FC2ブログ
FC2カウンター

プロフィール

なかむら@みゆきの

Author:なかむら@みゆきの
高社山麓みゆきの杜ユースホステル
を営んでいます。
当サイトでは、地元民ならではのお勧めツーリングルート、温泉、B級グルメなどを宿主自らが実走調査を敢行!信州ドライブ&ツーリングにお役立てください。


【旅の記録】
北海道ツーリング2008
北海道ツーリング2009
北海道ツーリング2010
北海道ツーリング2011
北海道ツーリング2012
沖縄八重山紀行2008
沖縄八重山紀行2009
沖縄バイクツーリング2010
沖縄家族旅行2011
栂海新道縦走記2012
沖縄買出し旅2012
沖縄買出し旅2013夏
大阪帰省の鉄道旅2013
沖縄買出し旅2013冬
アメリカ横断2014春
北海道ツーリング2014
沖縄買出し旅2014
アメリカ横断2015
北海道乗り潰し2015冬
家族で沖縄2015冬
タスマニア周遊2016
Overland Track2016
北海道2016夏ドライブ
スペイン巡礼2016冬
タスマニア2017春
北海道2017夏
スペイン巡礼2017冬
瀬戸内旅2018春
日本南北縦断2018冬
瀬戸内旅2019春

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

 ↑  ↑  ↑
ブログランキング参加中!
1日1回クリック下さいネ!

最近の記事

月別アーカイブ

リンク

★たびたび君を応援しよう

このブログをリンクに追加する

.
ユタ州道12号線
ブライスキャニオンの後は、アメリカの景勝ドライブルート~シーニックドライブウェイとして有名な

ユタ州道12号線

を北東に向かい針路をとりました。

アメリカ有数の隔絶されたドライブルートと聞いていましたので、ガソリンは常に満タンを心がけさあ出発。

ですが、しばらくの間は普通の田舎道。

トロピックの街で小休止。お茶を買ったらなんとハチミツ入り。



田舎道はまだまだ続き、エスカランテ


エスカランテをすぎるといよいよ4ニックドライブの本領発揮です。


狭い渓谷を縫うようにアップダウンを繰り返し。。。。



日本では考えられないような狭いナイフリッジの上に道が続き、不思議な恐怖感を覚えました( ^ω^ )


栂海新道の尾根の上に車道がついているような、そんな光景にも感じられました。( ^ω^ )



にわか雨によって岩肌を水が光るように流れて行きます。何とも言えない幻想的な光景に感激。


山岳エリアがいったん終わると、ボリバーの街に到着。


現在地確認と今後のルート再検証。

ここから先がユタ州12号線のハイライトとも言える区間。



例によって日本の景色と重ね合わせるのが好きな私ですが、この区間はまさに北海道三国峠。上士幌から層雲峡に向かうルートの景色にかなり似ています。


最高地点は標高2,850メートル。

日本のように峠の名前は表示されておらず、「サミット」と記されているのみです。



峠からは下界の幻想的な景色が広がっていました。



シェナンドアで遭遇したものとはまた違う種類の大きい鹿を目撃。


周囲にはまだ残雪が

峠から約40キロほど下るとトーレイの街。


我々のモーテルは、そこからさらに西へ10キロほど行った所の「ビックネル」の集落。

予想していたよりもはるかに辺鄙な場所でした。

北海道で例えるなら、三国峠下の三股集落にモーテルがあるような感じ。( ^ω^ )

この例え、かなり的を得ていると思いますヨ( ^ω^ )




周囲にはレストランがなく、あえて営業していた一軒のピザ屋で16インチピザを注文。

持ち帰りで家でみんなでつまみましたよ。


標高22~メートル。高原の寒い山村の一夜を過ごしました。

旅してます( ^ω^ )




続きは約12時間後、デンバー乗り継ぎ待ち中に。




ブライスキャニオン
今回初めて立ち寄ったグランドサークル内の国立公園はアーチーズでした。

そこで出会ったアメリカ人のおばさまが、「グランドキャニオンいくの?モチロンそこもいいけれど、ブライスキャニオンは絶対オススメよ。」と、教えてくれました。

アクアマリンのみます氏からも同様の助言を頂きました。

という訳で、次はソコ。

89号線に分かれを告げ、ユタ州道12号線、ソコから12マイル程西へ進み、ブライスキャニオン国立公園へ。

ビジターセンターのすぐ近く、サンセットポイントでその姿を目の当たりにしました。


一言、ナンジャこれ?!



グランドキャニオンに比べて規模は小さいのですが、その分「対象物」までの距離が近く、非常にクリアに見えるのです。

しかも谷底までカンタンに歩いて行くことができます。


スイッチバックしながら降下してゆく道はまるで謎の古代遺跡への通路!?


いくつものトレイルがある中、「ナバホループ」を行きました。


谷底に森。不思議だね~( ^ω^ )


この先は残念ながら通行止め。


有名な「ウォールストリート」には辿りつけませんでしたが、充分に堪能しました。

コレまで巡ってきた国立公園、名所。其々に魅力的で甲乙つけ難いですが、あえて、ワタシの独断トップ4を一言で表現するならば、


グランドキャニオン

壮大、雄大


モニュメントバレー

神秘的、荘厳


ホースシューベンド

ド迫力


ブライスキャニオン

芸術的、幾何学的


参りました( ^ω^ )


ザイオン
翌日は7時に朝食。
グーグルマップで入念にルートを調べます。

なんせ今日は2つの国立公園、そしてアメリカ有数の隔絶されたドライブルートを行くのですから。


8時に出発し、一路89号線を北西へ。

鹿の多い一帯で、路肩から飛び出してきた鹿と危うく衝突しそうな場面も(汗。

1時間ほどはしるとカナブの街。

右折して北上、マウントキャメルジャンクションを左折して、ザイオン国立公園に向かう東側のドライブルート「マウントキャメルドライブウェイ」を西へ。

料金所まで12マイル

景観に配慮してか、ベンガラ色の舗装。

そんな道が12マイル続き、ビジターセンター。

あえて日本に例えるなら、上高地です( ^ω^ )。



アメリカの国立公園には必ず隣接してビジターセンターが設けられていて、いつでもカウンターには行列ができています。

見どころは?

時間に制約があるのだが、オススメは?


そんな観光客で賑わっているのです。

さらにビジターセンターに隣接して、土産店があって、場所によっては「Bookstore」と呼ばれます。

アメリカの土産店が日本と一番違うのは、写真集、絵葉書、資料、書物、地図類、ポスターが圧倒的に多いことです。



日本だったら土産と言えばお菓子。

土産コーナーの80パーセントお菓子が占めると言っても過言ではありません。

しかしアメリカにおいてはお菓子はスーパーで買うもの。観光地の土産物屋におけるお菓子の需要はさほどでもありません。


おそらく菓子の比率は1パーセントにも満たないのではないかと思われます。

上高地のビジターセンターは、おそらくアメリカの国立公園を相当参考にしているのでしょう。


本場テキサスのハーベキュー
ペイジでの夜は自由食となりました。

ここまで約3週間弱が経過しました。
連日サンドイッチにピザハンバーガーなど、いわゆるジャンク料理がかなりの率を占めているわけですが、まだ食べていないアメリカ料理が存在します。

それはバーベキュー。

日本でバーベキューといえば、肉や野菜の網焼き料理をイメージします。

しかしアメリカにおけるバーベキューとはそれとは少し違うようです。

アムトラックの食堂車で同席だったニューヨーク近郊在住の男性から教えてもらって以来、ぜひ1度は食べてみなければならない料理として気になっていました。

幸いなことにページのモーテルのすぐ近くにバーベキュー屋を発見。

他の2人は胃の調子が少し悪く、バーベキューは無理と敬遠されてしまいましたので、私ひとりで。

夕暮れのページの街


これが目指すバーベキューレストラン

屋内かテラス席か、好きな方を選べるようになっていて、ワタシは迷わずテラス。

メニューには幸い、写真付きで説明書きがなされているので安心でした。

どうやらイメージとは大きく異なり、ワンプレートで提供されるもののようです。


そして出てきたのがこれ( ^ω^ )


骨付き豚肉が6切れ、ポークビーンズ、コールスロー。

これで15ドル

驚いたのは、とてつもなく柔らかいこと。まるで「煮豚」をオーブンで焼いてあるような感じです。

後から調べたところ、固い肉を低温で数時間から1日かけてスモークさせるとの由。

味は、塩胡椒とビネガーでしょうか。

テキサス風の甘いソースをかけて頂くその味は、シンプルながらも深みのあるとても美味しもの。ペロリと平らげましたよ。


ビールが合いますね~( ^ω^ )


こちらはビーフ


味は同じ。アメリカ版しぐれ煮?

ポークの方が断然いいです。




史上最高の高所恐怖感覚「ホースシューベンド」
食後はいよいよあのホースシューベンドです。
この場所の事は、アクアマリンの旅行日記で知り、グランドサークルドライブが決まった当初から撤退に行くと決めていました。

ページの街の南側約5キロのところに小さな駐車場があります。

そこに車を止めて約15分から20分ほどの場所にあります。

砂のトレイルを歩き坂を登って行きます

先に見える地割れの部分がそのホースシューベンド。

来るぞ~( ^ω^ )

キタ( ^ω^ )

写真では見たことがありましたが、実際に見た感覚では予想していたよりも3倍くらい大きい感じです。

上の写真は完全に地面に這いつくばりながら体を伸ばして撮ったものですが、柵が一切なく、ワタシの47年の人生の中で、最も高所恐怖を強く感じた瞬間でありました。( ^ω^ )

Kさんも果敢に撮影に挑戦

こんな感じ。

崖の上で飛び上がり撮影するひと、がけっぷちでセルカ棒を使って撮影する中国人カップル。

怖くて目も当てられません。( ^ω^ )

グランドキャニオンも、モニュメントバレーもどちらもすごいですが、ここホースシューベンドも全く負けてはいません。

どこまでもケタ違いのアメリカ、心底参りました( ^ω^ )


ホースシューベンドへの道
モーテルはグランドキャニオンから20キロほど離れた場所にありました。



オールドアメリカンな感じのモーテルでした。

ここから今日の目的地「ペイジ」まで移動。

グランドキャニオンのサウスリムを経由して、昨日立ち寄れなかったビレッジに寄り道。



グランドキャニオンには鉄道で来ることも可能です。

昨日通った道を戻るように降って



まるで月面のような荒涼とした大地を見下ろしながら


89号線をひたすら北上すると、1時間半ほどで赤茶けた大地に変化。

アリゾナ州のこの一帯はナバホネーションと呼ばれるアメリカ先住民が多く暮らす地区。

時間があればこの日はホピ族の居留地を訪れたいと考えていたのですが、無理は禁物と北を目指すことにしました。


さらに北上し、標高をあげていきます。 


展望台がありました。


ひたすらこうした砂漠地帯を走っているとは言え、場所によって微妙な地形の違いや色の違いがあって、とても興味深いものです。


先住民の人たちの居住区


10秒過ぎてしばらくするとページの街。そこで昼ごはんにハンバーガー。


日本人が知らないハンバーガーチェーンがまだまだたくさんあります( ^ω^ )

食後にいよいよあの場所へ。













グランドキャニオン
グランドキャニオンまでは約250キロ。

ユタ州の荒涼とした大地をひた走ります。

カエンタには先住民が多く暮らす質素な民家が密集。


それを過ぎるとほとんど集落はありません。次の街まで100キロ近い区間もあります。


チューバシティーでマーケットへ。


ブリトーと珈琲で軽め?のランチ。

カエンタ同様、先住民の多い街。まさに砂漠の中の街です。


さらにクルマは西へ。

ボーキサイトの採掘場のような赤茶な大地が現れたり


石灰石採掘場のような灰色の大地。


所々にボタ山のような円錐形の盛り上がりがあったり。

でもそれらは全て自然の造形物。


163号線に別れを告げ、程なくしてグランドキャニオンへ向かう交差点の小さな町。

其処から北西へ標高を上げていきます。


砂漠の道がやがて緑で覆われ始めるとサウスリム東入口の料金所。


グランドキャニオンの入場料は国立公園の中では最も高く、クルマ一台25ドル。

しかしこの先も幾つかの国立国定公園を回ることを考慮して、年間パスを80ドルで入手しました。

そしてイキナリのご対面。


あまりの絶景に体が震えました。本当です。写真では誰もが見たあの景色。

その景色がまさに今目前に広がっているのです。

うわー凄い!

と声をあげたモニュメントバレーの3倍

何これ?

と表現したアーチーズ国立公園の10倍

それ位に強い衝撃を受けました。( ^ω^ )


サウスリムは渓谷の南側の絶壁に広がる一帯で、道沿い至る所に展望所があります。

下界の砂漠地帯とは全く植生の異なる針葉樹林帯。標高2100メートル越えです。


東側のビジターセンターでクルマを停めます。


無料のシャトルばすに乗り換え。


雰囲気は上高地バスセンターです。

ビレッジと呼ばれる、ホテル、キャンプ場、マーケット、そしてグランドキャニオン鉄道の駅などが集中する一帯を過ぎ、一番西へ移動。



1918年に建てらたという売店。


其処から絶壁上を車道に沿ってトレイルが整備されています。


日本と違って、柵はなく、どうぞご自由に。な感じ( ^ω^ )

コレを左に見ながら水平歩道。


黒部「下の廊下」の巨大版?

いやそんな例えはやめましょう( ^ω^ )

見る方向、時間帯で刻々と表情を変えるグランドキャニオン。


所々に崖に突き出した展望所がありついつい( ^ω^ )


途中まで3キロほど歩き、再びバスセンターへ向かい、クルマで夕陽の名所とされる「ヤバパイポイント」へ。

ヤバいポイント

と覚えましょう。

数ある展望所の中でもココは人気で、左右の視界の開け具合が良いのです。

そこにはミュージアムがありそのミュージアムの窓からは、180度の視界が開けます。



暮れ行くキャニオン



この世のものとは思えない絶景でありました。












モニュメントバレー再訪
お宿は車で30分ほど離れたケイエンタとのモーテル。




この写真を撮影したのは翌朝ですが、前日宿に着いたのは9時過ぎ。

すぐ近くのマーケットで食料調達し隣のサンドイッチ「サブウェイ」で夕食を済ませました。

アメリカ先住民族比率が非常に高いこの街。飲食店やスーパーマーケットモーテルその多くが先住民の人たちです。

その日はさっさと寝て翌朝の行動に備えました。

その朝の行動とは、朝日を浴びるモニュメントバレーを見ることです。

6時40分に出発、やって来ました。



これを撮影したかったんです( ^ω^ )



さらに定番スポットのビジターセンター前

夕暮れ時とはまた違う、迫力のある荘厳なビュート。


さらにもう一つ。

舗装路はここビジターセンター前までですが、その先、谷の中1周27キロメートルのオフロードドライブコースが設定されています。

バレードライブと呼ばれるそのコースは一般車でも走行が可能です。

観光用にピックアップトラックの荷台にベンチを乗せた車もたくさん出ており、それに乗ろうとも考えたのですが、砂埃がすごく、連日の乾燥に、喉を少し痛めてしまったKさんを考慮して、我が車で走ることに。



先行する車がない時は窓を開け、制限速度の15マイルでゆっくりと。


時々ビューポイントをめぐって写真撮影




もし火星に大気があれば、こんな感じなのかもしれません( ^ω^ )


1時間50分かけてゴール。休憩後、次なる目的地、グランドキャニオンへ移動開始です。


コレぞアメリカ。モニュメントバレー
アーチーズ国立公園からモニュメントバレーまではまだ200キロ近くあります。

こうした風景にもだんだん慣れてきて、時折睡魔が( ^ω^ )

赤茶色の大地ばかりと思いきや、途中のモンティセロは緑の大地。標高2170メートルの冷涼な地。


そこで給油


ブランディングの街もまた緑のまち。




192号線から163号線に入ると、一気に雰囲気が変わり、モニュメントバレーが近いことを知ります。


メキシカンハット



そして18時頃、あのモニュメントバレーへ。





公園ゲートの料金所にはすでに職員不在ですが、中に入ることは可能です。

そしてたどり着く先にあの絶景。





夕暮れ時まで待った甲斐がありました。

この世のものとは思えない、表現のしようがない絶景に、ただ立ち尽くすしかほかありませんでした。


アーチーズ国立公園
アメリカのグランドサークルをドライブするにあたって、一番参考にしたのは、アクアマリンの旅記録でした。

世界を旅したアクアマリンではあるのですが、私の中ではアメリカ=アクアマリン。

そんな旅行記からは、ほのぼのとした文体が醸す、旅人の素直な感動がストレートに伝わって来るのです。

次に目指したのは、そのアクアマリンのミマス氏が勧めてくれた「アーチーズ国立公園」。


192号線をひたすら南下。


入口で国立公園入場料10ドルを支払い


赤茶けた自然の造形




全てのスポットを回る余裕がなく、南側三分の一程度を周遊しました。




遠くにはロッキー山脈?の雪山。



次なる目的地、モニュメントバレーへ急ぎます。









カテゴリー