FC2ブログ
FC2カウンター

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

 ↑  ↑  ↑
ブログランキング参加中!
1日1回クリック下さいネ!

最近の記事

月別アーカイブ

リンク

★たびたび君を応援しよう

このブログをリンクに追加する

北信州木島平より2020冬★ 
宿主の徒然なる日記
今月号の温泉博士は使えるゾ~!
ご存知温泉博士。

今月号は我が家にとってはなかなか使い応えがあります。

三日前、箱山温泉。


湯田中の温泉街から離れた住宅地の脇に佇む、まるで個人宅を開放したような一軒湯。


内湯と外湯がありまして、かすかに茶色く濁る温泉です。





実はここにやってきたのは11年ぶり。

前回やってきたのは、今は懐かし2003年9月に開催した「北アルプス縦走イベント」の翌日でした。
大雨の中縦走し、疲労困憊した体を癒しに、やってきたので記憶も鮮明です。

しかし11年の歳月は周囲の風景の記憶さえ消し去ってしまったようです。
露天風呂の雰囲気は覚えていますが、行き方は忘れてしまっていました。


YHからわずか9.7km。意外と近いものです。

そして本日。

野沢温泉ふるさとの湯


3年前に出来た有料の立ち寄り湯です。

野沢温泉といえば無料の外湯が定番ゆえ、こうしたスタイルの公衆浴場がどの程度受け入れられるのかは未知数ではあります。
身障者用駐車場はあるものの、一般駐車場がなく村営の有料パーキングから3-5分歩かなくてはなりません。

グリーンシーズンならまだしも、雪の降り積もる中、5分も坂道を歩くのは大変な困難を伴います。

しかし、設備的には抜群の快適性を保っています。

内湯と外湯は源泉が別。



露天風呂は「真湯」から引湯しているので、硫黄臭バッチリ、濁りも其の日の気候や温度によって変化します。
この日は白濁湯でありました。



非常にいい施設なので、なんとか駐車場の整備を進めていただければ申し分ないのですがネ。


スポンサーサイト



高原の町・信濃町へトウモロコシ買出し
今夜の「もろこし食べ放題」に備えて、信濃町へ買い出しに出かけました。

昨日からお泊りのカナダ人ゲストKurtisさんを斑尾高原にお送りし



涌井経由で信濃町


いつもの直売所を目指しました。


今日は道の駅信濃町で開催される「もろこし祭り」とのことで、いくつかの露店は道の駅への臨戦態勢。

8月に入ってようやく収穫が本格化したもろこし農家さん、ここのお店は昨日OPENしたばかりとのこと。


とりあえず20本買って、自宅で皮むき作業。

思う存分食べてってください!!
竹内農園の野菜とカブトムシ
いまウチに豊富にあるもの。

竹内農園の野菜、お米、じゃがいも。

昨日はそんな野菜たちをふんだんに使った、夏野菜フェア。

中でも一番人気だったのは、ズッキーニパスタ。


ズッキーニを薄く切って、さらに麺状に細くカット(スライサーはNGよ!)
オリーブオイルでにんにくをじっくしソテーして、白ワイン、生クリーム(47%)、塩コショウ、コンソメを加えて出来上がり。

カナダ人のカーチスさんも絶賛。

Delicious!! 
俺のガールフレンドも作ってくれるが、コッチがマッチベターだヨ。


まかない飯は、茄子のかば焼き丼。

群馬県太田市のB級グルメとして知る人ぞ知る、ウナ丼の代替品(^~^)として注目を浴びているそうです。
あ、こんなこといっちゃ茄子に失礼ですね。



一方で、竹内農園の畑で育ったカブトムシの幼虫が続々羽化し、飼育ケースは大変なことになっています。

混みすぎでしょ?


「カブ分け」しましょうかネ。



芝生広場
毎日暑いですね。

そしてここ数日は毎日のように夕立があります。

雨が降れば草花はイキイキ。芝生もイキイキ。
しかし、雨が降れば雑草も旺盛に繁茂。

朝方の涼しいうちに草むしりに精を出しました。

こんなやつとか


こんなやつ



夕立の強風で落ちた葉っぱはコレでかき集め




我が家の芝生広場は綺麗さっぱり。

ココで夕涼みは如何でしょう。
夏の信州真っ盛りです。




毎日バイクツーリング
真夏の繁忙期に突入しました。
そんな中にあっても、毎日バイクでツーリング、いや、買い出しです。

どんなに暑い日中でも、一度バイクに跨がれば、そこは天然クーラーです。




間もなくお盆ですが、道路脇のススキは既に穂が顔を覗かせています。


北信州の夏はあっという間に過ぎ去ってゆきます。

しかし暑い。エアコン全開中!

カブ分けしました(^~^)
衣装ケースの中のカブトムシ。いったい何匹入っているのか、穿り出して確かめてみました。

その数 31匹!
しかも25匹がオス(x_x)


蛹への変態、羽化の過程を通じて幼虫のほとんどが障害なく無事成虫になりました。

子供の頃飼っていた幼虫は、イジリ過ぎが原因なのか、成虫になった時に角が曲がっていたりと奇形が多かった記憶があります。
狭い中であっても、放っておけば立派な成虫になるということが確認できたわけです。

しかし、この衣装箱で31匹もの成虫を飼育するにはかなり無理があり、昨日新たに箱をひとつ買ってきまして「カブ分け」を実施。




えさの消費も猛烈でして、50個入りの昆虫ゼリーが3-4日でなくなってしまいます。

さて

老若男女を巻き込みまして、相変わらず毎日虫取りに出かけています。

夏の夜の風物詩、いよいよ本番モードですよ~!!!
春花が帰って来た!
7月28日に大阪に旅立った春花が昨日帰ってきました。

夕食の準備を早目に整え、車で一路長野へ。
定刻ですと1934着なのですが、30分遅れとの情報がメールに。

訊けば、運転士さんが一人旅の春花を気にかけ、わざわざ家に電話をしてくれたとのこと。
何とも親切ではありませんか。




キタ!!アルピコバス


大阪から500kmの一人乗務お疲れ様でした。


颯爽と下車してきた春花。


帰りに車の中ではたっぷりと土産話を聞かせてもらいました。


第一日
くずはモール

第二日
信楽ドライブ

第三日
USJ

第四日
びわこバレイでZIP LINE遊び

第五日
くずはモール(再)

第六日
交野まつり

第七日
川遊び

第八日
長野へ

遊びすぎでしょ?な位の豪遊ぶり。
特に今年は英時不在の単独だったため、なおのこと自由の身でバカンスを謳歌したようであります。

大変お世話になりました!!

燃え尽き症候群だけにはならないようにネ。春花。。。。。


新幹線W7系が飯山にやってきた
北陸新幹線W7系が飯山駅にやってきました。

この夏、JR西日本の営業用車両での試運転がはじまりまして、石川県白山車両基地を出発したW7系が11時過ぎに飯山駅に初お目見えしました。

9時半頃、飯山駅西側の高台に出向き、ひたすら待機。

この日は飯山市主催のセレモニーがありまして、抽選で500人が出迎えの儀式に同席することができました。
ナカムラ家は応募すること自体を忘れてしまっていて、少し離れたこの高台からの見物、文字通りの高みの見物。

ホームから「間もなく到着します」とのアナウンスが聞こえてきて、ほどなくして吹奏楽隊による「銀河鉄道999」の演奏がスタート、それから10秒後、新幹線特有の「ファーン!!!!」の警笛が二発鳴り響き、ついにW7系がその姿を現しました。



最新の新幹線車両のバックには高社山。
14年前ここに移ってきた時からすれば、まさに夢のような光景です。

来年の3月には極めて日常の、至極当り前な光景となるわけですが、この日ばかりはかなり特別な光景でした。
あと7か月。いよいよ秒読みですネ。

新幹線駅からたったの7キロの場所にあるみゆきの杜。信じられない気もしますが。。。。。

遠い遠い島からのお客様
昨日のゲストは10名様。
いよいよ夏本番な雰囲気でありました。

そんな中、東京から1000km離れた遠い島「小笠原母島」からのご家族連れがお越しでした。
クルマを買うために、夏休みを利用して本土に上陸、そしてその買った車で木島平にやってこられました。

帰りは車を月島埠頭から「共勝丸」に乗せ、一行はおがさわら丸で母島にお帰りとのこと。

共勝丸
kyoshomaru-28.jpg

おがさわら丸
0831oga1.jpg


その前の日、電話で「内山の雫」のご注文を頂きました。
信州木島平の空気と土と水の結晶です。
fc2blog_201407311557594d1.jpg


小笠原の青い海をみながらの「内山の雫」もまた格別かもしれませんね。

どうぞよい旅を。
鉄道屋、バイク屋、スキー屋、珈琲屋!
何かと手広くやっているワタクシではありますが、力の入れ方はその時期によって大きく差があります。

冬はスキー一色なのは当然としても、夏はカブトムシ飼育に力が入ります。
数年に一度、マイブームがやってくる鉄道模型は、昨年夏、5年来の極大期を迎えました。

バイクは買い出しその他、出かけるとき日常的に乗っていますので趣味というよりは必然(笑)
夏の終わりごろには乗り鉄趣味に走るのが通例となっています。

そんな中、趣味と実益を兼ねるもう一つのジャンルとして「珈琲」はうちには欠かせません。


3年前、上高地ツアーの帰りに立ち寄った「五千尺ホテル」の喫茶ファイブホルン。
そこで飲んだ珈琲の味に感銘を受けて以来、一気に珈琲の世界にのめりこんでしまいました。

それ以来、あらゆる珈琲豆を買い漁りました。

種類で言えば50種類以上。同じ豆でも店が違えば全く味が違うことを悟り、高い珈琲が必ずしも美味しいわけではないということを学びました。


国で言えば

ブラジル
エクアドル
ボリビア
メキシコ
グアテマラ
パナマ
キューバ
コスタリカ
ハイチ
コロンビア
ジャマイカ
ハワイ
中国
ベトナム
インドネシア
パプアニューギニア
東ティモール
ネパール
インド
イエメン
エチオピア
タンザニア
ケニア
コンゴ
マラウイ

おそらく世に出回っているコーヒー生産国のほとんどすべての珈琲豆を買いました。
同じ国でも異なる生産地の異なる品種のコーヒーを買っていますので、種類で言えばやはり50種類は下りません。

ブラジルだけでも5種類以上、コロンビアは10種類以上、ケニアも6-7種類試しています。
インドネシアに至ってはスマトラ島、スラウェシ島、バリ島。スマトラ島だけでも6種類以上試しました。

100g2000円以上もするジャコウネコ珈琲「コピルアク」も買ったことがあります。
オークションにおいて世界で一番高値取引される「パナマ・エスメラルダ農園ゲイシャ」も体験しました。

ひょっとしたら100種類以上になるかもしれません(笑)。


直火焙煎
熱風焙煎
半熱風焙煎
ジェットロースター

浅煎りから深煎りまで、抽出温度を変えながらの実験も試みました。

その結果、熱風焙煎よりも、おしなべて直火焙煎の豆の方が、キレがあってツヤがあり、濃厚なパンチの効いた香味であることも知りました。

ペーパードリップはもちろん、ステンレスフィルター、カフェプレス、サイホン、ネルドリップ

あらゆる抽出方法を試しました。

そして3年が経過した今、珈琲趣味は安定期へと差し掛かっています。

この夏のコーヒーラインナップは8種類。
自分なりの目利きで信頼できる店の間違いのないと思われる豆だけを取り揃えています。


単に国だけを並べると

ブラジル
エチオピア
グアテマラ
コロンビア
ボリビア
インドネシア
ケニア

そして超深煎りにはコロンビアとブラジルのブレンド、カフェインレス(ブラジル)も取扱いをはじめました。

一般的な珈琲店よりもそのラインナップは充実しているのはもちろんですが、ウチの特徴は何といってもネルドリップ。

最も美味しい淹れ方は間違いなく「ネルドリップ」であると断言します。一度その味わいを体験すると、病みつきになってしまうはずです。

「そこまで味へのこだわりがない」という方には、お好みに合うような中庸的な香味のものを選んでペーパードリップしていますが、味にこだわりのあるお客さんへは、銘柄を選んでいただき、ネルドリップで少量抽出しています。

値段はおまかせは300円、ネルドリップは400円です。



最近の生豆高騰もあり価格改定させていただきましたが、満足いただけるよう、一杯入魂の精神で気持ちを込めて淹れています。

奥深き珈琲の世界へ。。。。。
是非お試しください。


プロフィール

なかむら@みゆきの

Author:なかむら@みゆきの
高社山麓みゆきの杜ユースホステル
を営んでいます。
当サイトでは、地元民ならではのお勧めツーリングルート、温泉、B級グルメなどを宿主自らが実走調査を敢行!信州ドライブ&ツーリングにお役立てください。




【旅の記録】
北海道ツーリング2008
北海道ツーリング2009
北海道ツーリング2010
北海道ツーリング2011
北海道ツーリング2012
沖縄八重山紀行2008
沖縄八重山紀行2009
沖縄バイクツーリング2010
沖縄家族旅行2011
栂海新道縦走記2012
沖縄買出し旅2012
沖縄買出し旅2013夏
大阪帰省の鉄道旅2013
沖縄買出し旅2013冬
アメリカ横断2014春
北海道ツーリング2014
沖縄買出し旅2014
アメリカ横断2015
北海道乗り潰し2015冬
家族で沖縄2015冬
タスマニア周遊2016
Overland Track2016
北海道2016夏ドライブ
スペイン巡礼2016冬
タスマニア2017春
北海道2017夏
スペイン巡礼2017冬
瀬戸内旅2018春
日本南北縦断2018冬
瀬戸内旅2019春

カテゴリー