FC2ブログ
FC2カウンター

プロフィール

なかむら@みゆきの

Author:なかむら@みゆきの
高社山麓みゆきの杜ユースホステル
を営んでいます。
当サイトでは、地元民ならではのお勧めツーリングルート、温泉、B級グルメなどを宿主自らが実走調査を敢行!信州ドライブ&ツーリングにお役立てください。


【旅の記録】
北海道ツーリング2008
北海道ツーリング2009
北海道ツーリング2010
北海道ツーリング2011
北海道ツーリング2012
沖縄八重山紀行2008
沖縄八重山紀行2009
沖縄バイクツーリング2010
沖縄家族旅行2011
栂海新道縦走記2012
沖縄買出し旅2012
沖縄買出し旅2013夏
大阪帰省の鉄道旅2013
沖縄買出し旅2013冬
アメリカ横断2014春
北海道ツーリング2014
沖縄買出し旅2014
アメリカ横断2015
北海道乗り潰し2015冬
家族で沖縄2015冬
タスマニア周遊2016
Overland Track2016
北海道2016夏ドライブ
スペイン巡礼2016冬
タスマニア2017春
北海道2017夏
スペイン巡礼2017冬
瀬戸内旅2018春
日本南北縦断2018冬
瀬戸内旅2019春

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

 ↑  ↑  ↑
ブログランキング参加中!
1日1回クリック下さいネ!

最近の記事

月別アーカイブ

リンク

★たびたび君を応援しよう

このブログをリンクに追加する

.
海道をゆく
朝6時起床。まだ外は暗がり。ホテルの朝食を食べて、駅に向かいました。




リゾートしらかみ1号で五所川原まで

4両編成ですが、秋田発車の時点で乗客は4人。


買っておいた指定券は普通座席でしたが、ボックス席へ移りました。


こんな風に組み替え可能(^_^)


能代では「バスケの街」らしく、ホームではイベントが開催。

バスケのゴールが設置されていて、渡されたボールで見事ゴールをきめれば記念日が貰えるという仕組みで。。。
獲得成功!


参加者が私しかなく、本日が最終運転日ということで、入るまでやらせてくれましたよ(^_^)

列車はいよいよ海岸区間。


深浦では8分停車。


以前、この駅の近くにユースホステルがありました。初めて五能線に乗った時、駅近くのパチンコ屋に立ち寄りましたが、果たして今でも営業しているのかは定かではありません。



秋田行きのリゾートしらかみ2号と交換。


深浦発車後、早めの昼メシ。

車内販売から買い求めました。


大変美味しかったです。(^_^)

鯵ヶ沢からはボックス席にお客さんが

来るとのことで、元の席へ戻りました。


鯵ヶ沢で津軽三味線奏者が乗り込んできて、生演奏。

あらかじめスマホに入れてきた姫神の音楽と共に、旅の雰囲気を大いに盛り上げてくれました。

でも、私にとって、五能線の景色に一番 相応しいのは津軽三味線のしらべではなく、海道をゆく~姫神withYAS KAZ。

旅の道中、音楽を聴き続けたのは、初めて八重山に行った時以来かも知れません。
スポンサーサイト



津軽鉄道の旅
五所川原からは津軽鉄道。

こんなのに乗れるなら涙モノですが。。。



乗るのはコッチ


25年前にストーブ列車に乗って以来です。残念ながらその列車の運転は12月1日から。

ただ乗り潰しするのも悪くありませんが、地方民鉄には、JRにはないレトロな鉄道風景が魅力です。なかでも駅舎とその構内風景は文化遺産的なものも少なくありません。

25年前訪れたとき、終点の津軽中里は寂れた木造駅舎でしたが、現在は在り来たりのモダン駅舎へと作り変えられました。私の鑑賞対象外です。(^_^)

地方民鉄の醍醐味は車窓風景もさることながら、構造物、施設全体のレトロ感を体感することにあります。(^_^)

津軽鉄道ホームに架かる五所川原駅の跨線橋


ラッセル


途中駅にどこか魅力的な場所はないか。

そんな時に役立つのがGoogleストリートビューです。事前に調べた結果、津軽飯詰駅が非常に魅力的な場所ではないかと言う結論にいたりました。

五所川原からわずか3駅で、反対列車までの時間は30分と、程よい間隔。

そして向かった先。


岩木山もこの通り










予想以上の素晴らしい駅に背中が震えました。

ちなみに、列車には車掌役として女性アテンダントが乗務しており、また親切かつ気さく。車内販売もありまして、五所川原発車後、観光客と思しき客に声掛けしていきます。

  どちらまでおいでですか?(訛り入り)

  飯詰です

  写真撮影ですね。

  そうです。

全てお見通しなのであります。(^_^)

青森まで北上する中で、30~40台以下の場合、山形、秋田は限りなく共通語アクセントに近いものがありましたが、津軽は違っているようです。

観光色の強いこの路線の戦略なのかも知れませんが、青森県内の車内で聞こえる会話の雰囲気は明らかに違っていました。

方言の衰退著しい昨今、何とかしなくてはですねー(^_^)

それにしても津軽鉄道のアテンダントさん、親切でした。ありがとうございました。
サンふじのふるさとにて@弘南鉄道
飯詰で30分過ごした後、五所川原へ。

25年前にもココに降り立ちました。





ホームへ向かう階段は同じですが、入口は別。混浴温泉と同じ(^_^)

駅前風景




弘前行きの五能線に乗り換え


高校生で賑やかです。



沿線はリンゴ畑。そう、ココは「ふじ」のふるさと。

リンゴは明治初めにアメリカから持ち込まれ、同20年代にフランスから剪定方法を学び、その後交配を重ね品種改良され、現在のサンふじが定着したそうです。


弘前からは弘南鉄道。

フリーきっぷ片手に(^_^)



津軽平野をノンビリ行きます。


レトロ駅舎でリンゴを喰らう
終点の黒石で下車。


津軽地方までやってくると、家屋の作りがかなり北海道的に変わってき他ことに気づかされます。


喫茶店でコーヒーを一杯。

店の名は「マンデリン」。


メニューはなく、コーヒーで宜しいですね?の一言。



出てきたコーヒーはおそらくマンデリン。私の舌が確かならば。(^_^)
電車に乗る前に、駅併設のAコープに立ち寄りました。

木箱入りは青森の伝統なのか?

クルマなら迷わず一箱買うところなのですが。(^_^)


しかし信州産にはない濃い赤におどろかされます。24玉入り(5kg)980円


欲しい。非常に欲しくなりました。(^_^)

妥協して袋入りつる割れ品を7玉400円でゲット。


1550発弘前行きに乗りました。


向かったのは二つ先の田舎館。

昨年、国際コメ食味分析鑑定コンクールが行われた場所です。

もちろん目的は駅舎探訪



次の電車まで30分。


待合室内で、買い求めたりんごの試食。


鮮烈な赤い色の割には蜜入りは少なめ。

決して信州贔屓という訳ではありませんが、テイストは山本園さんの圧勝ですネ。


究極の一玉を求めて、心情的にはリンゴ食べ歩きをしたいところですが、私にはまだ先があります。

帰りも青森、羽越線経由ですので、何とか時間を作れないか、考えてみます。(^_^)
大鰐線の旅
弘前到着時、すでにあたりは真っ暗。

歩いて、同じ弘南鉄道大鰐線の中央弘前駅に向かいます。

歩くこと約15分。

駅名から想像していたものとはかなり印象の違う液晶が突然目の前に。





奥羽本線に沿うように走る閑散ローカル線。短尺レールが多用されていて、けたたましいジョイント音が魅力(^_^)

終点大鰐は、JR大鰐温泉と併設。駅名は違いますが、実体は同じ。五所川原と同じ仕組みです。


駅から歩いて3分の温泉施設へ




ひと風呂浴びて、再び大鰐線へ。

北口は弘南鉄道専用でして、何とも言えない寂れた雰囲気。


自転車置き場を兼ねた?入り口


プラットホームへのアクセス通路。


鉄道模型にしたくなるような作りですネ。
201列車 急行はまなす 札幌行き
弘前に戻り、駅ナカのそば屋で夕食


青森には21時前に到着しました。


いったん改札を出て、フリーパスで交付の受けられる指定券を何件か入手。

ココからはいよいよ急行はまなす。

2218の発車に対し、2136入線。


来年3月に廃止が決まり、さぞかし混雑していると思いきや意外とそうでもありません。

最後部にDE10を従えバックで入線。


先頭にはED79


「コレから夜道を行くぞ」的雰囲気に満ち溢れています。

やはり夜汽車はこうでなくては。(^_^)



寝台列車はやはり始発駅から乗るのが流儀です。


10時ウチで入手した寝台券は2号車7番下段。24系。


隣の14系なら発電機搭載しているのでノイズが煩いのですが、幸いわたしの車両は24系で静粛性が確保されています。

見た感じ、下段はほぼ満席ですが、上段はほぼゼロ。



旅装を解き、おそらくもう二度と乗ることない、最期の24系寝台客車の旅に備えます。


よし、行くぞ!



恒例・沖縄グルメフェア 12月19日(土)*通常料金のみ

→宿主自ら沖縄に買出し遠征。幻の泡盛「泡波」飲み放題つき

mark.jpg
はまなすでの一夜
昨年のトワイライト以来の寝台列車。

はまなすもまた、廃止直前なるもお祭り騒ぎ廃止まだ先のよう。

撮り鉄さんも数える程で、ひたすら静寂を保ったまま。寝台車は蟹田以降、放送は流れず、減光されます。

黒石で買ったリンゴを剥いて食べ、シーツを敷き、浴衣を羽織ったら後は何故かまったりしてしまい、車内巡りをすることなく横になっていました。

24系寝台客車は青函トンネルに入ると、まさに滑るように走ります。

老朽化などと言われますが、オール普通鋼製のエアサス台車を奢られた24系乗り心地、静粛性は唯一無二。

引退はあまりに残念です。

うつらうつらする中、はまなすは津軽海峡の地底に向かってひた走ります。

トンネルの最深部は水深140m.海下100m。時計の高度計はマイナス250m。ほぼ一致しました。(^_^)


函館の長時間停車まで起きているつもりでしたが、いつしか眠りに落ち、気づけば朝5時。

寝台列車でこんなに眠れたのは久しぶりです。

列車は定刻通り到着。わずか8時間弱の夢見心地でありました。






一週間後の12月7日、上り202列車で会いましょう。(^_^)
函館へ
はまなすの到着した向かい側から、スーパー北斗2号に乗りました。


そう。今来た道を戻るのです。



噴火湾沿いをひた走り


函館には10時過ぎに到着、荷物はコインロッカーに預けて、カラミで街に繰り出しました。



まずは路面電車に乗り、ベイエリアへ。




遅めの朝食にあのハンバーガー屋さんへ。


メニューがとにかくジャンキーですわ(^_^)


慎ましやかにエッグバーガーとコーヒー。


人気ナンバーワンはチャイニーズチキンバーガーらしいのですが、前回訪れた7年前人気一度体験済み。

この店の特徴は、とにかく大量のソースによる「インパクト」狙いといえます。

函館観光のマストアイテムとして絶大な人気を誇るバーガー屋さんですが、私は5年に一回でイイですね。(^_^)






函館公会堂は一般公開。見学してみました。




再び電車に乗り、谷地頭温泉へ。



冷えた体が茶色い濃食塩泉で、一気に温まりました。(^_^)

入浴後は函館駅前にある屋台街へ。

目指したのは


ラーメン龍鳳。

長野では毎週土曜日正午体放送の、

YOUは何しに日本へ!?

に登場した、ラーメンをこよなく愛する南米の青年が鹿児島から北海道までを縦断する中で立ち寄り、絶賛していたラーメンを食べるためです。


番組に登場した大将は不在なるも


出てきた「黄金塩ラーメン」は絶品の味。


高品質の鶏ダシ、そして黄金色の鶏油が素晴らしいんです。

こってり系ラーメンは、いろいろな混ぜ物で複雑化することで、重層的な味わいを追求しますが、塩ラーメンはそれが難しい。殊に函館の透明系スープならなおのこと。

それが龍鳳さんの場合、極めて完成度が高いといえます。

長らく塩ラーメンには食指を動かさなかった私でしたが、考え方が変わりました。

ご馳走様でした。
駒ヶ岳と噴火湾そして長万部
函館観光終えて再び駅に戻ります。

13時56分発、北斗9号。


スーパー北斗よりもスピードが遅いのですが、国鉄時代に作られた車両は電車の485系と同じく遮音性が優れていて特急にふさわしい乗り心地。

やっぱりこっちの方がいいです(^_^)

進行方向右側の座席を陣取り、雪の駒ヶ岳、そして夕暮れ迫る噴火湾を満喫。





長万部で函館本線に乗り換えます。


北斗9号の若い運転士さん、ヤンキーみたいな帽子のかぶり方はやめましょうね(^_^)

1時間以上時間があったので一旦待合室に出ました。



道南は今新幹線一色。

何十年も前に立案された新幹線計画ですが、時代は航空機。しかも格安航空会社の台頭する時代。


ここまでの激変を誰が予想したでしょうか。

先日ニュースでも見ましたが、北海道新幹線生き残りのカギはやはり外国人観光客。12月のこの閑散期であってもアジア系外国人観光客の比率の多さには驚かされます。

何とか活路を見出してもらいたいものです。

再びホームへ。

鉄道の要所にふさわしい広い構内。

この時間帯のこんな風景、鉄道ファンならみんな好きですよね?(^_^)


小樽行き普通列車


函館行き普通列車


できればこっちに乗りたいんですが(^_^)

とっぷり日も暮れた函館本線山線をゆっくりと登っていきました。
雪の町小樽
小樽には19時18分に到着。

駅前のゆるい坂道を降りて行き、目指すホテルへ。


今回の旅で最もゴージャスなホテル。

でも宿泊代はタダ(^_^)

4月にアメリカツアーを実施したときに利用したインターネット予約サイト、ホテル.comのポイントが貯まって無料宿泊券をゲットできたのでした。


チェックインの時にもらった小樽No.1倉庫のビール無料券を握りしめ、遅めの夕食に繰り出しました。

しかし凍結した雪道、我が飯山地区ではこのような路面状態はほとんど皆無であり、非常にヒヤヒヤしました。

それに控え地元の人たちはスタスタ走るように過ぎ去っていきます。

達人ですな(^_^)

転んで骨折などということのないように、細心の注意を払いゆっくり歩を進めました。


閑散期とあって、店内は比較的空いていました。それでも忘年会に興ずるグループが賑やか。


フルーティーなヴァイツェンと、おつまみをオーダー。



調子よくおかわりも(^_^)


小樽ビールはほんとに美味しいですね。

ごちそうさまでした。

カテゴリー