FC2ブログ
FC2カウンター

プロフィール

なかむら@みゆきの

Author:なかむら@みゆきの
高社山麓みゆきの杜ユースホステル
を営んでいます。
当サイトでは、地元民ならではのお勧めツーリングルート、温泉、B級グルメなどを宿主自らが実走調査を敢行!信州ドライブ&ツーリングにお役立てください。


【旅の記録】
北海道ツーリング2008
北海道ツーリング2009
北海道ツーリング2010
北海道ツーリング2011
北海道ツーリング2012
沖縄八重山紀行2008
沖縄八重山紀行2009
沖縄バイクツーリング2010
沖縄家族旅行2011
栂海新道縦走記2012
沖縄買出し旅2012
沖縄買出し旅2013夏
大阪帰省の鉄道旅2013
沖縄買出し旅2013冬
アメリカ横断2014春
北海道ツーリング2014
沖縄買出し旅2014
アメリカ横断2015
北海道乗り潰し2015冬
家族で沖縄2015冬
タスマニア周遊2016
Overland Track2016
北海道2016夏ドライブ
スペイン巡礼2016冬
タスマニア2017春
北海道2017夏
スペイン巡礼2017冬
瀬戸内旅2018春
日本南北縦断2018冬
瀬戸内旅2019春

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

 ↑  ↑  ↑
ブログランキング参加中!
1日1回クリック下さいネ!

最近の記事

月別アーカイブ

リンク

★たびたび君を応援しよう

このブログをリンクに追加する

.
本日のクライマックス
ラーメンを食べたら、いよいよ本日のクライマックス、三国峠越え。

スマホの雨雲ズームレーダーによると、この先な雨。
市街地はまだ薄日が差していましたが、雨装備で身を固めます。


予想通り愛別で本降り


層雲峡で峠越え前の補給。

セブンカフェのコーヒーと、でん六のピーナッツチョコ。


さあ。行くぜ!

大雪湖



晴れた(^o^)

忘れもしないのは、6年前の初ツーリング。当時乗っていた50CCのバイクでココを越えようとした時、あろう事か、峠の手前3キロ地点でパンクしてしまいました。

しかし、この峠は街場までの距離が道内でもっと遠い場所。

その思い出のパンク現場を

無事通過。


三国峠入口



そして峠。


広がる絶景。



暫く下るとミツマタ集落の白樺林。
胸を打つ光景に思わずナミダ。


そしてミツマタ駅跡。



すばらしい。


来て良かったとつくづく。

あとはひたすら糠平まで。


イイ一日でした。




【イベントのご案内】


7月5日(土)
北海道の味覚フェア


↑ ↑ ↑ ↑ ↑
ブログランキング参加中です。
お気に召しましたらクリックをお願いしますネ★

スポンサーサイト



湯元館にて
糠平の旅館「湯元館」。
5年前に一度利用したことのある、ライダーズルーム併設の旅館は一泊わずか1500円.

温泉が入り放題でのこの値段はかなりお値打ちでしょう。


この日のライダーズルーム利用者は3人でした。

川沿いの露天風呂がとにかく素晴らしい。




こんな部屋に雑魚寝で三人。


古き良き旅館の佇い。






夜は同部屋の方とビールを飲みながら歓談。

楽しいひと時でした。



【イベントのご案内】


7月5日(土)
北海道の味覚フェア


↑ ↑ ↑ ↑ ↑
ブログランキング参加中です。
お気に召しましたらクリックをお願いしますネ★


柳月スイートピアに並ぶ
この日は、当初知床を目指すつもりにしていましたが、三方六の切れ端を並んで買うことができる柳月のことを思い出し、急遽帯広を目指すことにしました。


7時に糠平を出発し、ひたすら下り道を飛ばしました。
なんせ藤の回転に合わせて多くの人が列を作るらしいのです。
8時15分に到着したら、もう既にこの人だかり

立派な説明書きの看板まで(≧∇≦)


とりあえず列に入りました



8時30分になると整理券が配られます
フレーバーが3種類あって、数量は完全限定。

プレーン、メイプル、抹茶の3種類
当然のごとく、ブレーンが1番たくさん用意されていたようですが、比較的前のほうに並んだおかげで、メープルを買う権利を得ることができました。


9時に開店し群衆が店内に吸い込まれていきます。








そしてようやくゲットできた「お買い得品」。切れ端とは決して呼ばないようですが(^o^)

戦利品を得た喜びに浸りながら、本店限定のクロワッサンとコーヒーで朝食。

7月5日の提供品がこれでまた1つ増えました。ぜひ食べにきてね(^_^;)


【イベントのご案内】


7月5日(土)
北海道の味覚フェア


↑ ↑ ↑ ↑ ↑
ブログランキング参加中です。
お気に召しましたらクリックをお願いしますネ★


六花亭本店
せっかく帯広に来たのだから、もともと行く予定にしていた六花亭本店へ足を運びました。

柳月からわずか8キロ。


お目当てもちろんこれ。



1本160円。10年前は120円位だったと思うのですが。。。

六花亭の後、帯広駅前の駐輪場に立ち寄りバイクの電装品交換。


実は初日の大雨で水にやられてしまって電源供給コードのヒューズが切れてしまいました。

ナビもスマホモ一切バイクでの充電ができなくなってしまっていたのです。

当初別の部品の故障と思い込み、その代替品をダイソーで買ったところインジケーターランプ点灯しないので、原因がヒューズ切れであることが判明した訳です。

ようやく立ち直り、いざ釧路に向かいました。





【イベントのご案内】


7月5日(土)
北海道の味覚フェア


↑ ↑ ↑ ↑ ↑
ブログランキング参加中です。
お気に召しましたらクリックをお願いしますネ★

買い出し大作戦
国道37号線をひた走り東へ向かいます。

豊頃大橋を渡り


浦幌を経て

ちょっとした秘境駅っぽい上厚内の駅前をあえて通り


海岸線に出ると予定通り、霧に包まれ急激に気温が下がりました。

しかし釧路の市街地に入ると再び霧は晴れ、少し暖かくなったような気がしました。

和商市場の買い出しに向かう前に給油。



旭川から三国峠越えをこなして、糠平から帯広までかなり飛ばし、さらに帯広から釧路まで車の流れに乗った高速走行を続けました。

結果はリッター37.88キロ。
仕方無いですネ。

さあ、いよいよ今回の最大のミッション、和商市場での買物です。


それにしても驚くのは外国人観光客の賑わい。特に勝手丼コーナーは台湾人で大にぎわいでありました。

まずは市場内を3周して品定め。

鹿肉
トキシラズ
ホッカイシマエビ
ホッケ

を仕入れました。


今年は魚介類一辺倒から、ほんの少し「変化球」を織り交ぜていきたいと考えています。(^_^;)


主要な買い出し品目の1つであるトキシラズ、今年はちょっと高かったですね。

しかしこれが全てではありません。当日の献立はほぼ頭の中にありますが、今は内緒ということで。。。




釧路湿原へ
買い出しを終えて、愛国にあるラーメン屋「海皇」で遅い昼。



その後釧路湿原細岡展望台に向かいました。
今から26年前、初めてこの細岡展望台からの光景を見たときのことは今でも忘れられません。

大学のクラブ活動のサマーキャンプがニセコで開催され、それに参加した後後輩を引き連れてレンタカーを借りて.釧路までやってきたのでした。

時間ちょうど夕方。間違って入っていった林道のその先に細岡展望台がありました。

釧路川の蛇行と地平線に沈む夕日。

この世の物とは思えない美しさに衝撃を受けました。

それから3年後、社会人になる前の春休み、とあるユースホステルでヘルパーを志したものの、あまりの居心地の悪さにわずか3日で退散。

帰りの交通費を持たない私は行くアテを失い、ヒッチハイクで釧路にやってきました。

そして私のヘルパーとして使ってくれることになった、「星の牧場ユースホステル」太田さんに拾われたのでした。
ユースホステルの仕事の面白さを垣間見たのはまさにその時でした。

その後訪れる、人生の転機の布石となる1ヵ月だったと言えるでしょう。

それから7年後、会社を退職して私はユースホステルを開くため星の牧場ユースに住み込み修行を志しました。

そして其処で私は人生の伴侶と出会いました。

つまり、釧路語らずして私の人生を語ることはできないのです。マジ!

なので二十数年間、毎年北海道に足を運んでいますが、釧路訪問を欠かしたことが1度もありません。

そしてこの日、細岡展望台は26年前と全く変わらぬ姿を見せてくれました






何度この船着き場にゴムボートで上陸したことか。。。


ダートの道も全く変わることがありません。


この車両も変わることがありません


釧路、サイコーです。

【イベントのご案内】


7月5日(土)
北海道の味覚フェア


↑ ↑ ↑ ↑ ↑
ブログランキング参加中です。
お気に召しましたらクリックをお願いしますネ★


ライダーハウス銀鱗荘
今宵の宿は、民宿「銀鱗荘」。
昭和30年代に建てられたものと思われ、ビジネスホテルがなかった時代の商人宿としてにぎわった。。。そんな過去が想像できます。
釧路港中央埠頭近くの倉庫が立ち並ぶ一角に建つ、まさに昭和レトロな民宿。

民宿とは云え、一般の宿泊客は皆無であり、利用者はほとんどがライダー。

1泊1,080円也。

素朴然とした雰囲気、押入れもテレビも何もない四畳半一間。
寝袋持参で利用します。

ライダーハウスもあちこち利用しましたが、間違いなく最強レベル(^o^)

ではその様子をご覧いただきましょう。















謎のお面。


昔の地方出張はこんな感じだったんだろうなと、ふと物思いにふける釧路の夜でありました。



ザンギ発祥の地
北海道でザンギと言えばから揚げ。
そのザンギの発祥といわれる店が釧路にあります。

鳥松


今回実際に店で食べてみることにしました。

釧路きっての歓楽街「栄町」にその店はあります。

カウンターのみの小さな店。


メニュー



その中から、ザンギと、骨無しザンギを 一つずつ注文。

出てきたのがこれ。

左が骨なし右が骨があり。

比較的小さめにカットされた鶏もも肉の唐揚げ。

見たところ、かなりの高温で揚げられてカリっと感を引き出し、余熱によって、ジューシーさを最大限に引き出す製法を常としている様子。

添えられたソースは、ウスターソースをベースに、醤油少量のマスタード、故障等が入っているものと思われます。
と言うわけで、当日のメニューの一品に加えることにいたします。

名付けて

釧路 鳥松インスパイア
本場のザンギ★


どれほど本場の味に近づけられるか、腕の見せ所ですね(^o^)

お楽しみに。



釧路から知床峠まで
翌朝は4時30分に出発。

刑事ドラマに出てきそうな中央埠頭。
今時、出入り自由な岸壁も珍しいかも。


国道44号線を東へ向かい、国道372号線を北上。


途中のセイコーマートで補給


標津町から野付水道沿いに海沿いルート、そして道の駅羅臼





海産物の土産物屋がずらりと並ぶ建物の中。


猛烈な客引きに思わず腰が引けてしまいます。
観光客と見るや、かにかにカニ蟹。
半強制的に?試食させられ、猛烈なアタックを受けますが、残念ながら、公私ともどもカニには全く興味のない私。

ごめんなさい(≧∇≦)

と立ち去りました。

さぁ、羅臼からはいよいよ知床峠。私にとって20年ぶりの通行です。

先ほどまでかかっていた霧も晴れ、がぜんテンションアップ。

まずは熊ノ湯。
道路沿いの露天風呂です


白濁した硫黄泉が最高。



かなり熱いお湯に冷えた体が痺れます。


体が温まったらいよいよ峠を目指しました。




国後島がくっきり浮かび上がる



羅臼岳


20年ぶりの知床横断道路は、まるで初めて訪れたかのような新鮮な気持ちで楽しめましたよ。






知床峠から摩周湖、阿寒湖
この日予定ルートはこんな感じ


総延長562キロ
私にとっては充分行動範囲内であります(^o^)

知床峠から斜里を経てオシンコシンの滝。
昔から知床の観光地としては超メジャースポット。


野上峠を経て


摩周湖第3展望台


ここは駐車代が無料(^o^)

そして目前に広がる青い湖面


霧の摩周湖と申しますが、前回も今回も、天候には恵まれています。

昔々、道内を回るユースホステラーの間で盛んに言われていた伝説があります。

湖がくっきり見えたら、その人は婚期が遅れる。
既婚者ならば出世が遅れる

今になって思えば、これはおそらく北海道内のユースホステルのオーナーが広めたジョークでは無いかと思われます。

昔は北海道回る旅行客の大多数は若い大学生。しかし今や旅行客の大方は、私のようなおっさん&おばさん、そしてシニア層。

二回連続連続くっきりと見渡せた自営業の私はどうなるのでしょうか?

霧がかかれば商売繁盛。晴れれば。。。。

ダメじゃん(^o^)


次は阿寒湖


去年3月にみんなで泊まった鶴雅


アイヌコタン


あんまりゆっくりしていられません。まだまだ先は長いです。(≧∇≦)





カテゴリー