FC2ブログ
FC2カウンター

プロフィール

なかむら@みゆきの

Author:なかむら@みゆきの
高社山麓みゆきの杜ユースホステル
を営んでいます。
当サイトでは、地元民ならではのお勧めツーリングルート、温泉、B級グルメなどを宿主自らが実走調査を敢行!信州ドライブ&ツーリングにお役立てください。


【旅の記録】
北海道ツーリング2008
北海道ツーリング2009
北海道ツーリング2010
北海道ツーリング2011
北海道ツーリング2012
沖縄八重山紀行2008
沖縄八重山紀行2009
沖縄バイクツーリング2010
沖縄家族旅行2011
栂海新道縦走記2012
沖縄買出し旅2012
沖縄買出し旅2013夏
大阪帰省の鉄道旅2013
沖縄買出し旅2013冬
アメリカ横断2014春
北海道ツーリング2014
沖縄買出し旅2014
アメリカ横断2015
北海道乗り潰し2015冬
家族で沖縄2015冬
タスマニア周遊2016
Overland Track2016
北海道2016夏ドライブ
スペイン巡礼2016冬
タスマニア2017春
北海道2017夏
スペイン巡礼2017冬
瀬戸内旅2018春
日本南北縦断2018冬
瀬戸内旅2019春

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

 ↑  ↑  ↑
ブログランキング参加中!
1日1回クリック下さいネ!

最近の記事

月別アーカイブ

リンク

★たびたび君を応援しよう

このブログをリンクに追加する

.
旅行ガイドブックは若者向けばかり?
北海道ツーリングが幻と消えた本年2015。
少し気が早いのですが、ココロは少しずつ沖縄へ向きつつあります。

北海道同様、毎年の恒例ゆえに、ガイドブックを買うなどという行為はココ何年も記憶がないのですが、トレンド?を探る為?、二週間程前に「まっぷる情報版沖縄」を購入しました。

しかしその見にくさに「コレは本当にガイドブックなのか?」というのが素直な印象。

写真が多いのは良しとして、内容はひたすらレストラン、カフェ、土産物屋、雑貨屋、宿泊施設、いわゆる商業施設の紹介に偏り過ぎています。

日本全国カフェブームなのはわかりますが、沖縄にまで出かけてオシャレなカフェなんぞ、みんな本当に行きたいものでしょうか?

若者ならまだしも、那覇市国際通りの派手な商店街にしろ、このようなガイドムックにしろ、どうやら世間は旅行産業の主たる顧客であるシニア層をあまり意に介していない模様です。

沖縄に初めて行く人が特に同様のムックを頼りにするのでしょうが、残念ながらこの内容では、沖縄がいかなる土地であるかを伝えるのはかなり困難といえます。

ムックではない、一般ガイドブック(A5変版)はどうかと言えば、ある程度は系統だっているものの、残念ながら編集方針は大同小異です。

旅=食べ物

の図式が定着して久しい昨今。
しかし、旅とは非日常に触れることであり、食い物は二の次という方も少なくありません。

私が大学生の頃、ひたすら食費を削って北海道を旅したこともあります。
私の知人に大の沖縄好きが居ますが、沖縄の食べ物にはとんと興味がありません。

その場所に行きたいという、旅欲の根本はやはり「未知との遭遇」だと私は信じてやみません。

沖縄を旅したいという欲求は、やはり何処の都道府県にも似ていない自然、環境、文化が息づいているからに他ならず、その特異性は、沖縄と同じく私がこよなく愛する最北の都道府県、北海道をはるかに凌駕していると言えます。

沖縄に馴染みのない人は、頻繁に足を運ぶ私にこう言います。

「海好きなのですか?ダイビングとかやるんですか?」

沖縄=マリンスポーツ

という既成概念が、こうした安直?かつ残念な質問を生みます。

私にはマリンスポーツの趣味がありません。
二年前の6月、慶良間諸島を訪れ、ひとり海水浴を楽しみましたが、驚くべき珊瑚礁にいたく感激しました。至近距離でのウミガメ見物もまた貴重な体験でした。
しかし、夏は想像を絶する暴力的とも言える太陽光のため、存分に野外を見て歩き回ることが出来ません。
マリンスポーツは私には厳しいのです。

一方で、沖縄を一通り知る人は、八重山にハマるケースが多いようです。
通称?「八重山病」を発症する人も少なくありません。

沖縄はやはり八重山でしょう。
本島とは違う。

と言いう人も多いように感じます。

かくある私も宮古島以外の先島諸島のほぼ全ての島に足を踏み入れ、素朴な離島の雰囲気は本島にはない独特の景色には実に癒やされるものがあると感じています。
中でも鳩間島には2年おきに足を運んでいます。
鄙び過ぎた風景や、冬季に悪天候のため何日も定期船が途絶えつつも逞しく生きる島民の姿を目の当たりにすれば、同じ日本人として尊崇の念を抱くと同時に、その現場に居合わせることの幸せを密かに感じている自分に気付かされます。

しかし、本島が八重山よりも観光要素の点で劣るとは全く思いません。

むしろ、複雑な歴史や、開発の過程によって生み出された特異な景観、「ちゃんぷる文化」が息づいており、八重山よりもはるかに複雑で奥深い見所が満載なのです。

⚫︎農連市場や至る所に存在する共同売店に見られる昔ながらの商形態

⚫︎基地とその周囲に広がる異国な雰囲気

⚫︎那覇の一極集中によって生み出されたとも言える、沖縄市の前近代的な都会風景

⚫︎北部に残る沖縄伝統的集落、青い海


やはり沖縄を旅するからには、その特異性に触れる旅をしたいものです。
今から8年前、初めて八重山に足を踏み入れたとき、こんな本を買いました。

2007年昭文社刊

ローカル出版社の「やえやまガイドブック」なる本も買いましたが、記事にメリハリがないモノクロ印刷は、ガイドブックとしては少し残念な印象がぬぐえず、こちらを買ったのでした。

しかしこのガイド、実に良く出来ています。

構成はこんな感じ

沖縄本島
旅のヒント
17ページ

歴史に見る沖縄
~波乱の歴史に基づく多彩な文化
101ページ

沖縄的美麗リゾートの誘い
38ページ


沖縄の自然に触れる
30ページ


沖縄美味選集
34ページ


先島諸島
110ページ

特筆すべきは、沖縄の歴史と絡めた見所案内がなされていること。
沖縄の歴史とは言っても決して堅苦しい記述はなく、こんな記事です。







パワースポット!御利益あるかも?などというふざけた記述はありません(^_^)




ちんすこうについて、ココまで詳細に書かれたガイドブックは知りません。
元祖沖縄銘菓はやはり紅芋菓子ではなく、ちんすこう。
買うぞ~!という気持ちになりますね。
実際好きなんですよネ。












私的には「もっと沖縄本島らしい」と感じて、沖縄に行く度に必ず立ち寄る「コザ」や、アメリカ軍基地についてもしっかりとしたい記述があります。

この本を買ってから10回近く沖縄に足を運んだ訳ですが、改めてこの本の内容の濃さとバランスに感心させられます。

残念ながら、当シリーズは既に廃版の模様。
でも、2007年版ですから、まだまだ現役ガイドとして十分に有用です。

ガイドブックとしてはもちろん、教養書としても十分通用しますね~。

旅の根源はやはり「見聞を広める」こと。物見遊山、レジャー、レクリエーションも大事ですが、「見聞」による学びの要素を加えれば、その旅はより充実したものになります。

訪日外国人旅行者は日本人海外旅行者よりも遥かに「学び」の姿勢が明確です。

極彩色の旅行ムックを見るにつけ、そろそろ日本人も「見聞を広める旅」を思い出して欲しいと思う今日この頃。

「にっぽんの旅 沖縄」
しばらく読み耽りたいと思います。

呼んでるゼ。沖縄(^_^)


8月29日は桃食べ放題!
ご予約は、お電話で( ^ω^ )



↑ ↑ ↑ ↑ ↑
ブログランキング参加中です。
お気に召しましたらクリックをお願いしますネ★

8月24日 入院76日目
また1週間の始まりである。
この日はガーデニング計画に没頭する。
退院後の草取り計画に始まり、各所植え込みのリニューアル、新しい苗木の購入計画。
あっと言う間に時間が過ぎていった。

全荷重はまだであり退院までにはまだ2週間以上かかりそうだが、気分はココにあらず、なのである。

夏はやはり上越
怒涛の土曜の夜が過ぎました。
手摺のない狭い自宅階段の昇り降りは厳しいので、空室のゲストルームに就寝。

朝六時に起き、まずは珈琲。

コロンビア アンデスコンドル(^_^)

カフェカウンターへは、足首、足指がまだ十分に曲がらず不自由ですが、何とか出入り可能です。

10時頃、家族全員でお出かけし、上越へ。8月6日以来の外出はやはり海の見える方角へ自然と導かれるのでした。



魚屋魚勢、戸田書店、ムサシと立ち寄り、七福の湯で風呂に浸かり、昼メシ。


母ちゃん とんかつ定食
父ちゃん 煮かつ定食
英時 煮かつ定食
春花 しょうゆラーメン
柚花 お子様カレー おもちゃ付き

その後バロー、かまだに立ち寄り、4時20分に病院に戻りました。

エレベーターホール前の談話コーナーで、家族全員でかまだのケーキを食べました。


久しぶりの労働と、松葉杖の歩行が続き、ヘトヘトに疲れてしまった週末でありました。

今週土曜日にまた一時帰宅です。
桃をたくさんご用意してお待ちしています。


8月29日は桃食べ放題!
ご予約は、お電話で( ^ω^ )



↑ ↑ ↑ ↑ ↑
ブログランキング参加中です。
お気に召しましたらクリックをお願いしますネ★

8月23日 入院75日目
怒涛の土曜日が終わったものの、かかと歩きが過ぎて、むくみが酷くなる。
10時頃、家族全員で上越に出かけ、しばしの休日。

病気に戻ったのは4時半前。
ステーションにかまだの菓子を差し入れ、我が家は東食堂でケーキをつつく。

2か月ぶりな労働と松葉歩行の連続で、ヘトヘトに疲れてしまった。
8月22日 入院74日目
この日は初の週末一時外泊である。
もちろんヘルプのための一時帰宅。

ゲストは13人に膨れ上がり、にわかに気持ちが焦る。

2時ころ迎えがあり、買い足しにツルヤへ立ち寄り3時前に帰宅。
コーヒーを飲んだ後、受付係に。

松葉杖は使わず平静を装ったが、肩ベルトと手首の患者管理タグに気づくゲストちらほら。
かかと歩きを続けるととにかく足がむくむ。

珈琲もドリップしたがヤカンを持つ右手が妙に疲れる。
たかが1Lごときの重量に右肩たが悲鳴を上げている。

車椅子を転がすことなど、結局たいした運動にはならなかったのである。
少しだけ厨房にも入ったが、不自由なことこの上なし。体力低下に唖然とする。

運動機能回復後の試練が予感された。



飛んで火に入る夏の虫(^_^)
期待半分、不安半分の週末臨戦体制。ゲストは13名。

今日の私はまさに

飛んで火に入る夏の虫

であります。(^_^)
3時前に我が家に戻り、まずはコーヒー。
今日の一杯は西山珈琲のダスフローレス農園。

ブラジルコーヒーがこんなに美味しいなんて(≧∇≦)

時計はやがて16時。
お客さんをお迎えするのに、こんな緊張感は久しぶりです。

久しぶりの光景


とりあえずはパソコン仕事



当初は受付係&案内係と割り切っていたものの、殺気立つ厨房はやがてゆずか以外の総動員体制へ。

座っている場合ではないような予感がして。。。


案の定、母ちゃんからの支援要請(^_^)
ついに足を引きずりながら、フライパンを握り参戦。

6月9日以来の厨房は、殆どアウェイ同然。
何とも言えない不思議な感覚に包まれました。

何とか食事を出し終え、只今鉄道模型運転中。


DD51牽引急行大雪網走行きがゴキゲンに突っ走ります。



2か月間、1日も休まず走らせ続けてくれた保線担当母ちゃんのおかげでありました。

ご苦労様(^_^)

母は強し。
妻は偉大なり。


参りました。


8月29日は桃食べ放題!
ご予約は、お電話で( ^ω^ )



↑ ↑ ↑ ↑ ↑
ブログランキング参加中です。
お気に召しましたらクリックをお願いしますネ★


明日は一時帰宅
明日は一時帰宅です。

二カ月以上も仕事から離れてしまっており、少々緊張感。

今からしっかりイメトレしておかなくては。

ドキドキ。

午後、一時外出したのですが、その間、竹内農園の軍団が病室を訪ねてくれた模様。

お土産に、パン3個、カフェオレ2個、テレビカード2枚頂戴しました。

ありがとうございます。

これで心置き無く、3時はららら、ゆうがたGETが見られます。あと、BSの旅番組も。

嬉しいな(^_^)


8月22日、29日は桃食べ放題!
ご予約は、お電話で( ^ω^ )



↑ ↑ ↑ ↑ ↑
ブログランキング参加中です。
お気に召しましたらクリックをお願いしますネ★




8月21日 入院73日目
この日、漸く6月10日の事故検分が行われた。一時から警察車両に連れられ、現場へ向かった。

非接触事故は往々にして自損事故扱いにしたがる警察。
しかしながら、見通しの悪いカーブにおいて対向車との衝突を避けるべくブレーキを掛けて転倒した訳であり、過失割合がどうなろうとも、単独事故ではなく人身事故なのである。
しかしながら、人身傷害に適用される保険は「自賠責保険」。
任意保険なら保険屋任せで対応も素早いのだが、自賠責保険はチョット勝手が違います。

面倒だなぁ(^_^)


庭の改造計画
昨秋、植え付けた宿根草の苗。
ひと夏過ぎて、繁茂旺盛なもの、イマイチなもの、枯れてしまったもの、それぞれが明らかになりました。

意外に弱かったのは「ツボサンゴ」。
葉が虫に食われ、姿形が影を潜めてしまいました。

強健な性質から、グラウンドカバーに最高と思った品種もまた、予想通りに育っていないものもあります。

帰宅したら、まず草花の検証を行い、来季に向けて、ガーデニング計画を練りたいなと。

あと、北側の日陰部分の高麗芝の生育はやはり何度やっても上手くいかず、雑草に負けてしまいます。

一気に耕運機で耕し、日陰用の西洋芝種をまいて、再生を図りたいところではあります。

小型耕運機、買いますか!?

とりあえずは宿根草カタログで苗の品定めですワ(^_^)



8月22日、29日は桃食べ放題!
ご予約は、お電話で( ^ω^ )



↑ ↑ ↑ ↑ ↑
ブログランキング参加中です。
お気に召しましたらクリックをお願いしますネ★





8月20日 入院72日目
昨日のレントゲンの結果、骨のつき具合は良好の模様で、この日から、1/2荷重がOKとなる。

2分の1とは、両脚で直立しても良いということを意味する。


片側松葉杖や、歩幅を広くしたり、色々な歩行法を試してみた。

浮腫みはこの2、3日でかなり解消されたように感じた。

この日は甲子園の決勝戦。神奈川県代表、東海大相模の優勝だった。
野球に熱中し、病室不在となる患者が増え、看護師は困り顔であった。

治療とは無関係だが、前日、ジェットスターの10月以降分のチケットが売りに出されたことは、沖縄好きにとっては見逃せない。

成田~那覇 6040円
中部~那覇 5400円

安すぎるぞ~!

カテゴリー