FC2ブログ
FC2カウンター

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

 ↑  ↑  ↑
ブログランキング参加中!
1日1回クリック下さいネ!

最近の記事

月別アーカイブ

リンク

★たびたび君を応援しよう

このブログをリンクに追加する

北信州木島平より2020冬★ 
宿主の徒然なる日記
珈琲マニアさんとの一騎打ちかと思いきや、サプライズゲスト
先日ネット予約で兵庫県のご夫婦をお受けしました。
年齢は私とほぼ同じ。

ご主人様の珈琲の話が伺いたい

との由。

返信には

こんなワタクシでよろしければお供いたします

としたためました。

珈琲マニアさんとの一騎打ちか!?の予感の元、新しい豆をそのゲストがご到着になる前日に届くよう指定して、盤石の態勢を整えていました。

そして当日そのご夫婦が17時ころご到着。カウンター越しに奥様。なかなかの美人でいらして、とても人のよさそうな方。
旦那様はその50cmほど後ろに控えていてこれまたニコニコ人のよさそうな、まさに私と同年代な感じ。

一通りの説明を終え、お部屋にお通ししましたが、どうも気になって仕方がありません。
旦那さん、どこかで見たことのある顔。それも相当前。

もう一度宿泊者名簿の名前を確認。

間違いないと確信しました。

京都市のD大学のM君。
大学時代に打ち込んだESS(英語クラブ)の同士に違いありません。

階段を昇っていくと、ちょうどご夫婦が冷蔵庫を開けて、お土産かなにかを収納中。

目があいました。

Mさん、ひょっとして、ひょっとしてですよね。

握手!!!(^0^)


やはりそうでした。

Mさんは私が木島平村でホステルを営んでいることを同じ会社に勤める私の後輩君から聞きつけていて、いつかサプライズ訪問してやろうと画策していたようなのであります。

予約の段階では奥様名なので、知る由もありません。

ですが、珈琲談義は単なるカムフラージュかと思いきや、実際はそうでもなさそうで、私の拙い珈琲教室に夫婦そろって参加くださいました。

そしてM君

「サプライズなものを持ってきた」

と、取り出したるは、当時交換した私の名刺、ディスカッションの場でテーブル前に掲げたネームカードに記した私のメッセージ。
日付は1988年12月とあります。


ディスカッション終了後にネームカードを交換し、その裏に私がしたためたメッセージ


関西では「二年生」ではなく「二回生」なんですね(^^)

名刺



30年の歳月が一瞬でゼロになった、実にスバラシイ一夜でありました。とはいえ、姿形は経年に勝てません(^^;



また会おう。

必ず。



↑ ↑ ↑ ↑ ↑
ブログランキング参加中です。
お気に召しましたらクリックをお願いしますネ★


毎日更新!北信州の宿・高社山麓みゆきの杜ユースホステルOFFICIAL SITE

スポンサーサイト



給食試食会
木島平小中学校では時々「保護者向け給食試食会」なるものが開かれます。

先日中学校にでかけていって、参加してきました。

ひとり287円

ランチルームと呼ばれる多目的室に集合、保護者は保護者で、生徒は生徒で固まって食べます。

子供たちとの会話があるわけでもないので、わざわざ親子が同じ部屋に集う必要もないのですが、なぜか慣習的にこのようなスタイルの模様。

それぞれの献立に使用されている食材、産地の説明、調理方法についても解説があります。


おいしゅうございました!!

ちなみにオヤジ保護者は私のみ。宿屋専業者ならではでしょうか(^^)



↑ ↑ ↑ ↑ ↑
ブログランキング参加中です。
お気に召しましたらクリックをお願いしますネ★


毎日更新!北信州の宿・高社山麓みゆきの杜ユースホステルOFFICIAL SITE




盲導犬初体験
昨日のゲストに盲導犬同伴の夫妻がいらっしゃいました。

16年の歴史上、初のことでありました。


盲導犬デビュー間もない若い男の子。


翌日はバス停までお見送り。


ワンちゃんの側を離れようとしない柚花。



ウチにはつい最近まで犬猫がいました。
母ちゃんはその昔、警察犬訓練士でした。
なので、実はわが家は動物好きなんです。
コレをきっかけに、以後は介助犬を心から歓迎したいと思います。



またお出でください!




↑ ↑ ↑ ↑ ↑
ブログランキング参加中です。
お気に召しましたらクリックをお願いしますネ★


毎日更新!北信州の宿・高社山麓みゆきの杜ユースホステルOFFICIAL SITE


木造駅舎巡礼の旅
先日のえちごツーデ-パス旅の余韻からはや2週間。本日9月5日は18キップでまたもや北へ。

早起きして国道117を北上。

森宮野原へ


537発の長岡行きに乗車。


通学中の高校生が客の大半。キハ110は信濃川沿いをノンビリ走ります。


長岡で「おはよう信越」に乗り替え。


直江津始発の通勤快速の位置付けですが、乗客の大半は長岡で降りた模様。


長岡から新潟市へ向かう通勤客もターゲットの筈ですが、どうやら様子が違っています。

全車指定席なので、320円で車内券を購入しました。


新潟からは米沢行き「べにばな」。


7~8年前までは、米坂線にもキハ52やキハ58などの国鉄型が走っていましたが、いまやキハ40さえ姿のないエリア。

初秋にはまどを開け放ち、黄金色の水田を眺めて風を浴びる「昭和レトロ」な汽車旅を味わうのが私なりの習わしでしたが、いまや叶わぬ遠い思い出に。

11時に今泉着。
山形鉄道フラワー長井線に乗り換えます。
JR の使用する3#4番線は新しい鉄骨タイプですが、長井線の発着する1#2番線は木造のままです。

JR


フラワー長井線



看板も昔ながらのホーロー製。




国鉄を引き継いだ三セクにはこのようなレトロ感覚溢れる情景がまだまだ多数残っていることが多いようです。

木造駅舎巡礼の旅 2
一旦今泉駅改札を出て、フラワー長井線の乗車券を購入。

しろうさぎ行き片道乗車券。

何しに?

荒砥行きに乗り、先頭車端部へ




運転士は驚きの超ロン毛頭。

アンビリーバボー!

ココノ乗務員はおしなべてNG ですね(ToT)

車窓風景は飯山線信濃平付近ソックリ。


白兎で降りました。


何もありません。


背後の山が関田山脈に見えて仕方ありません。


ここから隣の羽前成田までランニング。





たどり着いた先には涙モノの木造駅舎。








1201発赤湯行きに乗り向かった次なる目的地は?

西大塚駅から今泉
羽前成田で木造駅舎を満喫後、向かったのは今泉の先「西大塚」。







負けじとこっちも凄い。


木製電柱がイイアクセント。






ここで25分待てば、米坂線に接続する列車に乗れますが、せっかくなので、今泉駅まで二キロ強を歩ことにしました。


知らない町を歩くのはやはり旅のキホン。国内外問わず、そのワクワク感は今も昔も変わりません。






今泉駅前には旅館が2軒。

こんな駅前旅館に泊まり歩く旅に私はいつも憧れます。
かつてユースホステルデビュー前の大学生二年生の夏、山陰地方で体験したことがあるんです。

木次線出雲横田駅前、三江線石見川本駅前、各々で飛び込みで泊めてもらいました。

ちなみに出雲横田駅前旅館は今でも健在の模様です。  

今泉駅には1255に到着。
新型機動車がお待ちかねです。


乗務員の身なりや愛想のなさには閉口ですが、長閑な風景とレトロ感溢れる駅設備は印象的でした。


また来よう!


米坂線から越後線
1300発の坂町行きは乗車率約50パーセント。 
18キップ期間中はいつも賑わう路線です。
小国駅にて反対列車待ち合わせで24分の長時間停車。


夏場は朝日、飯豊山の登山口で賑わう駅前も今はひっそり。




列車は新潟県へ


坂町駅では40分の待ち合わせ


このあと、新発田までは129系、新津まではキハ110系、東三条まで115系、弥彦線も115系と乗り継ぎ、夕刻の吉田駅へ。


今回のもうひとつのお目当ては越後線の115系。


関係筋の話によると、新潟地区の115系はあと1年で完全消滅するそうです。
そんな中、越後線の吉田~柏崎間はロングレールを使用しておらず、昔なつかしの「ガッタンゴットン」が聞ける、昭和の鉄道音風景が満喫出来るのです。
115系のモータ音、ブロワ、抵抗器、エア、コンプレッサ、その全てが昭和レトロ。
ある意味、SL サウンドに郷愁を感じるのと同じ感覚は、解る人には分かって頂けるはず。

とはいえ、ココノ読書様の95パーセントには「なんのこっちゃ?」でしょう。

でも仕方ありません。趣味の世界なのですから(^^(^^;

どうかお許しを。。。

6両編成の列車は出雲崎以降、この通り。


柏崎には4分遅れて到着。



最後の115系原色かもしれません
柏崎で下車したのち、1時間ほど時間が空いたので、駅前のラーメン屋で夕食。


新潟のラーメンはハズレがありませんね。



時間はすでに20時を過ぎ


この後、犀潟、ほくほく線、十日町を経由して森宮野原まで戻ります。

直江津行き普通列車は115系の湘南色。


1年後には115系は新潟から全滅するらしいので、この国鉄色に乗れるのもこれが最後かもしれません。

犀潟。乗り換える人は誰もいません。




はじめてのゆめぞら号。


十日町


飯山線最終列車


この後電池がなくなり、写真はありません。急ぎ足の米坂線&越後線の旅でありました。
間もなく蕎麦の花が満開
まだまだ暑い日が続きますが、大地の色合いは確実に秋いろに染まりつつあります。

稲穂は勿論、蕎麦の花は間もなく満開。




やがて新米デスネ。
楽しみだなぁ。(^_^)v




↑ ↑ ↑ ↑ ↑
ブログランキング参加中です。
お気に召しましたらクリックをお願いしますネ★


毎日更新!北信州の宿・高社山麓みゆきの杜ユースホステルOFFICIAL SITE
果物の季節
昨日、中野の農産物直売所「オランチェ」に行きました。

信州はいよいよ果物の季節到来で、特産の葡萄が所狭しと並んでいます。

数ある品種の中でも、最多勢力はやはり「巨峰」。


しかし、最近人気急上昇なのは「シャインマスカット」。
種無しで皮ごと食べられる、アッサリとした食べ口ながら、非常に甘くやめられない、止まらない、実に魅力的な葡萄なのです。

値段は巨峰の2倍位しますが、それを補って余りある美味しさ。

しかし。

より甘いのを求めるならば、買うときには少しコツが要ります。

それは「黄色っぽい」のを選ぶことです。緑色系品種は青緑、緑、黄緑と、熟すにつれ色彩変化します。
一見、鮮やかな緑は見映え良く、思わず衝動買いしたくなりますが、実は甘さの点で劣るのです。

この写真をご覧ください。

一番右側のと左側の。
明らかに左の房が黄色っぽいのが分かります。

見た目最優先の農協の出荷基準からするとキミドリ色はNG のようですが、自分で買って食べるなら左側を選ぶに限ります。
 
これから先しばらく楽しめます。
是非お試しください!




↑ ↑ ↑ ↑ ↑
ブログランキング参加中です。
お気に召しましたらクリックをお願いしますネ★


毎日更新!北信州の宿・高社山麓みゆきの杜ユースホステルOFFICIAL SITE

プロフィール

なかむら@みゆきの

Author:なかむら@みゆきの
高社山麓みゆきの杜ユースホステル
を営んでいます。
当サイトでは、地元民ならではのお勧めツーリングルート、温泉、B級グルメなどを宿主自らが実走調査を敢行!信州ドライブ&ツーリングにお役立てください。




【旅の記録】
北海道ツーリング2008
北海道ツーリング2009
北海道ツーリング2010
北海道ツーリング2011
北海道ツーリング2012
沖縄八重山紀行2008
沖縄八重山紀行2009
沖縄バイクツーリング2010
沖縄家族旅行2011
栂海新道縦走記2012
沖縄買出し旅2012
沖縄買出し旅2013夏
大阪帰省の鉄道旅2013
沖縄買出し旅2013冬
アメリカ横断2014春
北海道ツーリング2014
沖縄買出し旅2014
アメリカ横断2015
北海道乗り潰し2015冬
家族で沖縄2015冬
タスマニア周遊2016
Overland Track2016
北海道2016夏ドライブ
スペイン巡礼2016冬
タスマニア2017春
北海道2017夏
スペイン巡礼2017冬
瀬戸内旅2018春
日本南北縦断2018冬
瀬戸内旅2019春

カテゴリー