FC2ブログ
FC2カウンター

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

 ↑  ↑  ↑
ブログランキング参加中!
1日1回クリック下さいネ!

最近の記事

月別アーカイブ

リンク

★たびたび君を応援しよう

このブログをリンクに追加する

北信州木島平より2020冬★ 
宿主の徒然なる日記
新米お披露目は?
新米のお披露目ですが、お盆以降の天候不順により若干遅れ気味です。

当初の予定では9月20日にご提供の予定でいましたが、今週の天候によっては若干遅れが予想されます。

今週末にご利用予定の方、予めご了承いただければと思います。


土鍋で美味しいご飯を炊く秘訣
新米までカウントダウンが始まった木島平ですが、前年産米もまだまだ引き合いがある竹内農園のお米。

何度かご紹介しておりますが、今一度美味しい炊飯方法を。

三合炊き

用意するもの
土鍋 中
コメ三合
水 600cc

コメを洗う。ゴシゴシ洗うのではなく、米同士を触れさせながら、ヌカを取る。
透明に近くなったらOK

60度の湯で20分浸漬する。

冷水でシメ、中までしっかり温度をさげる。

水を切ったら、600ccの水を入れ強火にかける。

ブシャー!と吹いたら極弱火にして10分。

10分経過したら、火を消し10分蒸らす。

10分経ったら、直ぐ蓋を開け、かき混ぜ鍋内温度を下げる。

蓋をして3分で出来上がり。


ポイント

60度のお湯で漬けることでコメ粒がより大きくなり、弾力が増します。
特に少量炊きの場合、芯残りを防ぐ効果もあります。

10分の蒸らし時間は厳守。
15分を過ぎると、確実に過炊飯となり、水分率が下がってパサついた食感になります。

以前は水量630ccで弱火13分、5分蒸らしとしていましたが、研究改良の結果、現在では上記のレシピを踏襲しています。

是非お試しください。

木曽の旅から戻りました
一泊二日の木曽取材旅行から戻りました。
二日間の走行距離550キロ。一泊ではキツイですね。

でも非常に充実した、発見の多い旅でした。


稲刈り全開!新米解禁日発表(^_^)
この週末から木島平も稲刈り全開。


わが竹内家は現在酒米を刈り取り中でして、それが終了し次第待望のコシヒカリの刈り取りへと以降の予定です。

そこでお待たせしました。
気になる我が宿の新米解禁日を発表イタシマス

★★9月25日★★


お楽しみに~(^_^)



お勧めしないコメの炊き方
新米のことであたまが一杯な今日この頃。
先日の美味しいお米の炊き方に続き、よくある「あまりお勧めしない炊き方」についての私見について。

朝、炊き立てのご飯を炊くために、夜に米とぎして水に浸し、朝、自動で炊飯スイッチが入るセッティングをされる方も多いようです。

しかし

あくまで土鍋炊きにした場合の個人的実験結果だけに照らして話しますと、その方法だと米の実力を100%発揮できないような気がしています。

一言でいうと、長く浸し過ぎるとコメの弾力、コシ、プリプリ感が失われるということです。

ワタシのお勧めする

60度 20分浸漬

のパターンと

前夜に洗って漬け込む

18度 7時間浸漬

を比較すると出来上がりにかなりの違いが出ます。

前者は見た目にコメがみずみずしく、プリプリしているのに対し、後者は柔らかくなりすぎて、腰が失われているように感じます。
蒸らしが終わった後の、かきまぜ作業の時の手ごたえがかなり違っているように思うのです。

柔らかくなりすぎたからと言って、水を減らしてしまうと、全体の湿度が下がってパサパサになりそうな雰囲気なので、水量の問題ではないような気がします。

やはり少し早起きして熱いお湯に20分浸す。

ワタシならそちらを選択します。

どうでしょ??
 
忘れられない味 あれこれ
物心ついてはや40年。
この間、いろいろなものを口にし、食べてきた中で、必ず「忘れられない味」というものが存在します。

それは間違いなく自分の中での「最高の味」なのだと思うのです。
いま思いつくだけを書きなぐってみますと。。。。。。

【忘れられないカレー】
渋谷・ラージパレスのラージチキンマサラ
人生No.1のインド料理屋。

【忘れられない海鮮丼】
佐渡汽船両津ターミナル食堂で食べた「いくら丼」
北海道のいくら丼がかすむほどのプリプリ感。2003年実食

【忘れられない珈琲】
鶴岡「コフィア」のブラジル
まさに忘れられない一杯。半月前に体験。

【忘れられない焼き菓子】
栗の木テラスのフィナンシェ
KING OF フィナンシェでしょう。間違いなく。

【忘れられないケーキ】
大阪高槻「ドエル」のフェルトサンド
昔かある、バタークリームのケーキ。スポンジのきめ細かさは唯一無二。

【忘れられないメロン】
青森のアムさんメロン
神戸のU様より頂いた超絶的メロン。

【忘れられないジュース】
青森・田舎館村の「スチューベンジュース」

【忘れられないビール】
銀河高原ビール
最近あまり見かけないが。。。。。

【忘れられないラーメン】
北海道旭川「蜂屋」のラーメン
焦がしラードがくせになる!

【忘れられない日本酒】
諏訪の舞姫

【忘れられない醬油】
熊本・岩永醤油の「老松」

【忘れられない米】
竹内農園の「デカマル」
当然でしょう。

【忘れられない味噌】
木曽町福島「小池糀店」の味噌玉熟成みそ


田舎館村のスチューベンジュースは、先日神戸のU様宅にお邪魔してごちそうになりました。

あまりに美味しいのでゴクゴック飲んでいたところ、なんとU様が2本も送ってくださいました。
うまみを引き出すために、絞ってすぐに瓶詰めするのではなく、一定時間寝かせて味を凝縮させるとか。
道理で普通のグレープジュースにはない濃厚なコクとうまみが引き出されています。


岩永醬油はうちの常備品でもあります。


九州南部独特の甘い醬油でして、回転寿司店などにおかれている「あまだれ」に似ています。
それゆえに刺身やだし巻き卵に非常にマッチします。
あと、卵かけごはんには抜群の相性を見せてくれます。
半月ほど前に切れてしまって、現在熊本から取り寄せ中です。


そして木曽町の「味噌玉熟成みそ」

恥ずかしながらワタクシ、今まで味噌には無頓着でして、味の優劣に関してはほとんど関心がありませんでした。
しかしこの製品に関しては、味噌に対する既成概念を打ち破られた感があります。
糀を丸めて発酵させ、それから二年間熟成させてはじめて製品になるのだそうです。
味の特徴は一言でいうなら、チーズ。糀の発酵風味がチーズのように鼻腔をくすぐるのです。しかも美味しい。

お馴染みさんがお土産にもってきてくれたのがきっかけでしたが、先日の木曽取材旅行で製造所(本店)を訪れました。

少々値は張りますが(1kg1000円)、出来ればウチの常備味噌にしたいくらいであります。

もしこの味噌を常時使うとなると、一人当たり10円のコスト増になるのですが、しかしこの驚くべきテイストが味わえてたったの10円アップなら、十分お買得のような。。。。。

美味しいものはやっぱりお金出してでも味わいたいですよね?無理のない範囲なら。ネ??


2014年紅葉情報第一弾
北信州ハーフマラソンまであと5日。

今日は大会前最後の長距離ランと位置付けまして、少し足腰に負荷をかけることにしました。

競馬で言うなら「追い切り」ってとこでしょうか?

スタート地点は家から17キロ離れたカヤの平。
そこから標高差1,000メートルのダウンヒルラン。(≧∇≦)

標高1,500メートルの別天地は、既に紅葉が始まっています。

高原総合案内所の管理人池田さんの話によると例年よりも1週間以上色づきが早いとのことです。

カヤの平牧場周辺





うるしが大変色鮮やかです。

ランニング開始から7分後の地点。
なかなかいい色づきしています。


5分40秒くらいのペースを保ちひたすら下りました。

途中で足が痛くなるかと思いきや、幸いそういった症状も現れず。



国道に合流する手前の糠塚集落では急勾配がちょっと辛かったですが。。。。

何とかクリア。



国道403号線をひたすら下る。


最後の上り1キロは少し辛かったですが、何事もなく無事ゴール。

1時間後、信越トレイルのゲストのお迎えのため、とん平へGO。

煙たなびく飯山盆地そして高社。


イイ1日でした(^_^)

最高の味を追い求めてあえて待つ!
気になる新米情報です。
当初の予定では今週半ばにも入荷の予定かと思われていたのですが、実はまだです。

信濃毎日新聞でも報じられていますが、今年は稲の熟すのがかなり遅れていまして、JA営農指導部は口酸っぱく

刈り取りを早まるな

とアナウンスしています。
秋分の日を過ぎれば当然のごとく稲刈りの始まる当地。

例年の勢いで刈り取りを進めている農家さんもたくさんおいでですが、竹内農園はジッと耐えています。

実は2日ほど前に試しに刈ってみたそうです。しかし食味値が竹内農園スタンダードに達しておらず、いったん刈り取りを中止したとの由。

米食味分析鑑定コンクール常勝軍団としては当然の判断と言えるのではないでしょうか?

というわけで新米入荷日は

10月1日

となりました。

期待していただいていた今週末の北信州ハーフマラソンランナーさんには申し訳ありませんが、何卒ご理解のほどよろしくお願い申し上げます。


志賀高原の紅葉は予想以上の速さで進行中
志賀高原に行ってきました。

紅葉が予想以上の速さで進んでいて驚きました。

平床






田の原湿原


蓮池


一沼


色づきもまた例年にない鮮やかさです。

お急ぎください!!


北信州ハーフマラソンの作戦下見
明後日に迫った北信州ハーフマラソンのコース下見に出かけてきました。



1キロ地点


スタートの野沢温泉役場からまず500メートルはきつい上り坂。約10パーセント位の上り勾配です。

ここは団子状態を予想し500メートルを3分45分くらいで。

2キロ地点


3キロ地点


4キロ地点


5キロ地点


6キロ地点


7キロ地点


7キロ地点までずっと下り。
そして7キロ地点で折り返し菜の花公園の裏手の千曲川を見下ろす農道へ。

7キロ続いた件から1転して緩い上りちょっと辛いかも。

8キロ地点

8キロ地点を過ぎると下り。

9キロ地点

9.2キロ地点に漬物工場がありその駐車場がエイドステーションになる予定です。

そこから先はほぼ平坦

10キロ地点


11キロ地点


木島平村役場付近この付近は少し長い上りになります

12キロ地点


12キロ地点の先に折り返し地点
2度目の折り返しです

その先は大体よく知った道なので下見は省略。

そこで作戦を考えました。

最初の1キロ6分40秒

その後は7キロ地点の連続下りは、1キロ5分24秒未満をキープ

その後ゴール地点まで5分45秒平均をキープすることで何とか2時間を切れるという段取り。

最初の7キロの下りをどうやってこなすかが鍵を握っているような気がします。

がんばりますよ( ^ω^ )

プロフィール

なかむら@みゆきの

Author:なかむら@みゆきの
高社山麓みゆきの杜ユースホステル
を営んでいます。
当サイトでは、地元民ならではのお勧めツーリングルート、温泉、B級グルメなどを宿主自らが実走調査を敢行!信州ドライブ&ツーリングにお役立てください。




【旅の記録】
北海道ツーリング2008
北海道ツーリング2009
北海道ツーリング2010
北海道ツーリング2011
北海道ツーリング2012
沖縄八重山紀行2008
沖縄八重山紀行2009
沖縄バイクツーリング2010
沖縄家族旅行2011
栂海新道縦走記2012
沖縄買出し旅2012
沖縄買出し旅2013夏
大阪帰省の鉄道旅2013
沖縄買出し旅2013冬
アメリカ横断2014春
北海道ツーリング2014
沖縄買出し旅2014
アメリカ横断2015
北海道乗り潰し2015冬
家族で沖縄2015冬
タスマニア周遊2016
Overland Track2016
北海道2016夏ドライブ
スペイン巡礼2016冬
タスマニア2017春
北海道2017夏
スペイン巡礼2017冬
瀬戸内旅2018春
日本南北縦断2018冬
瀬戸内旅2019春

カテゴリー