

とにかく、目も回る忙しさ。
本当に休む間がありません。



ちなみに私が小学6年のとき、修学旅行は広島でした。2泊3日で、平和学習と宮島。

こんなに多忙ではなかった気がしますが、宿泊したのはなんとユースホステル「まこと会館」


男子は大広間で雑魚寝、女子は伝説の3段ベッド。

当時はまくら投げが定番でした。今はホテルの2人部屋。まくら投げなんて言葉も死語なのかも。。。。(笑)

修学旅行レポ by 木島平小学校
新米カウントダウン
宿の窓からは黄色く色づいた田んぼが一望できます。いよいよ稲刈りへカウントダウンがはじまった木島平。


竹内農園の通称「ライスセンター」で稲刈り準備作業が着々。

作柄は上々、今年も超!美味しいお米が期待できそうです。

来週後半には一番米が入荷します。
世界一美味しいお米をぜひあなたの舌で確かめてみてくださいネ!

プロフィール

なかむら@みゆきの

Author:なかむら@みゆきの
高社山麓みゆきの杜ユースホステル
を営んでいます。
当サイトでは、地元民ならではのお勧めツーリングルート、温泉、B級グルメなどを宿主自らが実走調査を敢行!信州ドライブ&ツーリングにお役立てください。




【旅の記録】
北海道ツーリング2008
北海道ツーリング2009
北海道ツーリング2010
北海道ツーリング2011
北海道ツーリング2012
沖縄八重山紀行2008
沖縄八重山紀行2009
沖縄バイクツーリング2010
沖縄家族旅行2011
栂海新道縦走記2012
沖縄買出し旅2012
沖縄買出し旅2013夏
大阪帰省の鉄道旅2013
沖縄買出し旅2013冬
アメリカ横断2014春
北海道ツーリング2014
沖縄買出し旅2014
アメリカ横断2015
北海道乗り潰し2015冬
家族で沖縄2015冬
タスマニア周遊2016
Overland Track2016
北海道2016夏ドライブ
スペイン巡礼2016冬
タスマニア2017春
北海道2017夏
スペイン巡礼2017冬
瀬戸内旅2018春
日本南北縦断2018冬
瀬戸内旅2019春

カテゴリー