FC2ブログ
FC2カウンター

プロフィール

なかむら@みゆきの

Author:なかむら@みゆきの
高社山麓みゆきの杜ユースホステル
を営んでいます。
当サイトでは、地元民ならではのお勧めツーリングルート、温泉、B級グルメなどを宿主自らが実走調査を敢行!信州ドライブ&ツーリングにお役立てください。


【旅の記録】
北海道ツーリング2008
北海道ツーリング2009
北海道ツーリング2010
北海道ツーリング2011
北海道ツーリング2012
沖縄八重山紀行2008
沖縄八重山紀行2009
沖縄バイクツーリング2010
沖縄家族旅行2011
栂海新道縦走記2012
沖縄買出し旅2012
沖縄買出し旅2013夏
大阪帰省の鉄道旅2013
沖縄買出し旅2013冬
アメリカ横断2014春
北海道ツーリング2014
沖縄買出し旅2014
アメリカ横断2015
北海道乗り潰し2015冬
家族で沖縄2015冬
タスマニア周遊2016
Overland Track2016
北海道2016夏ドライブ
スペイン巡礼2016冬
タスマニア2017春
北海道2017夏
スペイン巡礼2017冬
瀬戸内旅2018春
日本南北縦断2018冬
瀬戸内旅2019春

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

 ↑  ↑  ↑
ブログランキング参加中!
1日1回クリック下さいネ!

最近の記事

月別アーカイブ

リンク

★たびたび君を応援しよう

このブログをリンクに追加する

.
秋田の夜
秋田には19時36分に到着。



駅から3分のところにあるコンフォートホテル秋田が今宵の宿です。

チェックインして旅装を解き、遅めの夕飯を取るため街へくりだしました。

向かったのはラーメン末広。


知らない街で食事をするときの強い味方はやっぱり食べログ。

駅に1番近く、それでいて超人気。迷わず向かいました。

非常にこじんまりとした店で、レトロなふいんき満点。

京都の有名店新福菜館をルーツに持つらしいのですが、果たして実体は如何に?



食券を買い求めラーメン&半チャーハンセット1,000円を注文。



油たっぷり、ニンニクたっぷり。

ややしょっぱめの、富山ブラックの有名店にも少し通ずるものがあるテイスト。

ラーメンはもちろんですがこのチャーハンが非常に特徴のある味わい。


口で説明するにはかなり困難な、複雑な味と言ってもいいかもしれません。

お腹いっぱいになって、秋田駅のみどりの窓口へ。

明日の朝8時28分発のリゾートビューしらかみ1号(五能線経由)の指定券を買うためです。

幸い明日は月曜日で、空席は十分、海側の窓側席が確保できました。

いよいよ明日、25年ぶりの五能線に分け入ります。





恒例・沖縄グルメフェア 12月19日(土)*通常料金のみ

→宿主自ら沖縄に買出し遠征。幻の泡盛「泡波」飲み放題つき

mark.jpg
スポンサーサイト



酒田の山居倉庫へ

美味しい珈琲の後はキハ40でさらに北上。

目指したのは酒田。

酒田といえば、その象徴的景観とも言える「山居倉庫」。

これまで訪れたことがなかったので、最初から酒田で途中下車することは決めていました。

しかし、酒田到着が16時前と日没寸前です。

ならばと、駅からタクシー。

ツーメータで辿り着いたその場所はこんな所。



もう少しゆっくり歩いてみたかったのですが、小雨でそれも叶わず。

帰りは歩いて駅に戻り、早めの夕食を食べようと駅前をうろつくも、どこも休み。

あえなく駅に戻りしばらく待合室でぼーっと過ごしました。


1746発の秋田行き普通列車に乗車。



オールロングシートの700系。

旅愁なし。

風情なし。

風景なし。

ブログ書きに没頭中です。


鶴岡の珈琲店
特急いなほを鶴岡で降りて、3時のコーヒータイム。

向かったのは珈琲店コフィア。


わたし思うに日本国内屈指の極上コーヒーが味わえる店です。

私のネルドリップの手法はココのマスターを手本にしています。

昨年夏に訪れて以降、ブラジル豆はもっぱらココから取り寄せています。


カウンターに座ると、すでに常連と思しきマダムがマスターとおしゃべり。

私が名を名乗ると、普段は強面のマスターの顔が緩みました。

マダムは酒田の人らしく、時々飲みに来るそう。

常連を介しての会話はかなり砕けた感じでマスターの素顔が垣間見えました。

昨年、ココを訪れてマンデリンを注文し飲みながら、私が放った言葉「コレはリントン地区産ですね」が脳裏から離れなかったそうです。

タダの珈琲マニアではないな

と。

同業者と思ったらしく、それでワザと強面に振る舞い、「バリアを張った」のだそうです。( ^ω^ )

この日はブラジル、マンデリンをいただきまして、相変わらず濃厚な美味しい味わいに感動しました。


我が家の珈琲は、常にコフィアさんのネルドリップがお手本であり、目指す味わいなのであります。

<span style="color:#3300cc"><strong>恒例・沖縄グルメフェア 12月19日(土)</strong></span>*通常料金のみ
→宿主自ら沖縄に買出し遠征。幻の泡盛「泡波」飲み放題つき
<a href="http://blog-imgs-62.fc2.com/m/i/y/miyukinoyh/mark.jpg" target="_blank"><img src="http://blog-imgs-62.fc2.com/m/i/y/miyukinoyh/marks.jpg" alt="mark.jpg" border="0" width="149" height="135"></a>
旅の始まりは新幹線&利き酒列車
グリーンシーズンの営業を終え、今日からしばしの休日。目指すは北の大地、北海道。

旅の始まりは、飯山駅の「パノラマテラス」


はくたかで上越妙高駅まで向かって、其処から越乃シュクラ。いわゆる利き酒列車(≧∇≦)





ジャズの生演奏があったり、利き酒の会があったり、それはそれはイベント色満載であります。
青梅川で12分停車。



長岡で降りて、特急しらゆきに乗り換えます。


新潟には定刻着。


乗り換え列車は4分の接続で特急いなほ。しかしホームが離れていて、少々急ぎ足で橋を渡ってセーフ。

同じく653系。

しかしこの653系の遮音性の悪さは考えモノです。

床下のモーター音のけたたましさは、まるで西武特急のM車を彷彿とさせますネ( ^ω^ )

485系が懐かしく思えます。

雲のたれ込める笹川流れ


新潟最北の駅、府屋を通過したのは上越妙高発から4時間経過後でした。

恒例・沖縄グルメフェア 12月19日(土)*通常料金のみ

→宿主自ら沖縄に買出し遠征。幻の泡盛「泡波」飲み放題つき

mark.jpg
日本海の幸を囲むプチ忘年会
昨日はグリーンシーズン最終営業日でした。

恒例の日本海の海の幸を囲む「プチ忘年会」。

炭をおこして一年で一回現れる囲炉裏。

高級魚として名高いのどぐろ。
小さいので結構安いんです。お得な今宵(^^)






ごくごく小ぢんまりと。。。。


寺泊産いくらのしょうゆ漬けも。


お越しいただいた皆さん、ありがとうございました!!
北の大地へ
幻の北海道ツーリングから5か月。
次の日曜日に列車で北海道に向かうことにします。27年連続の北海道行きを途切れさせるわけにはいきませんから(^^)。

こんな切符をつくりまして、旅の始まりは北陸新幹線はくたか



上越妙高からは越乃SHUKURA


長岡から鶴岡までは「しらゆき」と「いなほ」を乗り継いで


その日は秋田まで。

翌日、青森から風前の灯の夜行列車で札幌まで。

それから先は北海道フリーパス。


昔懐かし「周遊券」の旅です。

目指せ北海道全線走破!!

12年ぶりの道内周遊の旅。
大学3回生の夏以来の長期乗り鉄の旅。

かなり興奮しています。(^^)

恒例・沖縄グルメフェア 12月19日(土)*通常料金のみ
→宿主自ら沖縄に買出し遠征。幻の泡盛「泡波」飲み放題つき
mark.jpg


りんごの買い出し
多忙な三連休最終日。お客さんを送り出した後、リンゴ園にリンゴ狩りに出かけました。


サンフジは押しも押されぬ超人気品種。

つがる、秋映、千秋、シナノスイート、シナノゴールド、その他諸々多様な品種があふれるリンゴですが、ハッキリ申しまして、サンフジは他を圧倒しています。

サンフジがリンゴの横綱ならば、他の品種は小結、関脇、前頭。


それ位に抜きんでた存在といえます。

私はかつてりんご嫌いでした。パサついた食感、どこか灰汁を感じる口当たり。ナシのようには果汁がなくて喉どおりが悪い。
何一ついいイメージがありませんでした。

しかし今の時期の旬のサンフジには、そうしたマイナスイメージはありません。

密の入ったサンフジは、ナシを思わせるジューシーさと濃厚な甘みと酸味のバランス。


まれに遭遇する、シードルのような、ほんのかすかな微炭酸を醸す超完熟サンフジに当たったときの感動は言葉には表せません。

数あるリンゴの中で開花から収穫までの期間が最も長いサンフジには他の品種にはない魅力が詰まっています。

栽培農家や地方、土壌によっても千差万別な味わいが楽しめるのもまた特長でして、自分のひいきの農園を持っているサンフジファンも相当多数存在しているはずです。

私が一年で一番食べる果物。それはサンフジ。

モモも甘くておいしい。シャインマスカットの癖になる旨さは病みつきです。

しかし我が家のサンフジの消費量は祖の比ではありません。

12月から1月にかけては、18kg入りコンテナで最低4箱は消費します。

果物の王様、サンフジ。

これを食べずして師走を迎えることはできません。

たまりません(x_x)


完熟のしるし、「つる割れ」。
明日のブラタモリに注目ですよ~!!
NHKのブラタモリ。ご存知ですか?

明日19:30からの放送は、鉄道ファンであるタモリ氏垂涎の碓氷鉄道文化むらが登場します。
文化むらといえばやっぱり峠専用電気機関車であるEF63(ロクサン)の動態保存。番組では、当然のごとくタモリ氏がロクサンの体験運転に挑戦するのですが、その指導役は、ウチのイベントで何度もガイドとしてお世話になった、元ロクサン運転士の武井仁さんなのです。

イベントに参加されたことのある方、是非21日のブラタモリに注目ですよ~!!

IMGP1477_20151120230138053.jpg

真中のキャップ着用されているのが武井氏。



冬支度
バイク小屋を改修しました。

10年以上前に作った1番端の部分が痛んできましたので、そこを取り壊し新たにに壁で囲って作り直しました。




これでどんな大雪も怖くありません(^_^)

西側の窓のたもとにこんな木の箱。

両側の柱は雪囲い用。

柱をらもう一本かまして荒板を掛け完成。来週の作業ですね~。


年末年始やお盆などゴミの収集がお休みになる時など、一時保管場所に大変苦慮していましたが、これでもう安心(^_^)


軒下の資材置き場も単管を使って新たに制作



こちらはまだ製作途中。来週には完成させたいと思います。

「怪我の巧妙」大作戦はまだまだ続きますよ~(^_^)
春花が受賞!?米食味分析コンクール 
先日紹介しました「米食味コンクール」

小学校部門では木島平小学校が特別優秀賞を受しました。

慣例でコメ作りは五年生が、プロの農家さんの指導を仰ぎながら協力して栽培にあたるのです。

そして昨日はそのコメの頒布会。

立派な パッケージのお米です。



カテゴリー